メカゴジラの逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メカゴジラの逆襲
Terror of Mechagodzilla[1][2]
監督
脚本 高山由紀子
製作 田中友幸
出演者
音楽 伊福部昭
撮影 富岡素敬
編集 黒岩義民
製作会社 東宝映像
配給 東宝
公開 日本の旗 1975年3月15日
上映時間 83分[2]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ゴジラ対メカゴジラ
次作 ゴジラ
テンプレートを表示

メカゴジラの逆襲』(メカゴジラのぎゃくしゅう)は、1975年3月15日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」第15作。製作は東宝映像[2]。カラー、シネマスコープ[2]。上映時間は83分[2][3]。観客動員数は97万人。

概要[編集]

前作『ゴジラ対メカゴジラ』で初登場して人気となったメカゴジラをメインタイトルに据え、再登場させた作品[4]。前作では敵怪獣はメカゴジラのみで、さらにゴジラにはアンギラスキングシーサーという味方怪獣もいたが、本作品では強化改造されたメカゴジラ2と新怪獣チタノザウルスの2体にゴジラだけが立ち向かう。

シン・ゴジラ』までのシリーズ全29作品のうち、タイトルにゴジラ以外のキャラクターだけがフィーチャーされた唯一の作品である[5][3][注釈 1]。公開当時のポスターなど、メカゴジラシリーズ第2弾と銘打たれている[6][5]。前作と併せてメカゴジラ関連の玩具やキャラクター商品も多数販売され、当時のメカゴジラの人気がうかがえる事例となっている。

シリーズは作品が制作されるごとに子供向けのヒーロー路線をたどっていったが、特に本作品の「チタノザウルスに踏みつぶされそうになる子供が、ゴジラに助けを求める」というシーンがそれを如実に表している。その要因として、監督の本多猪四郎は子供ファンから「悪者にされてゴジラがかわいそうだ」や「ヒーローのゴジラを観たい」との多数の意見があったことを、本作品の劇場パンフレットで挙げている。

敵役であるメカゴジラ2とチタノザウルスが街を襲撃するシーンなどが目立っており、主役であるゴジラは若干影が薄い存在となっている[3]。これらは当時怪獣映画が斜陽期に差しかかっていたことを象徴している。実際に、本作品が公開された1975年は洋画興行収入が邦画興行収入を越えた年であり[7]、怪獣ブームも海外のSF映画の影響で下火になり始める。一方、本作品は田中友幸が観客動員を増やそうと、大人向きに「初期のゴジラシリーズの雰囲気」を再度描くことを試みた[7]。そのため、リアリティを追求する本多が監督に復帰しており、サイボーグ少女・桂の人間としての感情と冷たい機械の挟間での葛藤が盛り込まれるなど、全体的に重い人間ドラマの部分を強調した作劇がなされた[4][3][注釈 2]

本多による特撮映画の監督は、『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』以来5年ぶりの作品となる[注釈 3]。本編班と特撮班とに分けずに一班体制での制作が行われ、円谷組特撮カメラマンだった富岡素敬が本編カメラマンを兼任している。脚本はシナリオ学校の学生を対象としたコンペによって高山由紀子のものが選ばれ[5][7][9]、本作品はシリーズで初めて主要スタッフに女性が加わる作品となった。

特撮面では、予算不足から前作ではほとんど描かれなかった都市破壊シーンが復活し、本多の監督した巨大怪獣映画では必ずと言っていいほど見られる、群衆の避難シーンも描写された[10]自衛隊の出動や怪獣との交戦シーンも復活したが、メーサー光線車などのいわゆる「超兵器」の類はほとんど登場しない。架空の兵器としては対チタノザウルス用の超音波発信器が登場するが、搭載するプラットフォーム深海探査艇ヘリコプターなど、実在する機体またはそれをモデルとした機材となっている。

