霧矢大夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きりや ひろむ
霧矢 大夢
生年月日 10月2日
出身地 日本の旗 日本 大阪府岸和田市
身長 167cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 1994年 -
活動内容 1994年:宝塚歌劇団入団
1995年:花組配属
1997年:月組へ異動
2009年:月組トップスター就任
2012年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 オレンジブルーカンパニー
公式サイト 霧矢大夢オフィシャルファンクラブ
主な作品
宝塚歌劇
ME AND MY GIRL
エリザベート
THE SCARLET PIMPERNEL
舞台
マイ・フェア・レディ
ラ・マンチャの男
 
受賞
第64回『文化庁芸術祭賞』演劇部門新人賞(2009年)
第22回『読売演劇大賞』優秀女優賞(2014年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

霧矢 大夢(きりや ひろむ、10月2日[1][2][3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップスター[1][2]

大阪府岸和田市[2][3]久米田高等学校出身[2][3]。身長167cm[2][3]。愛称は「きりやん」[2][3]

所属事務所はオレンジブルーカンパニー[1]

来歴[編集]

1992年、宝塚音楽学校入学。

1994年、宝塚歌劇団に80期生として首席入団[4][5][6][3]花組公演「ブラック・ジャック火の鳥」で初舞台[5][2][4][7][6][3]

1995年、組まわりを経て花組に配属[2][4][6][3]

1996年、純名里沙退団公演となる「ハウ・トゥー・サクシード」で、新人公演初主演[2][4][5][6][3][8]

1997年9月16日付で月組へと組替え[9][2][4][5][6][3]

1999年、真琴つばさ檀れいトップコンビ大劇場お披露目となるショー「ノバ・ボサ・ノバ」で、2度目の新人公演主演[7][5][6][10]。その後も3度に渡って新人公演主演を務める[6][5]

2000年の「更に狂はじ」(日本青年館バウホール公演)で、大和悠河とバウホール・東上公演ダブル主演[2][4][7][5][3]

2002年の「SLAPSTICK」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール・東上公演単独初主演[11][4]

2003年、初期の膠原病と診断され、主演予定だった「なみだ橋 えがお橋」(バウホール・日本青年館公演)を降板[12][3][11]。約半年の休養を余儀なくされるが、同年末より舞台復帰[3][11]

その後もスター候補生として、3度に渡って東上公演単独主演を務める[5][13][14]

2008年、月組2番手として「ME AND MY GIRL」(博多座公演)で主演[4]

2009年12月28日付で月組トップスターに就任[2]。相手役に星組より蒼乃夕妃を迎え[15]、翌年の「THE SCARLET PIMPERNEL」でトップコンビ大劇場お披露目[16][3]

2012年4月22日、「エドワード8世/Misty Station」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を蒼乃と同時退団[2]

退団後は舞台を中心に活動を続けている[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

  • 1995年1月、雪組『アリア 夢唄』(ドラマシティ)
  • 1995年6 - 8月、『エデンの東』『ダンディズム!』(宝塚大劇場)
  • 1995年9月、『チャンピオン!-蘇る伝説-』(バウホール日本青年館
  • 1995年11月、『エデンの東』『ダンディズム!』(東京宝塚劇場)
  • 1996年1 - 4月、『花は花なり』『ハイペリオン
  • 1996年6 - 8月、『ハウ・トゥー・サクシード』(宝塚大劇場) - 新人公演:ジェイ・ピエルポント・フィンチ(本役:真矢みき新人公演初主演[2][4][5][8][6][3][注釈 1]
  • 1996年9 - 10月、『エデンの東』『ダンディズム!』(全国ツアー)
  • 1996年11月、『ハウ・トゥー・サクシード』(東京宝塚劇場) - 新人公演:ジェイ・ピエルポント・フィンチ(本役:真矢みき)[2][4][5][6][8][注釈 2]
  • 1996年12 - 1997年1月、『香港夜想曲』(バウホール)
  • 1997年2 - 3月、『失われた楽園』 - 新人公演:マックス・ジョンソン(本役:海峡ひろき)『サザンクロス・レビュー』(宝塚大劇場)
  • 1997年4 - 5月、『君に恋して ラビリンス!』(バウホール)
  • 1997年6月、『失われた楽園』 - 新人公演:マックス・ジョンソン(本役:海峡ひろき)『サザンクロス・レビュー』(東京宝塚劇場)
  • 1997年8 - 9月、『ザッツ・レビュー』(宝塚大劇場のみ) - 弥太、新人公演:竹柴正作(本役:匠ひびき)/ブーケ・ダムールの紳士S(本役:真矢みき)

月組時代[編集]

