エフエムみしま・かんなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(株)エフエムみしま・かんなみ[1]
愛称 VOICE CUE
コールサイン JOZZ6AD-FM
周波数/送信出力 77.7 MHz/20 W
本社・所在地
〒411-0036
設立日 1996年9月11日
開局日 1997年6月1日
演奏所 三島市大社町1-10
三島市役所 大社町別館(総合防災センター)3F
北緯35度07分09.332秒 東経138度55分09.314秒 / 北緯35.11925889度 東経138.91925389度 / 35.11925889; 138.91925389 (エフエムみしま・かんなみ演奏所)
送信所 静岡県三島市山中新田
北緯35度09分21.437秒 東経138度59分43.364秒 / 北緯35.15595472度 東経138.99537889度 / 35.15595472; 138.99537889 (エフエムみしま・かんなみ送信所)
中継局 なし
放送区域 静岡県三島市沼津市伊豆の国市裾野市
田方郡函南町
駿東郡清水町長泉町、など
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
公式サイト www.777fm.com

株式会社エフエムみしま・かんなみは、静岡県三島市にあるコミュニティFM局愛称は「VOICE CUE(ボイス・キュー)」。

概要[編集]

三島市田方郡函南町静岡新聞静岡放送三島信用金庫伊豆箱根鉄道などの出資で設立した株式会社である。 基本的に愛称の「VOICE CUE」の名が使われており、正式名のエフエムみしま・かんなみの名が使われることはあまりない。

設立のきっかけは1995年(平成7年)に発生した阪神淡路大震災で、この教訓を活かし緊急災害時の情報局としての役割も担う事が狙い。このため、災害時には通常放送の番組を中断して非常災害情報を送信する。1997年に県内3局目・県東部では初のコミュニティFM局として開局した。

日曜深夜も含めた24時間放送で、自社制作番組以外の時間帯は、ミュージックバードの番組を放送。

2015年4月1日よりJCBAインターネットサイマルラジオに参加し、インターネットでの聴取が可能である。

主な自社制作番組[編集]

月〜木
  • Fresh Morning(7:00-10:00)
  • ukiukiワイドももいろクラブ(12:00 - 15:00)
  • Lounge Cue(16:00 - 19:00)
  • LOVERS MUSIC (19:00 - 20:00)
  • 原大輔の歌謡羅針盤 (第1・3・5 19:00 - 19:30)
  • 女子会においでよ (第2・4 19:00 - 19:30)
  • キャンパスクラブふぃーるどパニック(19:30 - 20:00)※三島にキャンパスのある日本大学国際関係学部の学生が中心となって制作されている番組で、同局の最長寿番組。
  • ラップの言いたい放題! (19:00 - 19:30)
  • Discover Sports (19:30 - 20:00)
  • 学校においでよ!(20:30 - 21:00)
  • みずどん! (19:00 - 20:00)
  • 三ツ沢グッチと上村愛の今夜も舌好調! (20:00 - 20:30)
  • 7→10split(7:00 - 10:00)
  • River`scafe (10:00 - 11:00)
  • ComeCome FLYday(11:00 - 13:00)
  • おしゃべり革命〜トークレボリューション〜 (14:00 - 14:30)
  • 只今参上 我らウエちゃん、七変化!!︎ (15:00 - 18:30)
  • 宝島大作戦 (18:30 - 19:00)
  • ユリオカ超特Qのらっしゃい!Radio!(19:00 - 20:00)
  • ミシマのMY HOME TOWN RADIO (20:00 - 20:30)
  • 愛 LOVE 探偵局 NEW スーパー DX (21:00 - 22:00)
  • 金獣(22:00 - 22:30)
  • ハッピーサタデー (9:00 - 12:00)
  • おつまみちょ〜だい (19:00 - 19:30)
  • いっち りーな サンデー (9:00 - 10:00)
  • グラウンドワーク三島 アクショントーク! (10:00 - 10:30)
  • 金田爽のワクワクサワー(11:00 - 12:00)※一時休止の後、復活。
  • サイエンスNOW (12:00 - 12:30)
  • ひろこの音部屋(12:30-13:00)※ Ciao!(エフエムあたみゆがわら)制作だが、かつては同局でのみ放送されるパートが存在した。

ボイス・キュー スポーツスペシャル[編集]

  • 三島市に本拠地を置くVリーグチーム東レアローズを筆頭に、地元のスポーツチームや選手などを(プロアマとも)紹介していた番組。2008年4月改編より、「すまいるトレイン777」(のち「どんどん土曜日」に変更)内での放送となっていたが、2012年4月改編をもって終了した。
  • 特別番組として、2005年より中継が行われるようになった東レアローズのリーグ公式戦(三島市民体育館で開催の試合のみ)や、高校野球静岡県予選(可聴エリアの三島南高校韮山高校などの地元校が出場する試合で、試合会場が愛鷹球場や裾野球場の場合のみ)の中継が行われることがあるが、この場合には、番組タイトルに当初『スポーツ大好き!スペシャル』のが付けられていた。現在は『ボイス・キュー スポーツスペシャル』と変更されている。

番組に関する補足事項[編集]

