熊谷真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くまがい まみ
熊谷 真実
生年月日 (1960-03-10) 1960年3月10日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県[要出典]
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 160 cm
血液型 AB型
職業 女優タレント
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1978年 -
配偶者 つかこうへい1980年 - 1982年
中沢希水(2012年 - )
著名な家族 松田美由紀(妹)
松田優作(義弟)
松田龍平(甥)
松田翔太(甥)
事務所 ヴェリータ
(業務提携:アワーソングスクリエイティブ
公式サイト 熊谷真実オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
マー姉ちゃん
渡る世間は鬼ばかり

熊谷 真実(くまがい まみ、1960年3月10日 - )は、日本女優タレント

東京都杉並区出身。ヴェリータ所属。ケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブと業務提携をしている。夫は書道家の中沢希水。

来歴[編集]

1978年つかこうへい構成・演出、パルコ製作のロックオペラ『サロメ』のオーディションに合格して芸能界入りする。同年、千葉真一主演テレビドラマ十字路 第二部』の第3話「南国高知編 結婚しない男と結婚しない女」でドラマデビュー。1979年、『俺たちの交響楽』でスクリーンデビュー。

1979年度前期のNHK連続テレビ小説マー姉ちゃん』で主演し、翌1980年エランドール賞新人賞を受賞。

2015年こまつ座公演『マンザナ、わが町』におけるオトメ天津の演技に対して、第50回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞[1]

石井ふく子プロデュース作品に起用されることが多く、いわゆる「石井組(ファミリー)」の1人に数えられる。

私生活では、劇作家つかこうへい1980年に結婚するが、1982年に離婚。2012年11月13日に18歳年下の書道家・中沢希水(きすい)と再婚した[2]

人物[編集]

3姉妹の次女。父親は福岡県、母親は山口県の出身[3]。実家がねじめ正一の実家と同じ商店街にあり、子供の頃から顔馴染み。ねじめは熊谷の母親・清子を題材とした小説『熊谷突撃商店』を発表しており、この題材を原作とした一人舞台を1998年に熊谷が自ら母親・清子役を演じている。地元の阿佐ヶ谷会でも活動している。

実妹は松田美由紀松田優作は義弟。松田龍平松田翔太は甥、秋元梢は甥嫁、太田莉菜は元甥嫁。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

テレビコマーシャル[編集]

音楽[編集]

書籍[編集]

  • あの日あの時母の顔 - 私の母語り(1996年、小学館
  • 青空、ついて来い!(1998年、新潮社
  • 熊谷真実のオリジナルビーズノート(2002年、双葉社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第五十回 紀伊國屋演劇賞決定のお知らせ(紀伊国屋書店)
  2. ^ 52歳熊谷真実が18歳下の書道家と再婚nikkansports.com
  3. ^ 『あの日あの時母の顔―私の母語り』 小学館 1996年 30頁
  4. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]