CBCテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中部日本放送 > CBCテレビ
株式会社CBCテレビ
CBC Television Co., Ltd.
Chubu-Nippon Broadcasting logo 20150825.svg
CBC Hall of Chubu-Nippon Broadcasting.jpg
CBCテレビ本社(中部日本放送本社CBC会館内)
種類 株式会社
略称 CBC
本社所在地 日本の旗 日本
460-8405
愛知県名古屋市中区新栄1丁目2番8号
設立 2013年5月10日
(CBCテレビ分割準備株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 3180001109729 ウィキデータを編集
事業内容 テレビジョン放送事業
代表者 代表取締役会長 大石幼一
代表取締役社長 林尚樹
資本金 1億円(2014年4月1日現在)
従業員数 329人(2016年4月1日現在)
主要株主 中部日本放送株式会社 100%
外部リンク https://hicbc.com/tv/
特記事項:2014年4月1日、CBCテレビ分割準備株式会社より現商号に変更した上で、放送免許を中部日本放送から承継。
テンプレートを表示

株式会社CBCテレビ(シービーシーテレビ、CBC Television Co., Ltd.)は、中部日本放送(CBC)の完全子会社で、中京広域圏放送対象地域として、テレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。 TBSテレビをキー局とするJNN基幹局(5社連盟)で、その例に漏れず中京広域圏のGガイドホスト局でもある(論理Ch.258)。

元々「CBCテレビ」の名は、1951年9月1日ラジオ放送を開始した日本初の民間放送局・中部日本放送(CBC)が1956年12月1日にテレビ放送を開始しラテ兼営化(その後2013年4月1日にラジオ分社化で逆にテレビ単営化)以来、CBCのテレビ放送部門の通称として使われてきた。

2014年4月1日に認定放送持株会社に移行するCBC本体からテレビ放送事業を分割・承継する形で現在の「株式会社CBCテレビ」が発足、同時に日本民間放送連盟(民放連)にも加盟した(同時にCBC本社は民放連から退会)。

本社は愛知県名古屋市中区新栄のCBC本社内に置いており、CBCの略称も本社・当社・ラジオで共用している。

コールサインJOGX-DTV(名古屋 18ch。詳細は後述)、リモコンキーIDTBS系列で唯一、アナログ親局5chから「5」。

目次

沿革[編集]

全体の沿革は中部日本放送#沿革を参照。

  • 2013年5月10日 - 「CBCテレビ分割準備株式会社」として設立。
  • 2014年4月1日 - CBC本体からテレビ放送事業を分割・承継し業務開始。同時に「株式会社CBCテレビ」に社名変更したため在名テレビ局全局の局名に「テレビ」がついた。

テレビネットワークの移り変わり[編集]

局の基本データ[編集]

CBCテレビ
英名 CBC Television Co., Ltd.
放送対象地域 中京広域圏
ニュース系列 JNN
番組供給系列 TBSネットワーク
略称 CBC
愛称 CBCテレビ
呼出符号 JOGX-DTV [4]
呼出名称 CBC
デジタルテレビジョン
開局日 1956年12月1日
本社 〒460-8405
愛知県名古屋市中区
新栄1丁目2番8号
北緯35度10分8.86秒
東経136度54分59.59秒
座標: 北緯35度10分8.86秒 東経136度54分59.59秒
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 5
デジタル親局 名古屋 18ch
アナログ親局 名古屋 5ch
ガイドチャンネル 5ch
主なデジタル中継局 #地上デジタル放送参照
主なアナログ中継局 #地上アナログ放送参照
公式サイト http://hicbc.com/tv/
特記事項:
1951年9月1日、ラジオ放送(現在は兄弟会社)において日本の民間放送第1声を発した。
テンプレートを表示

テレビチャンネル[編集]

地上デジタル放送[編集]

親局[編集]

JNN系列のリモコンキーID地図

中継局[編集]

愛知県
岐阜県
三重県

伊賀・名張中継局に関しては、同一chのテレビ大阪の放送エリア拡大が実現する際には、何らかの混信対策が必要となる。

地上アナログ放送[編集]

2011年7月24日停波時点

親局[編集]

※国内で最初に5chが使用された送信所である。

中継局[編集]

愛知県
岐阜県
  • 高山飛騨古川 6ch
  • 郡上 8ch
  • 中津川恵那(保古山)8ch(垂直偏波)
  • 下呂 10ch
  • 中津川加子母 27ch
  • 土岐南 34ch
  • 恵那中野方 53ch
  • 多治見 53ch(垂直偏波)
  • 瑞浪 53ch
  • 土岐駄知 53ch(垂直偏波)
  • 飛騨神岡流葉 54ch(垂直偏波)
  • 土岐北 54ch(垂直偏波)
  • 多治見平和 54ch
  • 岐阜長良 55ch
  • 飛騨神岡 56ch
  • 各務原尾崎 57ch
  • 中津川付知 57ch
  • 岐阜大洞緑 57ch
  • 恵那明智 60ch
  • 中濃(関市)62ch
三重県

区域外再放送[編集]

現在では長野県コミュニケーションネットワーク阿南泰阜村コミュニケーションネットワーク区域外再放送をしている。

新聞ラテ欄における局名表記[編集]

