ロックンロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロックンロールRock and Roll, Rock ’n’ Roll)は、1950年代半ばに現れたアメリカの大衆音楽スタイルの呼称である。語源については、古くからアメリカ英語の黒人スラングで「性交」及び「交合」の意味もあり[1][2][3]、1950年代はじめには「バカ騒ぎ」や「ダンス」という意味もあった[4]。これを一般的に広め定着させたのは、DJアラン・フリードであった[5]

1960年代半ば以降には「ロック」という呼び方が一般化し、「ロックンロール」と呼ぶことは少なくなった[6]。一方で、「ロックンロール」と「ロック」は別の物として使われることがある。1960年代半ばには、ロックンロールが進化して抽象的、芸術的なものも生まれ、新たなサウンドが登場し、それらの総称として「ロック」という言葉が使われるようになった[6]

概要/音楽的特徴[編集]

ロックンロールは、リズム・アンド・ブルースや、ブルース、ゴスペルなどの黒人音楽を基に、カントリー・アンド・ウェスタンやブルーグラスなど白人の音楽スタイルを融合させて成立したとされている[7]。ロックンロール第1号がどの曲かということは、しばしば議論の対象となってきた。一般的にはビル・ヘイリーとヒズ・コメッツの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」(1954年)やエルヴィス・プレスリーの「ザッツ・オールライト」などが有力候補だが、時にはジャッキー・ブレンストン&ヒズ・デルタ・キャッツの「ロケット88」(1951年)が最初の曲だとする説も登場する。また、それ以前のいずれも1949年の曲であるファッツ・ドミノやシスター・ロゼッタ・サープ、Goree Carter、ジミー・プレストンの曲をあげる者もいるが、少数意見である。

ロックンロールの楽器編成は、エレクトリックギターエレクトリックベースドラムスという構成が代表的である。ジェリー・リー・ルイスらのようにピアノを主体にする例[8]、プレスリーやエディ・コクランがときおり見せたようなエレクトリックギターの代わりにアコースティック・ギターを使う例[9]、ロカビリーの一部のように、エレクトリックベースの代わりにアコースティック・ベース(ウッド・ベース、ライトアップ・ベース)を使う例など多彩である。

尚、主に白人ミュージシャンによるロックンロールの中で、特にカントリー・アンド・ウェスタンの要素が強くビートを強調したものをロカビリーと呼ぶ[10][11]

詳細/由来と変遷[編集]

ロックンロールは、元々はリトル・リチャードチャック・ベリーファッツ・ドミノとエルヴィス・プレスリーらのロカビリーなどの音楽を指した。ロックンロールがいつ頃から始まったかについては諸説がある。一説として「ロックンロール」という語は1951年前後にディスクジョッキーのアラン・フリードが「マイ・ベイビー・ロックス・ミー・ウィズ・ワン・ステディ・ロール」(トリキシー・スミス)という曲の歌詞から思いつき、「ムーンドッグロックンロール・パーティ」というラジオ番組をはじめた、というものもある[12][注釈 1]

エルヴィス・プレスリーなど、カントリーをルーツに持つ南部・中西部の白人が中心だったロカビリーは白人労働者のファンが多く、チャック・ベリーに代表されるロックンロールのファンにはティーンエイジャーが多かった[13]

その後、白人であるビル・ヘイリーエルヴィス・プレスリージェリー・リー・ルイスらの成功によってロックンロールは「白人の音楽」と見られるようになった。腰を振り、挑発的にパフォーマンスするエルヴィスの登場は保守的な50年代には衝撃的であり、ジョン・レノンは「エルヴィス以前には何もなかった」と証言している。

初期のロックンロールの楽曲はオーティス・ブラックウェルらのプロの作曲家か、ブルースカントリーR&Bのカヴァー、シンガー自身による自作自演のいずれかだった。

音楽出版社の多くは、ブロードウェイのブリル・ビルディングという建物に入居していた為、その“ブリル・ビルディング・サウンド”と呼ばれることもあった。ブリル・ビルディング・サウンドはポップスの歌手・作曲家分業システムであり、ロックンロールの歴史で重要なチームは、「ハウンドドッグ」「カンサスシティ」「ヤケティ・ヤック」「ラヴ・ポーションNO.9」を作曲したリーバーとストーラーぐらいだった[14]

一般的には、1950年代半ばに発表された、ビル・ヘイリーの『ロック・アラウンド・ザ・クロック』、エルヴィス・プレスリーの『ハートブレイク・ホテル』などが、ロックンロールの初期の例として挙げられることが多い[15]

通常、白人のロカビリーに、黒人のロックンロールを加えたジャンル全体をロックンロールとしており、チャック・ベリーの『ロール・オーヴァー・ベートーヴェン』や『ジョニー・B.グッド』などが含まれる[16]

ロックンロールからロックへ[編集]

1950年代末から早くも、黒人音楽をルーツに持つロックンロールがラジオ、テレビで演奏される事を嫌悪した白人の日曜説教師や保守派政治家の講演会、新興宗教的キリスト教のビル・グレアムによるロックンロール批判が巻き起こった[17]。同時にエルヴィス・プレスリーとトム・パーカー大佐の関係に見られるような「ロックンロールの商業化」とあわせ、主要ミュージシャンが徴兵・事故死・懲役などで次々とシーンを去ったことから、ロックンロールは次第にその勢いを失っていった。この時期に起きた出来事を記す。

