玉木雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
玉木 雄一郎
たまき ゆういちろう
Yuichiro Tamaki IMG 5649-1 20160903.jpg
2016年9月3日
生年月日 (1969-05-01) 1969年5月1日(53歳)
出生地 日本の旗 日本香川県大川郡寒川町(現・さぬき市[1]
出身校 東京大学法学部卒業
ハーバード大学ケネディスクール修了
前職 国家公務員大蔵省財務省
所属政党民主党礎会)→)
民進党→)
希望の党→)
旧国民民主党前原G)→)
国民民主党
称号 学士(法学)(東京大学)
修士(公共政策)(ハーバード大学)
サイン Tamaki Yuichiro signature.svg
公式サイト たまき雄一郎オフィシャルサイト - ふるさとが好きだから、一所懸命。

選挙区 香川2区
当選回数 5回
在任期間 2009年8月31日 - 現職

在任期間 2020年9月11日 - 現職

在任期間 2018年9月4日 - 2020年9月11日

Logo of Democratic Party For the People.svg 旧・国民民主党共同代表
在任期間 2018年5月7日 - 2018年9月4日

在任期間 2017年11月14日 - 2018年5月7日

その他の職歴
Logo of Kibō no Tō.svg 希望の党共同代表
(2017年11月10日 - 2017年11月14日)
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年7月23日-
ジャンル 政治活動、インタビューコメディ食レポ[2]
登録者数 8.7万人
総再生回数 861万4679回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月23日[3]時点。
テンプレートを表示

玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう、1969年昭和44年〉5月1日 - )は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(5期)、国民民主党代表[4](初代)。

大蔵財務官僚、旧民進党幹事長代理、旧希望の党共同代表、旧希望の党代表(第2代)、旧国民民主党共同代表、旧国民民主党代表(第2代)などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

香川県大川郡寒川町(現・さぬき市)生まれ[5]。父母は農業を営んでおり、玉木も田植え麦蒔き肥料農薬の散布を手伝った。農作業からは協力や共生の重要性を学んだ[6]

寒川町立神前小学校寒川町立天王中学校香川県立高松高等学校を経て、1993年平成5年)3月に東京大学法学部を卒業した[1]

官僚時代[編集]

1993年(平成5年)4月、大蔵省入省。主計局総務課に配属される[7][1]1995年(平成7年)、アメリカ合衆国ハーバード大学ケネディ・スクール留学[8]。1997年(平成9年)、同校よりMPA取得。

1998年(平成10年)、大蔵省接待汚職事件が発生。この事件を目の当たりにしたことと留学の経験が政治家を志す契機となった[6]

外務省への出向(中近東第一課)を経て、2001年(平成13年)より大阪国税局総務課長。

2002年(平成14年)より内閣府へ出向[9]第1次小泉内閣にて、行政改革担当大臣石原伸晃の下で秘書専門官に就任[10]。以降、累計3代の同大臣の秘書専門官を務める[11]

第2代大臣の金子一義から「政治家にならないか」と誘われ、自由民主党幹事長であった安倍晋三と面談した。しかし同党は玉木の地元である香川県第2区にはすでに別の国会議員を擁していたため、安倍は別の小選挙区からの立候補を提示した。玉木は「国政に挑戦するなら、先祖ののある場所でやりたい」と考え、出馬を断念した[6]

政治家へ転身[編集]

2005年(平成17年)、財務省主計局主査を最後に財務省を退官[9]

同年9月の第44回衆議院議員総選挙(郵政選挙)に民主党公認で香川2区から立候補した[注釈 1]。政権与党であった自由民主党(自民党)ではなく野党であった民主党から出馬した理由は、「自民党内の派閥争いではなく、政党同士の争いで政権交代を実現すべき」と考えたからである[6]

しかし、この選挙では小泉旋風によって自民党が大勝し、玉木は自民党前職の木村義雄に大敗して落選した[12]

大平家の支援[編集]

落選後、地元で広報活動に務める中で、かつて同地出身で内閣総理大臣を務めた大平正芳の長女である森田芳子[注釈 2]を訪ねた。玉木は大平の遠い親族にあたり、大平家の協力を得たいと考えた。玉木は大平が率いた自民党とは対立する民主党の候補であり、森田芳子は玉木との接触を当初は躊躇していた。しかし最終的に面会に応じ、さらに芳子の長女(大平の孫)である渡辺満子[注釈 3]を玉木に紹介した[6]

その後、渡辺は2009年(平成21年)から玉木の公設秘書を務めた。渡辺は玉木を「大平の精神を受け継ぐもの」と認め、選挙区内の自民党支持者たちに玉木への支持を訴えた[6]

初当選[編集]

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で再び香川2区から立候補。前回敗れた木村を下し、初当選した[13]。この選挙で民主党は大勝して政権交代を起こし、玉木は与党議員となった。

