この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

朝夏まなと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あさか まなと
朝夏 まなと
生年月日 9月15日
出生地 佐賀県佐賀市
身長 172cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2012年宙組へ異動
2015年:宙組トップスター就任
2017年:宝塚歌劇団退団
公式サイト 朝夏まなと 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
ベルサイユのばら
王家に捧ぐ歌
エリザベート

朝夏 まなと(あさか まなと、9月15日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。宙組トップスター。

佐賀県佐賀市[1]佐賀大学文化教育学部附属中学校出身[1]。身長172cm[1]。愛称は「まぁ」、「まなと」[1]

来歴

人物

地元・佐賀にやってきた真琴つばさ率いる月組全国ツアー公演「うたかたの恋」を観て、宝塚受験を決意[4]

主な舞台

初舞台公演

  • 2002年4月~5月、星組『プラハの春/LUCKY STAR!』(宝塚大劇場のみ)

花組時代

  • 2002年8月、博多座公演『あかねさす紫の花Cocktail -カクテル-
  • 2002年10月 - 2003年2月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演:黒天使
  • 2003年3月、バウ・ワークショップ『おーい春風さん』渡し舟の船頭/栄作
  • 2003年10月、バウホール公演『二都物語
  • 2004年1月 - 5月、『飛翔無限/天使の季節/アプローズ・タカラヅカ!』大使、新人公演:士官(本役:華形ひかる
  • 2004年5月 - 6月、全国ツアー『ジャワの踊り子』警官
  • 2004年8月 - 11月、『La Esperanza-いつか叶う-TAKARAZUKA舞夢!』新人公演:チーフ(本役:大伴れいか)
  • 2005年1月 - 2月、バウホール公演『くらわんか』貧乏神/徳兵衛(2役)
  • 2005年3月 - 7月、『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』ニコラ、新人公演:リュドヴィーク(本役:春野寿美礼*新人公演初主演
  • 2005年8月、博多座公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』アンリ
  • 2005年11月 - 2006年2月、『落陽のパレルモASIAN WINDS! -アジアの風-』新人公演:ヴィットリオ・ファブリッツィオ・ロッシ・ディ・カヴァーレ(本役:彩吹真央
  • 2006年3月、バウホール公演『スカウト』キンケード
  • 2006年6月 - 10月、『ファントム』従者、新人公演:シャンドン伯爵(本役:真飛聖
  • 2006年11月 - 12月、ドラマシティ・日本青年館公演『MIND TRAVELLER-記憶の旅人-』ルーク・ベネット
  • 2007年2月 - 5月、『明智小五郎の事件簿 ―黒蜥蜴―/TUXEDO JAZZ』書生(杉野)、新人公演:明智小五郎(本役:春野寿美礼) *新人公演主演
  • 2007年7月、梅田芸術劇場メインホール公演『源氏物語 あさきゆめみしII』三位の少将
  • 2007年10月 - 12月、『アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー』ミシェル、新人公演:ジェラール(本役:春野寿美礼) *新人公演主演
  • 2008年3月、『蒼いくちづけ-ドラキュラ伯爵の恋-』(バウホール)ドラキュラ伯爵 *バウ初主演 
  • 2008年5月~8月、『愛と死のアラビア-高潔なアラブの戦士となったイギリス人-/Red Hot Sea』アリ・ジム、新人公演:トマス・キース(本役:真飛聖) *新人公演主演
  • 2008年9月~10月、『外伝ベルサイユのばらアラン編-』/エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)ジェロール・ロセロワ
  • 2009年1月~3月、『太王四神記-チュシンの星のもとに-』チュムチ、新人公演:プルキル(大長老)(本役:壮一帆
  • 2009年5月、『哀しみのコルドバ/Red Hot SeaⅡ』(全国ツアー)バシリオ
  • 2009年7月、『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)ジャクリーン・カーストン(ジャッキー)(壮一帆と役替わり)、ジェラルド・ボリングボーク(愛音羽麗と役替わり)
  • 2009年9月~11月、『外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-/EXCITER!!』シャロン
  • 2010年1月、『BUND/NEON 上海-深緋(こきあけ)の嘆きの河(コキュートス)-』(バウホール)クリストファー・ブレナン *バウ主演
  • 2010年3月~5月、『虞美人-新たなる伝説-』子期
  • 2010年7月~10月、『麗しのサブリナ/EXCITER!!』ケビン
  • 2010年11月~12月、『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウホール・日本青年館)ジャスティン *主演
  • 2011年2月~4月、『愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-』デューイ・スタイン
  • 2011年6月~9月、『ファントム』セルジョ、若き日のキャリエール(華形ひかると役替わり)、フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵(愛音羽麗と役替わり)
  • 2011年10月~11月、『カナリア』(シアタードラマシティ・日本青年館)ヴァンサン
  • 2012年1月~3月、『復活-恋が終わり、愛が残った-/カノン-Our Melody-』セレーニン検事 
  • 2012年4月~5月、『長い春の果てに/カノン-Our Melody-』(全国ツアー)アルノー

宙組時代

  • 2012年8月~11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKAジークフリード・キルヒアイス
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座)ジークフリード・キルヒアイス
  • 2013年3月~6月、『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!-99年の愛-』フェルナン
  • 2013年7月~8月、『うたかたの恋/Amour de 99!!-99年の愛-』(全国ツアー)ジャン・サルヴァドル
  • 2013年9月~12月、『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ(七海ひろきと役替わり)、アシュレ・ウィルクス(悠未ひろと役替わり) *大劇場ヒロイン
  • 2014年2月~3月、『翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-』(シアタードラマシティ・日本青年館)ヨハネス・ブラームス *主演
  • 2014年5月~7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』アンドレ(緒月遠麻と役替わり)、ジェローデル(七海ひろきと役替わり)
  • 2014年8月~9月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(全国ツアー)フェルゼン *全ツ初主演
  • 2014年11月~2015年2月、『白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX 宝塚!!-蘇る愛-』カール・ポンタス・リリホルン *初Wエトワール

宙組トップスター時代

  • 2015年3月~4月、『TOP HAT』(梅田芸術劇場・赤坂ACTシアター)ジェリー・トラバース *トップお披露目公演
  • 2015年6月~8月、『王家に捧ぐ歌』ラダメス *大劇場トップお披露目公演
  • 2015年10月~11月、『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-シトラスの風Ⅲ』(全国ツアー)ダニエル
  • 2016年1月~3月、『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!』ウィリアム・シェイクスピア
  • 2016年5月、『王家に捧ぐ歌』(博多座)ラダメス
  • 2016年7月~10月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』トート
  • 2016年11月~12月、『バレンシアの熱い花/HOT EYES!!』(全国ツアー)フェルナンド・デルバレス
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』北白川右京 
  • 2017年6月、『A Motion(エース モーション)』(梅田芸術劇場・文京シビックホール)
  • 2017年8月~11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ *退団公演
  • 2017年9月~10月、ディナーショー『LAST EYES!!』(パレスホテル東京・ホテル阪急インターナショナル)

受賞歴

  • 2008年、「宝塚歌劇団年度賞」2007年度新人賞
  • 2014年、「宝塚歌劇団年度賞」2013年度努力賞
  • 2017年、「宝塚歌劇団年度賞」2016年度優秀賞

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、128頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 小林公一監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、p.114
  3. ^ 宙組トップスター・朝夏まなと 退団記者会見宝塚歌劇団公式サイトより
  4. ^ 運命を決めた全国ツアー公演”. 2015年6月14日閲覧。

外部リンク