キャスティングでは、前作に引き続き平田昭彦が出演し、前作の宮島博士や第1作『ゴジラ』の芹沢博士とは対極に位置するマッドサイエンティスト的な役柄で登場した[4]。平田は公開当時47歳であったが、回想シーン以外では実年齢以上に老けたメイクを施している。娘役で共演した藍とも子によると、役作り上笑えなかった藍を気遣ってか「メイクが崩れるために自分も笑えない」と、冗談めかして話していたという[11]

劇中音楽は、第1作ほか数多くのゴジラシリーズ作品を担当した伊福部昭[4][3]。本作品では、第1作目(1954年)のメインタイトルとして使われた曲が、かなりの編曲はなされているがメロディはほぼそのままでゴジラのテーマ曲として使われている。ただし、本来のテーマ曲「ゴジラの猛威」は使われていない。

前述の通りメカゴジラ2自体は人気を集めたものの、その人気は観客動員に結び付かず、ゴジラシリーズ観客動員数のワースト記録である97万人[注釈 4]を記録したため、東宝は莫大な製作費を必要とするゴジラシリーズを一時休止させることを決定し、本作品を最後に1954年公開の第1作から足かけ21年間続いた「昭和ゴジラシリーズ」は終了する[8][注釈 5]。その後は、映画『ゴジラの復活』が企画されるが難航し[13][3]、紆余曲折を経て1984年に公開された『ゴジラ』まで、9年間の休止となった[6]

アメリカでは、1978年にUPAの手で89分のテレビ映画として配給された。桂の乳房(本物ではない。詳細は#サイボーグ少女・桂を参照。)が写るシーンがカットされたほか[要出典]、過去作品の映像で構成されたダイジェストが追加された[1]。その後、ボブ・コーン・エンタープライズ (Bob Conn Enterprises) によって劇場公開されたが、子供向けにしようと考えた同社がPG指定を懸念し、拳銃が写るシーンもすべてカットした[7]。テレビ放映時のタイトルは『TERROR of MECHAGODZILLA』、劇場公開時は『TERROR of GODZILLA』[1][注釈 6]

昭和シリーズでは最後であるが、時代設定では1968年の『怪獣総進撃』が近未来を舞台にしていることから、本作品から後の時代と解釈している書籍も存在する[14]

本多は本作品を最後に映画監督を引退し、その後はゴルフ場で再会した黒澤明の勧めで『影武者』以降の黒澤映画の演出補佐として、活躍の舞台を移すことになる。

ストーリー[編集]

1年前にゴジラとキングシーサーに敗れ、海に沈んだメカゴジラの残骸を調査していた潜水艦「あかつき号」が、「恐龍」という言葉を残して消息を絶った。それは15年前に学会を追放された真船信三博士が操る、チタノザウルスだった。海洋学者の一之瀬は乗組員の最期の言葉から、15年前に「自らが発見した恐龍を、自由にコントロールしてみせる」として学会から異端とにらまれ、学会を追われたのみならず人間社会からも迫害された真船博士の娘・桂と接触を持つが、桂は「父(真船博士)は5年前に死んだ」と答え、追い返す。

あきらめきれない一ノ瀬は大学や研究機関を訪れて真船博士の足跡をたどるうち、書庫の隅に紛れていたために処分を免れていた研究ノートを譲り受ける。それに書かれていた真船博士の唱えた説と研究に感銘を受けた一之瀬は桂のもとを再訪し、真船博士の説と研究の素晴らしさを直に伝える。これがきっかけとなり、一ノ瀬と桂は出会いを重ねるようになる。やがて二人は知らず知らずの内に惹かれ合い、恋愛感情が芽生えていく。

遅すぎた理解者、社会からも迫害された研究者の娘――この2人の出会いが新たな災いの火種となることを、当の2人は知るよしもなかった。

ブラックホール第3惑星人は真船博士と手を組み、天城山中の秘密基地でメカゴジラを修復し、メカゴジラ2として蘇らせていた。そして、恐龍コントロール装置実験中の事故によって死亡した桂をサイボーグとして蘇らせてメカゴジラ2と同調させ、真船親子を追放した人間社会に対する怒りをそのままメカゴジラ2の怒りとして利用しようと目論む。

