川北紘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわきた こういち
川北 紘一
本名 同じ
生年月日 (1942-12-05) 1942年12月5日
没年月日 (2014-12-05) 2014年12月5日(72歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都中央区日本橋
職業 特技監督
活動期間 1960年 - 2014年
 
受賞
日本アカデミー賞
特別賞(特殊技術賞)
第15回(1991年)『ゴジラvsキングギドラ
その他の賞
アジア太平洋映画祭
第37回(1992年)特殊効果賞
ゴジラvsモスラ
テンプレートを表示

川北 紘一(かわきた こういち[1]1942年昭和17年〉12月5日[2][3][4] - 2014年平成26年〉12月5日[5])は、日本特技監督株式会社ドリーム・プラネット・ジャパン代表取締役[3]東京都出身[6][7][3][1][8]

1970年代から1990年代の東宝特撮を支えた[2][4]

来歴[編集]

1960年(昭和35年)、中野電波高等学校を卒業。国際短期大学に入学後、映画界への憧れから、東宝の撮影所でアルバイトをする。

1962年(昭和37年)、大学を中退し[要出典]、東宝に入社[9][7][3][1][8]本社勤務を勧められるが[要出典]、特撮現場への配属を希望し、撮影部特殊技術課に入り、円谷英二のもと有川貞昌に師事[9]。同年、『妖星ゴラス』から、撮影助手として特撮現場に加わる[10][7]

1963年(昭和38年)、手薄となった光学撮影部門に移動、光線作画などに従事[注釈 1]。以後、光学合成を主に担当する。

1965年(昭和40年)、円谷特技プロダクションのテレビ映画『ウルトラQ』第12話「鳥を見た」で合成を手掛け、これがテレビ番組での初仕事となる。

1966年(昭和41年)、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』で撮影助手を担当[7]

1971年(昭和46年)、円谷死去後の新体制で、東宝内に新設された「映像企画室」に異動。同年に一班体制で制作された『ゴジラ対ヘドラ』では、監督の坂野義光のもとで演出助手を務め、合成シーンなどを演出[注釈 2]

1972年(昭和47年)、『ウルトラマンA』に特撮班助監督で参加、第21話でテレビ特撮監督デビュー[7][3]。当作では数本を担当したが、撮影に凝りに凝った結果、かなり予算をオーバーしたという。

1973年(昭和48年)、テレビ番組『流星人間ゾーン』で特撮監督。第4話「来襲! ガロガ大軍団 ―ゴジラ登場―」で、テレビ作品ながらゴジラを初めて演出する。

1976年(昭和51年)、『大空のサムライ』で映画特撮監督デビュー[6][11][2][7][3][1][4]零戦のミニチュア撮影に、難色を示す会社を押し切ってラジコンを使用し、一定の効果を挙げる[注釈 3]

1989年(平成元年)[注釈 4]中野昭慶の後を継ぎ、『ゴジラvsビオランテ』で特技監督(特撮監督)を担当、以後のゴジラシリーズ6作を担当する[9][7][1][4]

2002年(平成14年)、東宝を定年退職。

2003年(平成15年)1月、特撮VFXの制作会社、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパンを設立[7]

2014年(平成26年)12月5日、肝不全で死去[5]。72歳没。生没同日であった。2014年8月26日に放送された『SOUL SAPIENS with Ryohei Ebuchi Vol.3』(インターネットテレビ)にゲスト出演し、これが最後の映像出演となった。[要出典]また、同年11月から12月にかけて大森一樹大阪芸術大学映像学科と共に制作した『装甲巨人ガンボット』がテレビ大阪で放送され[13]、これが遺作となった。

人物[編集]

子供のころから、近所の東映の映画館で番落ちの白黒時代劇映画に親しんだ[7]。親戚に映画関係者が多く、封切りの東宝映画はチケットを回してもらって観ていたという[7]。そんな折に観た総天然色の『地球防衛軍』の華麗な特撮に強い感銘を受け、特撮に興味を持ったと語っている[6][10][7][4]

