娘と私

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

娘と私』(むすめとわたし)は獅子文六による小説。『主婦之友1953年1月号から1956年5月号にて連載された。フランス人であった妻が病死した後に、娘との2人だけの生活を経て再婚し、再婚した妻と共に、娘を結婚まで育て上げる過程を描いた自伝小説である。

1958年NHKでラジオドラマ化された後、1961年4月からは『連続テレビ小説・娘と私』としてテレビドラマ化され、現在まで続く連続テレビ小説の第1作としても知られる。また、1962年には映画化もされたほか、フジテレビでもテレビドラマとして放送された。

ラジオドラマ[編集]

連続ホームドラマ・娘と私』として、NHK1958年4月から1年間放送された。放送ライブラリーにて、この放送の第1回が公開されている。

テレビドラマ[編集]

娘と私
ジャンル ドラマ
放送時間 月曜 - 金曜8:40 - 9:00(20分)
放送期間 1961年4月3日 - 1962年3月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
脚本 山下与志一
出演者 北沢彪(主演・語り)ほか
時代設定 昭和初期 - 昭和26年
テンプレートを表示

連続テレビ小説[編集]

連続テレビ小説シリーズ史上、主人公が特定の氏名を持たない唯一の作品であるとともに、数少ない男性主演作品である。「フランス人の先妻との間の一人・麻里」と「(主人公)」の物語[1]

作品の内容は人物よりもナレーターが中心におかれており、物語性と人物性が強く人々の心をつかんでいく作品は『おはなはん』以後になる。一年間放送による形式は1975年まで続いた。また、本作は放送時間が「平日 朝8:40 - 9:00」と、次作『あしたの風』以降より5分長かった。(20分での放送は、当作品が最初で最後である)。再放送時間は次作以降と異なる「平日 13:00 - 13:20」。

NHKアーカイブス保存番組検索によると166回、179回、最終回が現存している。また放送ライブラリーでも、最終回が公開されている。

なお、2012年度上半期の『梅ちゃん先生』第155話(「上を向いて歩こうその5」)で、当時の時代背景の説明で簡単ではあるが言及する件があった。

主な出演者[編集]

スタッフ[編集]

1958年のラジオドラマ版と同一のスタッフで製作された。
NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
-
娘と私
NHK 平日8:40 - 9:00枠
(放送休止中)
娘と私(本放送)
茶の間の科学
(月 - 土)
NHK 平日13:00 - 13:20枠
娘と私(再放送)
きょうの料理(再)
※13:00 - 13:15
きょうのうた
※13:15 - 13:20

フジテレビ版[編集]

娘と私
(フジテレビ版)
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜21:00 - 21:30(30分)
放送期間 1966年10月4日 - 1967年4月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 若杉光夫
脚本 池田一朗
出演者 芦田伸介鰐淵晴子ほか

特記事項:
国際羊毛事務局一社提供
テンプレートを表示

フジテレビ系で1966年10月4日 - 1967年4月4日に放送。「国際羊毛事務局」の単独提供で、「ウール・アワー」という冠が付いている。

主な出演者[編集]

スタッフ[編集]

フジテレビ 火曜21時枠前半
前番組 番組名 次番組
火曜映画劇場(第1期)
(20:00 - 21:26)
待ッテマシタ!
(21:26 - 21:30)
※30分繰り上げ
娘と私
(フジテレビ版)
火曜映画劇場(第2期)
(20:00 - 21:26)
待ッテマシタ!
(21:26 - 21:30)
※30分繰り下げ

映画[編集]

1962年4月1日公開。モノクロ作品。製作は東京映画。配給は東宝。併映は『女難コースを突破せよ』(監督:筧正典。主演:小林桂樹)と、短編記録映画『皇太子ご夫妻のアジア旅行』(構成・編集:渡辺武仁)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]