ジークフリード・キルヒアイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジークフリード・キルヒアイス (Siegfried Kircheis) は、田中芳樹のSF小説『銀河英雄伝説』の登場人物。

概要[編集]

帝国側の主人公であるラインハルト・フォン・ローエングラムの少年時代からの親友にして、その半身的存在。物語上重要なキャラクターで人気もあったが、物語の序盤(本伝2巻終盤)で死亡退場した。このことについては作者及び読者の両方から様々な意見が出ている(退場劇についての項目を参照)。

略歴[編集]

帝国暦467年1月14日(道原かつみのコミック版第3巻より)、司法省下級官吏の息子として、ごく一般的な家庭に生まれ育つ。10歳の時、隣にミューゼル(ラインハルトの旧姓)家が引越してきて、その家の長男である同級生のラインハルトと友人になり、同時にラインハルトの姉で5歳年上のアンネローゼに初恋を感じる。引っ越して来て間もなく、アンネローゼが皇帝フリードリヒ4世後宮に召されたことにより精神的なショックを受けるが、自身以上にショックを受けたラインハルトから姉を取り戻す為に帝国を簒奪することを誓ったと唯一打ち明けられ、その実現に全面的に協力することを誓う。以後、ラインハルトと共に帝国軍幼年学校に進み、卒業後は帝国軍に入隊する。

それ以来、常にラインハルトの傍らで副官として仕えた。軍においての立場は単なる部下であり、ラインハルトの主観では友人だったようだが、周囲からはまるで主従関係のようだと思われていた。それを表すかの様に2人きりのときにファーストネームで呼ぶ場合においても「ラインハルト様」と敬称付きで呼んでいた幼年学校入学以前は呼び捨てでラインハルトを呼んでおり、敬語は使っていない。ラインハルト曰く「いつの間にか“ラインハルト様”と呼ぶようになった」とのことである。その一方で、彼に諫言できる唯一の存在でもあった。アンネローゼもキルヒアイスの諌言を聞き入れなくなったら終わりだと理解している。惑星カプチェランカでの地上戦で少尉に、駆逐艦ハーメルンIIに保安主任として、オーディンの軍務省にも少尉として勤務、第5次イゼルローン攻防戦では中尉として駆逐艦エルムラントIIの副長、中尉として巡航艦ヘーシュリッヒ・エンチェンの保安主任、大尉として憲兵隊勤務、大尉のままヴァンフリートの会戦に参加、少佐として第6次イゼルローン攻防戦に、第3次ティアマト会戦後に中佐、第4次ティアマト会戦で大佐に。アスターテ会戦後にラインハルトの意向もあって少将になった。帝国暦487年、元帥府開設直後にカストロプ動乱を平定して中将に昇進、同盟軍の帝国領侵攻作戦においては、ホーウッド提督の同盟軍第7艦隊を降服させた後、更には、ヤン・ウェンリーの第13艦隊と対峙。ヤンをして「つけ込む隙もない」と感嘆させ、少なからず打撃を与えた。その後のアムリッツァ星域会戦ではルッツワーレンとの共同作戦で大軍を有効に運用し、別働隊を率いて同盟軍が背後に敷設した広大な機雷原を難なく突破し、戦線を崩壊させて戦いの趨勢を決した。この功績によって一気に上級大将に昇進、宇宙艦隊副司令官に任命されるが、ナンバー2不要論を持つオーベルシュタインは眉をひそめた。

翌488年、同盟との捕虜交換式[1]では、帝国側の代表としてイゼルローン要塞に出向き、ヤンやユリアンらと直接対面している。その後のリップシュタット戦役では引き続きルッツとワーレンを副将とし、その艦隊を傘下に別働隊を率いて辺境を平定した。また、同戦役中のキフォイザー星域会戦において数で勝る敵の貴族連合軍副盟主であるリッテンハイム侯爵の艦隊をその艦隊編成に統一性がないのを見抜いて自ら800隻の本隊を率いて混乱させて、壊滅的な打撃を与え、リッテンハイム侯が逃げ込んだガルミッシュ要塞を味方の血を一滴も流さずに占拠して門閥貴族軍にその兵力の1/3を喪わせるという大きな戦果をあげた。漫画版では彼らをしてローエングラム侯がもう1人いるようだと慄然・感嘆せしめた。

しかし、同戦役の中、敵盟主のブラウンシュヴァイク公爵が起こした虐殺事件「ヴェスターラントの惨劇」への対応がきっかけとなり、ラインハルトとの関係に亀裂が生じることとなる。意固地になったラインハルトは参謀であるオーベルシュタインからの進言を入れて、キルヒアイスを今後は一臣下として扱おうとし、キルヒアイスだけには今まで許していた公式な場での武器携行を禁じた。そして帝国暦488年9月9日、リップシュタット戦役終結後の捕虜の謁見において、ブラウンシュヴァイク公の部下であるアンスバッハ准将が主君の仇をとるためラインハルトを襲った時、銃のないキルヒアイスはその身を盾にしてラインハルトを庇い、凶弾に倒れた。享年21歳。死後、帝国元帥に昇進、生前に遡って帝国軍三長官の地位(軍務尚書、統帥本部総長、宇宙艦隊司令長官)を与えられ、ローエングラム王朝が成立すると大公の地位を与えられた。

