松家卓弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松家 卓弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1982-07-29) 1982年7月29日(35歳)
身長
体重
184 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト9巡目
初出場 2009年6月10日
最終出場 2010年4月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松家 卓弘(まつか たかひろ、1982年7月29日 - )は、香川県高松市出身の元プロ野球選手投手)。東京大学経済学部卒業。現在は高校の教諭。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高松市立仏生山小学校4年から野球を始めた[1]。最初に任されたポジションは捕手だったが、当時のエースが転校してしまい、肩の強さを見込まれて投手になった。それ以来一貫して投手としてプレーした。

香川大学教育学部附属高松中学校時代に県大会で優勝した[1]高松高校2年時の1999年に高松高校は秋の県大会で準優勝[2]秋季四国大会の初戦で鳴門工業高校に勝利するも、準決勝で明徳義塾高校に敗れ[3]、翌2000年選抜大会の出場校には選出されなかった。春の県大会で準優勝の成績を残し[4]、夏の県大会に挑んだが3回戦で丸亀城西高校に0-1で敗れた[5]

高校卒業後は現役で東京大学文科二類に合格した。野球部の主戦投手として活躍。東京六大学リーグ戦では通算25試合に登板し3勝17敗、防御率4.64(141.2投球回、73自責点)[6]2004年秋季リーグ開幕戦では春季優勝した明治大学を相手に2安打完封勝利を挙げた[7]

2004年のプロ野球ドラフト会議横浜ベイスターズが9巡目指名で交渉権を獲得し契約金3200万円、年俸780万円(金額は推定)で入団合意した[8]。史上5人目の東大出身プロ野球選手であり、また取得単位数の不足により同大学を翌2005年3月時点では卒業できなかったために初の現役東大生プロ野球選手[9]となった。

横浜時代[編集]

プロ入り1年目の2005年8月13日と9月に出場選手登録されたが2度とも登板の無いまま登録抹消。2009年6月7日に約4年ぶりに登録され、6月10日に初登板を果たし、以降閉幕までに9試合に登板した。11月26日に坂元弥太郎松山傑稲田直人と交換トレードで加藤武治関口雄大と共に北海道日本ハムファイターズへ移籍した[10]

日本ハム時代[編集]

日本ハム移籍初年度の2010年シーズンは開幕一軍入りし5試合に登板したが、2011年2012年は登板なし。2012年10月2日に球団から戦力外通告を受け[11]、11月30日付で自由契約選手公示された[12]

渡米[編集]

日本ハム退団後はアメリカ球界での現役続行を目指してロサンゼルスで単身自主トレーニングを続け[1]、2013年2月にロサンゼルス・ドジャース[13]、続いてシカゴ・ホワイトソックス[14]トライアウトに参加したが不合格となった。

4月13日にアメリカン・アソシエーション(独立リーグ)のゲーリー・サウスショア・レイルキャッツと契約[15]したが、1試合に登板したのみで5月18日に解雇となる[16]

教員への転身[編集]

2013年より東洋大学通信課程にて教員免許を取得するべく学習し、地歴公民科の教員免許を取得[17]2015年香川県教員採用試験を受験して合格を果たし、2015年4月より香川県立香川中央高等学校に教諭として勤務[17]、また同校野球部でコーチを務めている[18]

選手としての特徴・人物[編集]

スリークォーターからプロでの最速152km/h[19]速球で押し、落差の大きいフォークボールスライダーで打ち取る投球が持ち味であった。

趣味は読書。香川県内の高校の同学年生には後にプロ入りする田中浩康鈴木義広がおり、高校時代に対戦経験がある。また女優藤澤恵麻は中学・高校の同級生で、タレント多田羅りかは高校の同級生である。

2010年2月22日に一般女性と結婚した[20]。2011年に第一子(女児)誕生。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 横浜 9 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 62 15.2 11 3 3 0 3 12 0 0 8 8 4.60 0.89
2010 日本ハム 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 31 6.1 5 1 9 0 0 3 0 0 3 3 4.26 2.21
通算:2年 14 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 93 22.0 16 4 12 0 3 15 0 0 11 11 4.50 1.27

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 32 (2005年 - 2009年)
  • 30 (2010年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『四国新聞』2013年2月6日付 (13面)
  2. ^ 『朝日新聞』1999年10月31日付香川版 (10版、33面)
  3. ^ 『朝日新聞』1999年11月23日付香川版 (10版、23面)
  4. ^ 『朝日新聞』2000年4月5日付香川版 (10版、27面)
  5. ^ 『朝日新聞』2000年7月23日付香川版 (10版、33面)
  6. ^ 『東京六大学野球栄光の軌跡』(ベースボール・マガジン社) 86頁。ISBN 978-4-583-61485-4
  7. ^ 『朝日新聞』2004年9月12日付朝刊 (14版、24面)
  8. ^ 『朝日新聞』2004年11月29日付朝刊 (14版、17面)
  9. ^ 同年9月までに残る単位を全て取得し、卒業した。
  10. ^ トレード(2009年度シーズン終了後)
  11. ^ 来季契約について2012年10月2日 北海道日本ハムファイターズ公式HP
  12. ^ 2012年度 自由契約選手
  13. ^ 『四国新聞』2013年3月2日付 (19面)
  14. ^ 『四国新聞』2013年3月4日付
  15. ^ 松家(高松高出)が米独立独立リーグ入団
  16. ^ RailCats Sign Pitcher Lindquist, Release Matsuka
  17. ^ a b 松家さん、高校教諭に 東大出身の元プロ野球選手 スポーツニッポン 2015年3月23日閲覧
  18. ^ 元プロ野球投手・松家コーチ、初陣飾れず 香川中央で世界史教師”. デイリースポーツ(gooニュース) (2015年7月14日). 2015年7月16日閲覧。
  19. ^ “ハム松家は“付けづめ”で全力投球”. 日刊スポーツ. (2010年3月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100325-609973.html 
  20. ^ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 松家選手結婚のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]