月曜ワイド劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月曜ワイド劇場』(げつようワイドげきじょう)は1982年10月4日から1986年9月22日までテレビ朝日系で月曜日に放映された2時間ドラマ。放送時間は開始当初は21:02 - 22:54[1]、1985年10月より平日夜10時台に夜ニュース番組「ニュースステーション」開始に伴い、20:02 - 21:48と変更になった。

前身番組は1981年10月から1年間放送された「ゴールデンワイド劇場」であり、当初は菅原文太愛川欽也主演『トラック野郎シリーズ』や、ザ・ドリフターズ主演『全員集合シリーズ』を中心にした邦画を放送してきたが、1982年5月10日から長時間ドラマ番組に模様替えした。 また、不定期で朝日放送制作の作品も存在していた。 なお、番組のタイトルロゴは当初、オリジナルの書体を使用していたが、1985年10月の1時間繰上げ以降は土曜ワイド劇場と同じ書体を使用していた。 また、「西部警察」シリーズ最終回ではこの枠で放送された(20:02 - 22:54)。

オープニング映像は、波紋に番組ロゴが浮かび上がる物。提供表示画面は、波紋映像の静止画を使用。曲は、当時の土曜ワイド劇場とは対照的な、落ち着いた曲だった。

一度1986年9月で廃枠になった後、1988年4月 - 1990年3月に『火曜スーパーワイド』として火曜20:00 - 21:54に復活(このシリーズでは朝日放送も不定期で制作に参加)。この時はサスペンスドラマだけでなくホームドラマやバラエティ、ドキュメントも放送されていた。1990年4月 - 1991年9月には「火曜ミステリー劇場」としてサスペンス路線に専念したが廃枠となり、終了後の1991年10月からは8時からテレビ朝日制作のバラエティー番組、9時から朝日放送制作の時代劇→ドラマ枠(1993年4月からドキュメンタリーもの、1996年4月からバラエティー番組)(各1時間ずつ)に変更された。

なお、現在の火曜20:00枠は朝日放送発(1992年4月から 現在の『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』にあたる枠・1992年4月にABC制作の月曜夜8時枠と交換)、火曜21:00枠も朝日放送発(2016年4月から 現在の『世界の村で発見!こんなところに日本人』にあたる枠・2016年4月に金曜夜9時枠から移動)となる。

テレビ朝日 月曜21時台(1982年10月 - 1986年9月)
前番組 番組名 次番組
月曜ワイド劇場
テレビ朝日系 月曜22時台(1982年10月 - 1985年9月)
月曜ワイド劇場
テレビ朝日系 月曜20時台(1985年10月 - 1986年9月)
月曜スペシャル90
※19:30 - 20:51
ミニミニ招待席
※20:51 - 20:54
月曜ワイド劇場
ワールドプロレスリング
※金曜20:00枠から移動

出典・脚注[編集]

  1. ^ 1984年・1985年は「熱闘甲子園」放送時、21:32 - 23:24の放送に変更。