能力[編集]

その軍事的才能は天才であるラインハルト、或いはヤンに比肩すると考えられている。副官としてラインハルトの傍らにいた時に度々助言を求められ、その回答の全てがラインハルトの価値観と思考原理に合うものだった。また、例えばアスターテ会戦で同盟第4艦隊を撃破した後、ラインハルトが思いつかなかった「自軍の兵士に休息をとらせる」という提案を自ら行うなど、ラインハルトが天才であるがゆえに見落としがちだった一般兵卒の視点に立った判断も行えるなど、その柔軟性においてはラインハルトに勝っていた。

当初はラインハルトの影に隠され、敵味方を通じて過小評価されていた。しかし、帝国暦487年、ラインハルトの元帥府開設に伴い少将に任命されると、直後に発生したカストロプ動乱を短期間で鎮圧して実力を示した。これにより一挙に中将に昇進してラインハルト陣営のNo.2の地位を確立したが、その人柄に由来する穏やかな物腰と年上の同僚や部下に対する謙虚な姿勢で、そのことを自然と周囲に認めさせるに至り、これ以降は次々と才覚に相応しい功績を挙げていった。

また、幼い頃から喧嘩が得意で白兵戦の技量も非常に高く、ヴァンフリート4=2での地上戦では、同盟軍最強のシェーンコップと互角に渡り合ったほどである[2]。また、フライングボールの名人でもあり、外伝「汚名」で刺客に襲われて無重力状態で格闘した際にその片鱗を見せている。更には、射撃能力も卓越している。幼年学校時代に大会で何度も金メダルを獲得する程の腕前で、作品中ラインハルトを射撃の腕で救った回数はトップである。ラインハルトが護衛役としてキルヒアイスに武器の携行を許していたのは、信頼関係と同時に、キルヒアイスの射撃能力を評価していたからとも考えられており[3]リップシュタット戦役終結後の捕虜の謁見においても武器携行が認められていればアンスバッハの襲撃は瞬時に阻止されていたとラインハルト自身が認めている。

敵手であるヤンも、彼を「能力的にもラインハルトの分身である」と評し、名実共に帝国軍のNo.2と認めていた。

人柄[編集]

ラインハルトの特徴或いは欠点を補うかの様に、温和で人当たりの良い性格を有している。ラインハルトには「ゴミ溜めの中にも美点を見出すタイプ」「教師になっていたら生徒の長所を伸ばすいい教師になっていた」と評された。幼年学校の時代から、敵を作りやすい性格を有するラインハルトの傍らにいて、調整役、或いは戦う際の味方となった。だが、清廉潔白に過ぎる性格から、オーベルシュタイン登用後はラインハルトと意見を異にすることも多くなった。

戦場なり宮廷内なり常に敵に囲まれ戦いを余儀なくされる身としては致命的な、武器を持たない人間を撃つことが出来ないという重大な欠点があった。オーベルシュタインにもそれを見抜かれて初対面で指摘された。外伝「千億の星、千億の光」でもグリンメルスハウゼンがラインハルトの敵として立ちはだかったら排除せねばならないと考えつつも実行できない己自身を自覚しており、外伝「汚名」でバーゼル夫人ヨハンナが夫を愛するがゆえに彼の罪を立証しうる証拠書類を暖炉の火にくべて隠滅しようとするのを阻止するには彼女を撃つしかないとわかっていながら撃てず、結果的に彼女を愛し続けるカイザーリング男爵に愛する女性を殺させる結果を招いた。武器を持っていなくても殺さねばラインハルトを完全に破滅させかねない、そんな敵が目の前に現れても相手が武器を持たねば排除できない可能性は十二分にあった。

アムリッツァ会戦で同盟軍の完全な殲滅を逸する原因を作ったビッテンフェルトをラインハルトが厳しく罰しようとした時、キルヒアイスの諌めで不問に伏したという事例があり、この時の、減点主義を否定し、失態を演じた者には名誉挽回の機会を与えるべき、という発想は、死後にラインハルトに受け継がれ、殊にミュラーはラインハルトの命を救うことになる。ヤンに敗北したミュラーやワーレンシュタインメッツ、あるいはレンネンカンプなどが厳罰を免れて、敗死したケンプも上級大将に特進している。

地球へ向かう途上のボリス・コーネフベリョースカ号を臨検した際も、乗員や乗客である地球教徒たちに非常に親切に応対した[4]。なおこの時コーネフは、彼をいい人だと賞賛するマリネスクに答えて、いい人はこのご時世では長生きできない、気の毒なことだ、と予言めいたセリフを口にしている[5]

最期までラインハルトを守り、慕い続け、ラインハルトの「宇宙を手に入れる」という望みを託して死亡。死後、ラインハルトは元帥大公の称号を贈るなどあらゆる栄誉を与えたが、その墓に刻んだ碑銘は「Mein Freund(マイン・フロイント、「我が友」)」ただ一言であったことがラインハルトの心情を表していたと思われる。後にラインハルトは息子のミドルネームに「ジークフリード」の名を付けている。