  • 1957年末 - オーストラリアでのツアーに向かっていたリトル・リチャードは、移動中の太平洋上で、乗っていた飛行機のエンジンが火を噴くのを窓から目撃し、「願いがかなったら神職につきます」と、搭乗機の無事を祈った。無事シドニーに到着したリチャードは突如引退し、神学校に入学して牧師となった[18](後に復帰)。
  • 1958年3月 - エルヴィス・プレスリー陸軍に召集[19](1960年3月満期除隊)
  • 1958年5月 - イギリスツアーを予定していたジェリー・リー・ルイスの妻が13歳だった事が現地で問題化してツアーはキャンセル、当時の米国では合法であったものの、問題を掘り起こすうちに前妻との離婚が未成立だった事が発覚し重婚罪として本国でも問題化、事実上追放[19](後に復帰)。
  • 1958年末 - それまで合法的な慣例とされていた「宣伝料を支払ってオン・エアしてもらうペイオラが、突如不道徳・反倫理的として糾弾され翌年には非合法化、遡及的にアラン・フリードら人気DJが追放される。
  • 1959年2月 - バディ・ホリーリッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーが飛行機事故で死亡(音楽が死んだ日[20]
  • 1959年12月 - 14歳の少女を不法に州境を越えて連れ回したとしてチャック・ベリーが逮捕される(後に、1962年から2年間服役)[18]
  • 1960年4月 - イギリスツアー中だったエディ・コクランが移動中の自動車事故で死亡、同乗のジーン・ヴィンセントも重傷を負い後遺症が残る[18]

ペイオラ・スキャンダルで大物DJが大量にマイクの前から消える中、駆出しのDJとして関与していたディック・クラークらは当局やレコード会社との取引によって追放を免れ、これを機に大人からも容認される比較的健全な曲を掛ける方向に転向した[21]。日本でロックンロールと勘違いされることが多いポール・アンカニール・セダカ、デル・シャノンや、ジーン・ピットニー、ボビー・ヴイーらも含め、毒気の少ない歌手の音楽、白人・黒人のガール・グループ等、毒気が抜かれた音楽が紹介され、ブリティッシュ・インヴェイジョン襲来までの期間を埋めた。

一方イギリスでは、これらのロックンロールやブルースR&Bに影響を受けたミュージシャンが登場し始め[22][23]、ロックンロール/ロックの主要な舞台はイギリスに移り、ビートルズローリング・ストーンズザ・フーキンクスアニマルズなどに受け継がれていくこととなる[24][25][26]

主なアーティスト[編集]

脚注/出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただしここでの「ロックンロール」は「ロック」の起源となるような音楽ではない。

脚注[編集]

  1. ^ Jeffrey Peter Hart"When the Going Was Good: American Life in the Fifties"p.130, Crown Publishers, Incorporated, 1982.
  2. ^ Francesco Bonami, Raf Simons, Maria Luisa Frisa "The fourth sex: adolescent extremes"p.434, Charta, 2003.
  3. ^ 『キャロル・キング自伝』p.61
  4. ^ 北中,1985,p.13.
  5. ^ 北中,1985,p.47f.
  6. ^ a b 北中,1985,pp.113-115.
  7. ^ http://iml.jou.ufl.edu/projects/Fall08/StewartA/history.html
  8. ^ S. Evans, "The development of the Blues" in A. F. Moore, ed., The Cambridge companion to blues and gospel music (Cambridge: Cambridge University Press, 2002), pp. 40–42.
  9. ^ http://www.gretschguitars.com/features/eddie-cochran
  10. ^ ROCKABILLY Definition”. Shsu.edu. 2018年6月19日閲覧。
  11. ^ Craig Morrison (2013年11月21日). “rockabilly (music) - Encyclopædia Britannica”. Britannica.com. 2018年6月19日閲覧。
  12. ^ 『ロックの歴史』、中山康樹、講談社、2014年6月(P5)。
  13. ^ http://www.plosin.com/beatbegins/projects/gallant-gardner.html
  14. ^ http://www.goodreads.com/book/show/6022920-hound-dog
  15. ^ 北中,1985,pp.9-32.
  16. ^ http://www.allmusic.com/.../roll-over-beethoven-mt00023971...
  17. ^ http://www.hup.harvard.edu/catalog.php?isbn=9780674980846
  18. ^ a b c 北中,1985,p.64.
  19. ^ a b 北中,1985,p.62.
  20. ^ 北中,1985,p.62f.
  21. ^ 北中,1985,p.64f.
  22. ^ Mersey Beat – the founders' story.
  23. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra, S. T. Erlewine, eds, All Music Guide to the Blues: The Definitive Guide to the Blues (Backbeat, 3rd edn., 2003), p. 700.
  24. ^ British Invasion - オールミュージック. 2018年6月19日閲覧。.
  25. ^ Ira A. Robbins (1964年2月7日). “British Invasion (music)”. Britannica.com. 2018年6月19日閲覧。
  26. ^ Unterberger, Richie (1996). Erlewine, Michael. ed. All Music Guide to the Blues. San Francisco: Miller Freeman Books. p. 378. ISBN 0-87930-424-3. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • オールディーズ
  • 音楽が死んだ日 - 1959年2月3日、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、J.P."ビッグ・ボッパー" リチャードソンの三人のロックンローラーが死んだ航空機事故の日を指す。