全国紙地方紙問わず、中京広域圏で購読されている全ての新聞ラテ欄では「中部日本放送」ではなく「CBCラジオ」および「CBCテレビ」という表記である。

読売新聞京都府版、奈良県版、和歌山県版の統合版のラジオ欄では「CBC 中日」、朝日新聞大阪本社版のラジオ欄では「(上段)CBC(下段)ラジオ CBC」、毎日新聞大阪本社版では1997年頃まで「中日テレビ」(ラジオについては「CBC 中部日本」)と表記されている。京都新聞も「中日テレビ」と表記している。その他、静岡新聞信濃毎日新聞にもCBCラジオの番組欄を極小サイズで掲載している。またテレビ・ラジオとも単に「CBC」と表記される新聞もある。

中日新聞における表記[編集]

元々、中部日本新聞ではテレビ開局時から1960年頃までは「CBCテレビ」、その後は「中部日本テレビ」と表記していた。1965年、中部日本新聞が中日新聞に改題された際、同時に「中日テレビ」に変更された。CBCの事実上の創業者である小嶋源作(社長・会長を歴任)は古巣の中日新聞社へ乗り込み異を唱え、遂には与良ヱ社長へ「CBC」に表記を改めるべく直談判に及んだが、「電波媒体を持たない新聞は翼のない鳥のようなもの」を口癖にしていた与良と、JNN基幹局として「新聞と放送は別個の物」をモットーに経営していた小嶋との溝は埋まらず、与良は一蹴して物別れに終わった。このとき小嶋は「将来当社は『CBC』に商号変更することもあり得る。」と詰め寄ったという。以降平行線のまま推移し、1969年にようやく「CBC 中日」に改められた。しかし、地上デジタル放送開局を控えた2003年、テレビ開局時の「CBCテレビ」に再び表記が改められ、現在に至っている。なお、中日スポーツは従来通り「CBC中日」(ラジオは「中日 CBCラジオ」)として表記されていたが、2014年4月1日付から「CBCテレビ」(ラジオは変わらず)の表記に変更された。

スタジオ[編集]

CBC放送センター[編集]

CBC会館の裏にある敷地で1998年に竣工した。主調整室もこちらに置かれている[12]。隣接地の買収が行われ2016年に増築し完成した。なお、放送センターのスタジオ群は基本的に生放送中心の運用となっており、収録系の番組はCBC会館のスタジオを使用している。

CBC会館[編集]

CBC会館にあったスタジオはCBC放送センターの稼働以降、主に収録用として使用されている。

  • 第6スタジオ - 『ノブナガ』→『本能Z』などで使用。かつては昼の連続ドラマ枠(『ドラマ30』・『ひるドラ』)や『スジナシ』などでも使用。
  • 第7スタジオ
  • 第8スタジオCBCホール)- 観客席が常設されており、公開番組を中心に利用(テレビ・ラジオ共用)されている。

以前稼動していたスタジオ[編集]

  • フロントスタジオ - 広小路通に面したガラス張りのオープンスタジオ。完成時期・面積は不明。『CBCニュース』『CBCニュースワイド』『ミックスパイください』など平日の帯番組やニュースは、1990年代以降はほとんどがこのスタジオから生放送されていた。CBC放送センター稼働開始後はスタジオとしての機能を撤廃し、2003年4月4日に「CBCスタジオギャラリー」として改装・オープンし、絵画等の展示スペースに使われている[13]

情報カメラ設置ポイント[編集]

万博期間中のみ設置[編集]

現在インターネット配信中の動画番組[編集]

たまり場
2007年1月から毎週金曜日に配信されている[14]、CBCのアナウンサーが「視聴者からのおたよりを元にぶっつけ本番・NG無し」で行なうトーク番組[15]。2011年3月からYouTubeでの配信を開始した[14]。YouTubeでは過去10回程度の配信内容までを見ることが出来る[16]
赤道大紀行
西村雅彦が出演。CBCテレビで制作し2008年1月26日にTBS系列で全国放送されたあと、月に2本ネット向けの特別篇(CBCとマイクロソフトと提携)が配信され続けている。2008年3月21日の放送記念日に放送されたNHKの特番『新動画時代・メディアが変わる〜"ユーチューブの衝撃"〜』で地方局のネット配信動画への取り組み例として紹介された。

現在放送中の番組[編集]

放送時間は日本標準時

全国ネット番組[編集]

TV・ラジオ共に在名局の中では(JNN・JRN)全国ネット送出番組を最も多く製作している。なおテレビ全国ネット番組ではこれまで製作著作クレジットで「中部日本放送」と表記していたが、2011年4月改編から「CBC」に、さらに2014年4月の分社化に伴い「CBCテレビ」に改められた。

特別番組[編集]

  • 地球大紀行スペシャル(毎年1月)※全国ネット
  • 大相撲名古屋場所前夜祭(毎年7月)
  •  この他に年始1月2日の朝8時台や1月3日の午後・もしくは夕方に編成される各1時間特番※どちらとも全国ネット
    • 1月3日の1時間特番は1977年を最初に現在まで続く毎年恒例の特番枠である。ただし、年によっては同局系で生中継する「全国高校ラグビー選手権大会」の準々決勝[17]の兼ね合いやTBSの年始特番枠、MBS毎日放送の年始特番枠との調整の都合上、1月1日または1月2日と交換し、振替放送されていた年もあった。[18]
  •  年1回放送のドラマスペシャル(毎年9月下旬か10月上旬の84分枠)※全国ネット

