正塚晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正塚 晴彦(まさつか はるひこ、1952年 - )[1]は、宝塚歌劇団所属の演出家大阪市出身[1]。A型。魚座。

略歴[編集]

日本大学芸術学部演劇学科卒業後、1976年、宝塚歌劇団に演出助手として就職[1]

1981年宝塚バウホール公演『暁のロンバルディア』で演出家デビュー[2]

1985年『テンダー・グリーン』で宝塚大劇場デビュー[2]

2004年の『BOXMAN』では、コンビ・和央ようか&花總まりが第29回菊田一夫演劇賞を受賞[2]

演出家像[編集]

華麗で美しい恋愛や夢がテーマの宝塚に、ハードボイルドの色合いを持ち込んだ。また、何気ない日常の中にドラマを見出すことに長けている。反面、難解で華やかさに欠けると大劇場デビュー作『テンダー・グリーン』は酷評されたと懐古している。[3]

演出は緻密でリアル。生徒の個性を引き出し、盆などの舞台機構をフルに活用し、テンポのある舞台創りを行う。既存の作品(小説、劇画など)に頼らず、ほぼ全作オリジナル作品を書き下ろしている。

近年ではトップスターの退団公演を手がけることも多く(久世星佳匠ひびき絵麻緒ゆう湖月わたる大和悠河瀬奈じゅん水夏希など)、『テンダー・グリーン』の主題歌「心の翼」(高橋城・作曲)は、時を経ても歌い継がれている。

これまでに思い出深い役者として、大浦みずきと久世星佳の名前をあげている[3]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

宝塚大劇場・東京宝塚劇場[編集]

その他の劇場の作品[編集]

  • 1981年 星組『暁のロンバルディア』(宝塚バウホール 主演:峰さを理*演出家デビュー作
  • 1981年 雪組『暁のロンバルディア』(宝塚バウホール)
  • 1982年 花組『イブにスローダンスを』(宝塚バウホール 主演:平みち
  • 1983年 花組『アンダーライン』(宝塚バウホール 主演:大浦みずき
  • 1986年 星組『パペット』(宝塚バウホール 主演:三城礼)
  • 1987年 星組『WHATS THE TITLE…!』(宝塚バウホール 主演:峰さを理
  • 1990年 月組『BLUFF-復讐のシナリオ-』(宝塚バウホール 主演:久世星佳
  • 1994年 雪組『二人だけの戦場』(宝塚バウホール 主演:一路真輝
  • 1994年 月組『WANTED』(宝塚バウホール 主演:久世星佳
  • 1995年 花組『LAST DANCE』(宝塚バウホール 主演:安寿ミラ
  • 1997年 月組『FAKE LOVE』(宝塚バウホール、日本青年館大ホール、愛知厚生年金会館 主演:姿月あさと
  • 1998年 月組『ブエノスアイレスの風』(シアター・ドラマシティ、神戸国際会館こくさいホール、日本青年館大ホール 主演:紫吹淳
  • 1999年 宙組『Crossroad』(シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール 主演:和央ようか
  • 1999年 雪組『SAY IT AGAIN-「ヴェローナの二紳士」より-』(宝塚バウホール 主演:成瀬こうき朝海ひかる
  • 2000年 星組『Love Insurance』(シアター・ドラマシティ、赤坂ACTシアター 主演:稔幸
  • 2001年 月組『Practical Joke』(シアター・ドラマシティ、赤坂ACTシアター 主演:真琴つばさ
  • 2001年 花組『カナリア』 (シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール 主演:匠ひびき
  • 2004年 宙組『BOXMAN』(シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール 主演:和央ようか
  • 2005年 月組『BourbonStreet Blues』(宝塚バウホール 主演:月船さらら北翔海莉
  • 2005年 雪組『銀の狼』(全国ツアー 主演:朝海ひかる
  • 2006年 花組『スカウト』(宝塚バウホール 主演:蘭寿とむ
  • 2008年 花組『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』(中日劇場 主演:真飛聖
  • 2008年 星組『ブエノスアイレスの風』(宝塚バウホール、日本青年館大ホール 主演:柚希礼音
  • 2010年 雪組『はじめて愛した』(シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール 主演:音月桂
  • 2010年 花組『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』(全国ツアー 主演:真飛聖
  • 2011年 星組『愛するには短すぎる』(中日劇場 主演:柚希礼音)
  • 2011年 花組『カナリア』(シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール 主演:壮一帆
  • 2012年 月組『愛するには短すぎる』 (全国ツアー 主演:龍真咲
  • 2013年 雪組『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』(シアター・ドラマシティ、日本青年館大ホール 主演:未涼亜希
  • 2014年 月組『THE KINGDOM』(日本青年館大ホール、シアター・ドラマシティ 主演:凪七瑠海美弥るりか
  • 2015年 花組『スターダム』(宝塚バウホール 主演:鳳月杏
  • 2017年 宙組『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』(宝塚バウホール 主演:桜木みなと[5]
  • 2018年 星組『デビュタント』(宝塚バウホール 主演:瀬央ゆりあ[6]
  • 2018年 花組『メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-』(全国ツアー 主演:柚香光
  • 2019年 宙組『追憶のバルセロナ』(全国ツアー 主演:真風涼帆

演出のみ[編集]

ディナーショー[編集]

宝塚歌劇団以外での作品[編集]

  • 1992年 TSダンスファンデーション『ショーUP! シャーUP! Vol.4』 脚本協力
  • 1994年 TSミュージカルファンデーション『YESTERDAY IS…HERE』脚本
  • 2002年 フジテレビ『愛と青春の宝塚~恋よりも生命よりも~』舞台構成演出
  • 2003年 NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』舞台構成演出(ヒロインの卒業公演シーン)
  • 2005年 TSミュージカルファンデーション『original musical タック』原作
  • 2007年 『PRIMARY COLORS』(主演:朝海ひかる
  • 2010年 ブロードウェイ・ミュージカル『ファニー・ガール』(主演:春野寿美礼

脚注[編集]

  1. ^ a b c ENAK SUMiRE STYLE 演出家、正塚晴彦 すみれの園を創る人たち”. www.sankei.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c 演出家インタビュー”. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ a b 久世星佳著「のんふぃくしょん」での対談記事より
  4. ^ 宝塚歌劇雪組の新作は大人の恋の行方を描く「私立探偵ケイレブ・ハント」”. ステージナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  5. ^ 2017年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<6月・宙組『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』
  6. ^ 2018年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】2018年10月・星組『デビュタント』>

外部リンク[編集]