エフエム鹿児島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エフエム鹿児島
種別 FMラジオ放送
放送対象地域 鹿児島県およびその周辺
系列 JFN系
愛称 μFM
コールサイン JOOV-FM
開局日 1992年10月1日
運営会社 株式会社エフエム鹿児島
本社 〒892-8579
鹿児島県鹿児島市東千石町1番38号
鹿児島商工会議所ビル3階
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 鹿児島 79.8MHz / 1kW
主な中継局 鹿屋 79.0MHz / 100w
枕崎 76.6MHz / 100w
阿久根 80.5MHz / 100w
姶良 81.4MHz / 100w
公式サイト http://www.myufm.jp/
特記事項:離島(薩南諸島)で中継局の未整備地域あり
テンプレートを表示

株式会社エフエム鹿児島(エフエムかごしま)は、鹿児島県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。愛称は「μFM」(ミューエフエム)。JFN系列でFMQリーグにも加盟している。

概要[編集]

1992年10月1日九州で最後発のJFN系列局として開局した。鹿児島への電波割り当ては1984年になされたが、364社の出願を32グループにまとめた上での一本化が難航し大幅に開局が遅れた。主要株主には鹿児島テレビ放送 (KTS) や鹿児島放送 (KKB)、いわさきコーポレーション南日本新聞社などが連ねる。

中継局は鹿児島県本土(九州島)のみに設置されており、離島地域(薩南諸島)の大部分ではFM波での直接受信が出来ない。しかし2017年4月3日からradikoに参加したので[1]、離島地域を含む鹿児島県下のサービスエリア内での無料聴取が可能になった。また同日radikoプレミアムにも参加したので、LISMO WAVEやドコデモFMと合わせて日本全国での聴取が可能になった[2]

なお、奄美大島龍郷町にあるコミュニティFM局、エフエムたつごうでは一部自社番組の再送信を実施している[3]

開局当初の中継局は鹿屋・枕崎・阿久根のみで、姶良中継局は2000年に開局した。

データ[編集]

エフエム鹿児島

沿革[編集]

資本構成[編集]

企業・団体は当時の名称。出典:[6][7]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 発行済株式総数 株主数
9800万円 3億円 4,000株 35
株主 株式数 比率
鹿児島テレビ放送 400株 10.00%
いわさきコーポレーション 383株 09.57%
鹿児島放送 380株 09.50%
Misumi 247株 06.17%
南日本新聞社 240株 06.00%
山形屋 220株 05.50%
南国殖産 206株 05.15%
朝日新聞社 200株 05.00%
本坊酒造 188株 04.70%
鹿児島銀行 180株 04.50%

過去の資本構成[編集]

周波数[編集]