2010年(平成22年)、民主党香川県連代表に就任。同年10月、民主党政策調査会長に就任した前原誠司の下で政調会長補佐に起用される[14][15]

再選・下野[編集]

2012年(平成24年)12月の第46回衆議院議員総選挙では、民主党に猛烈な逆風が吹き荒れる中[16]、香川2区で自民党新人の瀬戸隆一を僅差で破り、再選した(瀬戸は比例復活した)[17]。しかし、民主党は大敗して政権が自民党へと交代し、玉木は野党議員に下った。

なお、この選挙において、四国地方および中国地方九州沖縄地方(つまり香川県よりも西側にある17のおよび71の小選挙区)のなかで、民主党候補が小選挙区で当選したのは玉木ただ一人であった(同範囲で他の民主党候補はすべて敗れ、一部が比例復活したのみだった)[18]

2013年(平成25年)、民主党の副幹事長および政策調査会副会長に就任。『次の内閣』会議において行財政改革や地域主権改革を訴えた[19]

2014年(平成26年)12月の第47回衆議院議員総選挙では、香川2区で再び瀬戸を下し、3選(瀬戸も比例復活)[20]

2016年(平成28年)9月の民進党代表選挙に立候補して116ポイントを獲得したが、1回目の投票で過半数を獲得した蓮舫に敗れた[21]。選挙後の党役員人事では幹事長代理に就任した[22]

希望の党代表[編集]

2017年(平成29年)10月の第48回衆議院議員総選挙では、民進党が希望の党への合流を決めたことを受け、同党の公認で出馬し香川2区で4選。同年11月10日の希望の党共同代表選挙に立候補して39票を獲得し、14票の大串博志を抑えて共同代表に選出された[23]

同年11月14日、新執行部人事の承認を諮る両院議員総会で辞任を表明した小池百合子の後継として希望の党代表に就任した[24]

国民民主党を結成[編集]

2018年(平成30年)5月7日、民進党・希望の党のそれぞれの一部議員が合流し結党された国民民主党において、大塚耕平とともに共同代表に就任した[25]

YouTubeチャンネルを開設[編集]

同年7月には動画共有サイトのYouTubeでの発信媒体『たまきチャンネル』を開設し、YouTuberとしての活動を開始した[26](すでに玉木事務所による動画投稿はあったが、それとは別に玉木個人のものとして開設した)。

以後、同媒体では当時流行していたタピオカティーの飲み比べを行うなどの若者受けを意識した内容のほか、街頭で市民にインタビューを行う企画や、立花孝志[26]志位和夫山本太郎など他政党党首との対談、また自身および国民民主党の政策の解説などといった政治活動を発信している。

国民民主党の単独代表に就任[編集]

同年9月4日、津村啓介と共に国民民主党代表選挙へ立候補。「対決より解決」を主張してきた玉木が、野党共闘を訴えた津村を大差で破り、新代表(単独)に就任した[27]

2019年(平成31年)4月26日、小沢一郎が率いる自由党との合併を果たした(国民民主党が自由党を吸収する形で、代表は引き続き玉木が務めた)。

2019年(令和1年)6月19日第198通常国会で、内閣総理大臣安倍晋三と野党の党首らによる党首討論に臨んだ。この際、上述のYouTubeチャンネルの企画の一環として、視聴者からYouTubeおよびTwitter(別個のSNS)において質問を受け付けるという企画を行った[28]。さらに同年10月10日第200臨時国会での衆議院予算委員会基本的質疑においても、同様の企画を行った[29][30]

立憲民主党への合流を辞退[編集]

2019年末から2020年令和2年)にかけて、国民民主党と、最大野党である立憲民主党との合流協議が行われた。しかし党内の意見がまとまらず[31]、2020年8月11日、同党を「立憲民主党への合流組」と「残留組」に分党すると表明し、玉木は合流新党(後に新・立憲民主党として結成)に参加しない意向を示した[32]。9月11日、残留組による新「国民民主党」の参加メンバーが協議を行い、玉木の代表就任を決めた[33]

新・国民民主党を牽引[編集]

2020年12月、新・国民民主党の代表選が8日告示、18日投開票の日程で行われ、玉木が伊藤孝恵参議院議員を大差で破り代表に再選した[34][35]

2021年(令和3年)4月27日、立憲民主党代表の枝野幸男は次期衆院選における野党共闘を目指し、国民民主党代表の玉木、日本共産党委員長志位和夫とそれぞれ会談。枝野と玉木は、候補者の一本化に加え、立憲と国民、連合の3者で雇用など共通の政策の策定に向けた協議をスタートさせることで意見を一致させた[36]。だが「野党連合政権」の樹立を望む立憲民主党と共産党に玉木は反発。翌4月28日、記者会見を開き「日米同盟を基軸とせずに日本の安全・安心を保つすべが見当たらない」「(それゆえ)共産党が入る政権には入らない」と述べた[37]

