統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

統治機構(とうちきこう、英語: state, authority)とは、国家を統治する仕組組織機関のことをいう。中央政府を指して統治機構と呼ぶこともある。なお、統治する側を統治者、統治される側を被治者という。

統治機構の範囲[ソースを編集]

典型的には、近代国家における憲法に規定された国家を統治する三権司法立法行政)を挙げることができる。

もっとも統治機構は、あくまで国家を統治する仕組、組織を意味するものである。そのため、絶対王政下において中央集権化が進んだ状態における、とその周辺組織を統治機構と呼ぶこともできる。また、帝政下における皇帝およびその周辺機関を統治機構として呼ぶこともできる。たとえば、古代にみられた律令制も統治機構を定めているといえる。

ただし、や皇帝を統治機構と呼ぶことが阻まれる場合もある。日本においては、天皇を機関として捉えた天皇機関説が弾圧されることもあった。

日本の統治機構[ソースを編集]

現代は、日本国憲法において、統治機構として国会内閣裁判所が規定されている。

古代においては、律令制の統治機構がみうけられる。また、中央集権が徹底していなかった点で議論はあるが、中世における、幕府朝廷とともに、統治機構と観念することもできる。

諸国の例[ソースを編集]

各時代の例[ソースを編集]

特殊な例[ソースを編集]

国連から「オブザーバーとして参加するために招待を受ける実体(entity)あるいは国際組織」として扱われている主権実体(「領土のない」)。

関連項目[ソースを編集]