広瀬正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひろせ しょういち
広瀬 正一
生年月日 (1918-06-23) 1918年6月23日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業俳優
スーツアクター
ジャンル 劇映画
テレビ映画
活動期間 1950年 - 1990年代
配偶者 なし[1]
主な作品
キングコング対ゴジラ
テンプレートを表示

広瀬 正一(ひろせ しょういち[2][3]1918年〈大正7年〉6月23日[2][3][4] - 没年不詳)は、日本の元俳優スーツアクター。特技は殺陣

来歴・人物[編集]

1950年(昭和25年)、東宝に入社した。ソロモン海戦の生き残りということで「ソロモン」というあだ名がつけられた[5][4][6]クレージーキャッツ映画の常連でもある。

キングコング対ゴジラ』でキングコング役を演じた[6]。ラストシーンでキングコングとゴジラが共に海に見立てた大プールに落ちるシーンでは、落下の勢いで中島春雄がゴジラに入ったまま溺死しかけたのを、キングコングに入っていた広瀬がとっさにすくい上げて九死に一生を得た、というエピソードを持つ[要出典]

広瀬はこの『キングコング対ゴジラ』以前から怪獣役に興味を持ち、「何かあったらやらせてくれ」と熱心に特撮班に働きかけていた[6]中代文雄によれば、特技監督円谷英二が「今度のコング役は誰がいいかな」と言うので、普段の立ち居振る舞いから「彼(広瀬)なんてどうですか」と答えたところ、円谷も「あれはピッタリだな」と納得したという。ところが、実際に着ぐるみを着ての演技になると、動きが猿そのものになってしまい(広瀬自身、動物園で猿の動きを研究したという)、「普段通りにやってくれ」との指示が出たという[7]

1971年、東宝の大部屋が廃止になり、所属俳優は全てリストラされたが、広瀬は撮影所のステージマンとして残り、1990年代まで元気な姿を見せていたという[8][4][6]

しかし、同年代半ば頃に椎間板ヘルニアを患い東京都大田区大森南東京労災病院に入院[1]。数年後、入所先の老人ホームで間も無く死去したとされるが、詳細な没年月日については不詳である[1]

出演作[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

殺陣[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f ノンクレジット。
  2. ^ 資料によっては、キングギドラ役として紹介されているが[13][3][14][15][6]、キングギドラのスーツアクターについては諸説あり詳細は明らかになっていない。キングギドラ#『三大怪獣 地球最大の決戦』参照。
  3. ^ 書籍『東宝特撮映画全史』では、人夫頭と記述している[9]
  4. ^ a b c 瀬正一とクレジット。
  5. ^ ライブフィルム。
  6. ^ 出演話数は不明。

出典[編集]

  1. ^ a b c 白石雅彦「ソロモンさんの思い出」」 『別冊映画秘宝 特撮秘宝』 vol.4、洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2016年、202頁。ISBN 978-4-8003-1005-7 
  2. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 533, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  3. ^ a b c d e f g モスラ映画大全 2011, p. 125, 「脇役俳優辞典35」
  4. ^ a b c d e f g h 初代ゴジラ研究読本 2014, p. 112, 「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」
  5. ^ 俺とゴジラ 第四回 ゴジラ俳優 中島春雄氏(前編)”. 東宝 (2015年8月17日). 2017年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 超常識 2016, p. 140, 「Column ゴジラ映画 スーツアクター列伝」
  7. ^ 「キングコング対ゴジラ」 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社出版事業室、1983年12月10日、234-235頁。ISBN 4-924609-00-5 
  8. ^ 中島春雄 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』洋泉社、2010年、329頁。ISBN 978-4-86248-589-2 
  9. ^ a b c d e f g h i j k 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–537, 「主要特撮作品配役リスト」
  10. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 13, 「『ゴジラの逆襲』作品解説/俳優名鑑」
  11. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 69, 「『キングコング対ゴジラ』撮影秘話」
  12. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 87, 「『三大怪獣 地球最大の決戦』作品解説」
  13. ^ DVDオーディオコメンタリー及び特典『ゴジラ道』での中島春雄の証言より。
  14. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 89, 「『三大怪獣 地球最大の決戦』撮影秘話」
  15. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 97, 「『三大怪獣 地球最大の決戦』キングギドラ」
  16. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 103, 「『怪獣大戦争』作品解説」
  17. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 112, 「『怪獣大戦争』キングギドラ」
  18. ^ バトル・オブ・キングギドラ 2020, p. 29, 「キングギドラ スチール写真ギャラリー 1964-1972 怪獣大戦争」
  19. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 111, 「『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』作品解説/俳優名鑑」
  20. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 185, 「『メカゴジラの逆襲』作品解説」
  21. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 9, 「『透明人間』作品解説」
  22. ^ a b 空の大怪獣ラドン”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年2月27日閲覧。
  23. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 21, 「『空の大怪獣ラドン』作品解説」
  24. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 25, 「『地球防衛軍』作品解説」
  25. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 29, 「『美女と液体人間』作品解説」
  26. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 47, 「『電送人間』作品解説」
  27. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 51, 「『ガス人間第一号』作品解説/俳優名鑑」
  28. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 33, 「『大怪獣バラン』作品解説」
  29. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 39, 「『日本誕生』作品解説」
  30. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 55, 「『モスラ』作品解説/俳優名鑑」
  31. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 99, 「『大冒険』作品解説」
  32. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 75, 「『海底軍艦』作品解説」
  33. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 83, 「『宇宙大怪獣ドゴラ』作品解説」
  34. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 95, 「『フランケンシュタイン対地底怪獣』作品解説」
  35. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 107, 「『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』作品解説/俳優名鑑」
  36. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 115, 「『キングコングの逆襲』作品解説」
  37. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 193, 「『ハウス』作品解説/俳優名鑑」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]