撮影技師志望だったが、入社後は主に合成を担当したほか、飯塚定雄のもとで怪獣や超兵器の出す光線アニメーションの作画を担当し、『怪獣大戦争』のAサイクル光線車やX星円盤、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』のメーサー車の光線などを手掛けた。

チーフ助監督を務めた『ゴジラ対メカゴジラ』では、ロボット怪獣メカゴジラの武器である「フィンガーミサイル」や、頭を回転させて発生させる「ネオ・ディフェンス・バリアー」などの名称アイディアを発案した[7][14][8]

1971年公開の『ゴジラ対ヘドラ』では、ヘドラから逃げるアングラバーの客として、1975年放送の『日本沈没』第23話「海に消えた鎌倉」では、首相演説を聴く男として、2001年公開の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』には、防衛軍将校として出演もしている。

思い出深い作品として、最初にゴジラシリーズの特技監督を務めた『ゴジラvsビオランテ』と同シリーズで最後に手掛けた作品となった『ゴジラvsデストロイア』を挙げている[2]

ゴジラシリーズを担当してきたが、「平成ガメラシリーズ」なども高く評価している。ただし、カメのキャラクターは好きではないらしい[15]

自身の手掛けた平成期の特撮シリーズについては、ゴジラやモスラばかりでなく過去の東宝特撮のようにバラエティ豊かな作品を作らなければならなかったと述懐している[1]

作風[編集]

独特な手法から、「特撮の鬼」の異名で呼ばれることもある[16]。ゴジラ映画や「超星神シリーズ」などでは、スタジオ内にスモーク(白煙)を張った上で怪獣を逆光で撮影し、怪獣のシルエットを浮かび上がらせるという手法を多く用いている。「金粉」のきらめきを画面効果として好み、『ゴジラvsビオランテ』や『ゴジラvsデストロイア』などで、ゴジラや怪獣が消滅するといった描写で多用している[注釈 5]

「怪獣はプロレスごっこのような肉弾戦をしないだろう」という考えから、怪獣同士が取っ組み合うような格闘演出を排除し、目や口、触覚などからの光線技の応酬を多用する[9][18][4]ため、「川北特撮=光線の打ち合い」などと揶揄する向きもある。しかし、格闘比重が希薄である反面、格闘戦に入ると「敵怪獣の喉笛を噛み切ろうと狙う」「足に自重をかけて圧殺しようとする」「背後から襲撃して目玉を狙う」「ゴジラの掌をビオランテの触手が突き破る」など、かなり生々しいバトルも描き込んでおり[要出典]、擬人化した動きは意図的に排除している[10][3]。円谷英二の意向に則り流血表現は避けつつ、上記金粉やビオランテでの樹液など代替表現を行うことも多い[3][17][19]。怪獣が建物を破壊する場面でも、手で壊すような描写は好まないという[10]。こうした効果について、川北は放射能などの目に見えないものを表現するのにわかりやすいとしており、残虐な描写を用いないことで観客に想像の余地を残していると述べている[2]

一方、ゴジラとベビーゴジラ(リトルゴジラ、ゴジラジュニア)の親子愛や、モスラとバトラやゴジラとラドンの命のやり取りなど、擬人化せずとも描ける生物共通の愛情や命のあり方を描くことも重視している[3]

今までとは違うゴジラを描こうという姿勢から、『vsビオランテ』以降のゴジラの歯を2列にしたり、白目を無くしたり、透明素材の背びれにフラッシュを仕込んで光らせたりと、さまざまな新案をゴジラに持ち込んでいる。川北は、従来のゴジラの人間臭さを排し、動物的な原点に戻すことを意図したと述べている[3]。一方で、単なるリアル志向にはならず、ファンタジー要素も重視したことも語っている[3]

怪獣は夜間に禍々しく動くものという考えから、ゴジラシリーズではナイトシーンをクライマックスとしている[2][注釈 6]。一方、モスラシリーズはイメージが異なると述べている[2]。『ゴジラvsキングギドラ』は監督の大森一樹からの要望で昼間の戦闘が中心となった[20][1]

撮影では、NGが出たカットでは次にまったく異なるアングルで撮影するなど、映像素材を多く得ることを重視していた[21]。これに対応するため、ミニチュアセットも固定されたものではなく、移動や組み換えが可能なものとなっていた[21]

