桜木みなと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桜木 みなと(さくらぎ みなと、12月27日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。宙組3番手スター[2][3]

神奈川県横浜市[1][4]神奈川総合高等学校出身[1][4]。身長170cm[1][5]。愛称は「ずん」[1][4]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[6][3]。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[5]。その後、宙組に配属[6][5]

2014年、凰稀かなめ退団公演となる「白夜の誓い」で、新人公演初主演[6][7][5][8]

2015年、朝夏まなと実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」で、2度目の新人公演主演[9]。続く「相続人の肖像」でバウホール公演初主演[6][7]

2017年の「パーシャルタイムトラベル」で2度目のバウホール公演主演[6][5]

2020年の「壮麗帝」(ドラマシティ公演)で主演[10][11][3]。当初は自身初の東上主演作として上演が予定されていたが[7][5][8]新型コロナウイルス感染拡大による公演延期を経て、ドラマシティのみでの振替公演となった[3][11][10][4]

2022年の「カルト・ワイン」(東京建物 Brillia HALL・ドラマシティ公演)で、東上公演初主演[3][4]

人物[編集]

芸名は、地元・横浜の「桜木町」と「みなとみらい」に由来する[5]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』(コーラス)
  • 2012年7月、『宝塚巴里祭2012』
  • 2014年8 - 9月、凰稀かなめディナーショー『Metamorphose-メタモルフォーゼ-』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!!』[13]
  • 2017年9 - 10月、朝夏まなとディナーショー『LAST EYES!!』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、131頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b 宝塚宙組・真風涼帆がトップ就任後初の全国ツアー「めっちゃ好きやで〜!」 スポーツ報知。
  3. ^ a b c d e f g その男役、タトゥーあり…宝塚宙組・桜木みなと主演作の大阪公演開幕「熱中症に負けず元気に」 スポーツ報知。
  4. ^ a b c d e f g <華宝塚>うそのない舞台人に 宙組・桜木みなと 東京新聞。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 桜木みなと、自分のためから『お客さまに楽しんで、ときめいてもらう』…外部劇場初主演作「壮麗帝」28日開幕予定 スポーツ報知。
  6. ^ a b c d e f g h 受け身の芝居で新境地挑戦、新たな発見/桜木みなと 日刊スポーツ。
  7. ^ a b c d e 宙組・桜木みなと 敵役の経験重ね強く「変わったな」 Sponichi Annex。
  8. ^ a b c d e f g 東上初主演 男役たるもの恋をさせる/桜木みなと 日刊スポーツ。
  9. ^ a b フェアリーインタビュー ウィズたからづか。
  10. ^ a b c 宝塚宙組・桜木みなと外部劇場初主演作「壮麗帝」4か月半の時を経て待望の開幕! スポーツ報知。
  11. ^ a b c 宙組・真風涼帆主演「フライング サパ」の8月・大阪公演決定に「率直にうれしく思っています」9月には首都圏でも スポーツ報知。
  12. ^ a b <華宝塚>自由に、伸び伸び舞台へ 桜木みなと(宙組) 東京新聞。
  13. ^ 実咲凜音ミュージック・サロン「Million Carat!!」('17年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。

注釈[編集]

  1. ^ a b c 澄輝さやと・蒼羽りくと役替わり。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 

外部リンク[編集]