長谷川毬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長谷川 毬子(はせがわ まりこ、1917年8月8日 - 2012年1月29日[1])は漫画家長谷川町子の姉、2代目長谷川町子美術館館長。元姉妹社社長。

人物[編集]

佐賀県小城郡東多久村(現多久市)生まれ[2]。その後福岡市に移り、筑紫女学園を卒業する。卒業後の1934年父の死に伴い、家族とともに福岡から東京へ移住。洋画家の藤島武二に弟子入り、川端画塾に通う。家計を支えるため、出版社に挿絵を持ち込んでいたところ、菊池寛の目に留まり婦人倶楽部に連載された小説「女の戦い」の挿絵を担当する(その縁で菊池は自分が経営していた文藝春秋社に毬子の末妹の洋子を入社させる)。女流挿絵画家として売れっ子になるが、厳格なクリスチャンだった母親が官能的な描写のある小説の挿絵に激怒したため、児童向けの仕事に切り替える[3]朝日新聞記者の東学(アズマ マナブ)と結婚するが、東は召集され1944年インパール作戦で戦死する(戦死が伝えられたのはその翌年)。わずか1週間の結婚生活であったが、毬子は以降生涯独身を貫き通した。

戦後、妹の長谷川町子が「夕刊フクニチ」に『サザエさん』を連載。新聞で有名出版社から連絡を受け一家は再び上京。画家の仕事を辞め、福岡の家を売った資金で「姉妹社」を創業する。苦労の末、『サザエさん』の第1巻を出版し、三越本店の書籍コーナーに直接持ち込むが担当者から「取次店に(本を)入れて、小売にまく」と言われ、大手取次店だった日本出版配給(日配)に2万部持ち込み、全部引き取り代金も支払われたため、2万部を増刷した。しかしB5判の横綴じで店頭に並べにくいと返品され、日配に断られ全部長谷川が引き取ることになり、自宅は返品された第1巻に占拠された形になった。母の助言で第2巻をB6判で出すことになり(資金は某出版社から借りた)、第2巻を出版した。第2巻が売れたことからB5判の第1巻も売れるようになり、以後『サザエさん』はB6判で出版されることになった。

1985年長谷川美術館が開館。1992年に町子の死去とともに同美術館の館長に就任。館名を「長谷川町子美術館」と改称した。翌年、姉妹社を解散し、長谷川町子の作品の版権を同美術館に移管した。

末妹の洋子は、些細なすれ違い(60年近く居た長谷川家から独立したことが姉・毬子と町子の逆鱗に触れたという)から毬子と絶縁状態になったことを2008年に出版した本に書いているが、その後毬子が亡くなるまでに両人は遂に和解できなかった。洋子から何度か手紙が送られてくることもあったが、毬子はそのつど封も切らずに送り返した[4]。1992年に町子が死去した際にも毬子は部下に「洋子には絶対、知らせてはならない」と厳命し、見かねた部下が内緒で知らせたという[5]

テレビアニメ『サザエさん』の広告代理店を担当していた宣弘社社長の小林隆吉は、1985年頃に宣弘社が同番組から外れた理由について、毬子と宣弘社の担当者との間に不和が生じたためであると証言している[6]

2012年1月29日死去。享年96(満94歳没)。長谷川町子美術館では毬子を追悼する特別展が2012年12月から翌年2月まで開催された[7]

長谷川毬子を演じた人物[編集]

長谷川毬子もしくは、長谷川毬子をモデルとしたキャラクターを演じた人物

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大橋義輝 『「サザエさん」のないしょ話』 p251 データハウス 2012年
  2. ^ 長谷川町子美術館 館報第44号 2016年4月
  3. ^ 長谷川町子 『サザエさんうちあけ話 サザエさん旅あるき』 朝日新聞社〈長谷川町子全集32〉、pp18-20。
  4. ^ 長谷川洋子(2015) p.216
  5. ^ 長谷川洋子(2015) p.209
  6. ^ DVD『宣弘社フォトニクル』 2015年9月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-133 pp=2-5
  7. ^ 長谷川町子美術館「展示のご案内」