「あるものは何でも使えばいい」と雑誌『宇宙船』のインタビューで発言しており[要文献特定詳細情報]、『ゴジラvsメカゴジラ』の第2特報では『ガンヘッド』の特撮シーンを流用したほか、『超星神グランセイザー』では東宝の倉庫に保管されていたゴラス、「ゴジラシリーズ」などの小道具を流用した。また、『幻星神ジャスティライザー』でもメカゴジラの模型を流用した。それらに先駆け、『さよならジュピター』ではオガワモデリングが所有していた緻密なミニチュアを正式に譲ってもらっており、前述の「超星神シリーズ」の宇宙戦のシーンに流用している。

編集でも、過去の映像素材を効果的に挿入することも得意としている[22]。神谷によれば、川北はフィルム倉庫のストック・フッテージを把握していたといい、その倉庫は「川北ライブラリー」と称されていた[22]

特撮美術の大澤哲三は、川北は円谷英二時代の伝統的な特撮技法を大事にしており、技術的に新しい技法が使える場面でもあえて古い手法を用いることもあり、先駆者への畏敬の念の現れであると同時にそこへ自身の新しい要素を加えていくという意志を感じたことを語っている[21]

川北組で助監督を務めた鈴木健二は、川北の編集は割り切りがいいと評しており、複数台で撮影したカットの場合、メインポジションではなく寄りの画を使うこともあったという[11]。一方で、絵コンテについてはスケジュールの都合から取り切れず、削ることも多かった[11]

同じく助監督を務めた神谷誠は、川北の性質を「やんちゃ」と評しており、そのやんちゃさは川北が役員職に就く前の『ゴジラvsビオランテ』の頃がピークであったという[22]。川北は、脚本にないことをその場のひらめきで言い出すことも多かったが、神谷はその状況に大変さよりも面白さを感じていたと述懐している[22]。一方、本編監督の大河原孝夫は、先行していた川北の撮影内容が事前の打ち合わせと異なるものであったため、本編とつながらないこともあったと証言している[23]

準備期間の都合から、脚本の決定稿が完成する前に特撮の準備・撮影に入ることが多く、東宝プロデューサーの富山省吾は平成ゴジラVsシリーズでは本編班と川北のアイデアをすり合わせることが製作として重要な作業であったと述べている[24]

造型担当の若狭新一は、平成ゴジラVSシリーズは川北がやりたいことをやりたいようにやった作品だと評しており、川北の情熱があったからこそ現場の士気も上がり、観客にもその情熱が伝わったことが作品の人気にもつながったと語っている[25]

ゴジラシリーズなどにデザイナーとして参加した西川伸司は、川北について同年代では珍しいマニア気質の人物だが原理主義者ではなく、過去のキャラクターを登場させる時は懐古趣味にならずその時代の子供たちに受け入れられるよう必ずリニューアルしていたと証言している[26]。一方で、川北の監督時代は川北がすべてを取り仕切っていたためデザインや造形も川北の意向に沿ったものとなっており、川北が退任した『モスラ3』以降はデザイナーや造形家の独自色が出ていると述べている[26]

実現しなかったが、『地球防衛軍』のリメイク企画を1990年代に東宝に立案していた。

『キングコングの逆襲』のメカニコングを気に入っており、平成ゴジラシリーズに何度かメカニコングを再登場させようとしたが、権利の関係もあって実現できなかった[7][1][27]。川北はこれらの企画の雪辱を期し、『幻星神ジャスティライザー』および『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』でメカニコングをオマージュしたメカ巨獣ブルガリオを登場させている[27]

円谷英二に招かれて円谷プロダクションのウルトラシリーズにも参加し、特撮監督デビューもウルトラシリーズの『ウルトラマンA』であった。『ウルトラQ』や『ウルトラマン』では合成撮影を受け持っており、『帰ってきたウルトラマン』からは特撮班助監督として参加した。「変身した直後のウルトラマンが赤い光の中から拳を突き上げて迫ってくる」という画[注釈 7]は、川北が作ったものである。なお、破李拳竜が後年に自身のTwitterで明かしたところによれば、助監督時代の川北はきくち英一の不在中にウルトラマンジャックのスーツアクターも担当していたという[31]

