香川県立高松高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香川県立高松高等学校
正門
過去の名称 (旧制中学校)
香川縣尋常中學校
香川縣立高松尋常中學校
香川縣立高松中學校
香川県立高松高等学校
(高等女学校)
進徳女學校
香川縣高等女學校
香川縣立高松高等女學校
香川県立高松女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 香川県の旗香川県
学区 第一学区
併合学校 香川県立高松高等学校
香川県立高松女子高等学校
設立年月日 1893年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
通信制課程
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(定時制(2009年度入学生以降))
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 37108E
所在地 760-0017
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

香川県立高松高等学校 (かがわけんりつたかまつこうとうがっこう、Kagawa Prefectural Takamatsu High School)は、香川県高松市番町三丁目にある公立高等学校。通称は「高高」(たかこう)。

概要[編集]

歴史
1893年明治26年)に開校した「香川縣尋常中學校」(旧制中学校)と「香川縣高等女學校」を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革(六・三・三制の実施)に伴い、それぞれ「香川県立高松高等学校」(男子校)と「香川県立高松女子高等学校」となる。翌1949年(昭和24年)に両校が統合され、男女共学となり、現在に至る。現在の校地は主に旧・高等女学校のものを継承している[1]2013年平成25年)に創立120周年を迎えた。
学区
第一学区(東讃
校章
上記した両校の伝統の保持および男女の対等を示す事を目的に、あえて男女の使用校章が異なっており、統一校章は存在しない。全国大会等で主催者の求めによって統一校章を必要とする場合は両校章を縮小リサイズの上で併記したものが使用される。
  • 男子 - 旧・高松高校(旧制中学校)のものを踏襲し、文武両道を表す3本のペンと3本のを組み合わせたものを背景にして「高」の文字を置いている。
  • 女子 - 高等女学校のものを踏襲し、にたわむ(雪持笹)をモチーフに乙女の純潔と忍耐力を表している。
校歌
作詞は河西新太郎、作曲は芥川也寸志による。歌詞は3番まであり、各番とも「見よ」で終わる。
同窓会
「玉翠会」(ぎょくすいかい)と称している。
1950年昭和25年)に高松高校の前身である旧制高松中学校の同窓会「玉藻会」と、旧制香川県立高等女学校の同窓会「晩翠会」が統合され発足した。名称は旧両同総会の名称から1字ずつとられている。本部は高松にあり、関東関西徳島岡山東海に支部が存在する。本校5階にある玉翠会館(ホール)は玉翠会会員の寄進で建てられた。また経済的に苦しい生徒を支援するために、玉翠会が設立した奨学金制度「玉翠奨学生」があり、1年分の授業料とほぼ同額が給付される。
授業
授業時間確保のため、65分×5限の授業が行われている。
進路
県下屈指の進学校であり、中国・四国地方の大学だけではなく、首都圏や関西圏の難関大学を目指す学生も多い。

設置課程[編集]

全日制
定時制
通信制
  • 普通科(単位制)
補習科
  • PTAにより、卒業生(浪人1年目)を対象とした「補習科」が開講されており、旧制中学以来約100年の歴史を持つ。

沿革[編集]

旧制高松高女[編集]

  • 1891年(明治24年) - 進徳女学校設立
  • 1902年(明治35年) - 香川県立高松高等女学校に改称
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革に伴い香川県立高松女子高等学校に改称

旧制高松中学[編集]

  • 1893年(明治26年) - 香川県尋常中学校設立
  • 1899年(明治32年) - 香川県立高松中学校に改称
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革に伴い香川県立高松高等学校に改称

新制高松高校[編集]

  • 1949年(昭和24年) - 高松高等学校(男子校)、高松女子高等学校を統合し、香川県立高松高等学校(共学校)発足
  • 1954年(昭和29年) - 直島分校設置
  • 1956年(昭和31年) - 家庭科募集停止
  • 1968年(昭和43年) - 全日制課程に理数科を新設
  • 1975年(昭和50年) - 直島分校閉校
  • 1977年(昭和52年) - 理数科募集停止
  • 1999年(平成11年) - 定員割れを起こし全員合格に
  • 2009年(平成21年) - 自己推薦選抜制度を導入。定時制課程がこの年度の入学生より単位制に移行。

生徒会[編集]

高松高校では、「生徒会=生徒全員で運営するもの」とされているため、会長・副会長などの役員は「生徒会本部役員」と呼ばれる。生徒会役員選挙は、毎年5月中旬(体育祭後)と11月中旬(第九前)に行われ、会長・副会長を決定する。前期生徒会(5〜11月・偶数代)が手がける主な行事は、文化祭・秋のクラスマッチ・教育文化祭への参加であり、後期生徒会(11〜5月・奇数代)は冬のクラスマッチ・新入生歓迎行事・体育祭を運営する。