翌日、ゴジラは横須賀に上陸したチタノザウルスと戦うが、その尻尾の起こす強風に苦戦を強いられたうえ、メカゴジラ2まで現れたことから窮地におちいり、その新必殺兵器「回転ミサイル」によって生き埋めにされてしまう。一方、インターポールは真船博士の足跡を追い、ブラックホール第3惑星人の基地を突き止める。一之瀬は真船邸へ向かい、待ち構えていたブラックホール第3惑星人に捕まってしまうが、それでも一之瀬は桂を説得しようと奮闘する。「サイボーグでも構わない」と桂への本当の愛を伝えた結果、彼女は自我を取り戻して自決し、生き埋めから復活したゴジラはメカゴジラ2を破壊してチタノザウルスを海に転落させる。

一之瀬たちは桂の遺体を丘に寝かせると、海へ去っていくゴジラを静かに見守るのだった。

登場人物[編集]

一之瀬 明いちのせ あきら[15]
海洋開発研究所の生物学者[15]。25歳[15]
真船 桂まふね かつら[16]
真船博士の娘[16]。19歳[16]
恐龍コントロール装置の実験中の事故で死亡するが、ブラックホール第3惑星人によりサイボーグとして蘇る[16]
真船 信三まふね しんぞう[16]
学会を追放された理学博士[16]。55歳[16]
海洋開発理論で世界中から注目を集めていたが、チタノザウルスを発見しそのコントロールを行うことを発表したことで追放され、世間を恨みながら15年の歳月により恐龍コントロール装置を完成させる[16]。しかし、その実験中に娘の桂が死亡し、その蘇生の代わりにブラックホール第3惑星人に協力する[16]
田川たがわ[17]
国際警察東京支局署長[18][17]。対ブラックホール第3惑星人の指揮を執る[17]
草刈くさかり[19]
国際警察東京支局捜査官[19]
あかつき号で前作のメカゴジラの残骸を調査中にチタノザウルスに襲撃され、ブラックホール第3惑星人に捕らえられる[19]。その後、天城山基地から脱出するが、山中で射殺される[19]
村越 二郎むらこし じろう[4][注釈 7]
インターポール捜査官[18][20]。一ノ瀬の大学時代の先輩[20]
山本 ユリやまもと ユリ[21]
海洋開発研究所助手[18]。一ノ瀬に接近する桂を怪しむ[21]
若山 勇一わかやま ゆういち[22]
海洋開発研究所技術員[18][22]。あかつき号や超音波発生装置の開発などを行った[22]
太田おおた[23]
海洋開発研究所所長[18][23]
中谷[4]
あかつき1号艇長[4]
山下やました[24]
天城山中の山小屋を修理していた人物[24]。脱走した草刈と遭遇し、スペースチタニウムを託される[24]

登場キャラクター[編集]

このほか、キングギドララドンマンダが桂の多くの人々の命を奪う怪獣を回想するシーンに、キングシーサーがオープニングに、それぞれ過去の映像の流用で登場した。

ブラックホール第3惑星人[編集]

前作でメカゴジラを操って地球征服を企んだ異星人。本作品での素顔は前作でのサルではなくケロイド状となっているうえ、ユニフォームは前作と異なり、アンテナのようなものが付いたヘルメットを被っている[25]

ブラックホール第3惑星の破滅が近づいていることを地球侵略の理由としていることが、作中の台詞からうかがえる。いかなる失敗を犯した部下にも容赦なくを振り下ろし、強制的に処刑することもある。自分たちが捕えた地球人については、他の地球人に自分たちの秘密が露呈しないよう、喉を潰したうえで強制労働をさせている。「あかつき1号」の乗組員と共に捕えられ、労働させられていたインターポール捜査官・草刈は逃走したために射殺されてしまうが、それに先んじて彼は下水道工事をしていた山下に偶然出会い、宇宙金属スペースチタニウムの欠片を渡していた。

