朝夏まなと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさか まなと
朝夏 まなと
生年月日 (1984-09-15) 1984年9月15日(37歳)
出身地 日本の旗 日本佐賀県佐賀市
身長 172cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2012年:宙組へ異動
2015年:宙組トップスター就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 東宝芸能
公式サイト 朝夏まなとオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
ベルサイユのばら
王家に捧ぐ歌
エリザベート
舞台
マイ・フェア・レディ
天使にラブ・ソングを
ローマの休日
 
受賞
第45回『菊田一夫演劇賞』演劇賞(2020年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

朝夏 まなと(あさか まなと、1984年[1]9月15日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター[1][2][3]

佐賀県佐賀市[2]佐賀大学文化教育学部附属中学校出身[4]。身長172cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「まぁ」、「まなと」[4]

所属事務所は東宝芸能[1]

来歴

2000年、宝塚音楽学校入学[5]

2002年、宝塚歌劇団に88期生として入団[6][7]。入団時の成績は10番[3]星組公演「プラハの春LUCKY STAR!」で初舞台[7][8][9][10]。その後、花組に配属[6][7][10]

抜群のスタイルと表現力豊かなダンスで頭角を現し[5]、2005年の「マラケシュ・紅の墓標」で新人公演初主演[7][8][9][10]。入団4年目での抜擢となった[9]。その後も4度に渡って新人公演主演を務める[3][7][8][9]

2008年、バウ・ワークショップ「蒼いくちづけ」で、バウホール公演初主演[8][9]

2010年、「BUND/NEON 上海」で、バウホール公演単独初主演[7][8][10]。同年の「CODE HERO」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初主演[8]

2012年6月1日付で宙組へと組替え[3][6][8][10]。宙組異動後は、新トップ・凰稀かなめに次ぐ2番手とは明確にならない雌伏の時期が続く[3]

2013年、「風と共に去りぬ」で、ヒロインのスカーレットを役替わりで演じる[3][5][10]

2014年、「翼ある人びと」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、2度目の東上公演主演[5]。同年の「ベルサイユのばら」で全国ツアー公演初主演[10]。続く凰稀かなめ退団公演となるショー「PHOENIX 宝塚!!」で、最初で最後となる2番手羽根を背負い[3]、翌年2月16日付で宙組7代目トップスターに就任[2][3][10][11]。相手役には前任より引き続き実咲凜音を迎え、「王家に捧ぐ歌」で新トップコンビ大劇場お披露目[7][10]。実咲とは共に花組出身のトップコンビとなった[10]

2017年に実咲が退団後は相手役が不在となるが[12]、同年11月19日、「神々の土地/クラシカルビジュー」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[7]

退団後は東宝芸能所属となり、ミュージカルを中心に活動を続けている[1][3]

エピソード

AKB48渡辺麻友は、朝夏のファンであることを公言している[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

花組時代

宙組時代

宙組トップスター時代

出演イベント

  • 2002年12月、『吉崎憲治オリジナルコンサート』
  • 2005年9月、春野寿美礼イン・コンサート『I GOT MUSIC』
  • 2005年10月、第46回『宝塚舞踊会』
  • 2006年4月、蘭寿とむディナーショー『Sensation!』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2008年11月、愛音羽麗ディナーショー『Prism』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年3月、真飛聖ディナーショー『For YOU』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年9 - 10月、朝夏まなとディナーショー『LAST EYES!!』 主演

宝塚歌劇団退団後の主な活動

舞台

ドラマ

TV出演

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c d e 朝夏まなと公式プロフィール 東宝芸能。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 朝夏まなとプロフィール 朝夏まなとオフィシャルサイト。
  3. ^ a b c d e f g h i j k なぜ人は宝塚を見に来るのか 朝夏まなとが出した答え 朝日新聞デジタル。
  4. ^ a b 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、128頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  5. ^ a b c d e f 愛憎超えた3人 憂愁の調べに乗せ 宝塚歌劇団「翼ある人びと」 ブラームス役 宙組・朝夏まなと 産経ニュース。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 朝夏まなとと実咲凜音は「出会い」と「まぁ様」 演劇キック。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 元宙組トップスターが登場!「今日から人参ジュースを始めました」朝夏まなとさんスペシャルインタビュー Domani。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 〜宙組〜朝夏まなとさんインタビュー(前編) 宝塚歌劇団プロジェクト。
  9. ^ a b c d e f g h i j k フェアリーインタビュー/花組 朝夏まなと ウィズたからづか。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r エジプトの古代衣装はトップの重み/朝夏まなと 日刊スポーツ。
  11. ^ a b c 【芸能プレミアム】「マイ・フェア・レディ」主演、朝夏まなと 自分の思う「一歩先」へ 産経新聞。
  12. ^ a b 宝塚宙組トップ娘役、当面固定せず「バリエーション豊かで魅力的な公演を」 Sponichi Annex。
  13. ^ 2人のイライザお目見え、朝夏まなと&神田沙也加の新たな「マイ・フェア・レディ」 ステージナタリー。
  14. ^ 朝夏主演「オン・ユア・フィート!」相葉裕樹&渡辺大輔がWキャストで夫役に ステージナタリー。
  15. ^ 「笑う男」ビジュアル公開、浦井健治が口を裂かれた青年グウィンプレンに ステージナタリー。
  16. ^ 4姉妹が絆深める「Little Women」開幕、朝夏まなと「本気で生きられたら」 ステージナタリー。
  17. ^ 「天使にラブ・ソングを」開幕、森公美子が朝夏まなとを絶賛「まぁ様!」 ステージナタリー。
  18. ^ 「ローマの休日」朝夏まなと&土屋太鳳がアン王女に扮するビジュアル解禁 ステージナタリー。
  19. ^ 加藤和樹が『グレイテスト・ショーマン』のモデルP.T.バーナムに 共演は朝夏まなと、矢田悠祐、中尾ミエら ミュージカル『BARNUM』の上演が決定 メディアスパイス。
  20. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。
  21. ^ 平方×ウエンツ×笹本が“元”親友に「メリリー・ウィー・ロール・アロング」 ステージナタリー。
  22. ^ 「王家の紋章」に大貫勇輔・朝夏まなと・植原卓也ら、新妻聖子はアイシスに ステージナタリー。
  23. ^ 朝夏まなと・神田沙也加主演「マイ・フェア・レディ」に前山剛久・寺西拓人が初出演 ステージナタリー。
  24. ^ 放送内容/嵐にしやがれ 日本テレビ。
  25. ^ 第45回菊田一夫演劇賞大賞は堂本光一、演劇賞に岡本健一・高橋一生ら ステージナタリー。

参考文献

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク