極右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Presa de decissions.png
ノート:極右#「代表例」についてに、このページに関する議論があります。
議論の要約:「代表例」について

極右(きょくう、:far right, extreme right)、または急進右翼:radical right)、または超右翼:ultra-right )とは、極端に右翼的な思想・個人・集団を指す。対義語極左である。

概要[編集]

極右とは、左翼・右翼の分類を前提とした用語で、その思想の性向が極端に民族主義的である個人や集団を指す。通常、自己の帰属する国家民族が他に対して絶対的に優越するという信条のもとに、他民族の排除、ならびに従属化を肯定する自民族至上主義をその本質とする。[1]

その思想・行動における傾向として、自国・自民族の結束の基礎となる権威の崇拝(権威主義国粋主義)、自国・自民族が他者に絶対的に優越するという信条(自民族至上主義民族差別選民思想排外主義外国人嫌悪)、社会改革を目的とする暴力的手段の肯定(テロリズム過激主義急進主義)、自国・自民族を主体とする武力行使の積極的肯定(軍国主義)、男権主義(男尊女卑ミソジニー)、その他の社会的少数者の排除(優生思想反同性愛主義)などが含まれる[2]

その典型として、ごく一般的には超国家主義ファシズムナチズムネオファシズムネオナチ日本帝国主義など)の思想・運動・体制が含まれるとされる。また、宗教的原理主義キリスト教原理主義イスラム原理主義ヒンドゥー原理主義)は、しばしば共産主義を含む進歩主義勢力と対決姿勢をとることから、政治的には極右に分類される場合が多い。[3][4][5][6][7]

ただし、極右・右派・中道・左派・極左などの分類はあくまで発語者の主観に基づく相対的なものであり、強い民族主義的傾向をもつ個人・集団を批判するレッテルとして用いられる側面がある。しばしば思想内容よりも行動上の過激主義や、共産主義を掲げた全体主義スターリニズムマオイズム主体思想)を指す場合もあるように、極右(極左)の語は、状況によって様々な意味で使用され、相互に矛盾する場合も少なくない。[8]

主張・活動[編集]

極右は、宗教右派国家社会主義超国家主義愛国主義国粋主義復古主義のうちでも特に過激な政治主張・行動を指してきた。これらを主張する者のなかには民族主義排外主義歴史修正主義等を標榜する団体も少なくない。極左と同様にテロ行為を行う過激派として情報機関や治安機関などからの監視対象であり続ける場合も少なくない。[要出典]

極右は、共産主義社会主義ないし革新的な主張を「国民の統制を乱し、(自分達が尊敬し、価値あるものと信じている)国家体制を破壊する」として批判・攻撃し、民主主義社会で保障されている自由権を抑圧するような主張(滅私奉公、在留外国人や移民に対する暴力・侮蔑・罵倒を以ての排斥運動、近隣国の敵視、またそれらの国を凌ぎ国威を示すための大幅な軍備増強など)を行い、また自国政府が自分達の意を酌まなくなったと感じた場合は暴力による打倒と、より自分達の意に沿う政府の樹立を企む。

また、極右主義者は女性には専業主婦をさせるべきと主張している者もいる[9]

東欧(中東欧)の急進右翼派は、多くの点で西欧のそれとは異なっている。これらの潮流の前民主的もしくは反民主的なイデオロギーに関連している。西欧の急進右翼派と違って、かつての専制体制(共産主義)へのノスタルジーを声高に唱えており、かつてのごとく民族と領土に基づいて「国民」を捉えている。ソ連帝国の崩壊によって生じた「民族共産主義」と同系である。他方には、自民族中心主義的で人種差別的な右派がある。同じく領土の見直しを主張している[10]

極左との共通点[編集]

極右と極左は、国家社会個人の権利に優越するという全体主義の面で、思想的・行動的に共通点が存在する[11]。極左から極右への転向例もみられた[12]