天城山に地底基地を建造し、メカゴジラの残骸を改修してその2号機(メカゴジラ2)を建造する[25][26]。それに先んじ、地球人に恨みを持つ真船博士を利用するべく近づいており、かつて事故死した彼の娘の桂をサイボーグとして再生することで信用を得ていたうえ、桂にメカゴジラ2のコントロールシステムを組み込み、メカゴジラ2をより完璧な存在にしようと目論んでいた。そして、真船博士の操る怪獣チタノザウルスと共にメカゴジラ2で横須賀への攻撃(その際、天城の基地を捨てて真船邸に拠点を移す)ことを手始めとして、地球侵略作戦を実行に移す。計画は当初こそうまく進み、両怪獣の猛攻で自衛隊とゴジラを徹底的に追い詰めるが、津田はその激闘の観戦中に一之瀬に絞殺され、真船博士はムガールの盾にされた結果、インターポール捜査官の村越に銃殺される。その後、メカゴジラ2の機能を停止させようと桂が自決し、自分たちも地球人を奪還された結果、メカゴジラ2とチタノザウルスが戦闘不能に陥り、計画は土壇場で頓挫する。ムガールは相模湾の海底に隠していた3機の円盤に乗って宇宙へ逃げようとするが、ゴジラの放射能火炎で円盤ごと撃墜される。

若かりし日の真船博士に接近して桂を再生するなど、前作と合わせて相当長期間、地球に潜入・活動していたことがうかがえる。ムガールも部下たちも地球人の原始的な文明や交通機関、東京の町並みの汚さを嘲笑しており、占領後の都市計画すら早くから用意している。真船博士には協力の見返りとして、占領・再開発後の「新しい東京1番地」に親子で暮らす豪邸を用意すると約束している。

ムガール[27]
冷酷な2代目の指揮官(司令)[27][26]。地球人に変装した顔が前作の黒沼とほぼ同じであるが、彼の左目尻に存在したは存在しない。
津田つだ[28]
ムガールの副官[28]。真船博士に接近し、桂をサイボーグ化して博士の協力を取り付ける[28]
  • 衣裳のヘルメットは、バイク用のものを改造している[29]。銃は前作のものと異なり、グリップ部は『怪獣大戦争』でのX星人の銃の型から作られた[29]
  • ラストで登場する円盤は、1サイズのミニチュアが作られた。劇場ポスターにはこの円盤ではなく、『怪獣大戦争』に登場したX星人の円盤が描かれている。
  • DVD映像特典の「これがブラックホール第三惑星人だ!!」では、黒沼とムガールや前作に登場した柳川(R1号)が、俳優の睦五朗草野大悟に酷似している点をムガール(声:倉敷保雄)が指摘している。

サイボーグ少女・桂[編集]

諸元
サイボーグ少女・桂
身長 1.6m[26]
体重 50kg[26]

恐龍(チタノザウルス)へ超音波を送る実験を行った際に事故死した真船博士の娘が、その直後にブラックホール第3惑星人の手によってサイボーグへ改造された姿。

当初はチタノザウルスを操る目的のみで改造されたが、メカゴジラ2の完成と同時に再改造され、シンクロ機能を追加したコントロール装置を組み込まれる[30][31][26]。最後は一之瀬の説得で自我を取り戻し、メカゴジラ2を止めるべく自決する。