一部地域でネットされる番組[編集]

中京広域圏のローカル番組[編集]

帯番組
月曜
  • 本気プリ(0:50 - 1:20)・再放送(水曜 1:59 - 2:30)
火曜
木曜
  • チャンネル5.5(0:59 - 1:29) - CBCテレビ製作の深夜の特別番組と、その再放送の枠の名称
金曜
土曜
日曜
その他

TBSテレビ系列局製作・時差ネット番組[編集]

特に補足の無い番組はTBSテレビ製作番組。

他系列局の番組[編集]

放送終了したテレビ番組[編集]

全国ネット番組[編集]

正月特番[編集]

1月3日日中放送分

など。

中京広域圏のローカル番組[編集]

報道・情報番組[編集]

深夜番組[編集]

料理番組[編集]

PR番組[編集]

その他[編集]

東海テレビ開局前の日本テレビ系の番組[編集]

中京テレビおよび名古屋テレビ開局前の日本テレビ系の番組[編集]

後に『プロレスリング中継』のみ、1961年8月に東海テレビで復活(録画中継版のみの時差ネット)。名古屋放送開局に伴い同局に移行し『ディズニーランド』を含む同時ネットを再開。

NET(現:テレビ朝日)系の番組(一部、メ〜テレ・中京テレビ開局後も含む)[編集]

ほか

腸捻転時代に放送された朝日放送テレビ制作の番組[編集]

☆=名古屋テレビへ移行。

腸捻転解消で名古屋テレビ・東海テレビから移行したMBSテレビ制作の番組[編集]

★=東海テレビから移行、それ以外は名古屋テレビから移行。

テレビ愛知開局前のテレビ東京系(東京12チャンネルを含む)の番組[編集]

独立局制作の番組[編集]

テレビドラマ[編集]

  • アーノルド坊やは人気者 - 海外ドラマ。松坂屋一社提供による木曜19時台のローカル枠にて放映。この枠では、伝統的に海外ドラマを放映し日本語版では幹事局(キーステーション)扱いとして東北新社と共同制作した。JNN排他協定の対象外のため、東北新社を通じて系列外局へ販売された地域もあった。

ドラマ30→ひるドラ枠[編集]

アニメ[編集]

2019年現在、同局で製作したアニメは全てラテ兼営時代のもので、持株会社移行前の「中部日本放送株式会社」としての製作で、「株式会社CBCテレビ」(当社)としては製作実績がない。 

自社製作[編集]

深夜アニメ[編集]

UHFアニメ[編集]

※ ここでは「独立放送局」(独立局)を主体として放送しているテレビアニメ作品を歴史的経緯に則り「UHFアニメ」と称している。

以下は毎日放送製作

特撮[編集]

マスコットキャラクター[編集]

  • ぱっか馬之助
  • しび しだぞう(しび氏)[23]
    • しび犬
  • 子龍ちゃん(ころんちゃん) - 現行のマスコットキャラクターで、その名の通り小さな竜の子供である。声は松本梨香[24]小高直子(CBCアナウンサー)。2006年2月4日より正式に採用。作者は『はなかっぱ』などでおなじみの絵本作家のあきやまただし。2008年10月22日にはCD『まんまるころんちゃん』発売。中部日本放送からテレビ放送事業がCBCテレビに移行するまでの間、デジタル放送の受信機表示アイコンにも使用されていた。
    • 花龍(かろん)ちゃん
    • ぶひつじ
    • ビェーバー
    • ぼやぎ
    • コラス
  • 5っちゃん - 2015年10月に登場した、CBCテレビの番組宣伝キャラクター。肩書きは「CBCテレビ番組PR部長」で、リモコンキーIDの「5」の被り物にスーツ姿。
  • ニーナ・ロクマル - 2016年にテレビ放送開始60周年を迎えることを記念して企画されたプロジェクト、「60(ろくまる)サンキュー!」の公式キャラクター。ニーナは宇宙から来たウサギ型生物(女性)で、ロクマルは惑星のたまご(男性)である。

歴代キャッチフレーズ[編集]

  • ハートにオンエア CBC
  • DelaSosol CBC
  • CBC & you
  • その手があったか! CBC
  • テレビ道 CBC - TBSの当時のキャッチコピーと同じ物を使用。
  • 愛や恋や CBC
  • 秋や恋や CBC
  • よそ見しちゃいや CBC
  • ぱっかウケ CBC
  • @(あっと)言わせる CBC
  • なかよしびし CBC
  • あそびごころん CBC
  • 劇変宣言 CBC - 2009年春の番組改編の際に使用。
  • ロココロ CBC 60th anniversary - 2010年春より使用。創立60周年記念キャッチフレーズ。
  • ぴたっ。 CBC〜ずっといっしょに。 - 2012年春より使用。
  • 春、ゴゴ、変われCBCテレビ - 2013年春の番組改編の際に使用。キャンペーンキャラクターに森高千里を起用。
  • 5いっしょに CBCテレビ - 2015年春の番組改編の際に使用。

地域ニュースの動画配信[編集]

  • 東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)のニュースは『ユーガッタ!CBC』で放送した分のみを動画配信(要・Real One Player)。それ以外で放送したエリアニュースは『News i』のページにおいて文字配信のみ実施。

番組編成の特色[編集]

