ヘヴィー・ローテーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘヴィー・ローテーションまたはパワープレイは、放送で推薦曲を紹介するコーナーや番組のこと。ラジオ局FMが多い)やCS音楽専門局、テレビ局などで主に行われる。略して「ヘビロー」「ヘビロテ」。

概要[編集]

日本で最初に明示して導入したのは1989年に開局したFM802。日本のラジオ局にはそれまでも「今週の歌」「今月の歌」のような企画は存在していたが、FM802はアメリカのFM局で採用されていた制度を採り入れ、ヘビーローテーションとして開始した[1]。FM802発のヒットであることが明確にわかるような、新人アーティストの曲やテレビドラマ・CMのタイアップがないような曲を選曲することがこの企画の方針であり、選ばれた曲は全ての番組で一日に何度も放送された。もともと開局前から業界内で注目を集めていたFM802は後発FM局でありながら商業的にも成功を収めたため、後にこの手法が一気に国内FM局に拡がる結果となる。なお、音楽をさほど重視しないコミュニティFM局やAM局では特に設けない場合もある。

音楽の選曲委員(主にラジオ局のスタッフ、パーソナリティ)などが選曲するタイプと、レコード会社が宣伝の一環としてラジオ局に宣伝料を支払い演奏させるタイプに分かれる。JFN各局の場合、ミニ番組(5分間)として放送するほか、自社番組内で放送する場合が多い。JFL局や独立局の場合もコーナーを設けることがある。

また独立コーナーばかりでなく、下記のようなパターンでも放送される。

  • 帯ワイドにおける番組と番組の繋ぎの中で流される(首都圏などでは顕著で、「それでは一曲お聴きください」と前置きを置いて流したり、文化放送のA&Gのように、SE(効果音)を挟んで流すことも)
  • アーティストがゲストとして呼ばれた番組の中
  • DJやパーソナリティが「今話題になっている曲」として(はっきりヘビーローテーションとは銘打たずにそれとなく)流す

一方で、FM AICHIのように一楽曲ではなくアルバムごとで指定する局も存在する。

特殊なケースとして宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録曲『道』が2016年9月14日より当時存在した民放ラジオ全101局でヘビーローテーションされた[2][3]

局別タイトル[編集]

FM局(JFN系列)[編集]

以下の各局以外は「パワープレイ」と称する。

FM局(JFL・MegaNet・独立局)[編集]

  • FM NORTH WAVE - メガプレイ、パワープッシュ
  • J-WAVE - J-WAVE SONAR TRAX
  • InterFM897 - Hot picks(2015年6月度までは76セカンドプレイ)
  • FM Yokohama - FM Yokohamaプライムカッツ
  • bayfm - BRAND NEW HOT LINE、JOGV-FM Powerplay、Midnight Powerplay
  • NACK5 - NACK5 POWERPLAY、POWER SELECTION
  • FM-FUJI - SOUND LEAF、SOUND FOREST - 2008年6月度まではHOT SHOT AIRPLAYと呼称。翌7月度から3ヶ月間は休止していた。
  • ZIP-FM - FIND OUT MONTHLY CLOSER
  • α-station - スマッシュブレイク(邦楽)、スプラッシュグルーヴ(洋楽)
  • FM802 - ヘビーローテーション
  • FM COCOLO - Feature of the Month(2012年3月度まではハートビートセレクション)
  • CROSS FM - ヘビーローテーション、レコメンドトラックス
  • Love FM - Cool Cuts(月替わりの2曲)、Hot Spin(週代わりの2曲、番組の終わりにオンエアされる。)

コミュニティFM局[編集]

AM局[編集]

複数の放送局で行うもの[編集]

音楽専門チャンネル[編集]

地上波テレビ局[編集]

脚注[編集]