菊池寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊池 寛
(きくち かん)
Kan Kikuchi smoking.jpg
誕生 菊池 寛(きくち ひろし)
1888年12月26日
香川県高松市
死没 1948年3月6日(満59歳没)
職業 小説家劇作家実業家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 京都帝国大学英文科
ジャンル 小説戯曲
文学活動 新現実主義
代表作 父帰る』(1917年、戯曲)
忠直卿行状記』(1918年
恩讐の彼方に』(1919年
真珠夫人』(1920年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

菊池 寛(きくち かん、1888年明治21年)12月26日 - 1948年昭和23年)3月6日)は、小説家劇作家ジャーナリスト文藝春秋社を創設した実業家でもある。本名は菊池 寛(きくち ひろし)。

来歴[編集]

15歳の菊池
1919年大正8年)長崎滞在中の写真。一番左が寛で、隣が芥川龍之介

香川県香川郡高松の生まれ。菊池家は江戸時代高松藩儒学者の家柄だった。高松中学校を首席で卒業した後、家庭の経済的事情により、学費免除の東京高等師範学校に進んだものの、授業をサボっていたのが原因で除籍処分を受けた。

しかし地元の素封家から頭脳を見込まれて経済支援を受け、明治大学法学部に入学。法律を学んで一時は法律家を目指したこともあったが、第一高等学校入学を志して中退。徴兵逃れを目的として早稲田大学政治経済学部に籍のみ置き、受験勉強の傍ら、大学図書館で井原西鶴を耽読した。

1910年(明治43年)、早稲田大学を中退して第一高等学校第一部乙類入学。同期入学には後に親友となり彼が創設する文学賞に名を冠する芥川龍之介、井川恭(後の法学者恒藤恭)がいた。しかし卒業直前に、経済的理由故に退学。その後、友人・成瀬正一の実家から援助を受けて京都帝国大学文学部英文学科に入学したものの、旧制高校卒業の資格がなかったため、当初は本科に学ぶことができず、選科に学ぶことを余儀なくされた。菊池寛自身は旧制高等学校の卒業資格検定試験を受けて東京帝国大学に進み友人たちと合流するつもりだったが、上田萬年の拒絶と京都を去りがたい事情故に、留まる事を選んだ。京大では文科大学(文学部)教授となっていた上田敏に師事した。当時の失意の日々については(フィクションを交えているが)「無名作家の日記」に詳しい。

1916年(大正5年)に京大卒業後、時事新報社会部記者を経て、小説家となる。1923年(大正12年)に私費で雑誌『文藝春秋』を創刊し大成功を収め、多くの富を手にした。日本文藝家協会を設立。芥川賞直木賞の設立者でもある。

大映初代社長や報知新聞客員を務め、これらの成功で得た資産などで、川端康成横光利一小林秀雄等新進の文学者に金銭的な援助をおこなった。

1925年(大正14年)、文化学院文学部長就任。1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に、東京1区から社会民衆党公認で立候補したが、落選した。しかし1937年(昭和12年)には、東京市会議員に当選した。

太平洋戦争中、文芸銃後運動を発案し、翼賛運動の一翼を担ったために、戦後は公職追放の憂き目に遭い、1948年(昭和23年)に失意のうちに狭心症のため没した[1]。「我々は誰にしても戦争に反対だ。然し、いざ戦争になってしまえば協力して勝利を願うのは、当然の国民の感情だろう」とは戦後の本人の弁である。

主要作品[編集]

高松市菊池寛記念館から『菊池寛全集』(全24巻、1993年-1995年)が、また、武蔵野書房から『菊池寛全集補巻』(全5巻、1999年-2003年)が刊行されており、ほぼすべての作品を比較的容易に鑑賞することが可能である。そして、文春文庫岩波文庫で諸作品が刊行されている。

大衆小説・戯曲
1939年、『西住戦車長伝』を執筆するため大陸で取材を行う菊池
2002年(平成14年)のテレビドラマの原作となり、長らく絶版となっていたが、復刊された。
映画『地獄門』の原作。
少女小説

この節は、「少女倶楽部」連載の長編小説について扱う。

  • 心の王冠(1938年1月-1939年12月)
  • 珠を争う(1940年1月-12月)
  • 輝ける道(1941年1月-1942年3月)
その他

人物[編集]

作風・理論[編集]

  • 人生経験や人生観を創作に生かすことを重視していた。「小説家たらんとする青年に与う」という文章の中で、「二十五歳未満の者、小説を書くべからず」と述べている。
  • 『餓鬼』のモデルは芥川龍之介、『友と友の間』『神の如く弱し』は久米正雄がモデル。

名について[編集]