同年7月15日、連合は次期衆院選に向け、国民民主党、立憲民主党両党と個別に同じ内容の政策協定を締結した。協定書には「左右の全体主義を排し、健全な民主主義の再興を推進する」と書かれていたが、玉木は記者会見で「『左右の全体主義』とは共産主義、共産党のことだと認識している」と述べた[38]。翌7月16日、日本共産党の田村智子政策委員長は記者会見で、玉木が「共産党のことだ」と名指ししたことについて、「日本共産党は、安全保障法制は民主主義の危機ということで、市民と野党の共闘を呼びかけた」と過去の行動を例示し、「事実と違う発言だ」と反論した[39]

同年8月17日、野党4党による合同集会が終わった後、玉木は共産党の志位和夫委員長に「共産主義は、ソビエトが典型だが全体主義と非常に親和性があったのは歴史的事実で、そういう政治体制になってはいけないという趣旨で申し上げた」と釈明。「日本共産党を同一視したことについては改めたい」と伝えた。さらに玉木は18日に記者会見し「共産党を含めた野党の戦術的な一体感は不可欠だ」と述べたが[40]、8月29日放送のBSテレビ東京『NIKKEI 日曜サロン』で「(長期的には)場合によっては与党とも連携し政策を実現していく」と語った[41]。9月2日の記者会見では、次期衆院選後に国民民主党が自公政権入りする可能性について、「考えていない」と否定した[42]

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で5選[43]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2012年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[44]。2014年の朝日新聞社のアンケートで「反対」と回答[45]。2017年、2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[46][47]。2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[48]。2020年の世界日報のインタビューで「年末までに体系立った本格的な憲法改正草案をまとめる」と回答[49]
  • 2017年の希望の党への移籍の際、上記のように憲法問題などの政策の整合性について問われると「憲法にのっとって運用し、不断の見直しを行うことで、最終的に合意したので、今まで民主党(民進党)時代に言ってきたことと、何ら矛盾するものではない」と述べた[50]
  • 改正すべき項目として、2021年のアンケートで「プライバシー権に関する条項を新設する」「各都道府県から必ず1人は参議院議員を選出するよう明記する」「地方公共団体の権限強化を明記する」「憲法裁判所を設置する」と主張[47]
  • 9条改憲について、2014年、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[51][48]憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートでは回答しなかった[52]
  • 憲法9条について、2019年11月に「いまの9条に欠けているのは規律性だ」、「9条を一文字も変えないことと安倍首相の言う自衛隊を書き込むことは同じこと」と安倍首相を批判し、そのうえで「少なくとも日本に対する攻撃には対処できるようにし、地球の裏側には行けないよう憲法上の規制を働かせるべきだ」と述べ、2項削除とともに、制約された自衛権を明確に位置付けるべきだとの立場を示し、さらに、自衛隊軍隊自衛官軍人として認める必要性にも言及した[53]。2020年11月の世界日報のインタビューで「基本的に今の憲法9条は全く役に立たないものになっている。軍事的公権力の外縁をきちんと憲法で書き切っておくことが必要だ」と述べた[49]
  • 2014年7月1日、政府は従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認することを閣議で決定[54]。この閣議決定を評価するかとの問いに対し、同年の朝日新聞社のアンケートで「まったく評価しない」と回答[45]。集団的自衛権の行使に賛成かとの問いに対し、同年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[51]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[48]

外交・安全保障[編集]

  • 「政府が尖閣諸島を国有化したことを評価するか」との問いに対し、2012年の毎日新聞社のアンケートで「評価する」と回答[44]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し論議について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべきではない」と回答[51]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「どちらかと言えば評価しない」と回答[46]
  • 日本の核武装について、2012年の毎日新聞社のアンケートで「将来にわたって検討すべきでない」と回答[44]
  • 前原誠司が主宰する、集団的自衛権に関する防衛研究会に参加した[55]
  • 原子力潜水艦について、2022年6月14日、国会内でのインタビューに応じ、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)による攻撃に対応するには長期間の潜水航行ができない従来のディーゼル型潜水艦では不十分と指摘し、「原子力潜水艦を日本が保有するなど適度な抑止力を働かせていくことを具体的に検討すべきだ」と述べた[57]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[46]。2019年3月、日本人同士が結婚時に夫婦別姓の選択を可能とする戸籍法改正を目指す考えを示し、「多様な生き方や女性の社会進出を推進する意味で、法改正を検討すべきだ」と発言[58]。2021年のアンケートでは「賛成」と回答[47]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[46]。2021年のアンケートで「賛成」と回答[52]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[47]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[52]

その他[編集]

