熊谷卓三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くまがい たくぞう
熊谷 卓三
別名義 熊谷 二良(くまがい じろう) 熊谷 寅三
生年月日 (1906-11-03) 1906年11月3日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本長野県
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1937年 - 1980年代
配偶者 熊谷孝子

熊谷 卓三(くまがい たくぞう、1906年11月3日 - 没年不詳)は、長野県出身の俳優。旧芸名は熊谷 二良(くまがい じろう)。

人物・略歴[編集]

東宝の専属俳優で、ジャンルを問わず数多くの映画に出演しているが、特に本多猪四郎率いる本多組の常連で、一般、特撮作品合わせて20作以上に出演している。会社や防衛隊の重役、幹部役が多い。

東宝移籍前は、極東映画古市撮影所に所属。同社がピー・シー・エル映画製作所(後の東宝)に、合併されるのに伴い、極東キネマ脚本部勤務の妻・孝子(旧姓井上、幼少時は一時圭子と名乗っていた)とともに帰京し、東宝スタジオの演技課(孝子は厚生課)に所属することになる。

1963年までは熊谷 二良の名で活動していた。この頃以降からテレビドラマにも頻繁に出演している。

住まいは、撮影所から3分ほどの場所にあった、東宝の元独身寮・東宝荘。

厚生課へは、当時、円谷英二特技監督などもよく訪れて、一服しながら「今にすごいのをやるよ」と言っていたという。

既に故人であるが、生没年と死因などは判明していない。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

★印は黒澤明監督作品

テレビ[編集]