エルネスト・メックリンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルネスト・メックリンガー (Ernest Mecklinger) は、銀河英雄伝説の登場人物。

概要[編集]

ラインハルト・フォン・ローエングラム配下の主要提督の一人。優れた詩人画家音楽家でもあり、「文人提督」「芸術家提督」の異名を持つ。獅子の泉の七元帥の一人。アニメ版で艦隊司令官を務めていた時の乗艦はクヴァシル。部下にレフォルト中将(後方総司令部参謀長)、ビュンシェ中将(幕僚)、アニメ版ではシュトラウス大将(艦隊参謀長)、ザイフェルト大尉(副官)がいる。

略歴[編集]

ラインハルトとの初対面はクロプシュトック事件の時。爆発が起こった後、ブラウンシュヴァイク公爵の館の警備担当としてラインハルトを職務質問した。ただしアニメではこの事件の時系列そのものが変化しており、この質問をした警備担当もシュトライトに置き代わっている。

第4次ティアマト会戦ではラインハルトの参謀長准将)としてブリュンヒルトに乗艦している。アスターテ会戦ではミッターマイヤーロイエンタール、艦長だったシュタインメッツとともにラインハルトから引き離されたが、ローエングラム元帥府の開設と同時に艦隊司令官(中将)に登用される。リップシュタット戦役後は大将に昇進し、統帥本部次長に就任。

ラグナロック作戦以降は後方担当として帝国本土を管理する立場にあった。ローエングラム王朝成立後、上級大将に昇進。さらに第2代の大本営幕僚総監であったヒルダがラインハルトと結婚して皇后となると、後任の幕僚総監に就任し、ブリュンヒルトに乗艦することとなる。なお、初代幕僚総監のシュタインメッツは正式な就任以前に戦死、第2代のヒルダもごく短期間の在職で終わっていることから、幕僚総監本来の職務(戦場で皇帝の艦隊指揮に助言し、時には皇帝の代理人として全艦隊の指揮を執る)を実際に行ったのは彼が最初である。

ラインハルト死後に回想録を残し、小説中ではラインハルト、ロイエンタール、オーベルシュタインラング、そして敵方であるヤン・ウェンリーなどに関する彼の評価が引用されている。小説におけるラインハルトの臨終の場面は「…かくて、ヴェルゼーデは聖なる墓となった」という彼の一文で締めくくられている。

能力[編集]

戦場全体を広い視野で見わたし、状況に応じて必要な兵力を配置・投入することで、着実な勝利をものにするという、戦略家タイプの提督。参謀や後方支援の能力にも長けているが、ラインハルトがいわゆる戦術・戦略面での参謀を必要とせず、オーベルシュタインのような謀略面での参謀を欲していたことから、元帥府開設の際は一個艦隊の司令官として招聘された。戦場での華々しい活躍はないものの、後方からの撹乱や支援などを担当し、戦略家ならではの艦隊司令として、味方の勝利に貢献している。ただし回廊の戦いでは、帝国本土からイゼルローン要塞への侵攻を命じられたものの、敵将のヤンによって優れた戦略家としての面を逆用され、戦わずして撤退してしまっている。このため旧同盟領から侵攻するビッテンフェルトらとイゼルローンを挟撃するという本来の作戦目的を果たせなかった。

情報分析能力に優れ、ウルヴァシー事件の際には、事件発生からロイエンタールの反乱に至る経緯の調査にあたった。その時、ミッターマイヤーの違和感の原因を的確に指摘している。

軍官僚としての能力も高く評価されていたようで、ロイエンタール反逆の際、軍務尚書のオーベルシュタイン更迭をラインハルトに進言したミッターマイヤーは、後任としてケスラーと共にメックリンガーの名を挙げている。

人柄[編集]

ピアニストにして水彩画家かつ散文詩人であり、美術骨董品コレクターでもあるという異色の軍人。そこから「芸術家提督」という異名を持つ。リップシュタット戦役後の処理では門閥貴族が持ち出した絵画、彫刻など芸術品を保護していた。芸術家のパトロンであったヴェストパーレ男爵夫人とも親しく(おそらくは、その繋がりでヒルダとも交流があったと推測される)、彼女を通じてラインハルトに仕えることになった。その多才ぶりについて、キュンメル男爵からは、曹操レオナルド・ダ・ヴィンチラザール・カルノートゥグリル・ベグらに比肩すると絶賛された。

ヤン・ウェンリーと同様「望んで軍人になったわけではない」とされているが、芸術家としても名声を得ている彼が何故軍人にならなければならなかったかについては、原作小説では特に触れられてはいない。アニメ版ではキュンメル男爵との会話で、売れない芸術家だった頃に生活の手段として軍人になったが、名声を得た今でも自身が比類無き芸術であるラインハルトの側にいるために軍人を辞める気は無いと述べている(ただし原作小説の外伝では、ラインハルトの幕下に入る以前に、既に芸術家としての名声を得ている。アニメ版ではいつ頃、芸術家として名声を得たのか、説明は無い)。

普段はもの静かで言動にも優美さが現われているが、シヴァ星域の会戦でラインハルトが昏倒した時は、無力な様子の軍医の胸ぐらを掴んで恫喝めいた言葉を吐いている。また事情を知らないビッテンフェルトが攻撃命令の要請を却下され激昂すると、彼をに例えて罵倒している。さらにラインハルトの死の直前、オーベルシュタインがラインハルトを囮にして地球教の残党をおびき寄せたと知ると、その独断専行を臣下の行為にもとるとして激しく弾劾するなど、時として苛烈な態度を見せることもあった。

主君であるラインハルトを尊敬しながらも、その特異な個性を冷静に分析するなど、忠誠と信仰の間に一線を画す事ができる人物とされ、「数万光年の宇宙を征服し支配しうる人物が、脳細胞の極小の部分におさまる内的宇宙をもてあますことを、よく理解していた」と書かれている。レンネンカンプの例に見られる失敗についても、「望遠鏡顕微鏡としての能力を兼ね備えていないからといって批判すべきではない」と、その能力の限界を承知の上で、同時に擁護している。また、臣下のある者(小説中ではメックリンガー本人かケスラーと推定されている)がラインハルトに影武者の使用を勧めたところ、ラインハルトの拒絶にあったというエピソードを紹介し、婉曲な表現ながらラインハルトの性格の特異性について言及している。

回廊の戦いでヤン艦隊と戦わずして撤退したことを後日ビッテンフェルトに批判されたが、それに対して直接の反論はせず、後年の述懐の中で帝国軍の諸将を手玉に取ったヤンの能力を評価することで、間接的な弁明を試みている。またビッテンフェルトについてはその人柄や能力は認めるが、帝国内外を問わず美術品の芸術的価値などに無理解な側面を嘆いている記述がみられる。

演じた人物[編集]

アニメ
わが征くは星の大海
OVA全般
舞台
  • 岡本光太郎 (「銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国篇」、2011年上演)

関連項目[編集]