川端画学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川端画学校(かわばたががっこう)とは、1909年明治42年)に東京都小石川下富坂町に設立された私立美術学校。創設者は日本画家川端玉章

当初は日本画家を養成する画塾として開設されたが、玉章自身が1913年(大正2年)に死去した後も、主任教官に藤島武二を据えて洋画部も併設(大正3年)し、太平洋戦争の最中に廃校となるまで、著名な日本画家・洋画家など多くを輩出した。

出身者[編集]

関連項目[編集]