三島市、函南町の広報が、インフォメーションという形で、1日に数回放送されている。また、朝の番組では清水町、長泉町(2015年4月から裾野市も)の広報も放送されている。

補足・エピソード等[編集]

局関連[編集]

  • ボイス・キューの『キュー』本来の意味は、「Community Unit Emotion」(「地域の感動を一緒に」)の頭文字(CUE)である。
  • 一時期、大社町のスタジオとは別に、サテライトスタジオ三島大通り商店街Via701内にあった。
  • 2006年6月1日に出力が、開局当時の10Wから20Wへと増強されている。
  • 社団法人静岡県ニュービジネス協議会(SNBC)の協力により作られたインターネット上のサイト「富士-伊豆地域密着情報サイト『FUU-IZU』」との連動で、地域情報の発信に力を入れている模様[2]。ちなみに、ボイス・キューは東部部会の位置付けとなっている。
  • 2015年10月から、東京都の株式会社アイダスが開発した防災情報の自動音声速報システムを導入した。生放送が行われていない夜間・早朝などでも気象庁からの速報を受け、自動で災害情報を放送する。同システムの導入は静岡県内のコミュニティーFMでは初[3]
  • 「ラジオ番組表2016年秋号」(三才ブックス刊)で実施の『2016年好きなDJランキング/コミュニティ部門』で「ウエ七」の植田・上藤コンビが全国3位に輝いた(ボイス・キューの冊子版番組表Vol8のp15に詳報が掲載)。

他局との連携[編集]

  • ボイス・キューとCOAST-FMRadio-fの静岡県東部に属するコミュニティFM局(3局)間で「中域防災ブログ[4]を立ち上げている。これ以外では、他のコミュニティFMとの提携はあまり見られないが、静岡放送(SBSラジオ)と静岡県内のコミュニティFM各局をネットする防災特番が年に数回放送される(なお、防災特番はSBSラジオと静岡県内のコミュニティFM共同制作である)。

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要”. エフエムみしま・かんなみ公式サイト. 2014年6月7日閲覧。
  2. ^ 静岡県東部・伊豆地域情報サイト‐ FUU-IZU”. 2014年6月7日閲覧。
  3. ^ 防災情報の自動音声割り込み放送スタート! 同局公式サイト、2015年10月22日閲覧。
  4. ^ 中域防災ブログ”. 2014年6月7日閲覧。
  5. ^ 特集コーナー|とびっきり!しずおか(静岡朝日テレビ公式サイト)、2015年5月10日閲覧。
  6. ^ 4月より『THEフルーツサンデー』3局ネット放送のお知らせ FM Haro!オフィシャルホームページ[リンク切れ]

関連人物[編集]

主に静岡県内において、知名度がある人物のみ掲載。

なお、下記に挙げる人物はそれぞれ番組を持っている(あるいは持っていた)。「」は番組名。

  • 国会議員
    • 斉藤斗志二 元・国会議員 「サンデーZIMOトーク」
    • 細野豪志 国会議員 「宝島大作戦」
    • 土田博和 元・国会議員 「宝島大作戦」(細野豪志の政務多忙による代理出演)
    • 坂本由紀子 元・国会議員 「土曜広場」
  • 静岡県議会議員
    • 小野登志子 伊豆の国市長 「やっさか放送局」「やっさか談話室」「やっさかレポート」
    • 豊岡武士 三島市長 「豊岡たけしのせせらぎトーク」「豊岡たけしのWe loveみしま」
    • 遠藤行洋 静岡県議会議員「おしゃべり革命〜トークレボリューション〜」
  • タレント・モデル等[※ 1]
    • 影山のぞみ - 2008年4月まで、静岡県内コミュニティFMネット及びエフエム甲府を通じて、フットサル関連番組「Bonita! Futsal」を担当していた。
    • 安藤晴美 - 「ukiukiワイド ももいろクラブ」火曜日水曜日を担当。2011年2月から4月まで代打で「みずどん!!」も担当。2007年3月29日までは『あんどうなつ』名義で「The Voice」も担当していた(ボイス・キュー所属パーソナリティの一人)。
    • カズ&アイ - 吉本興業所属の若手お笑い芸人コンビ。2001年7月から2004年5月31日まで伊豆・三津シーパラダイスにおいて、吉本興業プロデュース『お笑いアシカショー』でアシカと芸をする芸人『アシカ軍団』のメンバーとして活躍。ショーの終了にともない、メンバーの一員だった瀬尾和寿上村愛の二人によって同年6月に結成。ボイス・キューには『アシカ軍団』時代から担当番組を持っていたが、諸般の事情(瀬尾の不祥事による引退など)により、2015年4月4日をもってコンビ解消。
    • 金田爽 - FREAK ENTERTAINMENT所属の女優歌手。土曜日18:00 - 放送の「金田爽のワクワクサワー」のメインパーソナリティー。同番組は、2005年の放送開始時からネットするも諸事情により一時休止、2016年4月からネット中継を再開。
    • 柚木那七 - エクセルミュージックエンターテインメントに所属するフォークアーティスト。2009年3月まで、火曜日20時からの「柚木那七の仕切るのはワ・タ・シ」を担当していた。
  1. ^ 一部を除いてボイス・キュー所属のパーソナリティではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]