  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2014年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[51]
  • 原子力発電所の再稼働について、2012年の毎日新聞社のアンケートで「原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再稼働すべき」と回答[44]
  • 首相の靖国神社参拝について、2014年のアンケートで「反対」と回答[45]。2017年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[46]
  • アベノミクスについて、2014年の毎日新聞社のアンケートで「評価しない」と回答[51]。2017年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば評価しない」と回答[46]
  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[59]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「さらに調査や説明をすべきだ」と回答[48]
  • 日本のカジノ解禁について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[51]
  • 2022年8月5日、安倍晋三銃撃事件を契機に世界平和統一家庭連合に注目が集まる中、「今問われているのは政治とカルトの問題だ。宗教をまといながら、反社会的な行動を行うことはあってならない。場合によっては法整備も必要だ」と主張し、国民民主党内で調査会を立ち上げると発表した[61]

人物[編集]

日本獣医師会との関係[編集]

  • 獣医師問題議員連盟事務局長を務める玉木[62]は、香川県獣医師会副会長の父親を持ち、2010年には自身のTwitterで「畜産農家のメンタルケアも重要です。政府をあげて対応しなければなりません。産業動物の獣医が不足していることにも、早急な対応が必要です」と訴えた[63]
  • 2015年に開催された日本獣医師会の第72回通常総会に参加した際には、「このような教育の分野、あるいは医療の分野は、そもそも特区として、地域の例外を作り、進めるべき話ではないと思います。もし、おかしな方向に向かいそうになった際は、しっかりと止めることもわれわれの責任と思っておりますので、十分な監視もしていきたいと思っております」と語った[65]
  • 2021年には自身のYouTubeチャンネル上で、「獣医が足りないから獣医学部を作れと言うが、犬猫の獣医まで含めた獣医の数自体は十分にいる。牛や豚の獣医は待遇とかが悪いので足りない。(中略)鳥インフルエンザとかが発生した時に対応できるいわゆる産業動物の獣医が少ないので、そこは単に学校作ったから増えるのではなくて、そういった分野に行く人をどうやって作らなきゃいけないかが大事だ、ということをずっと私は訴えていた。」と発言。2010年の発言と2015年の発言に矛盾はないとしている[69]

統一教会との関係[編集]

  • 2016年、世界日報の元社長の木下義昭から2度政治献金を受けた。木下は「たまき雄一郎後援会」に対し、5月30日に20,000円、9月5日に10,000円を献金した[70]
  • 2020年11月12日、世界日報に玉木のインタビューが掲載された。「年末までに体系立った本格的な憲法改正草案をまとめる」と述べ、改憲に意欲を見せた[49]
  • 2022年3月9日、世界日報に玉木のインタビューが掲載された[71]
  • 安倍晋三銃撃事件から6日後の2022年7月14日、共同通信から世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を問われた際、「個人としても、党としても一切関係ない。家庭連合の会合に出席したことはない」と答えた[72]。また同日、「私自身も国民民主党も一切関係ない」とツイートし、発行母体が世界平和統一家庭連合である世界日報にインタビューを受けた件については、「小さな政党ですので、様々なメディアからの取材依頼は都合がつく限り受けて情報発信に努めてきたものです」と弁明した[73]
  • 2022年7月19日、玉木は記者会見を開き、一連の献金について「あまり記憶になかったが、亡くなった元自民党議員主催の勉強会で講演した同じ日に寄付をいただいている」と述べた。また、「私としても国民民主党としても、旧統一教会あるいはその後継組織の集会やイベントに参加したことはない」と話した[74]
  • 2022年8月5日、国会内で記者団の質問に応じた。寄附について蓮舫参院議員が自身のツイッターに「返しなよ、せめて」と書き込んだこと[75]について問われ、「返さないとは言っていない」と述べ、教団が指摘されている霊感商法や献金強要被害などの問題の「全容解明」を待って判断するとした[76]

その他[編集]

  • 保守政治家を自認し、その本質を「それは継続性に対するリスペクトではないでしょうか。長く繋がる鎖の一つとして、先達から受け継ぎ、次代へバトンをわたすという信条を土台に、物事を発想するのが本来の保守政治家だと私は考えています。」と述べている。かつて内閣総理大臣を務めた大平正芳座右の銘である「永遠の今」について、「過去への敬意と未来に対する責任を持つ態度のことであり、保守を象徴する言葉として強く共感する」と述べている[79]
  • 2009年に国会へ初登院した際は、一番乗りでの登院を目指して午前3時すぎに正門前へ到着したものの、民主党の同僚議員であった三宅雪子に先を越され、第二着となった[80][81]
    • その後、2012年に再選された際の国会開会日には一番乗りで登院した。この日は前回より遅い午前6時すぎの到着であったため玉木自身も驚き、「与党の1年生議員が先にいると思ったんですが……。投票率も低かったし、トーンが落ちているのかな」と述べた[80]
  • 2018年4月2日に公開された衆院議員の資産公表で総資産がゼロだったことが明らかになった[86]。不動産、金融資産ともに「ゼロ」と報告した議員は70人で、全体の15%を占めた[87]
  • 立憲民主党小川淳也は高松高校の2学年後輩にあたり、様々な意見交換をしている。玉木と薗浦と小川の三人で食事をしたことがあり、高校時代の思い出に始まって、与野党の国会議員として色々な話をした[88]。この三人は東京大学法学部を卒業したことも共通している。

