真風涼帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まかぜ すずほ
真風 涼帆
生年月日 7月18日
出生地 日本の旗 日本 熊本県菊池郡
身長 175cm
血液型 B型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2006年 -
活動内容 2006年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2015年宙組へ異動
2017年:宙組トップスター就任
公式サイト 真風涼帆 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
オーシャンズ11
ロミオとジュリエット
王家に捧ぐ歌
エリザベート

真風 涼帆(まかぜ すずほ、7月18日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。宙組トップスター[2]

熊本県菊池郡[1]県立大津高等学校出身[1]。身長175cm[1]。血液型B型[3]。愛称は「ゆりか」、「すずほ」[1]

来歴[編集]

2004年4月、宝塚音楽学校入学。

2006年3月、宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は15番。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、星組に配属。

2009年安蘭けい遠野あすか退団公演となる「My dear New Orleans」で、新人公演初主演[4]。同年、柚希礼音夢咲ねねお披露目公演となる「太王四神記 Ver.II」で、新人公演主演[4]。同年7月より1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第8期スカイ・フェアリーズを夢妃杏瑠と務める[5]

2011年アシックス「BC WALKER」のCMに、芹香斗亜十碧れいや漣レイラ麻央侑希瀬央ゆりあ紫藤りゅうらと出演[6]。同年、「ランスロット」で、バウホール初主演。

2012年、ショー「Étoile de TAKARAZUKA」で、5度目の新人公演主演を果たし、新人公演を卒業。

2015年5月11日付で、宙組へ組替え。朝夏まなと実咲凜音大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」より宙組生デビューを果たし、新生宙組の2番手となる。

2017年11月20日付で、朝夏まなとの後任として宙組8代目トップスター就任[2]。相手役に星風まどかを迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2017」が、トップコンビとしての初仕事となる[7]

2018年、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム公演)で、新トップコンビお披露目[8]

人物[編集]

母がダンス教室をやっていたこともあり、小さい頃から踊ることが好きだった[9]。6歳下の弟がおり、よく面倒をみていた[9]

小学校時代、ピアノ、習字、そろばんを習っていた[9]

中学では友人の誘いで、卓球部に所属していた[9]

中学3年の時に熊本で月組全国ツアー公演「大海賊ジャズマニア」を観劇し、宝塚と出会う[9]。会場に置いてあった音楽学校の願書を目にし、母の勧めもあり中学卒業時に受験するも、何の準備もせずに臨んだため、二次試験で不合格となる[9]。受験後に、花組公演「琥珀色の雨にぬれてCocktail」を観劇し、「やっぱりここに入りたい」と強く思うようになり、高校入学後に声楽やバレエを習い始める[9]

高校時代は、宝塚受験のためのレッスン代をまかなうために、ショッピングモール内のパン屋でアルバイトをしていた[要出典]。バイトだけでセールをすることもあり、パンが売れ残ると原因を考えたりもしたという[9]

高校2年生の時、体育祭の創作ダンス発表にクラスで取り組み、学校の代表に選ばれ、熊本県の発表会に参加して入賞したことがある[3][9]

これが最後の受験と決めた3度目の受験で、音楽学校に無事合格した[3][9]

趣味は温泉巡りと断捨離。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2006年3月 - 5月、宙組『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』(宝塚大劇場のみ)

星組時代[編集]

