激動の昭和史 軍閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
激動の昭和史 軍閥
監督 堀川弘通
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄針生宏
ナレーター 小林清志
出演者 小林桂樹
音楽 真鍋理一郎
撮影 山田一夫
編集 黒岩義民
製作会社 東宝
公開 日本の旗1970年8月11日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億5000万円[1]
前作 日本海大海戦
次作 激動の昭和史 沖縄決戦
テンプレートを表示

激動の昭和史 軍閥(げきどうのしょうわし ぐんばつ)は1970年8月11日に公開された東宝製作の映画カラーシネマスコープ。「東宝8.15シリーズ」の第4作。

東條英機を主人公に当時の政府と軍部、陸海軍の対立、そしてそのような状況下のメディアの姿勢について描いている。主役の東條には小林桂樹が起用された。これには森岩雄の推挙があったという(DVD収録小林桂樹インタビューより)。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

政府関係[編集]

陸軍省関係[編集]

参謀本部関係[編集]

海軍省関係[編集]

軍令部関係[編集]

連合艦隊関係[編集]

その他の軍関係者[編集]

毎日新聞関係[編集]

その他[編集]

史実との相違[編集]

新名丈夫が新井五郎の名前になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)274頁

外部リンク[編集]