以下のデータは1992年の開局から2011年7月までのものである。

親局 周波数 空中線電力 ERP 所在地 送信所概要
(技術情報)
備考
鹿児島 79.8MHz 1kW 3.8kW[8] 鹿児島市長田町37-23
(KKB鹿児島送信所と共用)
  • 送信柱 55m四角鉄塔(MBC共用)
  • 送信空中線 ST(スーパーターン)8段(MBC共用;エフエム鹿児島部施工住友電工)海抜高191m
  • 送信機 RV-41GS(東芝)、電力増幅300Wユニット×4、1台方式
  • STL 送受信機(NEC)出力10mW、2m鏡面(プレート)パラボラアンテナ、
    主調整室(3階)から15階屋上STLパラボラまで長さ110mの可とう導波管
  • 送信局舎 鉄筋コンクリート(MBC共用)
  • 非常用電源 自家発電75KVA(MBC共用)
鹿児島湾(錦江湾)沿岸をカバーエリアとする。
その他の地域にも電波は届いているが正常受信が困難。
種子島・屋久島でも受信可能。
中継局 周波数 空中線電力 ERP 所在地 送信所概要
(技術情報)
備考
鹿屋 79.0MHz 100W 260W 鹿屋市有武町大都1399
高隈山御岳中腹)
(NHK-FMと共用)
  • 送信柱 15m四角鉄塔(NHK共用)
  • 送信空中線 2L(ループアンテナ)1段2面、海抜高922.5m
  • 送信機 HV-1033(OKI
  • 中継回線 枕崎局を5素子八木宇田1段2面でエア受け
  • 送信局舎 鉄筋コンクリート1階5m×5m(NHK共用)
  • 非常用電源 自家発電10KVA(NHK共用)
大隅半島の大部分(鹿屋市のうち旧輝北町域と垂水市錦江町南大隅町を除く)を主な受信エリアとし、
宮崎県南部の大部分でも受信できる。
かつては同地からNHK・MBC・KKBのアナログテレビ放送も送信されていた。
枕崎 76.6MHz 130W 枕崎市東鹿籠3648
(蔵多山)
(NHK-FMと共用)
  • 送信柱 15m三角鉄塔(NHK共用)
  • 送信空中線 2L(ループアンテナ)1段3面、海抜高484.5m、垂直偏波
  • 送信機 HV-1033(OKI
  • 中継回線 鹿児島局を5素子八木宇田2段1面でエア受け
  • 送信局舎 鉄筋コンクリート2階5m×5m(NHK共用)
  • 非常用電源 自家発電10KVA(NHK共用)
主に南薩方面を受信エリアとしているが、
桜島の南側・いちき串木野市南部・薩摩川内市高城地区・甑島列島・種子島・屋久島・三島村などでも受信できる。
阿久根 80.5MHz 195W さつま町大字白男字内木場6010
(紫尾山)
(阿久根局のNHK-FMと共用)
  • 送信柱 15m四角鉄塔(NHK共用)
  • 送信空中線 VD(垂直ダイポールアンテナ)2段1面、海抜高1073.5m、垂直偏波
  • 送信機 FMT-1002A(三菱
  • 中継回線 鹿児島局を5素子八木宇田1段1面でエア受け
  • 送信局舎 鉄筋コンクリート2階5m×5m(NHK共用)
  • 非常用電源 自家発電10KVA(NHK共用)
主に北薩・伊佐方面(国道328号の入来峠以北)が受信エリア。
熊本県水俣市では受信状態は良好で、この他熊本県の平野部を始め、
福岡県の筑後地方・佐賀県南部・長崎県南部・熊本県の北部の一部でも雑音混じりで受信できる。
また当中継局の電波は有明海一帯に届くが、地域によっては隣接周波数を使用する放送局
(長崎県ではエフエム長崎の佐世保中継局、佐賀県・福岡県ではエフエム福岡の福岡本局)と混信することがある。
姶良 81.4MHz 165W 姶良市平松字平松5734
(牟礼ヶ丘)
  • 送信柱 24m四角鉄塔(KTS共用)
  • 送信空中線 3素子八木宇田1段2面、海抜高529.5m
  • 送信機 JBM-22P50A007(JRC
  • 中継回線 鹿児島局を5素子八木宇田2段1面でエア受け
  • 送信局舎 鉄筋コンクリート2階4m×4m(KTS共用)
  • 非常用電源 自家発電5KVA(KTS共用)
開局後の2000年8月に設置された。
同一地域を対象とするNHK-FMの中継局が置かれていない全国でも数少ない中継局である。
姶良市から霧島市の旧国分市隼人町にかけてが受信エリア。
当地域では鹿児島本局の電波も届いてはいるが正常受信が困難。
なお、同地点に設置されているテレビ中継局は「蒲生」を名乗っており、当局側も2012年10月7日付の新聞広告で用いている。
鹿児島本局(紫原、2009年撮影、FMアンテナ設置前)
2011年7月までの鹿児島本局(城山)
国道328号入来峠の周波数告知(2007年)

主な自社制作番組[編集]

  • あさ CAFE(平日 8:20 - 11:00)
  • 山形屋DAYパートナー(平日 9:50 - 10:00、土曜・日曜 9:55 - 10:00)
  • music lunch box(平日 11:30 - 12:55)
  • μ's UP!(平日 16:00 - 19:00)
  • ARTSの HIGH TIME RADIO(水曜 21:30 - 21:55) - ARTS枕崎市スカバンド
  • ぞぇ!!のイケイケかごしま(金曜 15:00 - 15:15)
  • SPORTS+ (金曜 19:00 - 19:55)
  • ロックスピリッツ (金曜20:30 - 20:55)
  • SOIL & “PIMP” SESSIONS タブゾンビと浜崎美保の Sea Side Zombie (土曜 18:00 - 18:55、日曜21:00 - 21:55(再放送))
  • キラカヨ Saturday!(土曜19:00 - 19:30)
  • オプシアミスミ ミュージックウェーブ(土曜 19:00 - 19:30)
  • アイランドホームpresents 城南海のAiRadio!(土曜 19:30 - 19:55[9]
  • おはよう!日曜音楽館 (日曜 8:00 - 8:55)
  • ちゃんサネの渡る世間なヨンゴヒンゴ (日曜 18:00 - 18:30)
  • Close Friends(日曜 22:00 - 22:55)
  • Bran'μ Song - ヘヴィー・ローテーションのこと。2006年12月からはHYPER Bran'μ Songも登場

