紫苑ゆう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しおん ゆう
紫苑 ゆう
本名 渡辺 奈津子(わたなべ なつこ)
生年月日 (1959-03-25) 1959年3月25日(58歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
職業 宝塚音楽学校演劇講師
活動期間 1978年 - 1994年
活動内容 1978年宝塚歌劇団入団
1979年:星組に配属
1992年:星組トップスター就任
1994年:宝塚歌劇団退団
1995年宝塚音楽学校演劇講師に就任、現在に至る。
公式サイト 紫苑ゆう公式ホームページ
主な作品
舞台
蒼いくちづけ~ドラキュラ伯爵の恋』
ベルサイユのばら
うたかたの恋パパラギ
カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ!』
備考
宝塚歌劇団卒業生

紫苑 ゆう(しおん ゆう、本名:渡辺 奈津子(わたなべ なつこ)、兵庫県神戸市灘区出身、1959年3月25日 - )は、元宝塚歌劇団星組トップスター、現宝塚音楽学校講師。

身長公称169センチ、血液型O型[1]。宝塚歌劇団時代の愛称はシメ、少女時代からの愛称『ヒメ()』が転じて(本人談)との事。

来歴・人物[編集]

タクシードライバーの父と大のヅカファンだった母のもと一人っ子として出生[2]。高校時代、演劇部の先輩から借りた「ベルサイユのばら」を読み心酔、それがきっかけで宝塚に興味を持つようになる[3]

「お芝居とクラシックバレエが好きでもっと勉強したくて」兵庫県立御影高等学校2学年を修了後、宝塚音楽学校受験・合格。

1978年、同校卒業後、64期生として宝塚歌劇団に入団。月組公演『祭りファンタジー/マイ・ラッキー・チャンス』で初舞台を踏む。同期に女優の秋篠美帆郷真由加幸和希仁科有理ひびき美都、歌劇団振付家の御織ゆみ乃らがいる。

1979年星組に配属。以降、退団まで星組一筋で活躍した。2期上の日向薫と共に正統派男役スターとして人気を集めた。

1982年、『エーゲ海のブルース』ダニエル役(本公演:瀬戸内美八)で新人公演初主演。

1985年、『カール・ハインリッヒの青春』でバウホール初主演。2番手時代から、ドラキュラオスカル等さまざまな役を演じた。

2番手娘役時代の毬藻えりとは芝居・ショーなどで組み、『蒼いくちづけ』『炎のボレロ』などで名コンビ振りを発揮した。毬藻がトップ娘役に昇格後は、日向・毬藻・紫苑で三角関係の設定の芝居になることが多かった。

1992年、星組トップコンビ日向・毬藻の退団に伴い、白城あやかとコンビを組んで星組トップに。『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』でお披露目。

1993年、新築なった宝塚大劇場こけら落し公演を任される。しかし同年、主演する予定であった『うたかたの恋パパラギ~極彩色のアリア』の稽古中にアキレス腱を断裂、左記の大劇場公演と秋の全国ツアー(『秋…冬への前奏曲~コマロフスキー伯爵編』)全日程の休演を余儀なくされた。必死のリハビリ東京宝塚劇場公演では復帰、念願のオーストリア皇太子ルドルフを演じた。

1994年、宝塚歌劇80周年記念の年に、『カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ!』をもって退団。

千秋楽では「私は宝塚が大好きです。私は宝塚が死ぬほど好きです。私は宝塚を心から愛しています。この気持ちだけは誰にも負けません。どんな時でも、どんな目に遭っても、ただ大好きな宝塚に居る。それだけでいつも本当に幸せでした」とあいさつした。

退団後当初は紫苑本人たっての希望で老人福祉の仕事につき、阪神・淡路大震災などを挟み表舞台から遠ざかっていたが、程なく宝塚音楽学校よりオファーを受け同校演劇講師に就任、次世代のスターを育てている。

私生活では宝塚退団・音楽学校講師職就任を経て独身を通している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

初舞台・星組時代[編集]

1978年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

星組トップ時代[編集]

1992年

1993年

1994年

エピソード[編集]

  • 役の上で軍服を着ることが多かった為、自らを「軍人専科」と称していた[注 17]

出版物[編集]

ビデオ&DVD[編集]

  • 宝塚歌劇団本公演
  • ディナーショー
  • 宝塚歌劇団音楽祭・その他
    • 『'86TMP音楽祭 ザッツ・ムービー!』(1986年)
    • 『'87TMP音楽祭 ラ・シャンソン』(1987年)
    • 『'88TMP音楽祭 永遠のポップス』(1988年)
    • 『'89TMP音楽祭 ザッツ・ムービーII』(1989年)
    • 『'90TMP音楽祭 サウンド・イン・ビッグ・シティ』(1990年)
    • 『'91TMP音楽祭 エスノ・ポップス』(1991年)
    • 『'92TMP音楽祭 SONGS IN YOUR HEART』(1992年)
    • 『'93TMP音楽祭 青春フォーエバー!』(1993年)
    • 『TMPスペシャル 夢まつり宝塚'94』(1994年)
    • 『アデュー大劇場』(1993年)
    • 『宝塚歌劇80周年記念式典・夢を描いて華やかに』(1994年)※『ラ・カンタータ!』も収録。
    • 『宝塚歌劇80周年記念・大運動会』(1994年)
  • 宝塚歌劇団退団記念
    • 『Shion~愛の祈り~』(1994年)バウホールリサイタル実況
    • 『Golden Days・輝ける日々』(1994年)宝塚大劇場サヨナラショー&名場面集
  • 宝塚歌劇団退団後
    • 『紫苑ゆう First&Last Recital』(2000年)
    • 『吉崎憲治 オリジナルコンサート TAKARAZUKA FOREVER』(2003年)
    • 『百年への道』(2009年)

