ハードコア・パンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハードコア・パンク
Hardcore punk
様式的起源 パンク・ロック
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ヴォーカル - ギター - ベース - ドラム
派生ジャンル ポスト・ハードコア
メロディック・ハードコア
エモ
マスコア
融合ジャンル
スラッシュメタル - グラインドコア - スラッシュ・コア
関連項目
オルタナティヴ・ロック - グランジ

ハードコア・パンク (Hardcore punk) は、ロックのジャンルのひとつ。パンク・ロックのロックン・ロール色を排し、より暴力性や攻撃性を強調したジャンルである。略してHC、HxCxと書かれる場合もある。ラウドなサウンドを維持するためのディストーションギターを使用している。

概要[編集]

1970年代末のニュー・ウェイヴの登場後、オリジナル・パンクの社会批判や、ラウドで荒々しいサウンドをより過激にしたパンク・バンド群がいた。彼らはハードコア・パンクと呼ばれたが、代表的なバンドにはデッド・ケネディーズ、ブラック・フラッグ(アメリカ)や、ディスチャージ(イギリス)[1]らがいた。

1980年代は、情報量の少なさ、マイナー・レーベルのレコードの流通の悪さが顕著であった。1990年代以降になると、各国・各地域の地域性が希薄になり、各々のバンドのスタイルはルーツとするバンドの差異によるものが大きくなっていく。

日本[編集]

1977年、ハードコアパンク出現前から活動していた日本のバンドSSは、日本においてはハードコアの元祖であった[2]。1980年代の日本のハードコアは、主にディスチャージG.B.H.エクスプロイテッドカオスUKなどの英国の80'sパンク/ハードコア・パンクから影響を受けたバンドが多かったが、1980年後半に入ると米国のクロスオーバースピードコアからの影響を受けたようなバンドも現われた。

1990年代以降の日本のハードコアバンドは、1980年代からの流れを汲むバンドも多い。ファット・レック・コーズエピタフ・レコードファスト・コア、アナグラム・レコード、ロード・ランナー・レコードなどの、欧米のレコード・レーベルからの影響を感じさせるバンドも活動している。また、スラッシュメタルからの影響が強いバンドも90年代のバンドに存在する。

特徴[編集]

音楽性[編集]

  • メロディよりもリズム中心で、過激なシャウトを用いることが多い。
  • ギターは激しいディストーションを効かせている。
  • パンクに比べ演奏の音量が大きい。
  • BPMがパンクのそれを上回る。
  • 簡素なコード進行、曲構成。シンプルなコードリフが多いが、パンクに比べると高速である。
  • 一曲一曲が短い。高度なテクニックに重きを置かないかテクニックそのものがない。そのため、高速のギターリフがメインでギターソロは省略されることも多い。

歌詞/階級/ルックス[編集]

パンクバンドが身近な欲求不満や、未熟な自我の発露を歌詞にする傾向が強いのに対し、ハードコア・パンクは社会的・政治的なテーマを掲げているバンドもかなり存在する。その内容は反権力反戦反核反宗教反差別アナーキズム[3]など多様である。反ドラッグ、反アルコールを主張した一部のバンドもいた。

パンクロックやヘヴィメタルのバンド・メンバーは、労働者階級出身者が多い。ハードコア・バンドのメンバーの場合は、労働者出身者が中心だが、中産階級出身者もいる。これは、ブルースレゲエヒップホップといったレベル・ミュージックのミュージシャンも同じである。

ヘヴィメタルは、思想性が薄くテクニックとサウンド重視であるのに対して、HCは音楽の背景にある環境が異なり、パンクロックの延長線上にある。しかし思想が異なっていても、ファッション面でヘヴィメタルの影響を受けていたり、スラッシュ・メタルなどの音楽性を借用するバンドもあり、一概には断定できない。

ネオナチとの関係[編集]

ハードコア・パンクには反戦、反核、反差別を捧げるバンドも存在するが、一部のバンドに、ネオナチなどの極右勢力と関係の深いバンドが存在する。英国のハードコア・パンク・バンドskrewdriverは、最初の反共産主義、ネオ・ナチ系バンドといわれている。[4]いったん活動休止し、活動再開後は白人至上主義や極右思想を声高に叫ぶバンドになった。メンバーのイアン・スチュアート・ドナルドソンは、ネオナチと連携していると公言していた。バンドはイギリス国民戦線やイギリス国民党等の極右政党のプロパガンダとなり、党から資金援助を受ける。1993年にイアンが交通事故で亡くなったことで、活動を停止した。