発言[編集]

  • 2018年1月、茂木敏充経済再生担当相の秘書が有権者へ線香を配布していたことについて、公職選挙法に反すると批判し、茂木に議員辞職を求めた[91]。ところが玉木も民主党時代の2010年から12年まで、自身の政党支部から慶弔費を支出し、民進党時代など2014年から16年まで、212件に対して合計107万5000円の慶弔費を同様に支出していたことを指摘された。玉木は現行の公職選挙法の趣旨が曖昧であることが問題であると釈明し、「できることとできないことを明確にする必要がある」と述べ、法改正の必要性を主張した[92]
  • 2019年夏頃に持ち上がったとされる、自民党と国民民主党の「大連立構想」について、同年10月10日、「いろいろなことが当時(あった)。常に政治は一寸先は闇であり光だ」と述べ、否定しなかった[93]
  • 2021年12月21日、武蔵野市議会で、外国人にも住民投票の参加を認める「武蔵野市住民投票条例」案が反対14、賛成11で否決されると[94]、玉木は「こういうことが(外国人に対する)地方参政権の容認につながっていく。否決されて安心したというのが率直な思いだ」「まずは外国人の人権について憲法上どうするのか議論すべき」と述べた[95]
  • 2022年5月9日、安倍晋三が大分市の会合で、日銀が市場を通じて政府の国債を買い入れていることに触れた際、「日銀は政府の子会社なので60年で返済の満期が来たら、返さないで借り換えて構わない。心配する必要はない」と述べた[96]。松野博一官房長官は5月10日の記者会見で「日銀の自主性は尊重されなければならない」と指摘し、政府・与党は否定に追われた[97]。これに対し玉木は同日、「政府と中央銀行を一体として見ていくことがおかしいとは思わない」と安倍の発言を擁護。日銀が国債を政府から直接引き受けることはできないとして「にわかに中央銀行の独立性が害されるとは思わない」と述べた[98]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『♯日本ヤバイ』文藝春秋、2019年7月3日。ISBN 978-4163910680 
  • 『令和ニッポン改造論』毎日新聞出版、2019年7月16日。ISBN 978-4620325958 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、同選挙では自由民主党の森田一勇退を表明して出馬しなかった。森田は玉木と同じく高松高校東京大学法学部大蔵省を経た国会議員であり、玉木の先輩にあたる。
  2. ^ 玉木の先輩にあたる森田一の妻でもある。
  3. ^ 日本テレビプロデューサー。夫は、元日本テレビ取締役専務執行役員・渡辺弘
  4. ^ 中選挙区時代の「香川県第2区」は現在の香川県第2区および香川県第3区に分割されており、第3区のほうは大野功統大野敬太郎の地盤となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c プロフィール”. たまき雄一郎 オフィシャルサイト. 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ たまきチャンネル”. YouTube. 2021年3月10日閲覧。
  3. ^ たまきチャンネル”. YouTube. 2022年7月5日閲覧。
  4. ^ 国民民主も皇位継承研究会 月内開始、政調会長トップ”. 産経ニュース (2022年1月4日). 2022年1月4日閲覧。
  5. ^ 〈選択 09香川〉「真夏の天王山」始動 3選挙区に12氏が立つ - 2009総選挙『asahi.com(朝日新聞社)』2009年8月19日
  6. ^ a b c d e f g h 玉木雄一郎 (2020年8月23日). “玉木雄一郎が語る、自民党が受け継がなかった「大平正芳の精神」の正体”. 現代ビジネス. https://gendai.ismedia.jp/articles/amp/75057 2021年11月12日閲覧。 
  7. ^ 第32回 民主党 玉木雄一郎 衆議院議員”. 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる突撃永田町!! (2012年5月23日). 2020年9月12日閲覧。
  8. ^ Harvard University John F. Kennedy School Of Government 1998 Alumni Directory. Bernard C. Harris Publishing Company, Inc.. (1998). p. 346 
  9. ^ a b たまき雄一郎 略歴『たまき雄一郎ブログ』2016年2月7日閲覧
  10. ^ 【衆院予算委員会】石原担当相が「部下」と対決 民主・玉木氏が質問『産経ニュース』2016年2月4日
  11. ^ たまき雄一郎 略歴
  12. ^ 小選挙区 香川 : 開票結果 : 総選挙2005『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年2月7日閲覧
  13. ^ 第45回衆議院議員選挙『時事ドットコム』2016年2月7日閲覧
  14. ^ 玉木雄一郎について:プロフィール『たまき雄一郎 オフィシャルサイト』2016年2月7日閲覧
  15. ^ プロフィール『前原誠司(まえはらせいじ)-ホームページ-』2016年2月7日閲覧
  16. ^ 自公大勝325、再可決可能に 民主57、維新54 - ニュース - 第46回総選挙『朝日新聞デジタル』2012年12月17日閲覧
  17. ^ 香川 小選挙区 : 開票結果 : 総選挙2012 : 衆院選『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年2月7日閲覧
  18. ^ 小選挙区300議席の攻防|2012衆院選”. 朝日新聞社. 2021年11月12日閲覧。
  19. ^ 次の内閣・閣議に政調副会長として出席しました。”. たまき雄一郎オフィシャルサイト. 玉木雄一郎. 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月12日閲覧。
