汀夏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みぎわ なつこ
汀 夏子
本名 宮本 順子(みやもと じゅんこ)
生年月日 (1946-12-21) 1946年12月21日(70歳)
出生地 日本の旗大阪府大阪市
国籍 日本
民族 日本人
血液型 O
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1964年 -
活動内容 1964年宝塚歌劇団入団
1965年雪組に配属
1970年:雪組トップスター就任
1972年:雪組トップスターに単独体制で就任
1975年:『ベルサイユのばら
1978年:『風と共に去りぬ
1980年:宝塚歌劇団退団。その後、女優として活躍。
主な作品
舞台
ベルサイユのばら
風と共に去りぬ
備考
宝塚歌劇団卒業生

汀 夏子(みぎわ なつこ、1946年12月21日 - )は、女優で元宝塚歌劇団雪組トップスター。大阪市出身。

愛称はジュンコジュンちゃん。本名:宮本順子(みやもと・じゅんこ)、血液型O型。公称身長163センチ、出身校大阪女学院

略歴[編集]

アンドレに抜擢された麻実れいと共に雪組版ベルばらを大成功に導き、榛名由梨安奈淳・鳳とともに「ベルばら四強」の異名をとった。
汀トップ時代の代表作には『ベルばら』の他に、『星影の人』(沖田総司)、『風と共に去りぬ』(汀・スカーレット、麻実・レット・バトラー)、『丘の上のジョニー』、『あかねさす紫の花』(汀・大海人皇子、麻実・中大兄皇子)などが存在する。
『ベルばら』直後に上演された『星影の人』では、上演劇場の新宿コマ劇場は連日超満員で当劇場の観客動員新記録を樹立するなど、1970年代後半の宝塚歌劇を牽引する存在となった。
  • 1980年8月31日[1]、研17(宝塚用語で入団17年目)にして宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は雪組・東京宝塚劇場公演『去りゆきし君がために[1]』。
  • 宝塚退団後は、コンサートやディナーショーを中心に、テレビ、ラジオ、講演などで幅広く活動している。

主な出演作品[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

1964年

1965年

  • 1月29日2月28日『楊妃と梅妃』竜船岐、『港に浮いた青いトランク』次郎(雪組)(宝塚大劇場)
  • 7月1日8月2日奥の細道』歌う武士ほか、『グッドバイ海賊』海賊(星・雪合同)(宝塚大劇場)
  • 9月2日9月30日『伊豆の頼朝』佐々木高綱、『ゴールデン・シャドウ』トニー(雪組)(宝塚大劇場)

1966年

  • 3月2日3月23日『藍と白と紅』太刀踊りほか、『ああそは彼の人か』踊る紳士(雪組)(宝塚大劇場)
  • 4月28日5月31日『南蛮屏風』秋彦、『春風とバイオリン』ハンス(雪組)(宝塚大劇場)
  • 10月1日10月27日紫式部後冷泉天皇、『ラブ・ラブ・ラブ』歌うトリオ(雪組)(宝塚大劇場)

1967年

  • 3月2日3月23日『忘れじの歌』ビリー、『タカラジェンヌに乾杯!』(雪組)(宝塚大劇場)
  • 4月28日5月31日『おてもやん』勘太、『世界はひとつ』ギターの男ほか(雪組)(宝塚大劇場)
  • 9月1日9月28日『花のオランダ坂』丈吉、『シャンゴ』踊る男ほか(雪組)(宝塚大劇場)

1968年

1969年

1970年

  • 3月14日4月14日『四季の踊り絵巻』踊る若衆ほか、『ハロー!タカラヅカ』歌う男(雪組特出)(宝塚大劇場)
  • 5月28日7月1日『春ふたたび』与五、『フォリー・タカラジェンヌ』青年(雪組)(宝塚大劇場)
  • 10月2日10月27日『パレアナの微笑み』ジミー(雪組)(宝塚大劇場)

1971年

  • 1月1日1月28日『紅梅白梅』曽我五郎、『シンガーズ・シンガー』歌う男(雪組)(宝塚大劇場)
  • 4月28日5月27日『ペーター一世の青春』ペーター・イワノフ、『ジョイ!』歌う紳士ほか(雪組)(宝塚大劇場)
  • 9月30日10月28日『江戸っ子三銃士』大川新兵衛、『サンライズ・アゲイン』若者(雪組)(宝塚大劇場)

1972年

1973年

  • 2月1日2月27日『れんげ草』新六、『愛のラプソディ』青年ほか(雪組)(宝塚大劇場)
  • 6月30日7月26日『竹』三高生、太郎べほか、『カンテ・グランデ』マノロ(雪組)(宝塚大劇場)
  • 11月1日12月2日たけくらべ』信如、『ラブ・ラバー』ジュンチャーノ(雪組)(宝塚大劇場)

1974年

  • 2月28日3月21日『花聟くらべ』太郎冠者、『ロマン・ロマンチック』ルンペン(雪組)(宝塚大劇場)
  • 5月28日6月25日『若獅子よ立髪を振れ』岡本浩太郎、『インスピレーション』パピリヨン(雪組)(宝塚大劇場)
  • 11月29日12月15日『ファンキー・ジャンプ』歌手ほか(雪組)(宝塚大劇場)

