正塚晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

正塚 晴彦(まさつか はるひこ、1952年 - )[1]は、宝塚歌劇団所属の演出家大阪市出身[1]

略歴[編集]

日本大学芸術学部演劇学科卒業後、1976年、宝塚歌劇団に演出助手として就職[1]

1981年宝塚バウホール公演『暁のロンバルディア』で演出家デビュー[2]

1985年『テンダー・グリーン』で宝塚大劇場デビュー[2]

2004年の『BOXMAN』では、コンビ・和央ようか&花總まりが第29回菊田一夫演劇賞を受賞[2]

2019年、よしもとライターズアカデミーウエスト(現・よしもとクリエイティブアカデミー)の講師に就任[3][4][5]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

大劇場公演[編集]

その他の劇場の作品[編集]

  • バウ・ロマン『暁のロンバルディア』(1981年 星組 宝塚バウホール 主演:峰さを理 / 雪組 宝塚バウホール)*演出家デビュー作
  • バウ・ロマン『イブにスローダンスを』(1982年 花組 宝塚バウホール 主演:平みち
  • バウ・ロマン『アンダーライン』(1983年 花組 宝塚バウホール 主演:大浦みずき
  • バウ・ミュージカル『オクラホマ!』(1984年 花組 宝塚バウホール 主演:大浦みずき)*脚色・演出
  • バウ・ミュージカル『パペット』(1986年 星組 宝塚バウホール 主演:三城礼)
  • バウ・アドベンチャーロマン『BLUFF-復讐のシナリオ-』(1990年・1992年 月組 宝塚バウホール・日本青年館 主演:久世星佳)
  • バウ・ミュージカル『二人だけの戦場』(1994年 雪組 宝塚バウホール、日本青年館・愛知厚生年金会館 主演:一路真輝
  • バウ・ミュージカル『WANTED』(1994年 月組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:久世星佳)
  • バウ・ロマン『LAST DANCE』(1995年 花組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:安寿ミラ)
  • バウ・ミュージカル『FAKE LOVE』(1997年 月組 宝塚バウホール、日本青年館、愛知厚生年金会館 主演:姿月あさと
  • ブエノスアイレスの風』(1998年・1999年 月組 シアタードラマシティ神戸国際会館こくさいホール、日本青年館 主演:紫吹淳
  • 『Crossroad』(1999年 宙組 シアタードラマシティ、日本青年館 主演:和央ようか)
  • バウ・ミュージカル『SAY IT AGAIN-「ヴェローナの二紳士」より-』(1999年 雪組 宝塚バウホール 主演:成瀬こうき、朝海ひかる)
  • 『Love Insurance』(2000年 星組 シアタードラマシティ、赤坂ACTシアター 主演:稔幸)
  • 『Practical Joke』(2001年 月組 シアタードラマシティ、赤坂ACTシアター 主演:真琴つばさ)
  • 『カナリア』(2001年 花組 シアタードラマシティ、日本青年館 主演:匠ひびき
  • 『BOXMAN』(2004年 宙組 シアタードラマシティ、日本青年館 主演:和央ようか)
  • バウ・ミュージカル『BourbonStreet Blues』(2005年 月組 宝塚バウホール 主演:月船さらら北翔海莉
  • グランド・ロマン『銀の狼』(2005年 雪組 全国ツアー 主演:朝海ひかる)
  • バウ・ミュージカル『スカウト』(2006年 花組 宝塚バウホール 主演:蘭寿とむ
  • サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』(2008年・2010年 花組 中日劇場・全国ツアー 主演:真飛聖
  • 『ブエノスアイレスの風』(2008年 星組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:柚希礼音)
  • 『はじめて愛した』(2010年 雪組 シアタードラマシティ、日本青年館 主演:音月桂
  • ミュージカル『愛するには短すぎる』(2011年 星組 中日劇場 主演:柚希礼音 / 2012年 月組 全国ツアー 主演:龍真咲)
  • 『カナリア』(2011年 花組 シアタードラマシティ、日本青年館 主演:壮一帆
  • 『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』(2013年 雪組 シアタードラマシティ、日本青年館 主演:未涼亜希
  • 『THE KINGDOM』(2014年 月組 日本青年館、シアタードラマシティ 主演:凪七瑠海美弥るりか
  • ミュージカル『スターダム』(2015年 花組 宝塚バウホール 主演:鳳月杏
  • サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』(2015年 宙組 全国ツアー 主演:朝夏まなと
  • 『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』(2017年 宙組 宝塚バウホール 主演:桜木みなと[10]
  • 『デビュタント』(2018年 星組 宝塚バウホール 主演:瀬央ゆりあ[11]
  • サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』(2018年 花組 全国ツアー 主演:柚香光
  • ミュージカル・ロマン『追憶のバルセロナ』(2019年 宙組 全国ツアー 主演:真風涼帆
  • ミュージカル・ロマン『バロンの末裔』(2021年 宙組 全国ツアー 主演:真風涼帆)
  • 『ブエノスアイレスの風』(2022年 月組 日本青年館、シアタードラマシティ 主演:暁千星
  • ミュージカル・ロマン『ブラック・ジャック 危険な賭け』(2022年 月組 全国ツアー 主演:月城かなと)*予定