  • 2019年6月現在、基本的に日曜日も含めて完全終夜放送を行っている(かつては中京テレビ同様、マスターメンテナンス等のため日曜日は終夜放送を行っていなかった)。ただし、日曜日に『UEFA欧州選手権』などのスポーツ番組を放送した場合は、翌日(月曜日)にメンテナンスを行うことがある。また、不定期に日曜日の深夜1時台・2時台で放送を終了することや、終夜放送をしない日が週2日になることもある。

タレントの起用について[編集]

  • 板東英二がかつて所属したオフィスメイワークと業務提携しているスターダストプロモーションや、地理的に近い関係から吉本興業とはパイプが太いことでも知られ、自社制作番組に起用することが多い。特に板東とは、中日ドラゴンズで活躍したころからの長年の付き合いがあり、野球解説者並びにタレントとしてゴールデンタイムの番組に起用するなど優遇していた。しかし、2012年に板東に所得隠し問題が浮上してからはいち早く板東が出演する番組の休止・打ち切りという対応に踏み切っていた(その後板東は活動再開時に吉本興業に移籍し、2018年からはCBCラジオでレギュラー番組に復帰)。土曜日昼に放送の『よしもと新喜劇』や深夜番組の一部を毎日放送からネットしている。その為、関西出身者でなくても関西の番組にある程度触れることができる。
  • 近年はモーニング娘。などが所属するアップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)とも懇意である。
  • また、名古屋を拠点に活動するBOYS AND MENMAG!C☆PRINCEがレギュラー番組に出演する機会が多い。同じく名古屋を拠点に活動するアイドルユニットSKE48は在名民放のテレビ局の中では出演は比較的少ないが、ラジオにおいては、東京のメディアでも露出の少なかった頃からAKB48の冠番組を始める等、早期からAKB48グループと懇意である。
  • 一方で、ジャニーズ事務所ホリプロの所属タレントはほとんど起用しないことが多い。前者はBOYS AND MENやMAG!C☆PRINCEと競合する関係で所属タレントの起用がしづらく、後者についても前述のスターダストプロモーションアップフロントプロモーションの所属タレントと競合する関係で起用しづらい面がある。但し、ホリプロについては『アクエリオンロゴス』の製作委員会に参加した実績があるため、CBCラジオで放送開始されたアニラジ番組においては地元出身のMay'nがゲスト出演する程度に留まっている。

ドラマ[編集]

  • 平日13:30からJNN系列で放送されていた昼ドラマドラマ30」→「ひるドラ」は、大阪毎日放送と2カ月交代でドラマを制作。一時期、人材や予算の都合で東京支社の企画で外部のプロダクションに発注して制作されていた時期もあったが、1999年4月 - 同年5月に放送された『直子センセの診察日記』から名古屋での制作を再開。以降は一貫して名古屋のスタジオで収録されている。『キッズ・ウォー』などCBCテレビが制作した昼ドラマには、たむらプロに所属する俳優や女優が多く出演している。

テレビアニメ・特撮[編集]

テレビアニメ
  • CBCテレビの自社製作テレビアニメ番組第1号は『みかん絵日記』。在名局としては名古屋テレビ放送(メ〜テレ)に続いて2番目である(後にテレビ愛知も参入)。
  • TBSテレビや毎日放送では「ポケモンショック」を教訓に導入されたアニメ番組の冒頭で視聴上の注意テロップを一貫して出していないが、CBCテレビでは出している。
  • CBCテレビ製作・TBSテレビ系全国ネットアニメの中には、つボイノリオ声優として出演している作品もあった。
  • 深夜アニメに関しては、当初からCBCテレビでは完全終夜放送を行っている関係で深夜枠に余裕が無い番組編成だったことから、基本的に平日深夜枠で空いていた放送枠に1日あたり1 - 2本程度放送されていた。現在は2019年7月期より放送開始された毎日放送制作(スーパーアニメイズム)のみ放送されている。
    • CBCテレビの自社製作深夜アニメの第1号作品は『最終兵器彼女』。以降は『ウィッチブレイド』(TBS逆ネット第1号作品)、『ロミオ×ジュリエット』(CBCテレビ初のハイビジョン制作深夜アニメ番組かつ深夜アニメ番組初の番組連動データ放送)と新たな取り組みには積極的だった。『琴浦さん』終了後は自社制作のテレビアニメ自体が休止状態となっている。
    • TBSテレビ制作(アニメリコ)もしくは毎日放送制作(アニメイズム)のJNNネット番組は、2010年代初期までは遅れ幅に大きなばらつきが目立ったが、曜日ごとに深夜アニメ番組形態を集約したことで、最速局と同日ネットでの放送が可能となった。
      • 2016年10月期の番組改編より、TBSテレビ制作枠はネット本数が2本から1本に減少し、毎日放送制作のアニメイズム枠もB1枠のみのネットとなったため放送本数が合計で4本から2本に減少した。2018年1月期以降は、CBCテレビでは両枠共にレギュラーネット局から外れて、深夜アニメの放送本数が0本という事態となり、スーパーアニメイズム枠の放送開始までの期間に放送された深夜アニメ番組は『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』、『魔法少女特殊戦あすか』の2本のみに留まっている。
    • UHFアニメ(独立局系アニメ)に関しては1クールあたり1 - 2本を放送していたが、放送枠の関係上他のエリアと比べて放送日が遅れることが多かった。
特撮
  • 土曜朝に全国ネット放映された『美少女戦士セーラームーン』、『ウルトラマンネクサス』以降の「平成ウルトラマンシリーズ」の制作に関わっている。「平成ウルトラマンシリーズ」については、それまで毎日放送が「土6」枠で手掛けていたのを再びアニメ枠に戻すにあたって、代わりにCBCテレビに白羽の矢が立ったものである。その関係もあって、「ウルトラマンシリーズ」の再放送(TBSテレビ制作の旧作も含む)も深夜帯に行っている。
  • ウルトラマンメビウス』終了後は一時休止していたが、2007年10月より『ULTRASEVEN X』で深夜特撮枠かつ1クール限定ながら復活した。

