サザエさんの赤ちゃん誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サザエさんの赤ちゃん誕生
監督 青柳信雄
脚本 笠原良三
蓮池義雄
原作 長谷川町子
製作 杉原貞雄
出演者 江利チエミ
音楽 神津善行
撮影 西垣六郎
製作会社 宝塚映画製作所
配給 東宝
公開 日本の旗 1960年2月28日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サザエさんの脱線奥様
次作 サザエさんとエプロンおばさん
テンプレートを表示

サザエさんの赤ちゃん誕生』(サザエさんのあかちゃんたんじょう)は、1960年(昭和35年)2月28日に公開された日本映画である。製作は宝塚映画製作所(のちの宝塚映像)、配給は東宝カラー東宝スコープ

概要[編集]

シリーズ第8作目。今回は、サザエに赤ん坊・タラオ(タラちゃん)が生まれてからの騒動を描く。

ストーリー[編集]

サザエに男の子が生まれた。病室にマスオや磯野家、さらにマスオの妹・タイ子が見舞いに来てくれた。そして赤ん坊の名前は「タラオ」に決まった。

やがて、タイ子の恋人・辰野乙彦が訪れて来た。目下インターン中で、専門は小児科に決めたと言う。辰野はタラオを健康診断し、「日本脳炎かもしれない。それに、小児麻痺の恐れもある」と言い出した。それを聞くなり、舟はショックで卒倒してしまった。だがそれはサザエと辰野のお芝居。ともかく、辰野とタイ子は婚約することが出来た。

それから数日、サザエはタラオのことにかかりきりなので、マスオは面白くない。そこで舟は「タラオは預かるから、温泉に行くように」と勧めた。二人は出かけたが、やはりタラオのことが気になる。そこで電話をかけると、「ワカメがタラオを抱いたまま、どこかへいなくなった!」と返事が来たため、大慌てで帰宅した。ところが、磯野家では皆のんびりしている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

外部リンク[編集]