コンテンツにスキップ

極美慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

極美 慎(きわみ しん、7月26日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役スター[2]

神奈川県横浜市[1][3]県立港北高等学校出身[1][3]。身長175cm[1][4]。愛称は「しん」、「かりん」[1][3]

来歴

[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[5][6]。入団時の成績は22番[5]月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1]

2015年、組まわりを経て星組に配属[5]

2017年の「ベルリン、わが愛」で新人公演初主演[7][4]。入団4年目、100期から初の新人公演主演者誕生となった[8][9]

2019年の「霧深きエルベのほとり」で2度目の新人公演主演[10]

2022年の「ベアタ・ベアトリクス」でバウホール公演初主演[6][2]

人物

[編集]

幼稚園から中学2年まで空手に明け暮れていた[7][4]

宝塚ファンの祖母が、思い出作りのために色々なものを見た方がいいと、宝塚バウホール公演に連れて行ってくれたのが、宝塚歌劇との出会い[7]。中学3年で既に173cmあったため、「こんなに男らしくて輝いていて、背の高い女性が沢山いるんだ」と驚き、魅了された[4]

音楽学校を受験してから初めてバレエが必要と知る[4]。初めての受験では不合格となるが、バレエ、声楽などを基礎から習い、再受験で合格を果たした[4]

主な舞台

[編集]

初舞台

[編集]

組まわり

[編集]

星組時代

[編集]

出演イベント

[編集]
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』[注釈 3]
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』[注釈 4]
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演

[編集]

CM出演

[編集]

受賞歴

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 天華えまと役替わり。
  2. ^ 綺城ひか理と役替わり。
  3. ^ ドンブラココーラス。
  4. ^ コーラス。

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2023年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2023年、112頁。ISBN 978-4-86649-223-0
  2. ^ a b c 宝塚星組・極美慎 初バウ主演「ベアタ・ベアトリクス」初日 「大切な時間を実感」 デイリースポーツ。
  3. ^ a b c d e <華宝塚>清く正しく美しく 極美慎(星組) 東京新聞。
  4. ^ a b c d e f g 村上久美子 (2017年9月28日). “100期生で初主演 長身武器に難役抜てき/極美慎”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201709280000385.html 2019年10月10日閲覧。 
  5. ^ a b c 『2014年 宝塚Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、80頁。ISBN 978-4-908135-34-7
  6. ^ a b c 宝塚星組・極美慎のバウホール初主演作「ベアタ・ベアトリクス」開幕 スポーツ報知。
  7. ^ a b c d e f 名取千里 (2017年11月1日). “フェアリーインタビュー 星組 極美慎”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2017/11/ 2019年11月30日閲覧。 
  8. ^ a b 星組の極美慎が100期生初の主演!紅ゆずるが激励”. 日刊スポーツ (2017年10月24日). 2017年12月28日閲覧。
  9. ^ a b “宝塚歌劇団星組4年目の極美慎が初主演「今の自分はどこか重なる部分がありました」”. スポニチ. (2017年10月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/24/kiji/20171024s00041000353000c.html 2019年10月10日閲覧。 
  10. ^ a b “入団5年目のホープ極美慎が2度目の主演「お芝居って楽しいんだ、と心から思えた」と手応え”. スポニチAnnex. (2019年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/22/kiji/20190122s00041000224000c.html 2019年10月10日閲覧。 
  11. ^ 【宝塚】傑作コメディー「ME AND MY GIRL」開幕 水美舞斗と星組・暁千星が主演役代わり 日刊スポーツ。
  12. ^ 阿部サダヲが現役タカラジェンヌたちと競演! ニュースウォーカー。
  13. ^ 注目の宝塚男役5名が抜擢、CMで新たな「風」吹かせる デイリースポーツ。
  14. ^ 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4

外部リンク

[編集]