酒井澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1966年撮影、左より岡田敬二小原弘亘柴田侑宏酒井阿古健植田紳爾

酒井 澄夫(さかい すみお)は、宝塚歌劇団演出家大阪府出身[1]

略歴[編集]

  • 早稲田大学文学部演劇科を卒業後、1959年(昭和34年)に宝塚歌劇団に就職[1]
  • ショー・芝居の脚本・演出の他、海外ミュージカルの脚色・演出なども担当する[1]

宝塚歌劇団での主な舞台作品[編集]

大劇場(ショー)[編集]

大劇場(芝居)[編集]

大劇場(海外ミュージカル)[編集]

その他劇場[編集]

コンサート[編集]

  • 1981年「瀬戸内美八リサイタル Sing,Sing,Sing! ー光と闇ー」(宝塚バウホール) 星組公演 出演/瀬戸内美八 他
  • 1983年「瀬戸内美八リサイタル  Sing, Sing, Sing! '83  -光と夢-」(宝塚バウホール) 星組公演 出演/瀬戸内美八 他
  • 2007年「LAVENDER MONOLOGUE」(宝塚バウホール、日本青年館)出演/轟悠珠洲春希天勢いづる[2]
  • 2012年「Streak of Light -一筋の光…-」(梅田芸術劇場ドラマシティ、日本青年館)花組公演 出演/蘭寿とむ蘭乃はな

ディナーショー[編集]

  • 1989年「The Brilliant Days~輝く日々~」出演/日向薫
  • 1999年「WHO? What. Why!」(ホテル阪急インターナショナル、呉阪急ホテル、パレスホテル)出演/真琴つばさ
  • 1999年「ノクターン」(パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル、呉阪急ホテル)出演/姿月あさと
  • 2000年「Believe」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)出演/和央ようか
  • 2001年「Noche de Yu」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)出演/轟悠
  • 2002年「Possibility」(宝塚ホテル第一ホテル東京)出演/大和悠河
  • 2002年「The way Yu are」(パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)出演/轟悠、風輝マヤ、ふづき美世 他
  • 2004年「Yu Quiero Guitarras」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)出演/轟悠、愛音羽麗未涼亜希
  • 2005年「『Alpha』 20ans FACE OF YU」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)出演/轟悠
  • 2007年「Yu's Purple Shadow -幻影の街角-」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)出演/轟悠、音乃いづみ凪七瑠海
  • 2007年「etude」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)出演/春野寿美礼高翔みず希眉月凰
  • 2008年「Fallin' Love with Yu」(パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)出演/轟悠、未涼亜希桜一花
  • 2009年「Yu、il mondo!」(ホテル阪急インターナショナル、ホテルグランドパレス)出演/轟悠 他
  • 2010年「Yū,25ans-Happily Ever After-」(ホテルグランドパレス、宝塚ホテル)出演/轟悠
  • 2014年「Yu! Just in Time」(パレスホテル東京、ホテル阪急インターナショナル)出演/轟悠 他
  • 2016年「Prelude of Yu」(パレスホテル東京、ホテル阪急インターナショナル)出演/轟悠 他
  • 2016年「Evolution!」(宝塚ホテル、第一ホテル東京)出演/凪七瑠海楓ゆき夢奈瑠音叶羽時蓮つかさ
  • 2017年「Yu Sol y Sombra」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル東京)出演/轟悠 他
  • 2018年「Yu, Un jour chantant」(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル東京)出演/轟悠 他
  • 2019年「Yu 35, A new world」(パレスホテル東京、ホテル阪急インターナショナル)出演/轟悠 他
  • 2020年「Yū, Sparkling Days」(宝塚ホテル)出演/轟悠 他 *1Day Special LIVE

宝塚歌劇団以外の主な舞台作品[編集]

受賞歴[編集]

  • 第45回菊田一夫演劇賞 特別賞(2019年)- 永年の宝塚歌劇における作・演出の功績に対して

脚注[編集]

  1. ^ a b c ENAK SUMiRE STYLE すみれの園を創る人たち 演出家(顧問) 酒井澄夫”. www.sankei.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  2. ^ 4月の宝塚バウホールでは宙組選抜メンバーが出演し、11月の日本青年館では雪組選抜メンバーが出演