太平洋の鷲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太平洋の鷲
Taiheiyo no washi poster.jpg
監督 本多猪四郎
脚本 橋本忍
製作 本木荘二郎
出演者
音楽 古関裕而
撮影 山田一夫
編集 岩下広一
製作会社 東宝[1]
配給 東宝[1]
公開 日本の旗 1953年10月21日[出典 1]
上映時間 119分[1][2]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億6318万円[5]
テンプレートを表示

太平洋の鷲』(たいへいようのわし、副題『日本連合艦隊はかく戦えり』)は、1953年昭和28年10月21日に公開された戦争映画である[2][3]モノクロスタンダード[2]。昭和28年度芸術祭参加作品[3]

解説[編集]

山本五十六の半生をもとに[6][4]日独伊三国軍事同盟の締結から真珠湾攻撃ミッドウェー海戦海軍甲事件を描くことで、太平洋戦争がどのようにして開戦して推移したのかを、構想2年、制作費1億7,000万円[注釈 1]をかけてドキュメンタリー風に描いた作品である。監督は本多猪四郎。脚本は橋本忍。特殊技術は円谷英二

太平洋戦争をはじめとする第二次世界大戦を題材にした映画作品は数多く制作されているが、戦争に巻き込まれた市井の人々を中心に描いた他の作品とは異なり、制作当時存命中だった人物を含む戦争責任があるとされる人物を登場させ、さらに戦闘場面を再現することで、本格的に戦争を取り上げた戦後初の映画である。また、ミッドウェー海戦を初めて描いた作品でもある[3]

主人公の山本五十六は大河内傳次郎が演じ、他の作品で描かれる山本とは異なる独自の人物像となっている[3]

キャスト[編集]

参照[1][7]

連合艦隊[編集]

機動部隊[編集]

ラバウル基地[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

参照 [1][2]

本編[編集]

特殊技術[編集]

製作[編集]

のちに『ゴジラ』を生み出すことになる本多猪四郎円谷英二の初コンビ作品である[出典 2][注釈 4]。本多は、本作品でも描いている太平洋戦争開戦当時は中支戦線で従軍しており、山本五十六近衛文麿が開戦について語る場面では身の引き締まる思いで演出を行ったという[10]

プロデューサーの森岩雄は、ハリウッドの製作方式を参考に絵コンテを細分化した「ピクトリアル・スケッチ」を導入し、本編と特撮の合理化が図られた[出典 3][注釈 5]。ただし、戦闘シーンは主にアメリカ軍極東航空司令部が提供した映像を含む記録フィルムと[要出典]ハワイ・マレー沖海戦』、『加藤隼戦闘隊』、雷撃隊出動[要出典]などの戦時中の戦争映画からの流用である[3]。そのため、海軍には配備されていない一式戦闘機が多く登場するほか、スーパーマリン スピットファイアなどのイギリス軍戦闘機ミッドウェー島に存在する。

漁船を改造した航空母艦「赤城」および「飛龍」の13メートル大の巨大ミニチュアや実物大セットなどが組まれた[出典 4]。ミニチュアの設計・制作は、本作品で東宝特撮に初参加した美術助手の入江義夫が手掛けた[15]。このミニチュアの撮影は、勝浦および多摩川で行われた[6]。撮影を担当した有川貞昌は、ミニチュアの船内に乗り込み小さな穴からレンズを出して水雷による水柱を撮影しており、いつ分解してもおかしくないひ弱な船内で板子一枚下は地獄の心持ちであったと述べている[14]。さらに、円谷の発案で沖に出て撮影を行うことになり、美術部の反対を押し切って出た外洋で有川は無事に帰れるか不安に感じていたが、円谷は船上でも一心不乱にコンテ作りを行っていたという[14]

クライマックスでの一式陸攻がジャングル上空を飛ぶシーンでは、カメラと一式陸攻のミニチュアを固定し、台車の上にセットを作りこれを動かして撮影している[3]P-38 ライトニングのミニチュアにはUコンが用いられたが、実機の着陸脚が引き込み式であるため車輪を付けられず、発進時は手で投げている[3]

山本が戦艦長門の甲板上に佇む場面では、スクリーン・プロセスが用いられた[10]

航空兵役の中島春雄は、本作で身体に火をつけての日本初のファイヤー・スタントを演じた[16]。中島は、衣裳の中に石綿を入れていたと証言している[16]

映像ソフト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ いずれもポスターより。
  2. ^ a b c d e f g 出演シーンカット。
  3. ^ ノンクレジット。
  4. ^ 本作品以前に『南国の肌』および『港へ来た男』でも組んでいるが[10][11]、本格的な特撮作品としては本作品が初である。
  5. ^ 特撮班カメラマンを担当した有川貞昌は、導入以前は特撮パートの飛行機と本編パートのパイロットの向きが異なっていることがあったと証言している[14]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2022年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 544, 「東宝特撮映画作品リスト」
  3. ^ a b c d e f g h i j 日本特撮映画図鑑 1999, pp. 86–87, 「太平洋の鷲」
  4. ^ a b c d e 円谷英二特撮世界 2001, p. 36, 「太平洋の鷲」
  5. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)104頁
  6. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, pp. 87–89, 「東宝特撮映画作品史 前史」
  7. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 535, 「主要特撮作品配役リスト」
  8. ^ a b 「東宝脇役俳優大全 インタビュー 加藤茂雄(構成・友井健人)」 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月11日、104頁。ISBN 978-4-86248-761-2 
  9. ^ ゴジラ画報 1999, p. 72, 「EX column1 『ゴジラ』以前の東宝ジャンル映画黎明期 特撮戦記映画」
  10. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, p. 61, 「本多猪四郎 私と特撮映画」
  11. ^ 円谷英二特撮世界 2001, p. 27, 「初期作品紹介 1950-53年」
  12. ^ ゴジラ大全集 1994, pp. 52–53, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 ゴジラ誕生」
  13. ^ a b 『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、49頁。ISBN 4766927060 
  14. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 67–68, 「有川貞昌 素晴らしき特撮映画」
  15. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 136, 「INTERVIEW 入江義夫 郡司隆夫」
  16. ^ a b 東宝ゴジラ会 2010, p. 132, 「第二章 円谷組スタッフインタビュー INTERVIEW10 中島春雄」
  17. ^ a b 日本特撮映画図鑑 1999, p. 96, 「特撮映画 裏のウラ[3]」

出典(リンク)[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]