特殊効果の関山和昭は、中野昭慶が紅蓮の炎や黒煙のディテールなどにこだわっていたのに対し、川北は派手な火薬の使い方を好んでいたと証言している[32]

作品[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

展示[編集]

その他[編集]

出演作品[編集]

カメオ出演[編集]

映像特典など[編集]

舞台[編集]

  • 「Teacher」川北校長役

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』(2010年、洋泉社ISBN 978-4-86248-515-1
    東宝特撮監督としての半生を語る、自伝的エッセイ。

インタビュー[編集]

  • 『マイナビニュース』川北紘一特技監督 インタビュー[48]
  • 『俺とゴジラ』「第二回 特技監督 川北紘一氏」(2014年12月7日・前編)[49]
  • 『俺とゴジラ』「第二回 特技監督 川北紘一氏」(2014年12月11日・後編)[50]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍『ゴジラ1954-1999超全集』のインタビューでは「(昭和)41年」に移ったと述べているが[9]、書籍『ゴジラ大全集』のインタビューでは「『太平洋奇跡の作戦 キスカ』の時に合成部に回された[10]」、書籍『東宝特撮メカニック大全』のインタビューでは「『怪獣大戦争』の頃には光学撮影に移っていた[7]」と述べている。
  2. ^ 当時は合成のできる助監督として重宝されていたという[10]
  3. ^ 書籍『ゴジラ大全集』では、スクリーンプロセスによる空戦描写は、『スター・ウォーズ』のイメージに先駆けていたと評している[11]
  4. ^ 特撮班のクランクインが1989年8月、クランクアップは同年11月2日[12]
  5. ^ 東宝スチールカメラマンの中尾孝は、川北の現場では金粉対策として雨合羽を前後逆に着て撮影に臨んでいたという[17]
  6. ^ 大森一樹によれば、操演のワイヤーを隠す意図もあったという[20]
  7. ^ 後年の報道では、ウルトラマン以外の円谷作品の巨大ヒーローにおけるそれも含め、「ぐんぐんカット」という通称が用いられている[28][29][30]
  8. ^ a b c d e f g h i ノンクレジット
  9. ^ 実際は一部の特撮シーンの演出も担当。
  10. ^ サンリオピューロランドで上映された3D映画。
  11. ^ 実際は特撮B班監督として一部演出も担当。
  12. ^ “ウルトラ怪獣”と冠されているが、第一次ラインナップにはゴジラなども同シリーズに加えられており、CM中にも登場する。撮影に使用したソフビ人形は川北が撮影終了後に持ち帰ったという。
  13. ^ 樋口真嗣と共に出演。
  14. ^ 企画、総監督も担当。
  15. ^ 監督の大森一樹と共に出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h モスラ映画大全 2011, pp. 128–133, 聞き手・青井邦夫、中村哲「インタビュー 特技監督 川北紘一」
  2. ^ a b c d e f g 日本特撮映画図鑑 1999, pp. 6–7, インタビュー 寺西健治「interview 川北紘一特技監督」
  3. ^ a b c d e f g h i j k 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 260–263, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 川北紘一」
  4. ^ a b c d e f 超常識 2016, pp. 155–156, 「Column ゴジラ映画 監督・特技監督人名録」
  5. ^ a b “平成ゴジラ特技監督、川北紘一さん死去”. 朝日新聞デジタル. (2014年12月11日). http://www.asahi.com/articles/ASGDC34MXGDCUCVL007.html 
  6. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, p. 542, 「特撮映画スタッフ名鑑」
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 東宝特撮メカニック大全 2003, pp. 314–317, 「INTERVIEW 川北紘一」
  8. ^ a b c 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 115, 「東宝チャンピオンまつりスタッフインタビュー3 川北紘一」
  9. ^ a b c d e ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 26, 「川北紘一特技監督インタビュー」
  10. ^ a b c d e f ゴジラ大全集 1994, p. 160, 「SPECIAL INTERVIEW 東宝特撮の未来へ向けて 川北紘一」
  11. ^ a b c d ゴジラ大全集 1994, pp. 156–157, 「図説 東宝特撮映画 CHAPT.11 特殊技術撮影-川北組-」
  12. ^ 破李拳竜「ゴジラ激闘見学記」『宇宙船』第51号、朝日ソノラマ、1990年3月、 26-27頁。
  13. ^ 装甲巨人ガンボット - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2015年10月26日閲覧。
  14. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 190, 「『ゴジラ対メカゴジラ』」
  15. ^ 冠木新市 『ゴジラ・デイズ ゴシラ映画クロニクル 1954 - 1998』集英社〈集英社文庫〉、1998年、404頁。ISBN 4087488152 
  16. ^ “ウルトラマンの変身シーンを生み出した男、「ゴジラ対ビオランテ」の川北紘一インタビュー”. GIGAZINE (OSA). (2011年3月4日). https://gigazine.net/news/20110304_kawakita_koichi/ 2021年6月1日閲覧。 
  17. ^ a b オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 202, 「東宝スチールマンの仕事」
