浜美枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はま みえ
浜 美枝
生年月日 1943年11月20日(72歳)
出生地 日本の旗 日本・東京
ジャンル 映画俳優
活動期間 1960年 -
配偶者 金子満(プロデューサー)
主な作品
日本一のホラ吹き男
007は二度死ぬ』 
備考
身長164cm 体重50kg

浜 美枝(はま みえ、1943年11月20日 - )は、日本女優東京都出身。神奈川県箱根町在住。

プロフィール[編集]

中学卒業後、東京急行電鉄(東急)自動車部(現在の東急バス)に入社[1]。バスガール(車掌)をしていた所を抜群にスタイルが良かったのでスカウトされた。本人は全くその気が無かったが、浜の引き抜きに際して、東宝側が東急側に交渉して契約となった[2]

1960年、16歳の時に映画『若い素肌』で女優デビューし、同年には同い年の星由里子田村奈巳と共に「東宝スリーペット」(命名者は夏木陽介)として大々的に売り出される。

以来ドラマ・映画に多数出演。お嬢さんイメージの強い東宝女優としてはもっとも活発な持ち味で、団令子の後継者的なポジションに位置する。女スパイや殺し屋なども(さらには国際謀略団の女帝まで)チャーミングに演じた。中でも、1967年公開の、007シリーズ007は二度死ぬ』(共演:ショーン・コネリー丹波哲郎)で、ボンドガール役を演じ、国際的名声を得る。この配役は『キングコング対ゴジラ』を観て浜を知ったスタッフからの若林映子と併せての指名だったという。面接はホテルニューオータニであった。「クレージー映画」の常連マドンナとしても知られ、主に植木等の相手役を務めた。

東宝が専属契約制を打ち切った1970年に退社。以後はテレビでの女優業のかたわら、『小川宏ショー』(フジテレビ)、『八木治郎ショー・いい朝8時』(毎日放送)、『日曜美術館』(NHK)などのテレビ番組の司会や、『脱線問答』(NHK)にレギュラー出演するなどで活躍。他にラジオ番組では『浜美枝のいい人みつけた』(朝日放送TBSラジオほか)、『浜美枝のあなたに逢いたい』(文化放送)、『ニューモラルツーユー今日もありがとう』(ニッポン放送)のパーソナリティを務めた。

ライオンの洗濯用洗剤「トップ」のイメージキャラクターを長年務めておなじみとなった。

浜本人は、女優人生は本意でなく、世界各国を見聞し、環境などをテーマにするコメンテーターになりたかったという。映像民俗学者の姫田忠義に師事し、女優引退後は環境・農・食問題について研究するライフコーディネーターとしても活躍。エッセイ集も数十冊出している。1990年代初頭に女優業は実質引退した。

その後ラジオ番組『浜美枝のいつかあなたと』(文化放送)のパーソナリティを務めているほか、国土庁農林水産省食アメニティを考える会会長をはじめ、農政ジャーナリストとして各種委員会のメンバーを務めている。近畿大学2010年春に新設する「総合社会学部」の客員教授に就いた。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組(上記以外)[編集]

ラジオ[編集]

テレビCM[編集]

DVDコメンタリー[編集]

  • 『ホラ吹き太閤記』(東宝ビデオ)

著書[編集]

  • 『やまぼうしの花咲いた 浜美枝の育児エッセイ』文園社 1982
  • 『逢えて、よかった 浜美枝の手づくり紀行』文化出版局 1983
  • 『浜美枝の「いい人みつけた」』文園社 1984
  • 『浜美枝のマナーはおしゃれに ひとに好かれる魅力の心得』開隆堂出版 1986
  • 『花織の記 浜美枝の自分探しエッセイ』文園社 1992
  • 『毎日の幸せおかず 娘たちへ』講談社 1994
  • 『四季の贈りもの』PHP研究所 1996
  • 『「美しい暮らし」を探す旅人』福原義春共著 求龍堂 福原義春サクセスフルエイジング対談 1998
  • 『旅のおみやげ 2』TaKaRa酒生活文化研究所 酒文ライブラリー 2000
  • 『旅のおみやげ』TaKaRa酒生活文化研究所 酒文ライブラリー 2000
  • 『正直な作り手の味』集英社be文庫 2002
  • 『浜美枝農と生きる美しさ』家の光協会 2003
  • 『私の骨董夜話 人との出会い、ものとの出会い』リヨン社 2005
  • 『やさしくて正直な「食の作り手」たち』家の光協会 2006
  • 『子どもの「おいしい!」を育てる 大切にしたい親子の食卓』すばる舎 2007
  • 『浜美枝凛として、箱根暮らし』主婦の友社 2009

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「バスラマアーカイブス03 東京急行のバス達」 ぽると出版
  2. ^ 当時、東急を核とする東急グループでは、東宝のライバル会社である東映がグループ内に存在していたが、浜の東宝への引き抜きに際しては特に支障もなく行われた。