終了した番組[編集]

  • Lunch On Time(1994年4月1日 - 2002年3月)
  • HEY YOU μZIC! - 2007年時点でも番組ジングルが流用されている
  • TSUYOSHI NAGABUCHI RODE TO 桜島
  • Move On! 〜aiRhythm〜(2002年4月 - 2007年3月29日)
  • FRIDAY AIR SHUFFLE HAPPY☆TRACKS(2006年4月 - 2007年3月30日)
  • ミュージックトライアル(日曜20:00 - 20:55)
  • シフトアッププログラムSUZUKIライブステーション( - 2009年1月/金曜19:00 - 19:55)
  • 「ミューウエーヴBANG!」(月曜〜金曜 18:00〜19:55 *開局当初の番組)
  • 「イヴニング・フラッシュ」(月曜〜金曜 17:00〜17:55 *17時台のJFNC制作のニュース番組終了のために制作された。 「ミューウエーヴBANG!」の放送時間を1時間繰り上げたため。1年で終了。
  • 「Pick Up Music」(1993年10月〜1994年10月/月曜〜木曜16:55〜17:00)
  • 「ミッドナイトストーム」(1995年1月〜3月/土曜25:55〜26:00
  • μFM W-ing Up(2007年4月 - 2009年3月/月曜 - 金曜7:30 - 10:55)
  • MUSIC POWER STATION feel the μzic DA!!(2001年 - 2009年3月/月曜 - 木曜16:00 - 18:55)
  • FRIDAY AIR SHUFFLE EVENING TRACKS(? - 2009年3月/金曜16:00 - 19:00)
  • μFM POPS TOP20( - 2008年9月/日曜18:00 - 18:55)
  • おいでませ!長州 よいとこツーリスト〜ラジオで薩長同盟〜(日 15:55 - 16:00)
    2010年4月スタートのμFMとFMYの共同制作番組。パーソナリティーはありまゆき(鹿児島担当)と伊藤愛(山口担当)。2011年春に九州新幹線が全線開業するのに合わせて放送される観光情報番組。FMYでは「おじゃったもんせ!薩摩 よいとこツーリスト〜ラジオで薩長同盟〜」のタイトルで放送される。
  • RADION-Q! (- 2012年3月/土曜18:30 - 18:55) - 九州電力提供
  • Info C@psule(金曜14:30 - 14:55) - 以下のコーナーを内包
    • ボンジュール プジョー
    • 教えてウェディング・ステーション
  • sodoppのSpice μzic JAMS(火曜19:30 - 19:55) - "Sodopp"は鹿児島のインディーズバンド
  • μ's WAVE(2009年4月 - 2013年3月/月曜 - 金曜 16:00 - 18:55)
  • μ-FM The CHART(日曜21:00 - 21:55)
  • ファミラジ(金曜 11:50 - 11:55)- 南九州ファミリーマート提供、エフエム宮崎との2局ネット。

AMU STUDIO[編集]

AMU STUDIO

AMU STUDIO(アミュスタジオ)はエフエム鹿児島が「μ's WAVE」を生放送していた、鹿児島中央駅駅ビルアミュプラザ鹿児島」にあったサテライトスタジオ。エフエム鹿児島のホームページからAMU STUDIOの様子をライブカメラで見ることが出来る。AMU STUDIO前のAMU広場はイベントなどに使用されており、長渕剛が「feel」に出演の際にゲリラライブをしたときには、この場所に7000人が集まった。

かつては「MUSIC POWER STATION feel the μzic DA!」(μ's WAVEの前番組)・「SUZUKIライブステーション」・「FRIDAY AIR SHUFFLE EVENING TRACKS」も放送していた。2004年9月20日から9月24日の「Move On! 〜aiRhythm〜」もAMU STUDIOより生放送された。

時々、DJ&アシスタントがさまざまな格好をすることがあったが、アミュプラザ別館の建設に伴い、2013年3月29日をもって閉鎖された。

愛称の意味[編集]

愛称の"μ"はギリシア神話の音楽の神ミューズと南 (MINAMI) とMUSICを意味し、鹿児島県に音楽と情報を発信して新しい風を起こそうという意味が込められている[10]

現在のアナウンサー・パーソナリティ[編集]

アナウンサー[編集]