  • 本公開時の宣材写真には銀ラメの衣装を着けた桂がゴジラやチタノザウルスの横で鞭を手に構えているものが存在するが、劇中ではこのような鞭は使っていない。桂を演じた藍とも子は本作品のオーディション当時、特撮テレビドラマ『ウルトラマンレオ』(TBS円谷プロ)にMACの松木晴子隊員役で出演中であった[注釈 8]ため、MAC隊員服のままでオーディションを受けている。
  • 桂の手術シーンでは特殊造形による彼女の乳房が映る[10]。その撮影時、藍は「照明の暖かさと撮影準備に時間がかかったこともあって寝入ってしまった」と、BDに収録されたインタビューで語っている。1955年6月に海上日出男による初の総天然映画を予定していた検討用脚本『ゴジラの花嫁?』にも、同様のシーンが存在する[32]。後年、『EXテレビ』でゴジラ特集が組まれた際には、このシーンについて当時の他社のロマンポルノ路線の影響ではないかとの説が唱えられていた[信頼性要検証]

登場兵器・メカニック[編集]

架空[編集]

あかつき号
海洋開発研究所所属の海洋調査艇[33][5]。海底調査用の音波測定器を搭載している。1号は沖縄に沈んだメカゴジラの残骸を調査している最中にチタノザウルスに襲われ、沈没する[34]。その後、チタノザウルスを調査するため、改良した音波測定器を搭載した2号が開発された。
  • 最初の準備稿ではバラキューダという名前だった[35]
  • ミニチュアは、別の作品で全身銀色で使用されたが、2012年の「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」では元の配色に塗り直したうえで展示された[36]
超音波発生装置[37][33][5][注釈 9]
チタノザウルスが超音波に弱いことを知った海洋開発研究所のメンバーによって、開発された。M20スーパー・バズーカから発射する受信機と、海洋開発研究所のベル 205に搭載された発信機から構成される。ゴジラの劣勢中に完成して使用され、耐え切れなくなったチタノザウルスはコントロールを受け付けなくなってしまう。

実在[編集]

キャスト[編集]

※以下ノンクレジット出演者

スタッフ[編集]

映像ソフト化[編集]

  • DVDは前作『ゴジラ対メカゴジラ』とともに、『ゴジラ×メカゴジラ』の公開時期に合わせて2002年11月21日に発売された。字幕表示では、差別用語の部分を使わないよう配慮されている。真船博士の「私をキチガイ扱い……」という台詞が「私のことを信じず……」に変えられている。
    • 2008年3月28日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションIII」に収録されており、単品版も同時発売された。
    • 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。
    • 2014年5月14日には「ゴジラ60周年記念」として期間限定の廉価版が発売された。
    • 2016年6月15日、東宝DVD名作セレクション版発売。
  • BDは2014年7月16日に発売された。

同時上映[編集]

漫画化作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ タイトルに「ゴジラ」の3文字こそ入っているものの、ゴジラ自身のことではない。
  2. ^ 書籍『ゴジラ大全集』では、物語がメカゴジラと桂とに分断されたと評している[8]
  3. ^ ゴジラ映画としては『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』以来6年ぶりである[3]
  4. ^ これはシリーズ第1作『ゴジラ』の約10分の1。
  5. ^ ただし、特技監督の中野昭慶は制作段階で終了は決定していたとも証言しており、「怖いゴジラ」への回帰やラストシーンの夕日は終了を意識したものであったという[12]
  6. ^ 書籍『ゴジラ1954-1999超全集』では、劇場公開名からテレビ放映時に改題されたと記述している[1]
  7. ^ a b 書籍『ゴジラ大辞典』では、村越次郎と表記している[20]
  8. ^ チタノザウルスのスーツアクターを務めた二家本辰己も、同じく『ウルトラマンレオ』でウルトラマンレオのスーツアクターを担当している。
  9. ^ 資料によっては、超音波発信装置と記述している[38]
  10. ^ 当時のポスターでは「特撮監督」と表記。

出典[編集]