  20. ^ 開票結果・速報(小選挙区・香川) : 衆院選2014(衆議院選挙)『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年2月7日閲覧
  21. ^ “民進党、新代表に蓮舫氏を選出 初回投票で過半数獲得”. 日本経済新聞. (2016年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL15HEI_V10C16A9000000/ 
  22. ^ “民進幹事長代理に玉木氏”. 日本経済新聞. (2016年9月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H3A_R20C16A9EAF000/ 
  23. ^ “希望の党共同代表に玉木雄一郎氏を選出”. 産経新聞. (2017年11月10日). https://www.sankei.com/article/20171110-LFOA4W5HDJLHJMQHEQ5TMKS7X4/ 
  24. ^ “希望・小池氏、誤算続きで投げ出し=大串氏ら排除、火種残す”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年11月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000015-jij-pol 
  25. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). http://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月22日閲覧。 
  26. ^ a b 真鍋厚 (2019年9月27日). “YouTuber議員の影響力をまるで侮れない理屈 「参加型民主主義」が広がれば分断も進む”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/-/304988 2021年11月12日閲覧。 
  27. ^ 【国民民主党代表選】「野党共闘に距離」を選択も 離党続出か? 旧民進系は「ジョーカーめぐるババ抜き」 産経ニュース. (2018年9月4日, 19:16) 2018年9月5日閲覧。
  28. ^ 【質問募集】党首討論で安倍総理に聞いてみた。を募集します! - たまきチャンネル 2019年6月14日
  29. ^ 玉木代表がYouTubeで安倍首相への質問募集 - 日刊スポーツ 2019年10月4日
  30. ^ 【告知】政治を身近に。安倍総理に質問したいこと、募集! - たまきチャンネル 2019年10月4日
  31. ^ “国民民主「分党」へ 立民との合流巡り、玉木代表表明”. 日本経済新聞. (2020年8月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62524280R10C20A8MM8000/ 2020年9月13日閲覧。 
  32. ^ “国民民主、分党へ 立憲との合流、自身は不参加―玉木代表”. 時事通信. (2020年8月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081100924 2020年9月13日閲覧。 
  33. ^ “新「国民民主党」は玉木代表が「続投」”. 産経新聞. (2020年9月11日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/200911/plt2009110058-s1.html 2020年9月29日閲覧。 
  34. ^ “国民民主代表選 異例の「推薦人不要」で候補乱立? 告示日に前原氏は…”. 毎日新聞. (2020年12月9日). https://mainichi.jp/articles/20201209/k00/00m/010/121000c 2020年12月20日閲覧。 
  35. ^ “国民民主党代表選で玉木氏続投 「政策提案型」強化、国会対応は独自路線”. 毎日新聞. (2020年12月18日). https://mainichi.jp/articles/20201218/k00/00m/010/245000c 2020年12月20日閲覧。 
  36. ^ 吉川真布、横山翼 (2021年4月27日). “立憲・枝野代表が国民、共産と相次いで党首会談”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP4W6Q70P4WUTFK00Q.html 2021年4月29日閲覧。 
  37. ^ 吉川真布、鬼原民幸 (2021年4月28日). “「共産いる政権には入らない」玉木氏、会見で明言”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP4X667YP4XUTFK013.html 2021年4月29日閲覧。 
  38. ^ “連合が立民・国民と個別に政策協定、中身は全く同じ…共産との連携に温度差で”. 読売新聞. (2021年7月16日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210715-OYT1T50367/ 2021年7月18日閲覧。 
  39. ^ “共産・田村氏「全体主義とは無縁」 国民・玉木代表の発言に反論”. 毎日新聞. (2021年7月16日). https://mainichi.jp/articles/20210716/k00/00m/010/467000c 2021年7月18日閲覧。 
  40. ^ 鬼原民幸 (2021年8月18日). “玉木氏、志位氏とひじタッチ 「戦術的一体感、不可欠」”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP8L73FHP8LUTFK01P.html 2021年9月2日閲覧。 
  41. ^ “国民・玉木氏「場合によっては与党と連携し政策実現」”. 日本経済新聞. (2021年8月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA27CY10X20C21A8000000/ 2021年9月2日閲覧。 