  • 「寛」は旧字では「寬」と最後に点を打つが、寛はこの点を省いていた。寛の墓碑の字を記した川端康成は、それに倣って新字の「寛」を用いた。
  • 名の「寛」は「ひろし」と読めば本名、「カン」と読めば筆名だったが、本人はどちらで呼ばれても特に気にせずに返答していた。ただし「菊池」を誤って「菊」と書かれるとすこぶる機嫌を損ねたという。
  • 大映社長就任時の宴席で、稲垣浩は菊池から開口一番「君の名はコウかね、ヒロシかね」と訊かれ、「ヒロシ」だと答えたところ、「ぼくもホントはヒロシなんだけどネ、いつの間にかカンになってしまった。面白いものだね。カンと呼ばれているうちに自分でもカンの方がいいと思うようになったよ」と話し、その屈託ない話しぶりに稲垣も「とても話しやすかった」と述懐している[2]

援助家として[編集]

  • 馬海松を可愛がり、『文藝春秋』の創刊の際、編集部に入れ、後も交遊を続けた。
  • 文藝春秋社の映画雑誌の編集をしていた古川郁郎という青年が、余興に演じる芸が上手いので喜劇役者になるように勧めた。この青年は後に喜劇俳優・古川ロッパとして成功した[3]
  • 長谷川町子の自伝『サザエさんうちあけ話』によると、長谷川家が上京後に生活費に窮した際、知人の紹介で長谷川の姉の絵を見た菊池は、長谷川の姉を自作の挿絵画家に採用した。その後、長谷川の母が長谷川の姉を通じて、長谷川の妹(当時東京女子大学在学)の作文を見せると、菊池は「(大学を)やめさせなさい。ボクが育ててあげる」と答え、妹は大学を退学して菊池家に日参し、古典文学などの講義を受けた。のちに妹は文藝春秋に入社し、肋膜炎を患い退社した。
  • 1977年(昭和52年)9月の座談会「戦争と人と文学」(平凡社『太陽』第174号)における巌谷大四井伏鱒二の発言によると、菊池は着衣のあらゆるポケットにクシャクシャの紙幣を入れており、貧乏な文士に金を無心されるとそれを無造作に出して、1円当たる人もいれば5円当たる人もいたという。菊池と旅先で出会った井伏と尾崎士郎は、「金ならあります」と言っているのに「金がないんだろう、金やろう」と紙幣を押しつけられそうになった。
このような菊池の言動を永井荷風は嫌悪し、日記『断腸亭日乗』の中で散々にこきおろしている。

大映社長として[編集]

  • 大映社長就任の挨拶で菊池は「ぼくは社長としての値打ちは何もないが、製作する全作品のシナリオを読んでくれればいいということなので、それならぼくにもできそうだと思ったから社長を引き受けた」と話し、稲垣浩らはその淡々とした話しぶりや飾らない様子に、大きな拍手を送ったという[2]
  • 好きな将棋を指したり(後述)、シナリオに目を通すのが、戦火が激しくなるなかでの菊池の楽しみだった[2]
稲垣が『お馬三十三万石』というシナリオを書いたとき、競馬愛好家だった(後述)菊池は「馬の話だ」ということでとくに念入りに読んで、いろいろと意見を出し、「君これは鍋島藩になってるけどネ、佐賀は馬産地ではないから駄目だね、福島南部に改めてはどうだ」と言った。稲垣が「阿蘭陀人が出ますからどうしても九州でないと困るのですが」と答えると、「それなら島津がいいだろう」、「でも(鍋島の)三十三万石という題名がいいと思うのですが」とさらに答えると菊池は「なに、島津なら七十七万石だから、そのほうがずっと大きくていいよキミ」と返した。稲垣は「やはり役者が何枚かうわてだった」と語っている[2]

麻雀・競馬・将棋[編集]

麻雀、競馬、将棋に熱中していたことで知られた。

  • 麻雀は大正時代の中期から始めたとされる。のちに日本麻雀聯盟初代総裁を務めた。菊池は愛好家団体に対し、「麻雀讃」と題する以下のような書状を送っている。

とにかく勝つ人は強い人である、多く勝つ人は結局上手な人、強い人と云はなければならないだらう。しかし、一局一局の勝負となると、強い人必ず勝つとは云へない。定牌を覚えたばかりの素人に負けるかも知れない。そこが麻雀の面白みであらう。

しかし、勝敗の数は別として、その一手一手について最善なる打牌を行う人は結局名手と云はなければならない、公算を基礎とし、最もプロバビリティの多い道を撰んで定牌に達し得る人は名手上手と云へよう、しかしさうした公算に九分まで、準據ししかも最後の一部に於て運気を洞算し、公算を無視し、大役を成就するところは麻雀道の玄妙が存在してゐるのかも知れない。

最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだらう。あらゆるゲーム、スポーツ、がさうであるが如く、麻雀、も技術より出で、究極するところは、人格全体の競技になると思ふ。そこに、麻雀道が単なるゲームに非る天地が開けると思ふ。

菊池寛、『菊池寛の仕事』

  • 競馬については、入門本『日本競馬読本』を上梓したほか、戦前は馬主として多くの有力な競走馬を所有した。1940年(昭和15年)の春の帝室御賞典を所有馬・トキノチカラで制し、能力検定競走として軍人や関係者約200名のみが観戦した1944年(昭和19年)の東京優駿も、所有馬・トキノチカヒを出走させた。
  • 将棋については、「人生は一局の将棋なり 指し直す能わず」というフレーズを作ったといわれる。
大映社内において、将棋好きの社長・菊池の影響で将棋が流行し始め、重役連も急に将棋の勉強を始めなければならなくなった。稲垣浩は「ヘボ以下」を自認していたが、重役連とはいい勝負だった。菊池はそんなヘボ将棋でも熱心にのぞき込んで観戦し、「シロウト将棋はあとさきも考えないから、見ていてとても面白いネ」と言ってタバコの灰をポロポロ膝に落とし、愉快そうに目を細めていたという[2]