月組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1995年6月、『エデンの東』『ダンディズム!』前夜祭
  • 1996年3月、真矢みきディナーショー『nice Guy!』
  • 1997年9 - 10月、香寿たつきディナーショー『Kojuの森』
  • 1998年1月、『WEST SIDE STORY』前夜祭
  • 1998年4 - 5月、ディナーショー『Color』
  • 1998年5月、'98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!』
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年7月、『月組エンカレッジ・コンサート
  • 2002年6月、TCAスペシャル2002『DREAM』
  • 2002年10月、第43回『宝塚舞踊会』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2004年11月、『ベルサイユのばら30
  • 2004年12月、霧矢大夢ディナーショー『Sweet & Chic』 主演[19]
  • 2005年1月、『宝塚歌劇チャリティコンサート』
  • 2005年6月、『ゴールデン・ステップス』
  • 2005年8月、平成若衆歌舞伎『花競(はなくらべ)かぶき絵巻』(外部出演)[18][5]
  • 2005年12 - 2006年1月、『Broadway Gala Concert 2005-2006』(外部出演)[18]
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年3月、霧矢大夢ディナーショー『K COLLECTION』 主演[20]
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年3月、霧矢大夢ディナーショー『Grand Dreamer』 主演[21]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 霧矢大夢プロフィール 霧矢大夢オフィシャルファンクラブ。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宝塚プレシャス 朝日新聞。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z フェアリーインタビュー 月組 霧矢大夢 ウィズたからづか。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m タカラジェンヌ 夢の軌跡 月組 霧矢大夢 産経新聞ENAK。
  7. ^ a b c d e f SUMiRE STYLE 産経新聞ENAK。
  8. ^ a b c 100年史(舞台), p. 309.
  9. ^ 『1997年宝塚 Stage Album』 宝塚歌劇団、1998年、61頁。
  10. ^ a b c 100年史(舞台), p. 310.
  11. ^ a b c d e f g h i j タカラジェンヌ 夢の軌跡 月組 霧矢大夢 産経新聞ENAK。
  12. ^ a b SUMiRE STYLE 産経新聞ENAK。
  13. ^ a b 霧矢大夢はまさに適役 月組バウ公演『大坂侍』 宝塚プレシャス。
  14. ^ a b SUMiRE STYLE 産経新聞ENAK。
  15. ^ a b c d 和風ベルサイユのばら 宝塚月組公演「紫子」が開幕 朝日新聞デジタル。
  16. ^ a b 霧矢大夢が渾身の「スカピン」熱唱 宝塚月組公演開幕 朝日新聞デジタル。
  17. ^ 100年史(舞台), p. 311.
  18. ^ a b c d e f g h タカラジェンヌ 夢の軌跡 月組 霧矢大夢 産経新聞ENAK。
  19. ^ 霧矢大夢ディナーショー「Sweet & Chic」('04年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  20. ^ 霧矢大夢ディナーショー「K COLLECTION」('09年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  21. ^ 霧矢大夢ディナーショー「Grand Dreamer」('12年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  22. ^ おけぴネット, 満席応援&空席救済. “2013/02/21 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」製作発表会見レポート” (日本語). okepi.net. 2020年4月14日閲覧。
  23. ^ おけぴネット, 満席応援&空席救済. “2013/04/23 ミュージカル『マイ・フェア・レディ』稽古場レポート” (日本語). okepi.net. 2020年4月14日閲覧。
  24. ^ おけぴネット, 満席応援&空席救済. “2013/04/23 ミュージカル『マイ・フェア・レディ』稽古場レポート” (日本語). okepi.net. 2020年4月14日閲覧。
  25. ^ 【インタビュー】「マイ・フェア・レディ」Wイライザ 霧矢大夢と真飛聖、女子トーク - スターファイル - 朝日新聞社”. astand.asahi.com. 2020年4月14日閲覧。
  26. ^ 『マイ・フェア・レディ』開幕直前公開稽古 | omoshii” (日本語). 演劇 & エンタメ系 WEBマガジン | omoshii - オモシィ. 2020年4月14日閲覧。
  27. ^ enbublog. “極上のエンターティメント! ミュージカル『オーシャンズ11』” (日本語). 宝塚ジャーナル. 2020年3月31日閲覧。
  28. ^ 霧矢大夢がフィッツジェラルドの妻・ゼルダ役で「フラッパー」に挑戦”. ステージナタリー (2016年2月21日). 2016年2月22日閲覧。
  29. ^ Inc, Natasha. “霧矢大夢の一人芝居「THE LAST FLAPPER」再演が明日より” (日本語). ステージナタリー. 2020年3月31日閲覧。