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

  • 1月1日2月13日『春風の招待』ギスターブ、ジョルジュ、『ハロー!ホリデー』ザ・ボーイ(雪組)(宝塚大劇場)
  • 8月10日9月25日『朝霧に消えた人』立花尚二郎、『オールマン・リバー』水兵ほか(雪組)(宝塚大劇場)

1980年

  • 2月15日3月25日『去りゆきし君がために』ジュリオ(雪組)(宝塚大劇場)
  • 4月5日4月13日『スター・ザ・サンシャイン』(雪組)(宝塚大劇場)

宝塚歌劇団退団後の主な舞台[編集]

1981年

1982年

1983年

  • 2・3月 民音ミュージカル『炎の妖精』(日本全国12ヶ所)
  • リサイタル『汀夏子 IN PERSON』(中野サンプラザ
  • リサイタル『汀夏子 IN PERSON』(大阪フェスティバル)
  • 7・8月 ミュージカル『マリウス』(シアターアプル
  • 9月 服部克久とゆかいな仲間達(本多劇場
  • 10月 東宝演劇祭り『天正女合戦 和歌の浦』(東京宝塚劇場)

1984年

  • 9月『汀夏子の招待夢』(シアターアプル)

1985年

  • 5月『汀夏子の不思議の国・ピンキー・スプーン・ダンス』(博品館劇場
  • 8・9月『汀夏子の招待夢II』(シアターアプル)

1986年

  • 1・2月 民音ミュージカル『楼蘭』(日本全国19ヶ所)
  • 4月 ミュージカル『さよならアラン』(シアターアプル)
  • 6月 女剣劇『舞台はまわる』(大阪新歌舞伎座
  • 11月 『椿姫』(帝国劇場

1987年

  • 5月『ボーイング・ボーイング』(パルコ劇場
  • 10月リサイタル『汀夏子 NEWYORK DREAMING』(三越劇場

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

  • 4月 ミュージカル『アニー』(青山劇場
  • 6月 『ジャンコクトー・美男薄情』(大阪キリンプラザ
  • 8月 ミュージカル『アニー』(大阪近鉄劇場)

1993年

  • 3月『おかしな二人』(博品館劇場)
  • 4月『おかしな二人』(新神戸オリエンタル劇場)
  • 8月 NLT主催『女房という他人』

1994年

  • 3月〜12月 NLT主催『女房という他人』

1995年

  • 3月〜5月 NLT主催『女房という他人』

1996年

  • 3月 佐々木隆子先生の追悼公演
  • 11月『二代目はん』(新歌舞伎座)

1997年

  • 6月 劇団俳小『上杉鷹山
  • 9月『迷子の天使たち』(北海道公演)
  • 11・12月 劇団俳小『上杉鷹山』(長野・他)

1998年

1999年

2000年

  • 1月 神戸震災復興チャリティー『永遠のタカラジェンヌ』(神戸文化ホール
  • 2月『ボンジュールシャンソン』(仙台電力ホール
  • 2月 寺田瀧雄『宝塚わが愛』(東京宝塚劇場)
  • 3月 寺田瀧雄『宝塚わが愛』(宝塚大劇場)
  • 3月『民謡のふるさと』(東京)
  • 4月 劇団俳小『上杉鷹山』(九州)
  • 5月 ポケットミュージカル『電報』(相模大野)
  • 7月『藤倉学園チャリティーショー』(日本青年館
  • 8月『演劇人祭』(東京歌舞伎座

2001年

  • 1月 宝塚ホームカミング『逸翁デー・スペシャル』(東京宝塚劇場)
  • 2月 フードピア2001『食談』(金沢・金茶寮)
  • 3月『ベルサイユのばら』前夜祭(東京宝塚劇場)
  • 4月 宝塚OG公演『桜祭狸御殿』(新宿コマ劇場・梅田コマ劇場)
  • 5月『永遠のタカラジェンヌ・トークショーIN淡路島』(プチホテル・みゆき)
  • 7月『藤倉学園チャリティーショー』(日本青年館)
  • 7月『永遠のタカラジェンヌパートIII』(神戸文化ホール)
  • 8月 日韓親善公演『釜山で日本の歌姫に会おう!!』(釜山ロッテホテル
  • 9月『ベルサイユのばらメモランダム』(宝塚大劇場)
  • 10月『トーク&ソング ショー』(大阪MBSスターシップ
  • 10月『昨日・今日・明日 ああ結婚』(新宿シアタートップス
  • 12月『ブリリアント〜光輝くレディたち』(青山劇場)

2002年

2003年

2004年

  • 3月 ホットライフミュージカル『のど自慢』(御園座
  • 6月『Mister Kelly's Spcial Live 1』(サンガーデン堂島) 
  • 8〜12月 市民ミュージカル『Viajero〜旅人の風』(足利・群馬・青森・三重・秋田)
  • 11月 ヒューマンコメディ『セメタリー倶楽部』(ル・テアトル銀座)
  • 11月 宝塚90周年記念『ベルサイユのばら 30』(東京宝塚劇場)