LP&CD[編集]

  • 『宝塚 青春のアルバムIII 日向薫・紫苑ゆう』LP(1986年)
  • 『タカラジェンヌのCHRISTMAS』(1991年)
  • 『LEGEND~紫苑伝説~』CD(1994年)思い出の舞台、サヨナラショー等収録
  • 『Shine Away』CD(1994年)退団記念アルバム 「オペラ座の怪人」「哀しみのコルドバ」など収録

≪舞台実況LP≫

  • 『炎のボレロ/TOO HOT!』

≪舞台実況CD≫

  • 『戦争と平和』
  • 『春の踊り~恋の花歌舞伎~/ディガ・ディガ・ドゥ』
  • 『誓いの首飾り』
  • 『ベルサイユのばら・アンドレとオスカル編』
  • 『シャンテ・シャンテ・シャンテ』
  • 『メイフラワー/宝塚レビュー'90』
  • 『シティライト・メロディ』
  • 『アポロンの迷宮/ジーザス・ディアマンテ~夢の王の夢~』
  • 『恋人たちの肖像/ナルシス・ノアール』
  • 『グランサッソの百合』
  • 『紫禁城の落日』
  • 『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』
  • 『宝寿頌/PARFUM DE PARIS』
  • 『うたかたの恋/パパラギ―極彩色のアリア』<東京公演・紫苑バージョン>[注 19]
  • 『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』
  • 『カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ!』
  • 『Shion~愛の祈り~』

写真集&著書[編集]

  • 『フォーサム臨時増刊 紫苑ゆう写真集 SHION A PHOTOGRAPH COLLECTION』(1991年)
  • 『紫苑ゆう サヨナラ写真集』(1994年)
  • 『マイ・デコレイション』(1994年) 本人によるエッセイ

宝塚歌劇団退団後の出演(舞台・コンサート等)[編集]

  • 1999年12月4日、宝塚大劇場において阪神・淡路大震災のチャリティー公演として『紫苑ゆう First & Last リサイタル』を開催。
  • 2000年からは、年に一度だけ開催される『再会』と銘打ったディナーショーを行なっている。
  • 2003年10月10日、『吉崎憲治オリジナルコンサート TAKARAZUKA FOREVER』に出演。
  • 2009年6月15日、『宝塚歌劇95周年記念・「歌劇」通巻1000号記念スペシャル「百年への道」』に出演。
  • 2009年10月30日~11月3日、宝塚バウホールにおいて『再会』10周年を記念して『紫苑ゆうリサイタル True Love』を開催。
  • 2010年7月23日、『没後10周年記念 寺田瀧雄メモリアルコンサート~歌い継がれて~』に出演。
  • 2010年11月、集英社より発売された『ベルサイユのばらカルタ』の読み札CDを担当。
  • 2011年1~2月、『TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY DREAM TRAIL ~宝塚伝説~』にゲスト出演。
  • 2011年10月2日、阪急三番街にて『ベルサイユのばら展 池田理代子×紫苑ゆうトークショー』を開催。
  • 2012年2月25日、宝塚文化創造館にて『岡田敬二×紫苑ゆう 華麗なるロマンチック・レビューの世界』にゲスト出演。
  • 2012年5月12日、西武ドームにて『第14回国際バラとガーデニングショウ』にゲスト出演。(池田理代子とのトークショー)
  • 2012年5月26日、京成バラ園にて「ベルばらのテラス」オープニングイベントにゲスト出演。(池田理代子とのトークショー)
  • 2012年11月16日~21日、東急シアターオーブ/11月27日・28日・12月3日、梅田芸術劇場にて『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』にトート役で特別出演。[注 20]
  • 2013年3月17日、『東京會舘創業90周年記念・鈴木治彦スペシャルトーク 愛する宝塚よ永遠なれ』にゲスト出演。
  • 2013年7月17日、宝塚大劇場にて開催される『宝塚音楽学校創立100周年式典』のトークコーナーに参加。
  • 2013年9月28日、横浜・関内ホールにて『ガン撲滅チャリティー・コンサート サザンアミ・シャンソンコンサート』にゲスト出演。[注 21]
  • 2013年10月15日・21日、東急シアターオーブ/11月2日・10日・12日、梅田芸術劇場にて『~TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY FINAL~ DREAM, A DREAM』にゲスト出演。
  • 2014年4月4日・6日、宝塚大劇場にて『~宝塚歌劇100周年夢の祭典~ 時を奏でるスミレの花たち』に出演。
    • 4日には白城あやかと共に『うたかたの恋』の主題歌を、6日には『ラ・カンタータ!』より「熱愛のボレロ」を熱唱した。
  • 2014年5月31日・6月1日、東京青山劇場/6月29日、大阪梅田芸術劇場にて『セレブレーション 100! 宝塚~この愛よ永遠に~』にゲスト出演。
  • 2014年9月13日、宝塚ホテルにて池田理代子とのトークショーを開催。
  • 2014年10月11日・12日、宝塚ホテル・宝寿の間にて『退団20周年記念ディナーショー ~Forever Love~』を開催。スペシャルゲスト:大鳥れい
  • 2015年5月31日、大阪大丸心斎橋劇場にて真琴つばさのトーク&ライブツアー第三弾『X-TALK』にゲスト出演。
  • 2015年7月12日、宝塚文化創造館にて『歌劇シンポジウム ロマンチック・レビューの世界』にゲスト出演。
  • 2015年9月19日~21日、東京国際フォーラム/10月3日~5日、梅田芸術劇場にて梅田芸術劇場10周年記念公演『Super Gift!』にゲスト出演。
  • 2016年10月2日、いたみホール(伊丹市文化会館)にて『入江薫メモリアルコンサート』に出演。

