フクニチ新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フクニチ新聞
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 フクニチ新聞社
本社 福岡県福岡市
創刊 1946年4月8日
廃刊 1992年4月
前身 夕刊フクニチ
言語 日本語
価格 1部 100円
テンプレートを表示

フクニチ新聞(フクニチしんぶん)は、かつて存在した福岡県の地元紙夕刊フクニチともいう。フクニチ新聞社が発行していた。

歴史[編集]

1946年昭和21年)4月8日西日本新聞の僚紙的位置付けで夕刊紙として創刊された。

最盛期は福岡市を中心に15万部を刷り、夕刊時代は日曜日に「日曜朝刊」を発行していた。フクニチ新聞社は全国で最も給与の高い新聞社として知られ、500人以上の社員を抱えていた。

1964年(昭和39年)9月、読売新聞九州進出に伴う新聞の販売競争激化で、次第にシェアを減らしていった。

1978年(昭和53年)10月1日朝刊紙に移行。1992年平成4年)4月休刊

宅配エリアは福岡市を中心とした福岡都市圏久留米市を中心とした筑後地方が主で、北九州市筑豊では駅売りのみの販売であった[1]

関連紙にフクニチスポーツというスポーツ新聞もあったが、これもフクニチ新聞の休刊に伴い1992年で休刊している。

本社は創刊当初は福岡市中央区天神西日本新聞社内にあった。その後、同市中央区今泉に建設された、輪転機を備えた自社ビルに移転、1989年平成元年)、今泉の社屋の老朽化により同市博多区東那珂に新社屋を建設し、1992年4月の休刊まで本社として使用していた。また、フクニチ新聞社の輪転機では聖教新聞の委託印刷も行われていた。

フクニチ新聞の休刊[編集]

1990年(平成2年)4月17日福岡地裁に和議申請。その後労働組合を中心にした社員らによって自主発行を継続するも、1992年(平成4年)4月和議不調により破産申請がおこなわれた。破産管財人によって強制執行がおこなわれ全社員解雇となり、社屋より強制退去させられた。

社員らは最後の新聞発行を管財人らに要請したが拒否され、自社設備による最終号発行が不可能となったが、状況を知った西日本新聞社幹部が決断し、西日本新聞社の全面協力により最後の新聞を製作発行してその歴史を終えた。最終号は一枚刷りの紙面で、1面は「当分の間休刊します」の大きな見出しと休刊についての経緯を読者に理解させるための記事、2面は番組表が掲載された。

なお、休刊後かつての社員らが「福岡日刊新聞」の創刊を目指したが、実現出来なかった。

番組表[編集]

最末期(1992年4月)のもの。

最終面
中面

エピソード[編集]

  • 発刊に際して西日本新聞社・元従業員の長谷川町子に漫画連載を依頼した。これを受けて『サザエさん』が創案され、最初期の『サザエさん』はフクニチに連載された。
  • うえやまとちが1978年から1982年(昭和57年)まで4コマ漫画『筑紫ン坊』を連日掲載していた。その関係か、「クッキングパパ」(講談社発行の漫画雑誌、週刊モーニング連載)の主人公・荒岩の妻虹子は「フクニチ」の名称を反転させた「ニチフク新聞」の記者という設定である。
  • 1991年まで中央競馬の小倉競馬場の開催レースにフクニチ新聞杯(900万下条件)を提供していた。

脚注[編集]

  1. ^ 類似例は大阪府の府紙である大阪日日新聞があり、大阪市とその周辺自治体(吹田・守口・門真・箕面・東大阪・堺など)は宅配を行っているが、それ以外は即売が主である

関連項目[編集]

関連図書[編集]

  • フクニチOB会著『光芒!フクニチ新聞』 葦書房 1996年 - 「大衆の新聞」を宣言して焼跡に生まれたフクニチ46年の興亡ドキュメント。