2005年  

  • 2月『ファニーレディ ゆかいなご婦人たち』(青山劇場)
  • 2月『はーとふるはんど手話劇 お月さま笑った』(三越劇場)
  • 4月〜5月 宝塚OG公演『桜絵巻狸源氏・ショーイズオン』(梅田芸術劇場・新宿コマ劇場・中日劇場)
  • 6月『Mister Kelly's Special Live 2』(サンガーデン堂島) 
  • 9月 天童よしみ公演『姫様お役者道中』(大阪新歌舞伎座
  • 10月『佐久市民ミュージカル ショー』(佐久市コスモホール

2006年  

  • 2月 天童よしみ公演『姫様お役者道中』(東京新宿コマ劇場)
  • 5月 天童よしみ公演『姫様お役者道中』(名古屋御園座)
  • 7月『Mister Kelly's Special Live 3』(三井ガーデンホテル大阪堂島)
  • 7月『アプレTAKARAZUKA VOL IV』(草月ホール
  • 9月 天童よしみ公演『紅頭巾参上』(大阪新歌舞伎座)
  • 11月『スペシャルナイト』(テアトロ・スンガリー青山

2007年  

  • 2月『眞帆志ぶきとステキな仲間達』(青山劇場)
  • 2月『フードピア2007 食談』(金沢・大友楼
  • 4月『アプレTAKARAZUKA VOL V』(九州・大野城まどかぴあ
  • 6月 天童よしみ公演『紅三度笠』(大阪新歌舞伎座)
  • 7月 アプレTAKARAZUKA VOL V』(草月ホール)
  • 8月『Mister Kelly's Special Live 4』(ホテルビスタプレミオ堂島
  • 9月 天童よしみ公演『紅三度笠』(東京新宿コマ劇場)
  • 10月『時空 ダンディズム』(シアター BRAVA!
  • 11月『星野哲郎アンソロジー いろはにそらしど』(ル・テアトル銀座)
  • 12月『パッショネートライブ』(STB139

2008年

  • 1〜2月 ヒューマンコメディ『セメタリー倶楽部』(関東・四国・関西地方公演)
  • 3月 天童よしみ公演『紅頭巾パート2 弁天小僧』(大阪新歌舞伎座)
  • 6月『Mister Kelly's Special Live 5』(ホテルビスタプレミオ堂島
  • 6月『スペシャルライブ 東京』(サン・ミケーレ
  • 7月『ありがとう大井川町 そして未来へ』(大井川町文化会館ミュージコ
  • 8月 音楽劇『赤毛のアン』(兵庫芸術文化センター(中))
  • 8月 四川大震災『心のチャリティーコンサート』(兵庫芸術文化センター(大))
  • 9月『ドラマティックコンサート』(石川県音楽堂
  • 10月『夢の花咲く頃 II』(新神戸オリエンタル劇場)
  • 11月 チャリティー10周年『甦る懐かしの歌』(青山劇場)

2009年

  • 2月『佐々木隆子 Presents Special Live』(STB139)
  • 3月 天童よしみ公演『紅頭巾パート2 弁天小僧』(名古屋御園座)
  • 5月 大阪女学院125周年『総会』(大阪女学院ヘールチャペル)
  • 5月『Mister Kelly's Special Live 6』(ホテルビスタプレミオ堂島
  • 6月 宝塚歌劇95周年記念『百年への道』(宝塚大劇場)
  • 6月 スペシャルライブ 2(東京 サン・ミケーレ
  • 11月 演劇フォーラム『ベルサイユのばら35周年』(東京宝塚劇場)

2010年

  • 1月 新春シャンソンショー(大阪ビルボートライブ
  • 3月 戦国シェイクスピア『SHINGEN〜風林火山落日〜』(あうるすぽっと(東池袋))
  • 5月『Mister Kelly's Special Live 7』(ホテルビスタプレミオ堂島)
  • 6月 スペシャルライブ 3(東京・サンミケーレ)
  • 7月 没10周年追悼『寺田瀧雄メモリアルコンサート』(東京宝塚劇場)
  • 8月『宝塚100周年に向けて〜私が語る宝塚〜』(太閤園) 

2011年

  • 1月『勢揃い清水港〜次郎長三国史〜』(銀座博品館劇場
  • 5月『Mister Kelly's Special Live 8』(ホテルビスタプレミオ堂島)
  • 6月『スペシャルライブ 4』(東京 サン・ミケーレ)
  • 7月 藤倉学園チャリティー『宝塚ファミリーショー』(ル・テアトル銀座)
  • 9月 逸翁コンサート(逸翁記念館マグノリアホール

2016年

  • 10月 音楽劇『赤毛のアン』(東京国際フォーラム)リンド夫人 [2]

ディナーショー[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、68-69頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ “AKB岩立沙穂「赤毛のアン」で大人ダイアナ役”. 日刊スポーツ. (2016年9月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1709293.html 2016年9月13日閲覧。 

外部リンク[編集]