その他[編集]

  • 喫煙者であったが、灰皿を使う習慣がなかったらしく、畳や椅子の肘掛けで揉み消していたため、家中焼けこげだらけであったという。当然ながら灰をまき散らすことにも頓着しなかった。
  • 長谷川町子は菊池に関し、菊池の書生だった自身の妹から「時には帯を引きずりながら出てくる」「時計を二つもはめていることがある」「汗かきで汗疹をかくと胸元がはだけ、厚い札束が顔を覗かせている」という3つの話だけを聞いたという[4]
  • 菊池は大映社長就任挨拶の際、卓上にハンカチを忘れ、一同の眼が集まったが、その白いハンカチは生き物のように菊池の後を追って動き、壇上から滑り落ちた。事務の者が慌てて走り寄って拾い上げようとすると、菊池はそれに気づき、服から垂れた糸を引っ張って手品のようにハンカチを手元に引き上げた。短時間だがそのユーモラスな光景に対し、会場の聴衆はどっと好感の笑いを巻き起こしたが、菊池はニタリともせずに無造作にハンカチをポケットにねじ込み静かに席に戻って行った。これは、菊池がよくハンカチを落としたり忘れたりし、戦時下で衣料品が切符制だった事情から新調が困難だったので、夫人が紐を付けてポケットに縫い付けたものであった[2]
  • 両性愛者の傾向があったとされる。
旧制中学時代から大学時代にかけ、4級下の少年との間に同性愛関係を持っており、この少年に宛てて女言葉で綴った愛の手紙が多数現存する。
また、正妻以外に多数の愛人を持ち、その内の1人に小森和子がいた。小森はあまりに易々と菊池に体を許したため、菊池から「女性的な慎みがない」と非難されたという。
  • 元・文藝春秋社編集者で、出版社・ジュリアンの代表取締役である菊池夏樹は、菊池寛の孫に当たる。2009年(平成21年)4月に『菊池寛急逝の夜』(白水社)を刊行。

「くちきかん」[編集]

「きくちかん」をアナグラムにすると「くちきかん」(口利かん)となる。このアナグラムは菊池の生前から、彼の交友の内外で同時多発的に話された記録がある。

  • 菊池が麻雀で負けると、ムッとして黙り込んでしまい、対戦者が「くちきかん」と陰口を言ったという。
  • 木津川計によれば、菊池没時、大阪人は巷で「ああ、ついにクチキカン」と不謹慎な哀悼を捧げたという[5]
  • 矢崎泰久の評伝に『口きかん わが心の菊池寛』(2003年、飛鳥新社)がある。
  • 放送タレントのタモリが第62回菊池寛賞を受賞した際、授賞式の席上で、出演するテレビ番組のゲストについて「年間で一番無口だった人に“くちきかん賞”をあげようとしたこともあった」と語った[6]

顕彰[編集]

中央公園の銅像
『父帰る』の銅像
高松市菊池寛通り
『恩讐の彼方に』の舞台
青の洞門そばに設置されている肖像
  • 高松市には「菊池寛通り」の愛称が付けられている市内道路がある。菊池の生家跡(2006年(平成18年)まで第一法規四国支社があった場所)はこの道路の沿線である。この通りは元々「県庁通り」と通称されていたが、1988年(昭和63年)に香川県庁舎に面する県道173号線のほうを「県庁前通り」と命名したことに伴い改名したものである。
  • 高松市立中央公園には菊池の姿をかたどった銅像が建っている。

菊池寛の登場する作品[編集]

小説
菊池寛と周囲の人々の人間模様を描く猪瀬直樹の小説。
映画
若き日の菊池寛を親友の綾部健太郎(後に衆議院議員)との友情を軸に描いた作品。フランキー堺が菊地を演じた。
上記『こころの王国 菊池寛と文藝春秋の誕生』の映画化。西田敏行が菊池を演じた。
菊池をモデルにしたと思われる「小池」という人物(演・小市慢太郎)が登場する。
テレビドラマ
フランキー堺が菊池を演じた。
漫画
戦後の初期に執筆されたエピソードに、菊池が実名と似顔絵で登場するものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)9頁
  2. ^ a b c d e f 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  3. ^ 『昭和モダニズムを牽引した男 菊池寛の文芸・演劇・映画エッセイ集清流出版2009年(平成21年)。
  4. ^ 『サザエさんうちあけ話』
  5. ^ 木津川計『上方の笑い』 講談社現代新書、1984年 p.24
  6. ^ タモリ「まさか本物を…」いいとも“くちきかん賞”は幻に Sponichi Annex、2014年12月6日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]