  • 2007年9月、日生劇場『Kean』フランシスコ
  • 2007年11月 - 2008年2月、『エル・アルコン-鷹-』ローズ、新人公演:キャプテン・ブラック(本役:和涼華)/『レビュー・オルキス -蘭の星-』
  • 2008年4月、宝塚バウホール『ANNA KARENINA』セルプホフスコイ
  • 2008年6月 - 10月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:アルマン・サン・ジュスト(本役:和涼華)
  • 2008年11月、日本青年館・宝塚バウホール公演『ブエノスアイレスの風』マルセーロ
  • 2009年2月~4月、『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)-愛する我が街-/ア ビヤント』ジョー・コールマン、新人公演:ジョイ・ビー(本役:安蘭けい) *新人公演初主演
  • 2009年6月~9月、『太王四神記 Ver.II-新たなる王の旅立ち-』チョロ、新人公演:タムドク(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 2009年10月 - 11月、シアタードラマシティ・日本青年館『コインブラ物語』 ロドリゲス
  • 2010年1月 - 3月、『ハプスブルクの宝剣 -魂に宿る光-カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン、新人公演:フランツ・シュテファン(本役:凰稀かなめ)/『BOLERO -ある愛-』
  • 2010年4月 - 5月、全国ツアー『激情-ホセとカルメン-』レメンダート/『BOLERO -ある愛-』ジラフA他
  • 2010年7月 - 8月、梅田芸術劇場メインホール・博多座『ロミオとジュリエット』死
  • 2010年10月 - 12月、『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-』/『愛と青春の旅だち』エディー、新人公演:フォーリー軍曹(本役:凰稀かなめ)
  • 2011年1月 - 2月、宝塚バウホール・日本青年館『メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-』忍
  • 2011年4月~7月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』メール夫人、マール、オーロ(夢乃聖夏、紅ゆずると役替わり)、新人公演:ドアボーイ(本役:麻央侑希)、メール夫人[10]めぐり会いは再び-My only shinin' star-』エルモクラート
  • 2011年8月~9月、『ランスロット』(バウホール)ランスロット *バウ初主演
  • 2011年11月~2012年2月、『オーシャンズ11』ライナス・コールドウェル、新人公演:ダニー・オーシャン(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 2012年3月~4月、柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!』(シアタードラマシティ・日本青年館)
  • 2012年5月~8月、『ダンサ セレナータ/Celebrity-セレブリティ-』ルイス、新人公演:イサアク(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館)ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン伯爵 
  • 2012年11月~2013年2月、『宝塚ジャポニズム~序破急~』『めぐり会いは再び 2nd~Star Bride~』エルモクラート・オズウェル・マーキス『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』エトワールオムA、アルデバラン、ヴァルゴオムS3、エトワールギャルソンA、新人公演:ムッシュエトワール、スペシャルエトワール、ヴァルゴオムS1、アドレオム(本役:柚希礼音) *新人公演主演
  • 2013年3月~4月、『南太平洋』(シアタードラマシティ・日本青年館)ジョセフ・ケーブル
  • 2013年5月~8月、『ロミオとジュリエット』死(麻央侑希と役替わり)、ティボルト(紅ゆずると役替わり)
  • 2013年10月、『日のあたる方(ほう)へ-私という名の他者-』(シアタードラマシティ・日本青年館)ジキル、イデー *主演
  • 2014年1月~3月、『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯(はて)に-ミュラ
  • 2014年5月~6月、『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』(東急シアターオーブ)ボーフォール
  • 2014年7月~10月、『The Lost Glory-美しき幻影-/パッショネイト宝塚!』カーティス・ダンフォード
  • 2014年11月、柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN~LEGEND~』(日本武道館)
  • 2015年2月~5月、『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』ラファエル・デ・ビスタシオ
  • 2015年3月、柚希礼音ディナーショー『The REON!!』(ホテル阪急インターナショナル・パレスホテル東京)

宙組時代[編集]

宙組トップスター時代[編集]

  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)トニー *トップお披露目公演
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』 カイル・ムルシリ *大劇場トップお披露目公演
  • 2018年7月~8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)トニー
  • 2018年10月~12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』レオナルド・ダ・ヴィンチ ※予定

CM出演[編集]

  • 2011年、アシックス「BC WALKER」[6]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、130頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b 宙組 次期トップスター、トップ娘役について宝塚歌劇団公式サイトより。
  3. ^ a b c 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2012』2012年、106-107頁。ISBN 978-4-484-12512-1
  4. ^ a b フェアリーインタビュー 星組 真風涼帆”. ウィズたからづか. 2013年7月22日閲覧。
  5. ^ スカイ・フェアリーズ 第8期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年7月22日閲覧。
  6. ^ a b タカラジェンヌ7名がCMに一挙出演! 美しい“歩き”を颯爽と披露ORICON STYLEより。
  7. ^ 『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』(追)宝塚歌劇団公式サイト
  8. ^ 宙組次期トップコンビは真風涼帆&星風まどか、2018年1月にお披露目公演ステージナタリー
  9. ^ a b c d e f g h i j 「波瀾爆笑!?我が人生 真風涼帆」『宝塚GRAPH』2011年12月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、82-84頁。
  10. ^ 漣レイラの休演により、宝塚新人公演のみ代役でメール夫人を演じる。ドアボーイは紫藤りゅうが務めた。

外部リンク[編集]