コンサート[編集]

  • 峰さを理リサイタル『WHATS THE TITLE…!』(1987年 星組 簡易保険ホール・宝塚バウホール)

演出のみ[編集]

  • バウ・ショー『榛名由梨ゴールデン・タイムII』(1985年 花組 宝塚バウホール)
  • ミュージカル・ロマン『琥珀色の雨にぬれて』(2002年 花組 宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:匠ひびき)[12]
  • ミュージカル・ロマン『琥珀色の雨にぬれて』(2012年 星組 全国ツアー 主演:柚希礼音)
  • ミュージカル・ロマン『琥珀色の雨にぬれて』(2017年 雪組 全国ツアー 主演:望海風斗

ディナーショー[編集]

新人公演の演出(2007年以降)[編集]

  • 2007年 月組『マジシャンの憂鬱』[13]
  • 2009年 月組『ラスト・プレイ』[14]

宝塚歌劇団以外での作品[編集]

  • 1992年 TSダンスファンデーション『ショーUP! シャーUP! Vol.4』 脚本協力
  • 1994年 TSミュージカルファンデーション『YESTERDAY IS…HERE』脚本
  • 2002年 フジテレビ愛と青春の宝塚~恋よりも生命よりも~』舞台構成演出
  • 2003年 NHK朝の連続テレビ小説てるてる家族』舞台構成演出(ヒロインの卒業公演シーン)
  • 2005年 TSミュージカルファンデーション『original musical タック』原作
  • 2007年 『PRIMARY COLORS』(主演:朝海ひかる)
  • 2010年 ブロードウェイ・ミュージカル『ファニー・ガール』(主演:春野寿美礼)

脚注[編集]

  1. ^ a b c ENAK SUMiRE STYLE 演出家、正塚晴彦 すみれの園を創る人たち”. www.sankei.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c 演出家インタビュー”. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ Inc, Natasha. “よしもとが脚本家スクール開校、“あらゆる分野”のシナリオライターを大阪で育成” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “石塚朱莉も入学志願?よしもとの脚本家スクール“余計なもの”足す模擬授業も” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  5. ^ ライターコース 脚本家コース” (日本語). よしもとクリエイティブアカデミー|『コンテンツ制作・プロデュース』を担う即戦力を育てる吉本興業の学院. 2021年4月4日閲覧。
  6. ^ 1990年に中日劇場で続演
  7. ^ 2004年に中日劇場で続演
  8. ^ 2005年に全国ツアーで続演
  9. ^ 宝塚歌劇雪組の新作は大人の恋の行方を描く「私立探偵ケイレブ・ハント」”. ステージナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  10. ^ 2017年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<6月・宙組『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』
  11. ^ 2018年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】2018年10月・星組『デビュタント』>
  12. ^ 2003年に全国ツアーで再演(主演:春野寿美礼)
  13. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年6月12日閲覧。
  14. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]