堀川弘通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀川 弘通 (ほりかわ ひろみち、1916年12月28日 - 2012年9月5日)は、日本映画監督成城大学名誉教授の堀川直義は兄。

来歴[編集]

京都府出身。東京市立一中(現:九段高校)、成城高等学校(現:成城大学)を経て、1940年東京帝国大学文学部卒業。同年、東宝撮影所製作部に演出助手係として入社。最初に山本嘉次郎の『馬』の盛岡ロケから助監督として参加し、この時にチーフ助監督だった黒澤明と仲良くなり、仕事を終えるといつも2人で飲みに回ったという。入社1年後にオーバーワークがたたって肺を病み、1年半休職する。復帰後はすでに監督になった黒澤の作品に就き、『一番美しく』『続姿三四郎』に参加、1945年に軍隊に召集されるが、敗戦となり10月に復員して東宝に戻る。再び黒澤組に参加し、『わが青春に悔なし』ではチーフ助監督をつとめる。しかし完成後まもなく病気が再発し、今度は3年半の休職を余儀なくされる。1950年に復職、東宝争議で他社を転々としていた黒澤も東宝に復帰し、黒澤復帰第一作『生きる』や『七人の侍』に助監督をつとめる。

1955年に『あすなろ物語』(黒澤明脚本)で監督としてデビューするが、黒澤流の妥協を許さない撮り方で撮影したため、途中でフィルムを全て使いきってしまったという。そのため、会社からの命令で本作撮影後に成瀬巳喜男監督の下で『驟雨』『妻の心』(1951年)の助監督に就き、きっちり予算内で収め、スケジュールを守る成瀬の演出術を学んだ。以後、『女殺し油地獄』(1957年)、『裸の大将』(1958年)、『黒い画集・あるサラリーマンの証言』(1960年)、『狙撃』(1968年)、『軍閥』(1970年)など、数々の話題作を監督。

1977年、『アラスカ物語』撮影中に東宝との専属契約を解除し、フリーとなる。その後は、『ムッちゃんの詩』(1985年)、『花物語』(1989年)、『エイジアン・ブルー』(1995年)など主として独立プロから作品を発表する。2001年10月に発表した『評伝 黒澤明』(毎日新聞社ちくま文庫)で第11回Bunkamuraドゥマゴ文学賞(選考委員小林信彦)を受賞。

「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めていた[1]

2012年9月5日、食道癌のため死去。95歳没[2]

黒澤の愛弟子として知られ、黒澤は堀川のために山本周五郎原作『日々平安』をシナリオ化したが、これは日の目を見ず、後に黒澤監督で『椿三十郎』となる。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 傑作推理劇場 土屋隆夫の消えた男(ANB系、1980年)
  • ミスタージャイアンツ 栄光の背番号3(NTV系、1981年)
  • ドラマ・人間 愛・深き淵より(ANB系、1981年)
  • 傑作推理劇場 消えた献本(ANB系、1981年)
  • ゴールデンワイド劇場 女のドラマ(3)終着駅はまだ遠い 息子と娘、嫁の婿の事情(ANB系、1982年)
  • 月曜ワイド劇場 教育ママの決算書(ANB系、1982年)
  • 月曜ワイド劇場 轢き逃げ わが子を殺された母の復讐!(ANB系、1983年)
  • 月曜ワイド劇場 涙の小児病棟(ANB系、1983年)
  • ニュードキュメンタリードラマ昭和 松本清張事件にせまる 第7回「下山総裁怪死事件 マイ・レイルロード」(ANB系、1984年) ※脚本も担当
  • 火曜サスペンス劇場 甦った演技(NTV系、1984年)
  • 月曜ワイド劇場 嫁と姑・泥沼のたたかい(ANB系、1984年)
  • 月曜ワイド劇場 嫁・姑・継子(ANB系、1985年)
  • 金曜女のドラマスペシャル 鬼子母の末裔(CX系、1985年)
  • 月曜ワイド劇場 嫁・姑・妾~浮気な父と夫をめぐる女3人プラス1・三つ巴の対決!~(ANB系、1985年)
  • 月曜ワイド劇場 青い鳥は年上の女(青い鳥は年上の人) 仕事嫌い?結婚嫌い?エリート青年の遅い目ざめ!(ANB系、1986年)
  • 終戦記念日特別企画 愛と哀しみの海 戦艦大和の悲劇(TBS系、1990年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「世田谷・9条の会」申し合わせ
  2. ^ 映画監督の堀川弘通さん死去 「あすなろ物語」 - 中日スポーツ、2012年9月6日。