  42. ^ “自公政権入り否定 国民・玉木氏”. 時事ドットコムニュース. (2021年9月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090200935 2021年9月2日閲覧。 
  43. ^ 衆議院選挙2021 香川(高松・丸亀など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  44. ^ a b c d e 香川2区 玉木雄一郎”. 2012衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  45. ^ a b c d 政策課題 政党・候補者のスタンスは”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選. 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  46. ^ a b c d e f g 玉木雄一郎”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  47. ^ a b c d e 玉木雄一郎”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  48. ^ a b c d 国民 香川2区 玉木雄一郎”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  49. ^ a b c 武田滋樹 (2020年11月12日). “本格改憲案示し議論深める 国民民主党代表 玉木雄一郎氏”. 世界日報. https://sub.worldtimes.co.jp/politics/109160.html 2022年7月14日閲覧。 
  50. ^ “[CONN00374610.html 希望の党 「踏み絵」のハズが「違憲」発言]”. 2017年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  51. ^ a b c d e f 香川2区 玉木雄一郎”. 2014衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  52. ^ a b c 香川2区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  53. ^ 石破・玉木・山尾氏が9条議論 首相案に懸念相次ぐ朝日新聞 2019年11月2日
  54. ^ “憲法解釈変更を閣議決定 集団的自衛権の行使容認”. 日本経済新聞. (2014年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103O_R00C14A7MM8000/ 2022年5月19日閲覧。 
  55. ^ “前原氏ら集団的自衛権を限定容認…海江田おろし”. 読売新聞. (2014年6月5日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00050031-yom-pol 2014年6月10日閲覧。 
  56. ^ “香川選出の民進党・玉木雄一郎氏「四国にもPAC3を」”. 産経新聞. (2017年8月10日). https://www.sankei.com/article/20170810-7AKJABUOYJOMRPBA4YBPDUOVFM/ 2017年8月16日閲覧。 
  57. ^ 玉木氏、原子力潜水艦保有検討を SLBM攻撃に対応共同通信 2022年6月14日
  58. ^ 夫婦別姓へ法改正目指す 国民・玉木代表、産経新聞、2019年3月25日。
  59. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  60. ^ 新型ウイルス “国民1人当たり10万円給付を”-NHK
  61. ^ 古川宗 (2022年8月5日). “国民、旧統一教会で党内調査会 玉木氏「場合によっては法整備」”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20220805/k00/00m/010/183000c 2022年8月7日閲覧。 
  62. ^ [1]『動物保護に取り組むわけ』
  63. ^ Twitter
  64. ^ [openpolitics.or.jp/pdf/370301/2012.pdf]
  65. ^ “第72回通常総会の開催”. 日本獣医師会. (2017年5月22日). http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06808/a2.pdf 2017年5月26日閲覧。 
  66. ^ “「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束””. 産経新聞. (2017年5月22日). http://www.sankei.com/premium/news/170522/prm1705220008-n1.html 2017年5月26日閲覧。 
  67. ^ 窪田順生 (2017年5月25日). “民進党に特大ブーメラン再び!加計学園を応援した過去”. DIAMOND Online. ダイヤモンド社. 2017年5月26日閲覧。
  68. ^ 朝日新聞 2017年7月24日15時10分 [2]
  69. ^ 玉木雄一郎で人生初エゴサーチしてみたら…驚くことがいっぱいでした。 - YouTube
  70. ^ 政治資金収支報告書 たまき雄一郎後援会(平成28年分 定期公表) (PDF)”. 政治資金センター. 香川県選挙管理委員会. 2022年7月18日閲覧。
  71. ^ 旧統一教会系の新聞で語った13人の国会議員。関連団体が「アプローチできる人と認識も」専門家は指摘【過去5年分の調査】”. ハフポスト (2022年8月10日). 2022年8月10日閲覧。
  72. ^ 国民・玉木雄一郎代表、旧統一教会との関係を全面否定「個人としても党としても一切関係ない」”. 日刊スポーツ (2022年7月14日). 2022年7月18日閲覧。