通常は「極右」と呼ばれる、ファシズムを提唱したベニート・ムッソリーニは愛国主義的な社会主義の出身で、ナチス社会主義政策を含む国家社会主義を掲げ、北一輝は当初は純正社会主義を掲げた。これら以前にも黄色社会主義は、マルクス主義を批判して階級協調コーポラティズム排外主義反ユダヤ主義などを掲げ、ファシズムやナチズムの先駆と呼ばれている。

また、左翼の中でも左翼ナショナリズムを採る社会主義国、特にスターリニズムはその極端な国家主義愛国主義、排外主義、軍国主義全体主義などから、他の社会主義と対比させて「極右」や「右翼」と呼ばれる場合もある[13][14][15]

欧米の一部の保守派は、共産主義環境主義(またはイスラーム)と共に「三色同盟」と呼んだ。

日本においては、一水会系の統一戦線義勇軍山口組系の「任侠市民連合」が毛沢東主義の「日本共産党(行動派)」と合同で暴力団対策法反対運動を展開したり、新右翼活動家の野村秋介新左翼活動家の藤本敏夫が合同で選挙報道の公正化を訴えた例がある。

支持層[編集]

支持層には、労働組合や行政の保護を受けられないといった、現状に強い不満を抱える存在がなる場合が多い。例えば、ドイツのネオナチの支持者の多くは、旧東ドイツ出身で就職出来ない若者で占められた。

極右政党[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Merkl, Peter H. Weinberg, Leonard. Right-wing extremism in the twenty-first century. London, England, UK; Portland, Oregon, USA: Frank Cass Publishers. Pp. 127.
  2. ^ Robert L. Hilliard, Robert L; Keith, Michael C. Waves of rancor: tuning in the radical right. New York, New York, USA: M. E. Sharpe, Inc, 1999.
  3. ^ The Routledge Companion to Fascism and the Far Right
  4. ^ http://books.google.ca/books?hl=en&id=Ual1NR2WPasC&dq=%22far+right%22&printsec=frontcover&source=web&ots=K5bdSeB96U&sig=RC-_zQR3OGeCIj0c4vJv6EEHgAk&sa=X&oi=book_result&resnum=5&ct=result#PPR7,M1
  5. ^ http://books.google.ca/books?hl=en&id=sVZ8EUvJjJ4C&dq=%22far+right%22&printsec=frontcover&source=web&ots=SMPfNA8ixk&sig=c_rZ76IsxCm_Kb959LzCekTHYek&sa=X&oi=book_result&resnum=8&ct=result#PPR5,M1
  6. ^ http://books.google.ca/books?hl=en&id=JcJ5nr2MZfUC&dq=%22far+right%22&printsec=frontcover&source=web&ots=Y5MrmJz
  7. ^ Roger Griffin (11 Aug 2005). Fascism, Totalitarianism and Political Religion (Totalitarian Movements and Political Religions). Redoutlge 1 edition. ISBN 978-0415375504. 
  8. ^ Betz & Immerfall 1998; Betz 1994; Durham 2000; Durham 2002; Hainsworth 2000; Mudde 2000; Berlet & Lyons, 2000.
  9. ^ 国立社会保障・人口問題研究所「第7回厚生セミナー報告書」2003年3月 p53
  10. ^ http://www.diplo.jp/articles11/1101-2.html. ル・モンド紙(2011年1月)
  11. ^ 吉田茂とサンフランシスコ講和・第 1 巻(三浦陽一)
  12. ^ 政治学・行政学の基礎知識(堀江湛)149p
  13. ^ 「Joseph Stalin (far right) and Leon Trotsky (second from left) stand together as comrades in 1917」 - Systems of Government Communism (R. Grant)
  14. ^ 「The radical distrust of mainstream media found on the far Left can certainly be found in spades on the ultra-Right.」Radical media: rebellious communication and social movements (John Downing)
  15. ^ 「Stalinism as ultraleft and nationalism as ultraright」Yugoslavia: a state that withered away (Dejan Jović) p191

関連項目[編集]