  1. ^ a b c d ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 207, 「海外バージョン大研究」
  2. ^ a b c d e 東宝特撮映画大全集 2012, p. 184, 「『メカゴジラの逆襲』」
  3. ^ a b c d e f g 大辞典 2014, pp. 342-343, 「作品紹介 メカゴジラの逆襲」
  4. ^ a b c d e f g h i j k 東宝特撮映画大全集 2012, p. 185, 「『メカゴジラの逆襲』作品解説/俳優名鑑」
  5. ^ a b c d e 東宝特撮映画大全集 2012, p. 186, 「『メカゴジラの逆襲』怪獣図鑑/兵器図録/資料館」
  6. ^ a b ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 168, 「メイキング オブ メカゴジラの逆襲」
  7. ^ a b c d デビット・キャリシャー「社会的に観たゴジラ映画 -日米を通して-(上)」 『福岡市総合図書館研究紀要』第4号 2004年
  8. ^ a b ゴジラ大全集 1994, pp. 70-71, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 スペクタクルのヒット」
  9. ^ 特撮全史 2016, p. 120, 「メカゴジラの逆襲」
  10. ^ a b 東宝特撮映画大全集 2012, p. 187, 「『メカゴジラの逆襲』撮影秘話/川北監督に訊く」
  11. ^ BDの映像特典「サイボーグ少女の思い出」より。
  12. ^ ゴジラ大全集 1994, pp. 146-147, 「SPECIAL INTERVIEW チャンピオンまつりの看板と一般大作 中野昭慶」
  13. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 73, 「未発表企画あれこれ」
  14. ^ 大辞典 2014, pp. 310-311, 「ゴジラシリーズの基礎知識」
  15. ^ a b c 大辞典 2014, p. 37, 「い 一ノ瀬明」
  16. ^ a b c d e f g h i 大辞典 2014, p. 262, 「ま 真船桂/真船信三」
  17. ^ a b c 大辞典 2014, p. 179, 「た 田川」
  18. ^ a b c d e f g h 中野昭慶 & 染谷勝樹 2014, pp. 466-467
  19. ^ a b c d 大辞典 2014, p. 92, 「く 草刈」
  20. ^ a b c 大辞典 2014, p. 273, 「む 村越次郎」
  21. ^ a b 大辞典 2014, p. 291, 「や 山本ユリ」
  22. ^ a b c 大辞典 2014, p. 308, 「わ 若山勇一」
  23. ^ a b 大辞典 2014, p. 57, 「お 太田」
  24. ^ a b c 大辞典 2014, p. 289, 「や 山下」
  25. ^ a b ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 195, 「地球を狙う侵略者たち」
  26. ^ a b c d e 全怪獣大図鑑 2021, p. 117.
  27. ^ a b 大辞典 2014, p. 272, 「む ムガール」
  28. ^ a b c 大辞典 2014, p. 192, 「つ 津田」
  29. ^ a b ゴジラ大全集 1994, pp. 186-187, 「大公開 東宝特撮小道具展」
  30. ^ ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 165, 「メカゴジラの逆襲 キャラクター図鑑」
  31. ^ 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 149, 「1970s サイボーグ少女 桂」
  32. ^ 『ゴジラ 東宝特撮未発表資料アーカイヴ プロデューサー・田中友幸とその時代』木原浩勝、清水俊文、中村哲 編、角川書店、2004年、46-81頁。ISBN 978-4-04-854465-8
  33. ^ a b 東宝特撮メカニック大全 2003, pp. 150-151, 「1970s あかつき号/超音波発生装置」
  34. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 192, 「東宝超兵器大辞典 【あ】」
  35. ^ 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 117.
  36. ^ 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, p. 172.
  37. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 195, 「東宝超兵器大辞典 【た】」
  38. ^ ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 193, 「ゴジラを迎え撃つスーパーメカニクス」
  39. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 133, 「図説東宝特撮映画 CHAPT.3 デザイン」
  40. ^ 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 302, 「通常兵器 [航空]」
  41. ^ 大辞典 2014, p. 50, 「え F-4EJ改ファントムII戦闘機」
  42. ^ 大辞典 2014, p. 292, 「ゆ UH-1」
  43. ^ オール東宝メカニック大図鑑 2018, p. 159, 「『メカゴジラの逆襲』」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]