広瀬正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひろせ しょういち
広瀬 正一
生年月日 (1918-06-23) 1918年6月23日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業俳優スーツアクター
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画)、テレビ映画
活動期間 1950年 - 1990年代
配偶者 なし[1]
主な作品
キングコング対ゴジラ

広瀬 正一(ひろせ しょういち、1918年6月23日 - 没年不詳)は、日本の元俳優スーツアクター。特技は殺陣

来歴・人物[編集]

1950年(昭和25年)、東宝に入社した。ソロモン海戦の生き残りということで「ソロモン」というあだ名がつけられた[2]クレージーキャッツ映画の常連でもある。

キングコング対ゴジラ』でキングコング役を演じたことは有名である。ラストシーンでキングコングとゴジラが共に海に見立てた大プールに落ちるシーンでは、落下の勢いで中島春雄がゴジラに入ったまま溺死しかけたのを、キングコングに入っていた広瀬がとっさにすくい上げて九死に一生を得た、というエピソードを持つ[要出典]

広瀬はこの『キングコング対ゴジラ』以前から怪獣役に興味を持ち、「何かあったらやらせてくれ」と熱心に特撮班に働きかけていた。中代文雄によれば、特技監督円谷英二が「今度のコング役は誰がいいかな」と言うので、普段の立ち居振る舞いから「彼(広瀬)なんてどうですか」と答えたところ、円谷も「あれはピッタリだな」と納得したという。ところが、実際に着ぐるみを着ての演技になると、動きが猿そのものになってしまい(広瀬自身、動物園で猿の動きを研究したという)、「普段通りにやってくれ」との指示が出たという[3]

1971年、東宝の大部屋が廃止になり、所属俳優は全てリストラされたが、広瀬は撮影所のステージマンとして残り、1990年代まで元気な姿を見せていたという[4]

しかし、同年代半ば頃に椎間板ヘルニアを患い東京都大田区大森南東京労災病院に入院[1]。数年後、入所先の老人ホームで間も無く死去したというが、詳細な没年月日は判らない[1]

出演作[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • (1959年)
  • 青春とはなんだ(1965年 - 1966年):用務員
  • 快獣ブースカ
    • 第29話「地底戦車で探検」(1967年):地底軍大将
    • 第33話「不思議なドンブラ島」・第34話「ドンブラ島の化け狸」(1967年):狸の山賊
    • 第38話「海が呼んでる」(1967年):サメ吉
  • 戦え! マイティジャック 第20話「宇宙忍者をあばき出せ」(1968年):警備員
  • 東京バイパス指令(1968年 - 1970年)※出演話数は不明
  • 日本沈没(1974年)
    • 第1話「飛び散る海」:下田の消防団員 ※ノンクレジット
    • 第7話「空の牙、黒い竜巻」:阿部玲子(由美かおる)を助ける運転手

殺陣[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 白石雅彦「ソロモンさんの思い出」」『特撮秘宝』vol.4、洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2016年、202頁。ISBN 978-4-8003-1005-7
  2. ^ 俺とゴジラ 第四回 ゴジラ俳優 中島春雄氏(前編)”. 東宝 (2015年8月17日). 2017年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月16日閲覧。
  3. ^ 『東宝特撮映画全史』(東宝)での中代文雄の談話より。
  4. ^ 中島春雄 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』 洋泉社、2010年、329頁。ISBN 978-4-86248-589-2
  5. ^ DVDオーディオコメンタリー及び特典『ゴジラ道』での中島春雄の証言より。同じく特典の東宝俳優図鑑では坂本晴哉と誤記。

外部リンク[編集]