宮口精二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやぐち せいじ
宮口 精二
宮口 精二
あらくれ』(1957年)右は高峰秀子
本名 宮口 精次
生年月日 1913年11月15日
没年月日 1985年4月12日(満71歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市本所区緑町(現在の東京都墨田区
死没地 日本の旗 日本東京都目黒区
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1933年 - 1985年
配偶者 あり
主な作品
にごりえ』 / 『七人の侍
張込み』 / 『楢山節考
人間の條件 第1・2部』 / 『乾いた花
日本のいちばん長い日

宮口 精二(みやぐち せいじ、1913年11月15日 - 1985年4月12日)は、日本俳優。本名は宮口 精次

築地座を経て文学座に参加し、同座の中心として多くの舞台に立ち、文学座退団後は東宝演劇部に所属して商業演劇に出演した。戦後から映画にも多く出演、巨匠監督の作品に立て続けに起用され脇役として活躍した。個人雑誌『俳優館』の刊行もしていた。主な出演映画に『七人の侍』『張込み』『日本のいちばん長い日』など。

来歴・人物[編集]

1913年(大正2年)11月15日東京府東京市本所区緑町(現在の墨田区)に、大工の父・周市と母・もとの6人兄弟の次男として生まれる[1]。幼時に本所区内の林町に移住する。

中和尋常小学校を経て東京市立第二中学校に入学するが、家庭の経済的事情から同校の夜学である上野夜間中学に転じ、同時に校長の紹介で福徳生命(現在のマニュライフ生命保険)東京支店に給仕として入社する[1]1931年(昭和31年)の卒業後も同社に勤務していたが、芝居好きの会社の同僚の誘いで歌舞伎新劇を観るようになり[1]、本人曰く「同じ貧乏をするなら、自分の好きな道で」とのことで役者を志す。

1933年(昭和8年)9月、友田恭助田村秋子夫妻らが設立した築地座の研究生募集に応じて入団し、同年『アルトハイデルベルヒ』の通行人の学生役で初舞台を踏む[1]1935年(昭和10年)、久保田万太郎作『釣堀にて』に先輩の中村伸郎の代役として、一言だが初めて台詞のある役で出演する。築地座解散後は、1937年(昭和12年)の文学座結成に杉村春子らと共に参加、1944年(昭和19年)に森本薫作『怒涛』での演技で注目される[1]。同年、黒澤明監督の『續姿三四郎』に同じ文学座の森雅之とともに出演して映画デビューする。1945年(昭和20年)5月、石川県小松市に劇団疎開、移動演劇隊に加わって北陸地方を巡演し、旅先で終戦を迎える。

戦後も文学座の主力として舞台に立ち、1949年(昭和24年)には『女の一生』『あきくさばなし』『雲の涯』の演技で第1回毎日演劇賞を受賞する。主に下町ものの作品で頑固だが人情深い職人役などを得意とした。1965年(昭和40年)2月8日に文学座を退団すると、同年5月に東宝演劇部と1年ごとの契約で入り、『霊界様と人間さま』『放浪記』などの東宝現代劇に出演し、堅実な脇役として活躍する[1]

戦後の映画出演は、1946年(昭和21年)の『浦島太郎の後裔』に出たあとしばらく出演がなかった。1948年立川富美子と結婚。1951年(昭和26年)に木下惠介監督の『善魔』に出演したのを皮切りに、小津安二郎の『麦秋』、黒澤明監督の『生きる』『七人の侍』、木下監督の『楢山節考』、稲垣浩監督の『無法松の一生』、野村芳太郎監督の『張込み』、中村登監督の『古都』、篠田正浩監督の『乾いた花』、山田洋次監督の『男はつらいよ 柴又慕情』など、日本映画を代表する監督の作品に次々と起用される。なかでも、『七人の侍』では痩身で寡黙だが凄腕の剣客・久蔵、『張込み』では執念深い老刑事を演じて好演技を見せた。

1970年(昭和45年)から個人の季刊雑誌『俳優館』を主宰。アマチュア野球審判としても知られ、後楽園球場大阪球場球審を務めたこともある[2]

1985年(昭和60年)4月12日23時30分、肺がんのため国立東京第二病院で死去。71歳没。1984年(昭和50年)の帝国劇場『桜の園』が最後の舞台となった。

なお、テレンス・マリック監督作品『シン・レッド・ライン』で、渡会伸とともに日本語アドバイザーを務めた宮口トモオ(Tomo Miyaguchi)は実子。

受賞・受章歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベスト・テンにランクインした作品
★印は黒澤明監督作品、◎印は小津安二郎監督作品

