宝塚歌劇団7・8期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宝塚歌劇団7・8期生(たからづかかげきだん7・8きせい)は1918年(大正7年)に宝塚歌劇団(当時の名称は宝塚少女歌劇養成会)に入団し、同年もしくは1919年(大正8年)に初舞台を踏んだ10名を指す[1]

概要[編集]

初舞台の公演演目は天津乙女關守千鳥初瀬音羽子久方靜子は『馬の王様』で[2]、その他は不明である。

この期に「宝塚の至宝」と呼ばれた天津乙女や關守千鳥が入団。

一覧[編集]

※同じ初舞台グループで分けている[1]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
天津乙女 あまつ おとめ 10月9日[3] 東京都[3]千代田区 青山小学校 百人一首より
小林一三が命名
エイコ[3] 男役 1980年 東京都出身者初の入団
妹は雲野かよ子池邊鶴子[4]
1948年宝塚歌劇団理事
日本舞踊・藤間乙女[5]
在団中に死去[6]
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
有明月子 ありあけ つきこ 12月18日 大阪府大阪市北区[7] 百人一首 男女両役[8] 1926年に一度退団後
復帰後1931年
横沢三郎夫人
娘は二代目・有明月子[4]
關守千鳥 せきもり ちどり 3月15日 東京都千代田区 仏英和高等女学校 百人一首 1921年 俳優・東榮子[9]
初瀬音羽子 はつせ おとわこ 2月7日 秋田県[7] 東京高等女学校 百人一首  両役 1928年 俳優・初瀬乙羽[9]
久方靜子 ひさかた しずこ 3月7日 東京都北区 瀧野川小学校 百人一首 娘役 1926年
松帆浦子 まつほ うらこ 1月17日 神奈川県 百人一首 1922年       
和田久子 わだ ひさこ 4月14日 大阪府 百人一首  1922年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
生野道子 いくの みちこ 大阪府大阪市福島区[7] 百人一首 男役 1927年  
笹原いな子 ささはら いなこ 兵庫県西宮市[7] 西宮女子技藝學校[2] 百人一首 娘役 1929年
龍田神代 たつた かみよ 百人一首 1927年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 100年史(人物) 2014, p. 7.
  2. ^ a b 『寳塚歌劇少女の生活』河原蓬著、育文館書店、1922年11月25日
  3. ^ a b c 「舞台を色どる人々」 『おお宝塚60年―「ドンブラコ」から「ベルばら」まで』朝日新聞社、1976年11月30日、231頁。 
  4. ^ a b 80年史 1994, p. 196.
  5. ^ 「エンサイクロペディア・タカラジカ」 『おお宝塚60年―「ドンブラコ」から「ベルばら」まで』朝日新聞社、1976年11月30日、219頁。 
  6. ^ 100年史(人物) 2014, p. 76.
  7. ^ a b c d 『寶塚の歌劇少女』橋詰せみ郎著、新正堂書店、1923年12月5日
  8. ^ 宇佐見正「あゆみI (1914〜32)」 『おお宝塚60年―「ドンブラコ」から「ベルばら」まで』朝日新聞社、1976年11月30日、59頁。 
  9. ^ a b 橋本雅夫 『素晴らしい宝塚歌劇―夢とロマンの85年―』阪急電鉄コミュニケーション事業部、1999年9月10日、175頁。ISBN 4-89485-013-3 

参考文献[編集]