玉野ひか留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉野 ひか留(たまの ひかる)とは元宝塚歌劇団花組組長東京都出身。東京山脇高等女学校。芸名の由来は金剛石より。宝塚時代の愛称はヤマちゃん。改名前は玉野 ひかり(たまの ひかり)。

来歴・人物[編集]

1935年25期生として、宝塚歌劇団に入団。初舞台公演は『ラ・ロマンス』であった。宝塚入団時の成績は104人中78位[1]

1950年?から1951年?までと1953年?から1960年?までには花組副組長を務める。

1965年に宝塚歌劇団を退団。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』監修:小林公一阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、p.29。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]