ドラゴンズ戦中継[編集]

  • 番組タイトルは『SAMURAI BASEBALL』、ローカル中継は『燃えよドラゴンズ!』。
  • 中日ドラゴンズのホームゲームの地上波中継権が与えられているのは中日新聞社系の民間放送局(CBCテレビ、東海テレビ、テレビ愛知、三重テレビ)とNHKとなっている。特に放映権取得分の約8割はCBCテレビと東海テレビ(両局とも半々に振り分け)に集中している。CBCテレビが放映権を持つのは基本的に水曜日・金曜日・日曜日となっている。
  • 中日クラウンズ開催時は3日目と最終日の中継を優先するため、中日ドラゴンズの野球中継が出来ない。中日ドラゴンズ主催試合の場合は東海テレビ、三重テレビ放送テレビ愛知、NHKのいずれかが、ビジターゲームの場合はヤクルト戦などの一部を除きメ〜テレ、中京テレビのいずれかが中継を担当する。
  • 非中日系のメ〜テレ(朝日新聞社・読売新聞社系。過去には毎日新聞も出資)、中京テレビ(新聞資本は希薄。テレビ愛知開局前は日本経済新聞系で、現在は日本テレビ系列だが読売新聞社の資本が入っていない。)はホームゲームの中継権は与えていないため放映権譲渡は一切不可能であるが、メ〜テレでは中日のビジターゲームについて、日本テレビ系との変則クロスネット時代の1972年まで日本テレビから巨人主催のビジターゲームネット受けして放送していた他、2000年代半ば以降は球団が映像を制作する交流戦の関東圏パ・リーグ球団主催試合や、阪神・広島・ソフトバンク・楽天・日本ハム主催試合をANN系列局が中継する場合にキー局・テレビ朝日と同じ『スーパーベースボール』の番組タイトルで自社の実況に差し替えて制作している。中京テレビでは中日のビジターゲームで巨人戦放送時やデーゲームの一部に限り差し替え放送されることがある。また中京テレビは出資こそ見送ったものの設立に中日新聞系企業も関与していた経緯から、NETテレビ(現:テレビ朝日)系との変則クロスネット時代の1972年に浜松球場での中日対大洋(現:DeNA)のオープン戦を当時NETテレビ系準キー局だった毎日放送の制作で中継した。
  • 中日ドラゴンズのホームゲームの中継が多い一方、ビジターゲームについては前述の長良川球場での広島主催ゲームを除けば毎日放送から中継される阪神対中日戦(ただし、地上波全国中継によるDeNA対巨人戦または広島対巨人戦の差し替えに限られる[27])や一部デーゲームのDeNA対中日戦(TBSニュースバード向けの映像を使用)を放送する程度しかないが、2018年には広島主催の中日戦を久々に放送した。なお、中日ドラゴンズのビジターゲーム放送の場合も実況・解説はCBCのスタッフのものに差し替える。
特殊な中継事情について
  • 1987年から数年間、CBCテレビでの中継放送ができないときは岐阜放送が放映権を購入する形でCBCテレビ制作により同局で放送していた。例として、1990年代前半は金曜日夕方7時枠がCBCテレビ制作全国ネット枠となっていたため、中継放送が出来なかった。その後様々な事情により中断され、この方法による放送は長良川球場での広島主催の対中日戦に限られることになった(放映権が広島球団側にあるため)。そのためTBSテレビが対巨人戦の野球中継放送の有り無しにかかわらず中日ドラゴンズ主催のCBCテレビでの野球中継が水、金、日曜日に必ず行われるようになっている。
  • 2006年シーズンは、4月2日の日曜日に中日ドラゴンズ主催のナイトゲーム中日対広島戦が東海テレビで放送された。それ以外の日曜日でも対巨人戦を含めてデーゲームの中継がほとんどである。なお、CBCテレビが放映権を持つ水曜日・金曜日・日曜日のナイトゲームでもTBSテレビ系列のネット受け番組放送の確保や重要な特別番組の放送による理由で中継放送ができない場合は東海テレビ、三重テレビ放送(中継担当は原則として東海テレビだが、ごく稀にCBCテレビの場合もあり)、テレビ愛知、NHK名古屋放送局(ローカル枠の時間帯が設定されている金曜日のみ放送が可能)に放映権を譲ることもある。この対応によって番組返上を最小限にとどめている。なお、リーグ優勝決定以降の中日ドラゴンズ主催の消化試合ではゴールデン枠や週末の昼間での差し替え放送は一切行わず、深夜に録画中継で放送される。
  • 2007年までは、中日ドラゴンズ主催の野球中継がある日(TBSテレビ系列局が制作する対巨人戦の野球中継放送を差し替える場合は除く)で放送できなかったTBSテレビ系列のネット受け番組の代替放送を行わなかった(事実上の番組返上)。これは、JNNJNN排他協定のために録画放送できなかったからである(一部の単発番組やドラマ番組は例外的に放送することがあった)。
  • 2008年からは、視聴者保護の観点から、東海テレビと同じように、土日の昼の時間帯に代替放送の救済措置を取っている(再放送の時間枠を利用)。なお、JNN報道特別番組が組まれた場合は排他協定(JNN協定)により同時ネット放送しなければならない規定があるため、この場合においてはローカルのプロ野球中継の放送は中止される(多くの場合は深夜に録画放送となる)。
  • 中日が日本シリーズに進出する際、CBC・TBSテレビ系列東海テレビフジテレビ系列で中日ホームゲームの中継権を分けるのが慣例となっているが、2010年シーズンでは中日が日本シリーズに進出し、第1戦をテレビ愛知、第2・6・7戦を東海テレビ・フジテレビ系列で中継した[28]

