若葉ひろみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若葉 ひろみ(わかば ひろみ、1957年4月29日 - )は、大阪府豊中市出身の女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役。本名、井上 人美(いのうえ ひとみ)。愛称は「ひとみ」「ヒトさん」。公称身長162cm。血液型O型。樟蔭学園出身。

来歴[編集]

1975年61期生として宝塚歌劇団に入団。月組公演『春の宝塚踊りラムール・ア・パリ[1]で初舞台を踏む。入団時の成績は46人中4位[1]。同期生に箙かおる一原けい、元星組トップ娘役の湖条れいか、元花組男役2番手の朝香じゅんらがいる。入団時は男役だった。

1976年4月28日[1]花組に配属。同年、『ノバ・ボサ・ノバ』の新人公演ではドア・ボーイ役(本役:寿ひずる)を貰う。

1979年、『紅はこべ』の新人公演では二番手格にあたる悪役ショーヴラン、『花小袖』の新人公演では当時のトップスター松あきらの役を演じるなど、男役として注目されていたが、翌1980年、娘役に転向。

1981年、『恋の特ダネ』にてバウホール公演初ヒロイン。同年、『恋天狗』にて本公演ヒロインを務める。

同年、2年後輩である美雪花代の退団に伴い、花組トップ娘役に就任。東京公演『友よこの胸に熱き涙を/ファースト・ラブ』にてお披露目。松あきら順みつき高汐巴の3人のトップスターの相手役を務めた。代表作は『夜明けの序曲』の川上貞奴、『琥珀色の雨にぬれて』のシャロン、『愛あれば命は永遠に』のジョゼフィーヌなど。

1985年、ハワイ公演に参加。同年7月30日[1]、『愛あれば命は永遠に』の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。

退団後は、女優として舞台をメインに活動。一時期本名で活動していたが、現在はこの芸名に戻している。

1999年、宝塚OG公演『心中・恋の大和路』ではヒロインの梅川を務めた。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

花組時代[編集]

  • 1976年8月、『うつしよ紅葉』新人公演:三男甚三衛門(本役:寿ひずる)/『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演:ドア・ボーイ(本役:寿ひずる)
  • 1978年2月、『風と共に去りぬ』新人公演:北軍の少尉(本役:一条ひかる)
  • 1978年4月、『ホフマン物語』(バウ)新人公演:テオドール
  • 1978年9月、『遥かなるドナウ』新人公演:フランツ(本役:みさとけい)/ウェルナー(本役:清川はやみ)/『エコーズ』
  • 1979年3月、『花影記』/『紅はこべ』新人公演:ショーヴラン(本役:みさとけい)/フーキエ・タンヴィル(本役:歌川波瑠美
  • 1980年3月、『舞え舞え蝸牛』(東宝)新人公演:源忠親(本役:宝純子)/『ビューティフル・シティ』
  • 1980年5月、『花小袖』新人公演:禅竹氏信(本役:松あきら)/『プレンティフル・ジョイ』
  • 1980年11月、『友よこの胸に熱き涙を』/『ザ・スピリット』
  • 1981年2月、『恋の特ダネ』(バウ)サンドラ *バウホール初ヒロイン
  • 1981年3月、『宝塚春の踊り〈花の子供風土記〉』/『恋天狗』お八重/『ファースト・ラブ』新人公演:ダイヤモンドの女(本役:美野真奈)、マリア(本役:汐見里佳
  • 1981年5月、『ミステリー・ラブ』(バウ)チューズデイ

花組トップ娘役時代[編集]

  • 1981年7月、『友よこの胸に熱き涙を』ヴィクトリア/『ファースト・ラブ』(東宝)
  • 1981年8月、『YOU・ME』(バウ)
  • 1981年10月、『エストリレータ』シェイラ/『ジュエリー・メルヘン』
  • 1982年1月、『ボン・ボヤージュ!』(バウ)ドロシー
  • 1982年3月、『春の踊り』/『アルカディアよ永遠に』王女オードリー
  • 1982年8月、『夜明けの序曲』川上貞奴
  • 1983年2月、『霧深きエルベのほとり』マルギット/『オペラ・トロピカル』
  • 1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ)
  • 1983年9月、『紅葉愁情』[2]紋寿/『メイフラワー』
  • 1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』シャロン・カザティ/『ジュテーム』
  • 1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』ナタリー/『ラ・ラ・フローラ』
  • 1985年3月、『愛あればいのちは永遠に』ジョセフィーヌ *退団公演
  • 1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(ハワイ)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 『ジュディ・ガーランド スター誕生』(1987年 博品館劇場
  • 『ブリランテ -永遠の輝き-』(2002年 博品館劇場)
  • WAKI組ザ・チョンマゲ群団公演『Sazen - 左膳 -』(2002年 博品館劇場)

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

その他の番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、87頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 1984年4月と10月の全国ツアーでは題名が『朱に恋うる調べ』に変更

関連項目[編集]