長野エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長野エフエム放送
Nagano FM Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 長野県
系列 JFN
略称 なし
愛称 FM長野
コールサイン JOZU-FM
開局日 1988年10月1日
本社 〒390-8520
長野県松本市本庄1-13-5
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 美ヶ原(長野) 79.7MHz / 1kW
主な中継局 善光寺平 83.3MHz
松本 86.4MHz
岡谷・諏訪 81.8MHz
飯田 88.3MHz
公式サイト http://www.fmnagano.co.jp/
特記事項:県全域を放送対象地域とする在長放送局で唯一、県庁所在地でない松本市を拠点としている。
テンプレートを表示
エフエム長野本社(2008年10月)

長野エフエム放送株式会社(ながのエフエムほうそう、Nagano FM Broadcasting Co., Ltd.)は、長野県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 愛称はFM長野コールサインはJOZU-FM。JFN系列局。

概要[編集]

本社及び演奏所松本市に所在し、長野県全域を放送対象地域とする民間放送局では唯一、県庁所在地を拠点としていない。

キャッチフレーズEVER GREEN STATION。また2005年10月に同局では大幅な番組改編を実施しており、その改編に合わせて使用されているVoyage with Youの新キャッチフレーズも併用しているが、EVER GREEN STATIONに関してはキャッチフレーズよりも、コーポレートスローガンとして位置付けられている。2008年10月に開局20周年を迎え、ジングルが変更されている。

会社概要[編集]

本社
長野支社
東京支社

資本構成[編集]

企業・団体は当時の名称。出典:[1][2][3][4]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 発行済株式総数
1億円 12億円 16,000株
株主 株式数 比率
アルピコホールディングス 6,827株 42.67%
ジャパンエフエムネットワーク 1,120株 07.00%
信濃毎日新聞 1,000株 06.25%
信越放送 1,000株 06.25%
ニッポン放送 0,560株 03.50%
日本経済新聞社 0,560株 03.50%
中日新聞社 0,560株 03.50%
読売新聞東京本社 0,560株 03.50%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
8億円 12億円 5万円 16,000株 36
株主 株式数 比率
ながのアド・ビューロ 1,472株 9.20%
川中嶋土地開発 1,440株 9.01%
アルピコ自工 1,204株 7.52%
アルピコ観光サービス 1,204株 7.52%
信越放送 1,000株 6.25%
北野合同建物 0,968株 6.05%
松本電気鉄道 0,925株 5.78%
アルピコ通商 0,765株 4.78%
日本経済新聞社 0,560株 3.50%
中日新聞社 0,560株 3.50%
朝日新聞社 0,560株 3.50%
産業経済新聞社 0,560株 3.50%
務台賢吉 0,560株 3.50%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
8億円 12億円 5万円 16,000株 42
株主 株式数 比率
ながのアド・ビューロ 1,472株 9.20%
川中嶋土地開発 1,440株 9.01%
松電自動車工業 1,204株 7.52%
川中島観光サービス 1,204株 7.52%
北野合同建物 0,968株 6.05%
長野県カルチャーセンター 0,736株 4.60%
長野県 0,480株 3.00%
八十二銀行 0,480株 3.00%
中部電力 0,320株 2.00%

沿革[編集]

周波数・出力[編集]

親局 周波数 空中線電力 備考
美ヶ原 79.7MHz 1kW SBCテレビのアナログ送信所と共同使用
中継局 周波数 空中線電力 備考
善光寺平 83.3MHz 100W
松本 86.4MHz 10W
岡谷諏訪 81.8MHz 50W
飯田 88.3MHz 100W
小海 80.3MHz 100W
78.1MHz 100W
木曽福島 81.5MHz 10W
飯山野沢 81.8MHz 30W
大鹿 81.8MHz 1W

サービスエリアは長野県のほぼ全域、新潟県の一部である[5]

県内ほとんどのケーブルテレビでも再放送している。

放送時間[編集]

  • 平日・土曜日 24時間放送(月曜日と土曜日のみ5:00、他は4:00起点。但し火曜から金曜日も番組表の上では「日々是好日〜降っても晴れても〜」の途中、5:00を起点としている)
  • 日曜日 5:00-25:30(翌日1:30) 月曜1:30-5:00は放送機器点検のため休止

主な自社制作番組[編集]

毎日[編集]

※全国ニュースはJFNC制作『JFNニュース』を放送。また同局制作のローカルニュースでは、ニュースが終わる前に「制作・信濃毎日新聞」のアナウンスが必ず付加されている。なお、ニュースタイトルはどちらも共通して『FM長野ニュース』を使用。最近では、始まる前に短いジングルが流れるようになった。

月曜日 - 金曜日[編集]


週末[編集]

隔週[編集]

放送終了した番組[編集]

アナウンサー[編集]

元アナウンサー[編集]

パーソナリティ[編集]

現在[編集]


過去[編集]

スタジオ[編集]

現在[編集]

外からの見学が可能で、スピーカーで放送が聞こえるようになっている。
  • 長野スタジオ(長野市・長野支社)
IVY Studio開設以前から主に金曜夕方の生放送番組で使用されていた非公開型のスタジオ。IVY Studio閉鎖後使用を再開している。

過去[編集]

  • IVY Studio(長野市 IVY SQUARE)
2002年から2010年まで運用されたサテライトスタジオ。主に346 GROOVE FRIDAYで使用。

インターネット配信[編集]

  • 2011年1月26日 - auスマートフォン・携帯電話向けの民放FM52局ストリーミング配信サービス「LISMO WAVE」にて全国配信開始。
  • 2011年10月3日 - インターネットIPサイマルラジオ「radiko」に参加、同日12時よりインターネットを利用しての試験配信が実施される[6][7]。長野県では長野エフエム放送と信越放送が試験配信を実施、配信対象地域は長野県のみとなる。
  • 2011年12月5日 - Android・iPhone向けのJFN系FM局ストリーミング配信サービス「ドコデモFM」にて全国配信開始。
  • 2014年4月1日 - radikoのエリアフリー有料配信サービス「radiko.jpプレミアム」による全国配信開始。

補足[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、315頁。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2009』 コーケン出版、2009年11月27日
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、300頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、278頁。
  5. ^ FM長野会社概要
  6. ^ 新たに4地区/7局が参加し、さらにエリア拡大 (PDF) - radikoプレスリリース 2011年9月15日
  7. ^ radikoのPCサイト、FacebookやTwitterと連携 「双方向コミュニケーション増幅」 - ITmedia 2011年9月15日

外部リンク[編集]