中日ドラゴンズとの関係[編集]

中日ドラゴンズの応援歌『燃えよドラゴンズ!』は、実は中日ドラゴンズの球団歌でも公式応援歌でも無い、単なる歌謡曲である。正確にはCBCラジオの企画物で、1974年当時愛知県(安城市出身)に在住していた大学生・山本正之(現・作曲家)が作った『月光仮面』の替え歌を、平日昼のワイド番組『ばつぐんジョッキー』内で中日ドラゴンズ応援バージョンに仕立て上げたもの。月曜担当のパーソナリティであった板東英二が歌ったこの歌は与那嶺中日の躍進と共に人気が上昇[29]

  • CBCはこの歌に限らず、元々ドラゴンズとは同じ中日新聞を母体とした兄弟会社の間柄で、関係は深い。開局翌年の1952年にNHK名古屋放送局 (JOCK) を差し置いてラジオ独占中継権を獲得。しかしながら当時は現在と異なりナイター中継よりもすでにスポンサーが付いていた一般番組の放送の方が重んじられ、せっかくの中継権も塩漬けにせざるを得なかった。このため、CBCでは名古屋市内の各所に街頭有線ラジオを設置。中日スタヂアムからの野球中継を放送した。
  • 1956年のテレビ開局後も独占中継権を確保したが、1958年に同じ中日系の東海テレビが開局し事態は一変。契約期間中にも拘わらず東海テレビも中継権を持つこととなり、反故にされた側のCBCは猛抗議し、一時は紛糾した。

アナウンサー[編集]

2014年4月1日をもって、中部日本放送所属のアナウンサー(報道・制作センターアナウンス部)はCBCテレビ所属のアナウンサー(報道・制作センターアナウンス部)となるが、認定放送持株会社の移行に伴ってグループ会社(兄弟会社)となるCBCラジオの番組にも同社へ番組ごとに出向する形で従来通り出演することになっている[30]。ちなみにこの体制は同様にラジオ部門を分割したTBSテレビ&TBSラジオ札幌テレビ&STVラジオ・朝日放送テレビ&朝日放送ラジオと同様で事実上のラテ兼営局共通の特徴でもある。

※はアナウンス部長経験者。

現在[編集]

入社順。

夜勤・早朝勤担当アナウンサー[編集]

  • 桐生順子(社員アナウンサーの穴埋めとして担当。2019年現在は金曜~土曜の深夜早朝担当)

かつて在籍していたアナウンサー[編集]

異動したアナウンサー[編集]

男性
女性

退社したアナウンサー[編集]

男性[編集]
女性[編集]

その他[編集]