なお、文化祭、生徒会総合誌「玉翠」の編集、前後期クラスマッチ、体育祭の際には、それぞれ文化祭委員会、玉翠委員会、クラスマッチ委員会、体育祭委員会が各クラス選出の委員をメンバーとして立ち上げられ、直接の企画運営などにあたる。

第28代までは生徒会長ではなく、自治会長という呼称だった。1950年(昭和25年)9月に日本初となる女性自治会長(高松高校第2代自治会長)が誕生している。また、直属の校友会(後述)のみならず、各クラス学級委員による生徒委員会を直属組織に持つ。

部活動[編集]

部活動を行う団体を「校友会」(こうゆうかい)と呼び、部活動のことを校友会活動と呼ぶ。校友会には生徒会直属委員会、運動部、文化部がある。

生徒会直属委員会
運動部
文化部

学校行事[編集]

体育祭、文化祭、クラスマッチ(スポーツ)にあたっては委員会が設けられ、生徒が自主的に運営する。

体育祭
5月中旬ごろ行われる。運営は生徒会本部と体育祭委員会。香川県総合運動公園もしくは香東川公園成合運動広場のどちらかで行われることが多かったが、近年は高松市屋島競技場で行われている。クラス対抗の球技と学年種目(長縄・矢切の渡しなど)、縦割りブロック種目などクラスマッチとしての側面も持つ。一番の見せ場は組立体操(武道選択者全員)とマスゲーム(ダンス選択者全員)だが、現在は全員で組立体操を行なっている。
学校説明会
8月上旬に中学3年生とその保護者、中学校の教員を対象に行われる。オーケストラ部による歓迎演奏や、教務部と生徒会本部による学校紹介の他、応援団によるエール、現役生から受験勉強のアドバイスなども行われる。
文化祭
9月上旬に土曜・日曜の2日間行われる。運営は生徒会本部と文化祭委員会。1・2年生の各クラスと文化系の部活動・委員会、さらに一部の体育系の部活(ダンス部・山岳部など)による研究発表や演奏会・発表会が催される。出し物は「5階・体育館部門(主に演奏・演劇)」「教室部門(喫茶含む)」「野外展示部門」の3つに大別されて審査され、総合最優秀賞(その年の文化祭テーマを冠した賞が与えられる)以外にも各部門の最優秀賞と優秀賞が決定される。また、初日放課後にナイトフェスティバルが体育館で行われる。
第九
1988年(昭和63年)以降毎年12月17日(ベートーヴェンの誕生日)前後に行われる。第九第4楽章をオーケストラ部と吹奏楽委員会の管楽器が演奏し、芸術科目として音楽を選択した生徒および一般公募の市民がドイツ語で合唱する。
芸術祭
第九当日を含む3日間に行われる行事で、正確には第九演奏も芸術祭の一環である。書道部・美術部・書道選択者・美術選択者の作品展示が行われる。
スポーツクラスマッチ
10月中旬、3月中旬に行われる。運営は生徒会の特別委員会のひとつであるクラスマッチ委員会。10月に行われるクラスマッチには全校生が参加するが、3月に行われるクラスマッチは卒業式後のため3年生が参加しない。10月はバレーボールを1日で、3月はサッカー(男子のみ)・バスケットボール(男女)・卓球(女子のみ)を1日半で行うのが定着している。
寒稽古 (Winter Exercise Challenge)
毎年2月初旬・早朝(午前7時ころ開始)に行われる。生徒は柔道・剣道・早朝ランニングから一種目を選択し、参加する。基本的には自由参加。
百人一首グランプリ
2月上旬(寒稽古よりは後)に2年生のクラス代表によって行われる、競技かるた大会(団体戦)。
卒業式
3月上旬に行われる。
玉翠グローバルアカデミー (GGA / Gyokusui Global Academy)
各界で活躍している著名な卒業生を招いて講演会を開き、地域住民に無料で開放している。生徒も聴くことができる。なお、年に1回は同じ趣旨の先輩講演会と呼ばれるGGAも開かれ、こちらは生徒が全員参加する。招かれる卒業生は、国際弁護士、先端技術の研究者など様々である。

著名な出身者[編集]

政治
行政
実業
文化
芸能
スポーツ

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

校地は高松市中心部に位置する。

官公庁
医療機関
学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧制・香川県立高松中学校の敷地は、第二グラウンドおよび香川県立高松工芸高等学校の校舎として利用されている。
  2. ^ 昭和大学歯学部教授 新谷 悟”. 2014年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]