仙名彩世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せんな あやせ
仙名 彩世
生年月日 (1988-12-03) 1988年12月3日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 宮城県名取市
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2008年 -
活動内容 2008年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2017年:花組トップ娘役就任
2019年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所 キューブ
公式サイト 仙名彩世 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
仮面のロマネスク
ポーの一族
あかねさす紫の花
CASANOVA
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

仙名 彩世(せんな あやせ、1988年[1]12月3日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役[3]

宮城県名取市[1]宮城第二女子高等学校出身[2]。身長162cm[1]。血液型A型[1]。愛称は「ゆき」[2]

所属事務所はキューブ[4][1]

来歴[編集]

2006年、宝塚音楽学校入学[1]

2008年、宝塚歌劇団に94期生として首席入団[5][6][7][8][5][9][1]月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台[2][5][9][3][1]。その後、花組に配属[8][10][3][1]

新人公演時代はヒロインに抜擢されることは無かったが[10]、悪役など個性的な役柄を演じ[8]、歌・ダンス・芝居と三拍子揃った実力派として舞台を支える[6][7][5]

2013年、「フォーエバー・ガーシュイン」でバウホール公演初ヒロイン[8][9][3]

2014年、蘭寿とむ退団公演となるショー「TAKARAZUKA ∞ 夢眩」で、初のエトワールに抜擢を受ける[8]。その後も度々エトワールを務め、ショーでは歌手として多く起用される。

2015年、「風の次郎吉」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、専科スター・北翔海莉の相手役を桜咲彩花と務め、東上公演ダブルヒロイン[10][11]

2016年、「For the people」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、東上公演単独初ヒロイン[10][3]。続く初舞台作品の再演となる「ME AND MY GIRL」では、歴代ベテラン娘役が演じてきたマリア公爵夫人役を、若くして役替わりで演じる[8]

2017年2月6日付で、花乃まりあの後任として花組トップ娘役に就任[7][10][9][1]明日海りおの3人目の相手役として[5]、「仮面のロマネスクEXCITER!!2017」(全国ツアー公演)で、トップコンビお披露目[10][9]。新人公演のヒロイン経験が無い娘役がトップ就任するのは、元雪組トップ娘役・神奈美帆以来32年ぶりのこととなり、入団9年目でのトップ就任(お披露目時には10年目)も、娘役としては異例[6]の遅咲きとなった[6][7][5]

2019年4月28日、「CASANOVA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[7][8][5][3][1]

2020年1月よりキューブ所属となる[4][1]

人物[編集]

子供の頃からバレエを習い、学生時代は「怪我をしたら困る」と運動部には入らなかった[10]

高校は地元仙台市でも有数の進学校へ進学[10]。新体操部の友人に影響され、歌にも興味を持ち、自分探しを始めた頃、母から宝塚受験を勧められる[10]。調べてみると、三味線もタップダンスも授業にあり、ここならやりたいことが見つけられるかもと思い、受験2カ月程前に音楽学校受験を決意[10]。1回の受験で合格を果たした[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

花組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2009年7月、『宝塚巴里祭2009』
  • 2010年1月、第3回『マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ』
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2014年7月、『宝塚巴里祭2014』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年3月、仙名彩世ミュージック・サロン『Sen-se』 主演[5]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 仙名彩世公式プロフィールキューブオフィシャルサイト
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、21頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 仙名彩世サヨナラ特別番組「永遠の愛を込めて…」タカラヅカ・スカイ・ステージ
  4. ^ a b 仙名彩世 キューブ所属のお知らせキューブオフィシャルサイト
  5. ^ a b c d e f g h i j 遅咲きの宝塚花組トップ娘役仙名退団「素晴らしい奇跡」に感謝デイリースポーツ
  6. ^ a b c d e 宝塚歌劇団32年ぶりの異例のトップ娘役、仙名彩世お披露目デイリースポーツ
  7. ^ a b c d e f “宝塚花組トップ娘役・仙名彩世退団発表 異例の遅咲き実力派”. デイリースポーツ (株式会社デイリースポーツ). (2018年10月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/15/0011733432.shtml 2018年10月15日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j “花組娘役トップ、仙名彩世さん退団へ”. 産経新聞. (2018年10月15日). https://www.sankei.com/entertainments/news/181015/ent1810150003-n1.html 2018年10月15日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g “宝塚歌劇団、花組の次期トップ娘役に仙名彩世”. ステージナタリー. (2016年9月30日). https://natalie.mu/stage/news/203732 2016年9月30日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 異例遅咲き 花組新トップ娘役/仙名彩世日刊スポーツ
  11. ^ a b 【公演評】花組ドラマシティ「風の次郎吉-大江戸夜飛翔-」スターファイル
  12. ^ 「シャボン玉とんだ~」に畠中洋、吉野圭吾、濱田めぐみ、福井晶一、土居裕子らステージナタリー
  13. ^ 「ミス・サイゴン」ジョン役に上野哲也、エレン役は仙名彩世・松原凜子らステージナタリー

外部リンク[編集]