武田真治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけだ しんじ
武田 真治
本名 同じ
生年月日 1972年12月18日(43歳)
出生地 日本の旗北海道札幌市
血液型 AB型
活動期間 1990年 -
活動内容 俳優、タレント、サックスプレーヤー
配偶者 未婚
事務所 ホリプロ
公式サイト ホリプロ公式サイト -武田真治-
主な作品

舞台
『身毒丸』/『エリザベート
映画
七人のおたく』/『御法度
子猫の涙
テレビドラマ
NIGHT HEAD』/『南くんの恋人
フェイス』/『君の手がささやいている
バラエティ
めちゃ×2イケてるッ!

武田 真治(たけだ しんじ、1972年12月18日 - )は、日本の俳優タレントサックスプレーヤーである。北海道札幌市生まれ。ホリプロ所属。身長165cm、血液型AB型。北海道札幌北陵高等学校から都立高校に転校して卒業。

略歴[編集]

  • 1995年(平成7年)4月、シングル『Blow up』でミュージシャンデビュー。1997年(平成9年)から2001年(平成13年)までテレビ朝日系列のスペシャルドラマ『君の手がささやいている』で5年連続で主演。
  • 1999年(平成11年)、大島渚の最後の映画作品『御法度』にて沖田総司を演じる。男衆に狂う新撰組の中で唯一流されることなく、近所に住む子供達と川で遊ぶなど関わりを持たず、自らの寿命も悟っているそぶりを見せるも飄々とした役柄であり、出演時間は短いものの、重要な人物として描かれた。錚々たる役者が出演する中でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。
  • 2007年(平成19年)1月から、2本目のミュージカル『スウィーニー・トッド』に出演[2]。また主演映画『LOVE DEATH』ではアクションシーンに挑戦し鍛え上げた肉体美を披露した。
  • 2015年(平成27年)8月24日、首都高速湾岸線において接触事故を起こした。武田が車線変更をしようとした際に左後方の車に接触、後続車が横転して男女2人が搬送された[4]

人物・エピソード [編集]

  • サックスを始めたきっかけは、姉がチェッカーズのファンで、一緒に音楽番組を見ていた時に、サックスを吹く藤井尚之の姿に強く憧れを抱いたからであると言う。中学時代から熱心に練習を重ね、将来はサックスプレイヤーになることを夢見ていた。ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募した動機も、俳優やタレントを目指してのことではなく、サックス奏者としてデビューの足掛かりになりやすいと思ったためと明らかにしている。
  • The TRAVELLERS のメンバーに同姓同名のサックス奏者がいる。漢字まで全く同じであるため、CDのブックレットに「サックス:武田真治」と記載されている際はどちらの武田真治なのか注意が必要。
  • 実家は旭川市にある[5]。年末年始にはなるべく実家に帰るようにしており、帰省時には近くの山でスキーを楽しむのが通例になっているという[5]
  • 生前の忌野清志郎と親交があり、サックス奏者としてツアーに参加(2000年 - 2001年)した。また、バンドメンバーと自転車で東京 - 鹿児島間(1,422km)を10日かけて走り、共に鹿児島の温泉に入った[6][7]
  • ユーモラスなキャラクターで、「めちゃ²イケてるッ!」などのバラエティ番組に出演。
  • お台場合衆国で、当時のジャスコブランドの広告塔を担うため、イオンリテールの村井正平(現・ダイエー取締役)より、かつてグランプリとなったジュノンボーイをもじった「JUSCOボーイ」に任命された。
  • 25歳の頃に顎関節症を患い、その際に医師から身体全体の筋肉をつけるように勧められトレーニングを始める。週に2回、15km75分を目標にジョギングし、ベンチプレスも週に3日は行う[8]

出演[編集]

舞台[編集]

ミュージカル[編集]

テレビドラマ[編集]

携帯ドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

声優[編集]

人形劇[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 太陽帝国の新たな伝説〜もうひとつのマチュピチュを求めて〜(BS朝日、2012年9月16日) - 語り

バラエティ・その他のテレビ[編集]

現在
過去

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

作品[編集]

音楽作品[編集]

※すべてサックスプレイヤーとしての作品

シングル[編集]

  • Blow up(1995年4月21日) 
  • 恋をしようよ(1995年12月6日)
  • SPEED(1996年6月5日)
  • Bitter Sweet Party(1996年11月26日)
  • ALL IS FINE(2011年10月5日、「DAISHI DANCE×SHINJI TAKEDA」名義)

アルバム[編集]

  • S(1995年6月21日)
  • OK!(1996年7月3日)
  • マネーロード 前編/後編(2010年1月27日)

ビデオ・DVD[編集]

  • S Films(1995年7月21日)
  • FIRST TOUR 〜Here We Go!(1995年11月17日)
  • No Good!(1996年8月5日)
  • OK! TOURS '96 〜at AKASAKA BLITZ(1996年11月7日)
  • Virtual Trip 香港車走夜景 music by 武田真治(1999年11月17日)

写真集[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シネマトゥデイ映画ニュース2011年8月23日
  2. ^ 有名人が語る男前の条件「武田真治」 インライフ
  3. ^ dhm1993 (2013年7月31日). “【インフォメーション】新規取扱いブランドご紹介。”. デザートヒルズマーケット・フラットヘッド・R.J.B・HARD BIRDショップスタッフブログ. 2015年10月26日閲覧。
  4. ^ 武田真治さんが接触事故=2人軽傷か、首都高で-東京”. 時事ドットコム (2015年8月25日). 2015年8月26日閲覧。
  5. ^ a b 2005年8月18日「北海道新聞
  6. ^ 奥島麻由美 (2010年4月20日). “俳優・武田真治さん キヨシローと走った日”. 朝日新聞. オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/VL56 
  7. ^ 徹子の部屋テレビ朝日、2010年07月27日放送)[出典無効]
  8. ^ 芸能人肉体改造 武田真治編 : 武田真治に学ぶ体脂肪率6%のトレーニング インライフ
  9. ^ 武田真治 会見であの不倫騒動いじる”. デイリースポーツ (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  10. ^ 実写版カールおじさん登場”. カール 株式会社明治「カール」特設サイト (2015年7月28日). 2015年8月6日閲覧。
  11. ^ 武田真治、実写版カールおじさんに! 麦わら帽子に青シャツ姿が似合いすぎる”. クランクイン! (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]