  73. ^ [玉木雄一郎Twitter 2022年7月14日00時07分 https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/1547417589273358336]
  74. ^ 国民民主・玉木代表 「世界日報」元社長から3万円寄付”. 毎日新聞 (2022年7月19日). 2022年7月19日閲覧。
  75. ^ 返しなよ、せめて。 国民・玉木雄一郎代表「世界平和統一家庭連合」母体の「世界日報」元社長からの寄付明かす #SmartNews”. 蓮舫💙💛RENHO🇯🇵 (2022年7月19日). 2022年8月7日閲覧。
  76. ^ 玉木氏、世界日報寄付「返さぬと言ってない」 蓮舫氏「返しなよ」に”. 毎日新聞 (2022年8月5日). 2022年8月7日閲覧。
  77. ^ “中島岳志の「野党を読む」(2)玉木雄一郎”. 論座. https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019060200004.html?page=2 2021年10月10日閲覧。 
  78. ^ Wikipediaなんかで間違っているようですが、大平と遠戚なのは私で妻ではありません。-午後0:07 2019年10月6日
  79. ^ 玉木雄一郎が語る、自民党が受け継がなかった「大平正芳の精神」の正体”. 現代ビジネス. 講談社 (2020年8月23日). 2021年10月10日閲覧。
  80. ^ a b “衆院初登院、1番乗りはまさかの2回生「トーンが落ちているのかな」”. 産経新聞. (2012年12月26日). オリジナルの2012年12月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121226191835/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122610590007-n1.htm 2021年11月25日閲覧。 
  81. ^ 玉木雄一郎の初登院に密着 裏側ちょっと見せます!”. YouTube. 玉木雄一郎 (2021年11月10日). 2021年11月25日閲覧。
  82. ^ 2019年6月第一週 札幌厚別倫理法人会モーニングセミナー”. 一般社団法人倫理研究所 北海道倫理法人会 (2019年6月7日). 2021年10月25日閲覧。
  83. ^ 香川1区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  84. ^ 町川順子(小選挙区・香川県)【衆議院選挙2021】”. 読売新聞. 2021年11月25日閲覧。
  85. ^ 玉木雄一郎 Twitter 2021年10月10日 午後11:56
  86. ^ 時事通信社 党首トップ小沢氏2億円=安倍首相1億円、玉木氏ゼロ-衆院資産公開 [3]
  87. ^ 朝日新聞 衆院議員の平均資産額、最低に 鳩山邦夫氏の死去影響か[4]
  88. ^ a b 森 創一郎 (2020年8月21日). “国民民主党 玉木雄一郎代表「高松高校のネットワークが役に立っている」”. 東洋経済Plus. https://premium.toyokeizai.net/articles/-/24333 2021年11月25日閲覧。 
  89. ^ “4氏出馬、野党候補乱立で激戦の千葉5区に大物続々”. 産経新聞. (2021年10月27日). https://www.sankei.com/article/20211027-BKVXYZB4PZLIHEGZ5BKY3QU7V4/ 2021年11月29日閲覧。 
  90. ^ 【2021年 衆院選】千葉県(小選挙区)開票速報”. 朝日新聞. 2021年11月29日閲覧。
  91. ^ 時事通信 2018/01/30 希望の党、茂木担当相の議員辞職要求=線香配布問題[5]
  92. ^ 毎日新聞 2018年2月7日 00時11分 玉木氏14~16年にも慶弔費107万円 [6]
  93. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年10月10日). “国民・玉木代表「政治は一寸先は闇であり光」 自民との大連立構想否定せず” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月19日閲覧。
  94. ^ 井上恵一朗、高橋淳 (2021年12月21日). “カギ握った2人会派、「反対」にざわめき 外国籍の住民投票案否決”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASPDP6JDSPDPUTIL01J.html 2021年12月22日閲覧。 
  95. ^ “国民民主・玉木氏「否決され安心」 武蔵野条例案”. 産経新聞. (2021年12月21日). https://www.sankei.com/article/20211221-QVLGKFJ5C5MPTFY77A3BDZVGFM/ 2021年12月23日閲覧。 
  96. ^ 「日銀は政府の子会社」 自民・安倍氏”. 時事ドットコムニュース (2022年5月9日). 2022年5月10日閲覧。
  97. ^ “「日銀は子会社」 安倍元首相発言が波紋 政府が慌てる理由”. 毎日新聞. (2022年5月11日). https://mainichi.jp/articles/20220511/k00/00m/020/460000c 2022年5月23日閲覧。 
  98. ^ “政府と日銀を一体視おかしくない 玉木氏、安倍元首相発言で”. 共同通信. (2022年5月10日). https://nordot.app/896722999687856128 2022年5月23日閲覧。 

外部リンク[編集]

党職
先代
結成
国民民主党代表
初代:2020年 -
次代
現職
先代
共同代表制
旧国民民主党代表
第2代:2018年 - 2020年
次代
新国民民主党
先代
結成
旧国民民主党共同代表
大塚耕平と共同
初代:2018年
次代
単独代表制へ
先代
小池百合子
希望の党代表
第2代:2017年 - 2018年
次代
旧国民民主党
先代
新設
希望の党共同代表
初代:2017年
次代
廃止