  • 公式サイトのアドレスは「hicbc.com/tv/」となっている。アドレス表記はデザイン化されており、ホームページ上や番組内でのアドレス紹介の際に独自のフォントで描かれたアドレスが見られる。なお、各種メールアドレス等においてはco.jpドメインである「cbc-tr.co.jp」(中部日本放送自身が取得)を使用しているほか、同局の英語版ホームページである『CBCグローバルサイト』では.jpドメインを使用している。
  • テレビ放送は福井県大野市の一部(TBSテレビ系列がないため)でも共同受信施設(岐阜県郡上中継局から受信したもの)により同じ中京広域圏局のメ〜テレと福井県の民放(福井放送福井テレビ)、NHK福井放送局とともに視聴することができる。なお、地上デジタル放送開始後も再送信はアナログ放送のみとなり、デジタル放送は民放連の方針や地元局の圧力で中京広域圏局の再送信は行われない。
  • 夜間における緊急事態発生に備え、局アナ1人と制作技術報道部門のスタッフ数人が局に毎日交替で泊まり込む「宿直勤務制度」を実施している(時間は18:00 - 翌朝10:00)。
  • 番組のインタビューに応じた人には、その時に話題となっているような物が粗品として提供されることがある。『ニュースな日曜日』では、油取り紙だった。
  • 2006年1月、開局55周年を記念してCBCのマスコットキャラクターが「しびしだぞう」から「子龍(ころん)ちゃん」に変更された。「子龍ちゃん」のキャラクターデザインは、アニメ『はなかっぱ』の作者として知られる絵本作家イラストレーターあきやまただしが手掛けた。
  • 開局55周年記念のキャンペーンソングは夏川りみが歌う「未来」。CBCテレビ・ラジオのIDスポットで2006年2月から1年間この曲が流された。なお『未来』は2006年8月23日にCDが全国で発売された。
  • 1974年から1993年まで鈴鹿サーキットで開催された全日本F2選手権及び全日本F3000選手権の中継を行っていた。
  • BSチャンネル「J SPORTS」のプロ野球中継番組『J SPORTS STADIUM』の制作(中日ドラゴンズ主催のうち地上波で中継されるカードのみを、BS向けに裏送り制作)を東海テレビとともに委託されている。なお、CBCテレビ・東海テレビともに同一の放送スタイルで、同一のテロップデザインを使用している。
  • なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』での不祥事をきっかけに、自社内で再発防止委員会を設置し、新入社員が取材方法を相談できる制度を2010年4月より導入することも明らかにしている[34]
  • 中部国際空港(セントレア)には、"The first commercial broadcasting station in Japan(日本初の民間放送局)"と、英文で記されている、同社の広告が設置されている。
  • キー局のTBSテレビが制作する金曜ドラマ枠で2010年10月期に放送されたテレビドラマSPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』および続編の映画劇場版 SPEC〜天〜』の劇中で「中部日本餃子のCBC」という中華料理店(ロゴも中部日本放送のものをアレンジして使用。店主も名古屋出身の設定)が登場する。なお、中部日本放送はドラマの放送や映画の製作委員会に参加している以外の直接的関係はないが、この件については愛知県育ちの監督堤幸彦ならではとして、中部日本放送公式サイト内のブログでも紹介されている[35]
  • 中部日本放送からCBCテレビへの分社化後も、TBSニュースバードで放送している『JNN発 列島ニュース』では2014年10月まで、旧社名のCBC中部日本放送のままとなっていた他、『JNN WEBSITE』では2014年12月まで旧社名のCBC中部日本放送のままとなっていた。
  • 2014年4月の社名変更により、在名テレビ局全5社が社名に「テレビ」が入ることとなった。
  • 2015年2月現在、単独番組以外での天気予報のBGMには、レーモン・ルフェーブル『Save Your Kisses For Me』が使われている。
  • 2019年7月10日、自民党和田政宗は、仙台市参院選の演説をしていたところ、男から暴行を受けた。この問題について、CBC報道部のTwitterアカウントは、2019年7月13日、「ちょっと小突かれただけで、暴行事件とは。大げさというより、売名行為」というツイートした[36]。その後、該当ツイートを削除し陳謝した[37]。その時点でCBC報道部公式アカウントは「CBC報道部の意思ではない」と公表し、「(7月14日時点では)アクセス権のある報道部員が投稿した形跡は確認できなかった」と説明していた[38][39]
    • 2019年7月25日、CBCは自社サイトを更新し、7月24日にCBCテレビ代表取締役社長の林尚樹が、和田と仙台市で面会し、不適切な投稿について謝罪し、調査の状況を説明したと報告した。投稿については、自社の関係者による投稿と判断し、対象者の幅を広げて更に調査をしているという[40]。しかし、和田は謝罪を受け入れておらず、ホームページに「和田政宗参議院議員に謝罪」と一方的に書いているのは心外であると語っている。和田によれば、訪問した林は、謝罪よりも先に、謝罪が選挙後になったことについて「選挙の公正と公平を考え、選挙後に来ました」という説明から開始したという。和田は、この訪問について「被害を受けた相手のことを考えるよりも、自分達の論理を優先するというとんでもないこと」と批判している[41]

脚注[編集]

