サザエさん (1956年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サザエさん
監督 青柳信雄
脚本 笠原良三
原作 長谷川町子
製作 杉原貞雄
出演者 江利チエミ
音楽 原六朗
撮影 遠藤精一
配給 東宝
公開 日本の旗 1956年12月12日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 続・サザエさん
テンプレートを表示

サザエさん』は、1956年12月12日に公開された日本映画。製作、配給は東宝モノクロスタンダード。86分

東宝版「サザエさんシリーズ」の第1作。以後、1961年公開の『福の神 サザエさん一家』まで全10作が製作・公開されることとなる。監督は全て青柳信雄。本作では、サザエとマスオの出会いを中心に展開している。

基本はコメディであるが、主演が人気歌手の江利チエミであったことから『サザエはジャズが大好き』との設定がなされ、劇中でたびたび歌うシーンが登場しており、音楽映画のような側面も垣間見える。

ストーリー[編集]

東京のある町に、磯野という一家が住んでいた。家族は父母の元に長男・カツオ、次女・ワカメ、そしてうっかり者の長女・サザエだ。

ある日磯野家に、新聞社勤めの親戚ノリスケが下宿を申し込んだ。協議の末、大食に相当する下宿代で下宿を許す。やがて、サザエが「女性クラブ」という雑誌社に採用され、勇んで出勤するが、間違えて山高商事に出勤、たまたまその会社にいたフグ田マスオによって、「女性クラブ」へ案内され、サザエはマスオに心を惹かれる。さてサザエの初仕事は、小説家・神田大六宅への原稿取り、いざ神田宅へ上がり込んで見れば、その神田氏とは、以前サザエが親友ミチコの勤めるデパートで失敗の末、怒らせた客だったのだ。慌てて逃げ出したサザエは「女性クラブ」を首となるが、マスオの薦めで大木探偵事務所に転職、素行調査の依頼からノリスケとミチコの恋を知り、サザエの援助で二人は結婚した。

やがてもうすぐクリスマス。ミチコの名案で、サザエはマスオへのクリスマス招待状を送る。そしてクリスマス当日、かねてからマスオに言われた通り女らしく振る舞うサザエ。だがなかなかマスオは来ない。だがようやく、「会社の都合」という理由でマスオはやってきた。プレゼントはサザエ貝のブローチだった。喜んで踊る二人を中心に、磯野家のクリスマスは続いていた…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

その他[編集]

  • 本作では主題歌の他にテ・キエロ・ディヒステが挿入歌としてクライマックスで使われている。
  • 本シリーズは映像ソフト化された事はなく、また衛星放送でも放送される事は無かった。だが、サザエさん誕生70周年を記念して、2016年4月にCS「日本映画専門チャンネル」にて本作が初めて放送された(本作を含む全10作が、2017年1月にかけて毎月1作品ずつ順に放送される)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 当時、原作版『サザエさん』では「磯野波平」と「磯野フネ」の名前は決められていなかったため、映画のプレスシートでも「父親」・「母親」と記載されていた。なお、家の表札は「磯野松太郎」となっていた。役名が「波平」・「フネ」と記述されるのは、7作目『サザエさんの脱線奥様』から。

外部リンク[編集]