  30. ^ 霧矢大夢インタビュー! ネリー・アルカン原作の『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』に出演 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月31日閲覧。
  31. ^ 永遠なる夫婦のミュージカル『I DO! I DO!』~霧矢大夢「必死に引き出しを開けて頑張ります」 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月31日閲覧。
  32. ^ いよいよ出航! 加藤和樹、石川禅、鈴木壮麻ら出演ミュージカル『タイタニック』プレスコールレポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月31日閲覧。
  33. ^ Inc, Natasha. “「グレート・コメット」に生田絵梨花、小西遼生、霧矢大夢が出演決定” (日本語). ステージナタリー. 2020年3月31日閲覧。
  34. ^ 五感を刺激する斬新なミュージカルに大興奮! 井上芳雄、生田絵梨花ら出演『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』いよいよ開幕 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月31日閲覧。
  35. ^ ヴェデキントの名作『LULU』~主演・霧矢大夢と演出・小山ゆうなが2019年のルル像を探る | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月31日閲覧。
  36. ^ unratoプロデュース「LULU」 | チケットぴあ[チケット購入・予約]” (日本語). t.pia.jp. 2020年3月31日閲覧。
  37. ^ co.,ltd, NANO association. “霧矢大夢が“現代のファム・ファタール”に挑戦『LULU』稽古場レポート” (日本語). エンタステージ. 2020年3月31日閲覧。
  38. ^ おけぴネット, 満席応援&空席救済. “『LULU』霧矢大夢さん×紫城るいさんインタビュー&稽古場写真が届きました!” (日本語). okepi.net. 2020年3月31日閲覧。
  39. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】霧矢大夢が新たな“女性像”立ち上げる、小山ゆうな演出「LULU」開幕” (日本語). ステージナタリー. 2020年3月31日閲覧。
  40. ^ 霧矢大夢がドイツ演劇の自由奔放なヒロイン役で客席を虜に! : 若林ゆり 舞台.com” (日本語). 映画.com. 2020年3月31日閲覧。
  41. ^ ミュージカルとサーカスが融合!ブロードウェイミュージカル『ピピン』が開幕”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年3月31日閲覧。
  42. ^ シアターテイメント編集部 (2019年6月11日). “ブロードウェイミュージカル「ピピン」、自分は何者なのか、何がしたいのか、旅路の果てに見つけた景色は?” (日本語). シアターテイメントNEWS. 2020年3月31日閲覧。
  43. ^ INTERVIEW!ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』霧矢大夢さん | omoshii” (日本語). 演劇 & エンタメ系 WEBマガジン | omoshii - オモシィ. 2020年3月31日閲覧。
  44. ^ 川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、夢咲ねねらが家族の大きな愛を描く『ビッグ・フィッシュ』稽古場公開 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月31日閲覧。
  45. ^ 『ビッグ・フィッシュ』2019 #7 より深まった家族の関係性から、本役以外の裏設定まで!? 浦井健治&霧矢大夢、母&息子のロングインタビュー - げきぴあ”. community.pia.jp. 2020年3月31日閲覧。
  46. ^ 「ビッグ・フィッシュ」の川平慈英&霧矢大夢、明るいイタズラっ子キャラの似た者コンビ! : 若林ゆり 舞台.com” (日本語). 映画.com. 2020年3月31日閲覧。
  47. ^ co.,ltd, NANO association. “川平慈英、浦井健治ら出演『ビッグ・フィッシュ』再演が11月1日に開幕!深みが増した物語にどっぷり浸る” (日本語). エンタステージ. 2020年3月31日閲覧。
  48. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】霧矢大夢&保坂知寿が果敢に挑む二人芝居「メアリー・ステュアート」開幕(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年3月31日閲覧。
  49. ^ 二人の女優が二人の女王を演じる傑作舞台『メアリー・ステュアート』に挑む! 霧矢大夢・保坂知寿インタビュー | えんぶの情報サイト 演劇キック”. enbu.co.jp. 2020年3月31日閲覧。
  50. ^ co.,ltd, NANO association. “霧矢大夢&保坂知寿、二人の女王の対立と共鳴『メアリー・ステュアート』レポート” (日本語). エンタステージ. 2020年3月31日閲覧。
  51. ^ 京本大我主演「ニュージーズ」咲妃みゆ・松岡広大・加藤清史郎ら全キャスト解禁”. ステージナタリー (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  52. ^ ミュージカル『ニュージーズ』公式サイト > CAST&CREATIVES”. 2021年7月30日閲覧。
  53. ^ 『2011年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2012年、85頁。ISBN 978-4-484-12505-3

注釈[編集]

  1. ^ 1幕のみ。
  2. ^ 1幕のみ。
  3. ^ 7/3〜東京公演千秋楽まで休演。
  4. ^ 1/12〜19のみ特別出演。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 

外部リンク[編集]