中元清純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中元 清純(なかもと きよずみ、1930年10月18日 - 2018年4月10日[1])は、日本の作曲家1952年以来、主として宝塚歌劇団の音楽を担当する。宝塚歌劇団理事、宝塚音楽学校声楽担当などの要職を務める。兵庫県神戸市出身。

著書に『琵琶の教科[1]』がある。1970年に開催された日本万国博覧会では、閉会式のプロデューサーを担当した。

宝塚歌劇においては、昭和30年代以降ヒット曲を連発し、宝塚音楽史上に一時代を築いた。とりわけ音楽担当として参加した「華麗なる千拍子」(1960年)や「虹のオルゴール工場」(1963年)などはひと際成功を収め、その地位を不動のものとし、代表作に数えられる。特に後者作品では、虹のオルゴール工場で、忘れないでねあの日のことを。作曲に対し文部省芸術祭奨励賞を受賞した。宝塚歌劇団の作曲家で芸術祭賞を受賞しているのは、中元清純だけである。しかも、文化庁芸術祭でも、作曲家で作曲に対し受賞をしているのは、中元清純だけかも?しれないと言われているほど大変、稀なことである。宝塚団歌は、中元清純の作曲であり、宝塚の作曲家が名を伏せてそれぞれ作曲し、投票で決まった団歌である。 宝塚の作曲だけではなく、多方面でも活躍、NHKの朝ドラの主題歌、作詞永六輔。前、皇室アルバムのテーマソング、高島屋百貨店のテーマソング、CM、花博のキャンディーキャッスルのテーマソング、小学校校歌、市民ミュージカルの作曲、数々の曲を残している。

2014年、『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂表彰される[2][3]

2018年4月10日、肺炎のため死去[1]。87歳没[1]

妻は星美沙宝塚歌劇団45期生・娘役)、娘は都布良ひとみ(女優、宝塚歌劇団77期生・娘役)[1]

主な作曲作品[編集]

カッコ内は、楽曲が使用された劇作品名および作詞者。

宝塚団歌[編集]

  • 『いつか夢に見し』(1956年『かっぱの姫君』、作詞:高木史朗
  • 『落葉散る丘の小径』(1957年『高校三年生』、作詞: 内海重典
  • 『望郷の琵琶歌』(1958年『花の饗宴』、作詞: 高木史朗)
  • 『流れゆく花びら』(1958年『花の狸御殿』、作詞: 高木史朗)
  • 『花の行列』(1958年『花の狸御殿』、作詞: 高木史朗)
  • 『花の中の子供たち』(1958年『花の中の子供たち』、作詞: 高木史朗)
  • 『君ありてこそ』(1959年『君ありてこそ』、作詞: 内海重典
  • 『トロワ・デラックス』(1959年『ミュージック・アルバム』、作詞: 白井鐵造
  • 『華麗なる千拍子』(1960年演出高木史朗) - 2年連続文化庁芸術祭文部大臣賞受賞
  • 『美しいわがパリ』(1960年『ウィウィパリ』、作詞: 高木史朗)
  • 『夜霧のモンマルトル』(1960年『ウィウィパリ』、作詞: 高木史朗)
  • 『眼鏡の中のつぶらな瞳』(1960年『三文アムール』、作詞: 矢代静一)
  • 『君ありてこそ』(1960年『君ありてこそ』、作詞: 内海重典)
  • 『南のフェスタ』(1960年『カルメン・カリビア』、作詞: 内海重典)
  • 『私は妖精』(1962年『タカラジェンヌに栄光あれ』、作詞: 高木史朗)
  • 『タカラジェンヌに栄光あれ』 (1962年『タカラジェンヌに栄光あれ』、作詞: 高木史朗)
  • 『いつかきっと』(1963年『虹のオルゴール工場』、作詞: 高木史朗)
  • 『東京へ行きたいナ』(1963年『虹のオルゴール工場』、作詞: 高木史朗)
  • 『忘れないでネ あの日のことを』(1963年『虹のオルゴール工場』、作詞: 高木史朗)文化庁芸術祭奨励賞
  • 『宝塚歌劇団団歌』(1964年、宝塚歌劇50周年記念式典)
  • 『私は神戸の街が好きなんだ』(1965年『港に浮いた青いトランク』、作詞: 高木史朗)
  • 『夢を売る妖精たち』(1966年『夢を売る妖精たち』、作詞: 高木史朗)
  • 『この道はシルクロード』(1969年『シルクロード』、作詞: 高木史朗)
  • 『今もお前が』(1971年『星の牧場』、作詞: 庄野英二)
  • 『ザ・レビュー』(1977年『ザ・レビュー』、作詞: 内海重典)
  • 『ラ・ベルたからづか』(1979年『ラ・ベルたからづか』、作詞: 白井鐵造)
  • 『名探偵はひとりぼっち』(1984年『名探偵はひとりぼっち』、作詞: 大関弘政
  • 『ひとときの夢』(1985年『ヒート・ウェーブ』、作詞: 横澤英雄
  • 『ザ・ゲーム・イズ・オン』(1989年『ザ・ゲーム』、作詞: 横澤英雄)

ほか多数

新宿コマ劇場[編集]

  • そばかすマリ子の物語 (主演宮城まり子、増田キートン他)
  • 八百八町に雪が降る (主演宮城まり子、園井啓介)
  • 夫婦春秋 (主演村田英雄)

梅田コマ劇場[編集]

  • 北海の親子風 (主演北島三郎)
  • 星の砂 (主演小柳ルミ子)
  • 桜祭り狸御殿 (主演鳳蘭)

東宝劇場[編集]

  • ミュージカル 君にも金儲けができる(作、演出菊田一夫、主演越路吹雪)

わらび座ミュージカル[編集]

  • 鬼んこおばこ (作、演出大関弘政)

東宝映画[編集]

  • 底抜け忍術道中 (原作小野田勇  監督斎藤寅二郎)
  • 東海道籠抜け道中 (脚本北谷隆夫 監督竹宙重吉)
  • 若旦那奮戦す (高島忠夫、浜美枝共演)
  • やりくりアパート (花登こばこ作)

TV[編集]

  • NHK
    • チコちゃん日記 テーマソング(作詞永六輔、作曲中元清純、唄奥村チヨ)
    • 風のある街 テーマソング(作詞やなせたかし、作曲中元清純、唄石田あゆみ)
    • 笑わぬ男
  • KTV
    • 私服パトロール
    • 次郎長売り出す
  • フジテレビ
    • 剣は知っていた
  • YTV
    • 魔女の時間 (原作司馬進太郎)

ラジオ[編集]

  • NHKラジオミュージカル
    • 波の花
  • ABC
    • コメディ、ハッピーメルヘン(主演榎本健一)

イベント[編集]

  • EXPO70万博博
    • パビリオン ガラスのハリケーン - 音楽、音響監督
    • 閉会式プロデューサー
  • EXPO90国際花博
    • キャンディーキャッスル館 - テーマソング作曲

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 元宝塚歌劇団理事、中元清純氏が死去 87歳”. サンケイスポーツ (2018年4月11日). 2018年4月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月11日閲覧。
  2. ^ 村上久美子 (2014年1月11日). “宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140111-1242409.html 2022年4月26日閲覧。 
  3. ^ 『宝塚歌劇 華麗なる100年』朝日新聞出版、2014年3月30日、134頁。ISBN 978-4-02-331289-0 

外部リンク[編集]