  • 中村 香(正社員)
  • 遠山明男(元MBCタレント、正社員)

パーソナリティ[編集]

  • 有賀真姫
  • ありまゆき
  • 遠藤陽子
  • 川添幸一
  • 蔵屋留美子(フリーアナウンサー)
  • 小牧倫子
  • 斎藤昌子(フリーアナウンサー)
  • 新坂恵梨
  • DJ POCKY(本名・坂元誠一、元エフエム宮崎アナウンサー)
  • 前畠俊二
  • 橋村美咲

元アナウンサー、元パーソナリティ[編集]

  • 矢崎幸子(フリーアナウンサー→エフエム鹿児島嘱託アナウンサー→フリーアナウンサー→カラーコーディネーター)
  • 奥ゆかり(鹿児島テレビ放送アナウンサー→エフエム鹿児島嘱託アナウンサー→フリーアナウンサー)
  • 田村かおり(正社員)*退社
  • 岡本美智子(退社後 NHK広島放送局キャスター。エフエム鹿児島は嘱託採用だった。)
  • 望月貴史(日本道路交通情報センター道路交通情報キャスター(九段センター・首都高速センター)→エフエム鹿児島嘱託アナウンサー→エフエム青森アナウンサー→エフエムしみず番組契約パーソナリティ→フリー→株式会社SBSメディアビジョン企画開発部期間限定契約社員→TOKAIケーブルネットワーク放送制作部→フリー)
  • 桂やすこ(退社後、関西地区でフリーアナウンサーとして活躍)
  • 仁藤貴子(退社後、関西地区でフリーアナウンサーとして活躍)
  • 長友翼(社内異動)
  • 久我鮎海
  • 渡辺裕介(退社後エフエム栃木に移籍)
  • 伊藤博志(現在 東京のエス・オー・プロモーション所属)
  • 寺田聡美
  • 岩田倫代
  • SAY一郎
  • 福森聖子
  • 室屋典子(元鹿児島テレビ放送アナウンサー、現在「山下のりこ」名で、東京の「オールアウト」所属)
  • 宮原恵津子(元南日本放送アナウンサー、現在南日本放送パーソナリティ)
  • 小椋Colleen弘恵(静岡エフエム放送(K-MIX)→FM鹿児島→現在ハワイKZOOパーソナリティDJ)
  • 高橋和実エフエム群馬番組契約パーソナリティ)
  • 井口奈保(現在名古屋のNTB所属)
  • 辻敬子
  • 高森てつ
  • 福元直子(フリーアナウンサー)
  • NAOTO

県内の他放送局[編集]

県域放送[編集]

コミュニティ放送[編集]

鹿児島市[編集]

薩摩川内市[編集]

霧島市[編集]

鹿屋市・志布志市・垂水市・肝付町[編集]

奄美市・大和村[編集]

  • ディ!(ディ!ウェイヴ) - 奄美市を中心に放送するコミュニティ放送局。奄美市にはエフエム鹿児島が中継局を設置していないため、当地域ではNHK-FM放送以外で唯一のFM局となる。

宇検村[編集]

瀬戸内町[編集]

龍郷町[編集]

  • エフエムたつごう

脚注[編集]

  1. ^ 南日本放送(MBCラジオ)は配信を行っている
  2. ^ 4月3日から全国どこからでも「radiko」でミューエフエムが聴ける”. エフエム鹿児島 (2017年4月3日). 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ (改)タイムテーブルと集落紹介番組のお知らせ♪ エフエムたつごう公式ブログ、2014年6月24日。
  4. ^ 鹿児島本局の移転について エフエム鹿児島公式ウェブサイト。
  5. ^ 4月3日から全国どこからでも「radiko」でミューエフエムが聴ける エフエム鹿児島 ミューエフエム
  6. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、461頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、494-495頁。
  8. ^ MBC城山アナログテレビ送信所時代のERPは6kWだった。
  9. ^ 2017年4月放送開始
  10. ^ 2012年 あけましておめでとうございます。 エフエム鹿児島公式ウェブサイト。2007年初頭にも公式サイト上にその旨が記載されていた。

参考文献[編集]

  • 『南日本新聞』(1992年9月23日朝刊24頁、9月28日朝刊24頁、9月30日朝刊5・12-15頁、2012年10月7日17頁)
  • 『南日本新聞の百二十年』 南日本新聞社、2001年6月。
  • 日本民間放送連盟・編 『日本民間放送年鑑 2009(平成20年度版)』 コーケン出版、2009年11月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]