国家主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国家主義 (こっかしゅぎ、: statism ステイティズム[1]: étatisme エタティスム[2]) とは、国家を第一義的に考え、その権威意志を第一だと考える立場のこと[3]

概説[編集]

大辞泉によると、国家主義とは、国家を、「最高の価値あるもの」とか「人間社会の最高の組織」などと見なし、「個人よりも国家に絶対的な優位性があるのだ」などとする考え方である[4]。ブリタニカ百科事典によると、国家主義とは「国家に至上の価値がある」などと主張して、国家的な秩序や、国家による命令、自分の属する国家が軍事的に強いことなどを、(本当は他にも大切なもの、価値あるものがあるにもかかわらず)他の全ての価値に優先させようとする政治的な主張を指す[2]

国家主義は保守的なイデオロギーのひとつである[2]。特に近代化に乗りおくれた20世紀のドイツや戦前の日本で隆盛をきわめた[2]、とブリタニカには記述されている。

(結局、ひとりひとりの人間の大切さを軽視、無視するので)全体主義的な傾向があり、偏狭な民族主義国粋主義になりがちである[3]

国家主義の考え方をする者、信奉する者、陥った者を「国家主義者」と言う。

また、国家社会主義を指すこともある。


イギリスと国家主義[編集]

ドイツと国家主義[編集]

オランダと国家主義[編集]

フランスと国家主義[編集]

[5]

カタルーニャと国家主義[編集]

インドと国家主義[編集]

日本と国家主義[編集]

戦前(太平洋戦争終了前、第二次世界大戦終了前)の日本は国家主義的な傾向が強かったことはしばしば指摘されている[6]。戦前の日本では、ひとりひとりの人権が軽視され、人権侵害が行われていたことがしばしば指摘されている。

『新はじめて学ぶ刑事訴訟法』でも指摘されていることであるが、まずそもそも『大日本帝国憲法』というものに、人権を保障するという考え・意識がすっかり欠落していた[7]。 戦前の刑事訴訟法も、その人権を保障するという意識が乏しかった大日本帝国憲法の枠の中で制定されたものだったので[7]、人々の人権に対する配慮が全然足りず[7]、(国家側の警察機関に属し)捜査する側の都合ばかりを優先するようなものになっていて[7]、たとえば被疑者への配慮も足りなかった[7]。そのため、被疑者の人権を平然と侵害するような悪徳な捜査がまかり通り、“捜査官”の手で人々(“捜査官”が疑って「被疑者」と呼んだ人々)に対して拷問が加えられることもあった[7]。拷問を行って、無理やり“自白”をさせ、犯人に仕立て上げるというようなことも行われていた。また令状も無しに捜査官が勝手に自分の判断で捜査したり逮捕するなどということも行われていたし、強制処分も国家機関に属する者が勝手に判断していた[7]。また、捜査官から不幸なことに疑われてしまった人が法的に適切な手続きをとろうと自分に弁護人をつけようとしても、それすらも拒絶されるというような理不尽なこと滅茶苦茶なことまで戦前の日本ではまかり通っていた[7]。戦前の日本では国家主義がまかり通り、つまり「国家が至高で絶対だ」(=「国家機関に比べたら、ひとりひとりの人間のことはどうでもいい」)などと考えるわけなので、こういう悲惨な結果を生むわけである。戦前は日本国(日本政府)の捜査機関によって深刻な人権侵害が行われていたのである[7]。戦後になって日本は、国家主義から人権尊重民主主義へと方向を転換し、刑事訴訟法も、戦前の人権侵害を反省しつつ全面改定作業が行われ[7]、ようやく令状主義や強制処分法定主義の導入、弁護人依頼権の強化などが行われ[7]、1948年(昭和23年)に現行の刑事訴訟法が成立し、翌年から施行された[7]

経済と国家主義[編集]

「経済的国家主義」とは、「国有企業や他の形態による政治機構によって、直接的に、または経済企画によって間接的に、国が経済に介入する重大で合法的な役割を持っている」とする見方を強調するものである[8][9]

「国家主義」という用語は時に国家資本主義を指すことがあり、また国家による多量の政治介入によって市場を管理する経済をさすこともある。(類義語あるいは ほぼ同義語:統制経済)(←→ 自由経済自由市場

また、企業・産業を国有化して、国家による統制を強めようとする方式の意味でも使われる。

脚註[編集]

  1. ^ 世界大百科事典 第2版【国家主義】
  2. ^ a b c d ブリタニカ百科事典【国家主義】
  3. ^ a b 広辞苑 【国家主義】
  4. ^ 大辞泉【国家主義】
  5. ^ [1]
  6. ^ 堀幸雄 『戦前の国家主義運動史』1997
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 高橋裕次郎『新はじめて学ぶ刑事訴訟法』三修社、2007。p.15
  8. ^ "statism" Routledge Encyclopedia of International Political Economy. Taylor & Francis, 2001. p. 1475
  9. ^ "statism". Merriam-Webster.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ [2]