保守中道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

保守中道(ほしゅちゅうどう)とは、「保守」+「中道政治」の2つを併せた概念であるが、文脈や場合により、以下のように、様々な異なる意味で使用される。

概念は遅くとも1980年代から使用され[1]、今現在の2020年代でも使用されている[2]が、以下のように、用いる者により、その指す対象も異なる多様な概念である。

  1. 中野晃一を中心とするアジア・パシフィック・イニシアティブの「政党政治検証プロジェクト第2弾『検証 日本の中道保守』」は、政策的な文脈に基づき、宏池会などの「保守本流」を指して「中道保守」と呼び、「戦後保守」の「土台」だったと分析している[3]
  2. 古くは、戦後占領下に結成された日本進歩党民主党(1947~1950)[注 1]など、「日本自由党の左、日本社会党右派[注 2]の右」の位置を指して使用され[1]、この人脈的な文脈では、いわゆる「保守傍流」を指す。
  3. 森田実は、自公連立政権のことを保守政党である自民党と中道政党である公明党との連立政権という意味で「保守中道政権」と呼んでいる[4]
  4. 玉木雄一郎は、自らが代表を務める国民民主党として「『中道保守』を目指している」と述べている[5]。同党の前原誠司は自党や日本維新の会都民ファーストの会及びファーストの会などを中道保守であるとしている[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中道とされた協同民主党国民党の両党が合流した国民協同党と、更に合流して国民民主党(1950~1952)を結成し、その後、改進党日本民主党を経て保守合同に至り、55年体制下で現在の自由民主党の源流の一つになっている。
  2. ^ 後の民主社会党→民社党の母体。

出典[編集]

関連項目[編集]