演技指導[編集]

※渡辺奈津子として

  • 2005年4~5月『さすらいの果てに』<宝塚バウホール・雪組公演>主演:壮一帆音月桂
  • 2008年4~5月『ANNA KARENINA』<宝塚バウホール・星組公演>主演:夢乃聖夏麻尋しゅん
  • 2012年3月『天使のはしご』<宝塚バウホール・星組公演>主演:涼紫央
  • 2012年4~5月『華やかなりし日々/クライマックス』<宝塚大劇場・宙組公演>98期生初舞台口上指導

テレビ出演[編集]

宝塚時代

宝塚退団後

ラジオ出演[編集]

宝塚時代

宝塚退団後

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 前公演の「オルフェウスの窓」が東京→宝塚の順という変則的スケジュールで行われた為、調整として東京のみで開催された。
  2. ^ 東京公演は『春の踊り』に改題。
  3. ^ 翌年、中日劇場にて再演。
  4. ^ abc会館にて東京公演開催。
  5. ^ 東京公演は開催されず。1988年に地方公演にて役替わりで再演。
  6. ^ 好評により急遽、日本青年館にて東京公演が開催された。
  7. ^ 『ブギ・ウギ・フォーリーズ』を地方公演用に改訂。
  8. ^ 翌年、中日劇場にて再演。毬藻えりが娘役トップに就任した為、相手役が綾瀬るりに変更になった。
  9. ^ ニューヨーク公演準備の為。
  10. ^ 1991年、ゆうぽうと簡易保険ホールにて再演。青山雪菜退団の為、ヒロインが神矢夕紀に変更。
  11. ^ ニューヨーク公演参加の為、宝塚公演は休演。
  12. ^ 1992年、日本青年館にて再演。
  13. ^ 怪我により宝塚公演休演の為、東京公演のみ出演。
  14. ^ 東京公演は開催されなかった。
  15. ^ 9月9日には、宝塚歌劇80周年記念式典『夢を描いて華やかに』が開催され、続けて『ラ・カンタータ!』が上演された。
  16. ^ 日本青年館にて東京公演開催。
  17. ^ 歌劇」「宝塚グラフ」等での本人の発言より。実際に『ベルサイユのばら』『哀しみのコルドバ』『別離の肖像』『炎のボレロ』『戦争と平和』『恋人たちの肖像』『グランサッソの百合』『うたかたの恋』『ラ・トルメンタ~愛の嵐~』など、軍服を着た作品は数多い
  18. ^ 当時は本公演のビデオやDVDの発売はなかったが復刻版として2008年に発売された。
  19. ^ 代役公演の実況CDが既に発売されていたが、紫苑主演版として更に東京公演の実況CDが発売された。
  20. ^ 紫苑は在団中に『エリザベート』の舞台に立っていないが、演出の小池が『エリザベート』を宝塚で舞台化できるかどうか悩んでいた時、紫苑の一言に勇気をもらい初演に踏み切ることができたという。そのお礼として紫苑の長年の夢だったトートを実現することとなった。(エリザベート ガラ・コンサート プログラムより)
  21. ^ 紫苑の同期の香田夏織(このみ志麻)により開催。

出典[編集]

  1. ^ 「宝塚おとめ」より。
  2. ^ 本人によるエッセイ『マイ・デコレイション』より。
  3. ^ 1995年2月17日放送NHKのドキュメント番組「さよなら紫苑ゆう」での本人談。
  4. ^ http://www.yonedanji.jp/yd/?p=3819
  5. ^ http://blog.livedoor.jp/okablog/archives/50912152.html#
  6. ^ http://www1.linkclub.or.jp/~mya/jewelrybox/sion.htm

外部リンク[編集]