しかし、世界には現在も活動を続行中のネオナチ・バンドも多い。CNNは、ヘイトブリードが「ホワイト・パワー」バンドとして批判されたことがあるという記事を掲載した。また、ウィキペディアの英語版には「ナチ・パンク (Nazi punk」の項目も存在する。日本では音楽中心のバンドが一般的だが、一部に右翼思想やレイシズムに感化されるバンド・メンバーやパンク・ファンが見られる。また、パンク・ファンやストレート・エッジの中には、左翼を名乗る右翼という変種も見受けられる。

レコード・レーベル[編集]

イアン・マッケイ主催のディスコード・レコード、キル・ロック・スターズ・レコードや、ジェロ・ビアフラのオルタナティブ・テンタクルズ・レコードなどが知られている。

ハードコア・パンクの関連ジャンル[編集]

ハードコア・パンクに分類されるバンドの一覧[編集]

1980年代のハードコア[編集]

イギリス[編集]

アメリカ[編集]

ヨーロッパ[編集]

  • Raw Power(イタリア)
  • WRETCHED(イタリア)
  • NEGAZIONE(イタリア)
  • CHEETAH CHROME MOTHERFUCKERS(イタリア)
  • IMPACT(イタリア)
  • RAW POWER(イタリア)
  • BLOODY RIOT(イタリア)
  • UPSET NOISE(イタリア)
  • NABAT(イタリア)
  • UNDERAGE(イタリア)
  • PEGGIO PUNX(イタリア)
  • CRASH BOX(イタリア)
  • INDIGESTI(イタリア)
  • KINA(イタリア)
  • DECLINO(イタリア)
  • BLUE VOMIT(イタリア)
  • RAF PUNK(イタリア)
  • HHH(スペイン)
  • LARM(オランダ)
  • B.G.K(オランダ)
  • MOB47(スウェーデン)

カナダ[編集]

  • Fucked Up

日本[編集]

1990年代のハードコア[編集]

イギリス[編集]

  • Chaos U.K.
  • SNUFF
  • VARUKERS

アメリカ[編集]

カナダ[編集]

  • Comeback Kid

オーストラリア[編集]

  • 50 lions

北欧[編集]

  • AC4 (スウェーデン)

日本[編集]

2000年代以降のハードコア[編集]

  • AC4
  • A Wilhelm Scream
  • OFF!
  • Pissed Jeans
  • UX VILEHEADS
  • ZILEMMA

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://rooftop.cc/interview/110901191750.php
  2. ^ [1]
  3. ^ アナーキズムを主張したバンドには、イギリスのクラスがいた
  4. ^ http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Skrewdriver
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ [4]
  8. ^ [5]
  9. ^ [6]

出典[編集]

  • パンク・ロック/ハードコアの名盤:(著者)行川 和彦
  • PUNK US Edition (シンコーミュージック・エンタテイメント)
  • PUNK UK Edition (シンコーミュージック・エンタテイメント)
  • Hurchalla, George (2005). Going Underground: American Punk 1979–1992. Zuo Press. 
  • Manley, Frank (1993). Smash the State: A Discography of Canadian Punk, 1977–92. No Exit. ISBN 0-9696631-0-2. 
  • Adams, Deanna R. (2002). Rock 'n' Roll and the Cleveland Connection (Kent, Ohio: Kent State University Press). ISBN 0-87338-691-4
  • Andersen, Mark, and Mark Jenkins (2001). Dance of Days: Two Decades of Punk in the Nation's Capital (New York: Soft Skull Press). ISBN 1-887128-49-2
  • Anderson, Mark (2002). "Zunō keisatsu", in Encyclopedia of Contemporary Japanese Culture, ed. Sandra Buckley (London and New York: Routledge), p. 588. ISBN 0-415-14344-6
  • Michael Azerrad|Azerrad, Michael(2001). Our Band Could Be Your Life (New York: Little, Brown). ISBN 0-316-78753-1

外部リンク[編集]