キルヒアイスの死は、その後のラインハルトとその陣営内に重い影を落とし続けた。彼を知る者の殆どが「キルヒアイスが生きていれば」と口にするほど、彼の存在は大きかったと考えられる。死の直後の茫然自失からは立ち直ったラインハルトだが、その後の対応はロイエンタールに野心の芽を抱かせる遠因ともなった。事あるごとに煽るような言葉を口にしている。また、ヴェスターラントの惨劇への対応、キルヒアイスの処遇はオーベルシュタインの進言で変わったことから、キルヒアイスの下で戦ったルッツやワーレン、ベルゲングリューンビューローといった諸提督・幕僚など陣営内でのオーベルシュタインへの反感を強める原因ともなった。これは後々に、実戦部隊と軍務省の精神的摩擦となって表面化した。

鮮やかな赤髪(ルビー色)と190cmの長身が特徴。容貌もかなり良いとされ、昇進が続いていた頃は帝国貴族の女性達からかなり注目されていた。特にヴェストパーレ男爵夫人マグダレーナの執心ぶりは一度ならず描かれているが、キルヒアイス本人はアンネローゼ以外の女性に興味を抱いた様子は無かった。

彼のローエングラム陣営での特別扱いに関しては、人柄の良さとカストロプ動乱で実力を認められたことからオーベルシュタイン以外は誰も問題にしなかったほどである。

艦隊司令官になった後の乗艦はバルバロッサ。アニメ版ではラインハルトのブリュンヒルトと似た流線型のデザインを持つ戦艦だが、キルヒアイスの髪の毛と同じ赤い色に塗られている。カストロプ動乱の鎮圧任務の際には、高速戦艦テューリンゲンを乗艦としていた。

退場劇について[編集]

人気を博したこの作品においてなお「キルヒアイスの死は早すぎたのではないか」という読者の意見は多い。作者自身も、プロット上問題があり、その死を早くし過ぎたことを初版の本伝5巻のあとがきで認めている。ただし、作者は当初より彼をヤン・ウェンリー同様物語途中で死亡するキャラクターと設定しており、問題があるとしたのは「早く死なせすぎた」という点で、たとえ読者からいくら苦情が来ても物語の最後まで死なせないという選択をすることはなかったであろうとしている。同時に彼の欠を補うべく多彩な人物が揃った一面も持ち、作者は彼に代わりうる人物として、ミッターマイヤーロイエンタール、オーベルシュタイン、ヒルダ、ミュラーの名を挙げている(新書版後書きより)。一方、その批判と不満を補うかのように外伝ではラインハルトとともに活躍する若き姿が数多く描かれており、特に外伝「汚名」はキルヒアイスをメインとして物語が進行しており、ラインハルトの登場は最後にわずかあるだけである。

演じた人物[編集]

アニメ
  • 広中雅志 (OVA全般/劇場版アニメ 二作品)
    アニメ化に際して、その声役を誰にするかは、他のキャラクターと比べてすぐには決まらなかったと伝えられている。オーディションによって、広中雅志に決まった経緯がある。広中はこの役に対する思い入れが大変深く、もしも彼の声をまた演じることができるなら、ほかの仕事を断ってでも駆けつけると公言したことがあるほどである。
  • 子安武人(劇場版黄金の翼)
朗読・オーディオブック
  • 広中雅志 (黄金の翼・ユリアンのイゼルローン日記)
舞台
  • 崎本大海 (「銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国篇」「銀河英雄伝説外伝 オーベルシュタイン篇」、2011年上演)
  • 横尾渉 (「銀河英雄伝説 撃墜王」、2012年上演)
  • 橋本淳 (「銀河英雄伝説 初陣 もうひとつの敵」、2013年上演)
  • 福山翔大 (「銀河英雄伝説 第四章前編 激突前夜」、2013年上演・「銀河英雄伝説 第四章後編激突」2014年上演)
銀河英雄伝説@TAKARAZUKA

その他[編集]

  • セガサターン版ゲームでは、展開によってはローエングラム王朝の軍服を着用した彼を見ることが出来る。
  • 原作者によれば、キルヒアイスという姓は、第一次世界大戦時に「海の悪魔」と恐れられたドイツ海軍の帆船ゼーアドラー号の砲術長であったカール・キルヒアイス大尉から取ったとされている。

脚注[編集]

  1. ^ 同盟内でクーデターを起こさせるための謀略の一環でもあった。
  2. ^ ただし、お互いに名乗る間もなく、相手が誰かを知ることは無かった。
  3. ^ 幼年学校での成績は白兵戦、射撃、運転技能でラインハルトを上回っていた。
  4. ^ この時点では地球教の正体はまだ明らかではなく、また彼ら末端の信徒たちは上層部の陰謀とは無関係であった。
  5. ^ ただし、これはマリネスク曰く船長の悪い癖であり、この時は思いっきり外れた台詞であった。

関連項目[編集]