  18. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 243, 「『ゴジラVSモスラ』」
  19. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 257, 「『ヤマトタケル』ヤマタノオロチ」
  20. ^ a b モスラ映画大全 2011, pp. 74–75, 聞き手・中村哲 友井健人「インタビュー 監督 大森一樹」
  21. ^ a b c 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 242–243, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 大澤哲三」
  22. ^ a b c d 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 232–233, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 神谷誠」
  23. ^ 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 230–231, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 大河原孝夫」
  24. ^ 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 222–225, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 富山省吾」
  25. ^ 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 240–241, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 若狭新一」
  26. ^ a b バトル・オブ・キングギドラ 2020, pp. 65–67, 「西川伸司インタビュー」
  27. ^ a b 平成ゴジラパーフェクション 2012, pp. 131–135, 「幻の平成ゴジラストーリー」
  28. ^ “秋アニメ『SSSS.GRIDMAN』第1~6回の振り返り”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年11月20日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1542445377 2021年9月20日閲覧。 
  29. ^ “「特撮のDNA—ウルトラマンGenealogy」レポ”. アキバ総研 (カカクコム). (2020年9月8日). https://akiba-souken.com/article/46820/ 2021年9月20日閲覧。 
  30. ^ “ザラブ星人が登場! 科特隊は「禍特対」に。ぐんぐんカットにも注目。『シン・ウルトラマン』特報3が公開”. AppBank (AppBank). (2022年4月15日). https://www.appbank.net/2022/04/15/iphone-news/2222483.php 2022年4月18日閲覧。 
  31. ^ @zkHc5amiVbaGWSYの2020年7月25日のツイート2021年5月16日閲覧。
  32. ^ 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 88, 「ゴジラ対メガロメイキング」
  33. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年5月15日閲覧。
  34. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年5月1日閲覧。
  35. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年3月16日閲覧。
  36. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年4月7日閲覧。
  37. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年4月14日閲覧。
  38. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年4月19日閲覧。
  39. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年3月26日閲覧。
  40. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年4月3日閲覧。
  41. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年4月5日閲覧。
  42. ^ 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 226–229, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 大森一樹」
  43. ^ web上でダイジェスト版を視聴可能 http://www.dri.ne.jp/kanran/hito/digest.html
  44. ^ “ウルトラマンの変身シーンを生み出した男、「ゴジラ対ビオランテ」の川北紘一インタビュー”. GIGAZINE. (2011年3月4日). http://gigazine.net/news/20110304_kawakita_koichi/ 2014年12月11日閲覧。 
  45. ^ THE超合金 1988, pp. 90–.
  46. ^ THE超合金 1988, p. 93.
  47. ^ a b c 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 144, 「平成ゴジラバーニング・コラム No.006 川北監督を探せ!」
  48. ^ 川北紘一特技監督インタビュー”. マイナビニュース. 2019年5月2日閲覧。
  49. ^ 第二回 特技監督 川北紘一氏 前編”. ゴジラ・ストア. 2019年5月2日閲覧。
  50. ^ 第二回 特技監督 川北紘一氏 後編”. ゴジラ・ストア. 2019年5月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]