原六朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原 六朗(はら ろくろう、1915年1月6日 - 2001年11月6日)は作詞家作曲家。本名は、原六郎。代表作に美空ひばりの「お祭りマンボ」がある。洒落たモダンな作曲を手がける事で有名であった。

経歴[編集]

東京府東京市日本橋区日本橋馬喰町(現在の東京都中央区)の商家に生まれる。明治大学中退。在学中より服部良一と親交を結び、彼に入門して内弟子をしながら作詞術と作曲術とサックスの手ほどきを受ける。約6年の兵役生活後、東宝音楽部に籍を置き、ダンスバンドのアルト・サックス奏者として活躍。

多くの歌手の作品を書き、主にポップス調の音楽を手がけた。また作詞センスもあり、作詞家としても活躍した。1950-1960年まではコロムビア・レコード、1960年からは当時設立された東芝レコードへと移籍した。モダンな明るい音楽を好み、演歌を作曲することを嫌っていたため、東芝移籍後に演歌の注文が多くなると仕事に嫌気が差し、仮病を使い、徐々に一線から身を退いていった。

映画は江利チエミ主演の人気映画「サザエさん」シリーズの映画音楽など、主に娯楽映画を中心に作・編曲していた。また、音楽評論家としても活動。

2001年11月6日、下咽頭癌のため死去。享年86。

代表作[編集]

歌謡曲[編集]

など

映画音楽[編集]

外部リンク[編集]