  1. ^ 民間放送教育協会(編) 『民教協20年の歩み:テレビで結ぶみんなの輪』、1987年、27頁。 
  2. ^ 民間放送教育協会(編) 『民教協20年の歩み:テレビで結ぶみんなの輪』、1987年、178頁。 
  3. ^ ただし、一部の毎日放送制作番組はこれ以前より番組販売の形で放送されてはいた。
  4. ^ a b c 元々のコールサインは「JOAR-(D)TV」だったが2013年4月1日のラ・テ分社化に伴いこのコールサインに変更された。なおJOGX(奇しくも東海テレビの隣)のサインは元々福岡県北九州都市圏(旧門司市小倉市など)をサービスエリアとして開局が予定されていた「西部毎日テレビジョン放送」(同局にとっては当時北九州局が親局だったテレビ西日本の隣のサインであった)に割り当てられていたがRKB毎日放送への統合により返上、サインをRKBラジオ・小倉(北九州)放送局と同じ「JOFO-TV」に変更されていた(現在はラジオのみで、テレビは中継局に降格)。
  5. ^ TBS系列局が存在しない秋田県・福井県・徳島県・佐賀県のGガイドはそれぞれAKTFTBJRTstsの担当(後者2局はデジタルのみ。アナログはMBSとRKBが担当)で、日本テレビ系列のJRT以外はフジテレビ系列。リモコンキーID「5」がデフォルトのテレビ朝日系列にはかつてのADAMSの絡みもありGガイドホスト局は存在しない。
  6. ^ 新潟放送長崎放送大分放送もアナログ放送が5chだが、前者はキー局のTBSテレビ・IBC岩手放送北陸放送と同じ「6」を、後者2局は共に「3」をリモコンキーIDとして使っている。
  7. ^ ちなみに、メ〜テレとテレビ朝日のアナログ親局とリモコンキーIDのずれ幅は同じ「5」である(メ〜テレ:11ch→ID6、テレビ朝日:10ch→ID5)。
  8. ^ テレビ朝日系列で5を使うのはテレビ朝日のほかに青森朝日放送岩手朝日テレビ東日本放送秋田朝日放送山形テレビ福島放送新潟テレビ21長野朝日放送静岡朝日テレビ北陸朝日放送広島ホームテレビ山口朝日放送瀬戸内海放送愛媛朝日テレビ長崎文化放送熊本朝日放送大分朝日放送鹿児島放送琉球朝日放送の計20局である。
  9. ^ 「4」を4chRKBが使うも、KBC1chだったため「1」になり、STVと同じ「5」が空いたため。
  10. ^ KBSとWTVは6chの朝日放送テレビを含めた在阪広域4局が揃ってアナログ親局と同じ数字を引き継いだのとNHKの「1」「2」とTVOの「7」で空いた3つのIDから「5」になった。
  11. ^ 一方のHBC1chだったため「1」。
  12. ^ http://www.marumo.co.jp/result/datasheet/pdf/lds241.pdf
  13. ^ hicbc.com CBCクラブ
  14. ^ a b ついに動画サイトへ!”. 魅惑のアナウンス室blog (2011年3月2日). 2013年1月1日閲覧。
  15. ^ たまり場”. 中部日本放送. 2013年1月1日閲覧。
  16. ^ CBCアナウンサーコンテンツ「たまり場」”. tamaribaCH. 2013年1月1日閲覧。
  17. ^ 近年は準々決勝の生中継は地上波放送なし。
  18. ^ 代表例として「三波伸介の新春てんぷく大脱線」(1977年~1980年)、「名古屋から愛をこめて」(1983年)など。年によりビートたけしタモリなどが担当した1月3日特番もあった。
  19. ^ 参照=1960年4月23日付け名古屋タイムズ・3面
  20. ^ 五社連盟締結に伴い打ち切り(1960年春)
  21. ^ 番組開始当初の2012年は三重テレビ放送岐阜放送で放送していたが、2014年より中京圏での放映権がCBCテレビに移行した。
  22. ^ 上記『アイドルパーティー』のネット打ち切りに伴い、2016年6月のみ穴埋めで放送。
  23. ^ 「しび しだぞう」「しび しだろう」「しび しだもん」の3つのキャラクターが「しび氏」候補にエントリーし、人気投票の結果「しび しだぞう」が選ばれた。
  24. ^ あきやまただし絵本ライブ 第21回 平成20年7月26日 - 中部日本放送
    まんまるころんちゃん/松本梨香 - でか大・ドット・ネット ~DekaDai.net~[リンク切れ]
  25. ^ CBCラジオは引き続き東海ラジオとともに朝日放送ラジオMBSラジオの双方と系列関係にある。
  26. ^ その一方で、毎日放送が製作に関与した深夜アニメでは、作品によってテレビ愛知(テレビ東京系)での放送となる例があった(同局向け素材ではMBSテレビのクレジットを省略している)。なお、毎日放送はTXNキー局のテレビ東京の持株会社であるテレビ東京ホールディングスとの資本関係が残っている。
  27. ^ 例外として、2010年9月9日放送の野球中継において、地上デジタル放送を利用したマルチ編成で、メインチャンネルを阪神対中日戦(阪神甲子園球場)、サブチャンネルを横浜対巨人戦(横浜スタジアム)に充てて放送したことがある。
  28. ^ 史上初!日本シリーズ地上波の中継なし- 日刊スポーツ、2010年10月24日付
  29. ^ 尚、この時の『ばつぐんジョッキー』ディレクターであった加藤吉治郎は、2004年以降『燃えドラ』の著作権を有し、リリースをしているオフィスきちじろうの代表者である。
  30. ^ 認定放送持株会社体制への移行に伴う当社及び子会社の体制に関するお知らせ (PDF)”. 中部日本放送 (2014年1月15日). 2014年1月15日閲覧。
  31. ^ [1]
  32. ^ 原元美紀のミキペディア[2]
  33. ^ 稲蔭千代子 20世紀日本人名事典』 - コトバンク
  34. ^ 2010年3月16日付中日新聞 『「やらせ」で9人処分』より。
  35. ^ 今週金曜はCBC餃子 - 番宣娘。のブログ 2010年10月20日
  36. ^ “CBCテレビ報道部公式が誤爆? 和田政宗氏への暴行事件に「大げさというより、売名行為」とツイート”. ニコニコニュース. ガジェット通信. (2019年7月14日). https://news.nicovideo.jp/watch/nw5643252 2019年7月14日閲覧。 
  37. ^ 2019年7月14日18時35分のツイート2019年7月15日閲覧。
  38. ^ 2019年7月14日18時37分のツイート2019年7月15日閲覧。
  39. ^ “CBCテレビが自民候補「売名行為」投稿を削除し謝罪 「投稿確認できず」とも”. 産経新聞. 産業経済新聞社. (2019年7月15日). https://www.sankei.com/politics/news/190715/plt1907150004-n1.html 2019年7月15日閲覧。 
  40. ^ CBCテレビ報道部公式ツイッターでの不適切な投稿について”. CBCテレビ (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  41. ^ 和田政宗 (2019年7月26日). “被害を受けた私より自社の論理を優先したCBC”. BLOGOS. https://blogos.com/article/393830/ 2019年7月26日閲覧。 

外部リンク[編集]