テレビドラマ[編集]

  • 智恵子抄(1956年、KR) - 高村光太郎 役
  • 山一名作劇場 / 石中先生行状記(1957年、NTV
  • 久保田万太郎アワー(NTV)
    • 月夜(1957年)
    • かどで(1957年)
    • おりき(1958年)
    • 雨空(1958年) - 指物職人幸三 役
  • 文学座アワー / 泥棒と赤ん坊(1958年、NTV)
  • ここに人あり(NHK
    • 第49回「ボクは約束する」(1958年)
    • 第70回「中本家の訪客」(1958年)
    • 第72回「脚・五十年」(1958年) - 弥之助 役
  • テレビ劇場(NHK)
    • 簪(1958年) - 山本源之進 役
    • 老人の眼(1959年)
    • 私は判らない(1960年)
    • 夜鵺(1961年) - 源蔵 役
    • 琴爪の箱(1961年) - 章平 役
    • 仏師(1962年)
  • ウロコ座 第97 - 99回「五重の塔」(1958年、KR) - め組の鋭次 役
  • ダイヤル110番 第55話「証第一号」(1958年、NTV)
  • 東芝日曜劇場(KR→TBS)
    • 第97回「はね太鼓」(1958年)
    • 第142回「おくり火 大文字の夜」(1959年)
    • 第148回「鏨師」(1959年) - 志村免平 役
    • 第397回「男でありたい」(1964年) - 社長 役
    • 第412回「海のおへそ」(1964年)
    • 第420回「斜めの橋」(1964年) - のぶ子の祖父 役
    • 第443回「父と子たち 再婚」(1965年) - 中西圭二 役
    • 第569回「赤井川家の客間」(1967年)
    • 第821回「あにいもうと」(1972年) - 赤座 役
    • 第1092回「時計」(1977年) - 高山 役
  • 雑草の歌(NTV)
    • 第38回「聞えない葦」(1958年)
    • 第58回「溝」(1959年)
  • 東芝家族劇場 第4回「浅芽生」(1959年、NET
  • スリラー劇場・夜のプリズム 第18回「ある強迫」(1959年、NTV) - 中池又吉 役
  • 夫婦百景 第55回「正反対の夫婦」(1959年、NTV)
  • 三行広告 第14話「バラ」(1959年、CX
  • サンヨーテレビ劇場(KR)
    • いろはにほへと(1959年) - 天野 役
    • 蛍(1960年) - 舟木栄吉 役
    • 川のある下町の話(1961年) - 千葉洋介 役
  • これが真実だ 第5回「忠臣蔵・松の廊下事件」(1959年、CX) - 吉良上野介
  • おかあさん(KR→TBS)
    • 第11話「明治の玩具」(1960年)
    • 第140話「マリアの涙」(1962年)
  • 愛の劇場(NTV)
    • 第14 - 17回「もず」(1960年)
    • 第113回「緑」(1961年)
    • 第128回「屋根の下」(1962年) - 長沢辰造 役
    • 第177回「小田写真館」(1963年)
  • ゴールデン劇場 / 火の車(1960年、NTV) - 細田民助 役
  • 軍歌 第13回「復員」(1960年、KTV
  • 第8回「生きていた秀光」(1960年、CX) - 坂田宗捨 役
  • 決定的瞬間 第26回「笑い」(1961年、NTV) - 板倉甲斐守 役
  • NECサンデー劇場 / 陽気な未亡人(1961年、NET) - 警官 役
  • 東芝土曜劇場 第135回「俺も殺せ」(1961年、CX) - 浜田 役
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第8回「霧の夜の物語」(1961年)
    • 第39回「我が家の亡霊」(1962年) - 川上武吉郎 役
    • 第47回「閣下」(1962年)
    • 第66回「小さな王国」(1963年)
    • 第73回「小指」(1963年)
    • 第87回「石中先生行状記」(1963年)
  • シャープ火曜劇場 第23回「妻よバラのように」(1962年、CX) - 俊作 役
  • 人生の四季 第46回「孔子の辻斬り」(1962年、NTV) - 大野木重兵衛 役
  • 指名手配 第137・138回「足跡」(1962年、NET)
  • 近鉄金曜劇場朝日放送
  • シャープ月曜劇場 第7回「雨夜の星」(1963年、CX) - 哲夫 役
  • 日本映画名作ドラマ(NET)
    • 山と川のある町(1963年)
    • 浮草(1964年)
  • 青春放課後(1963年、NHK) - 山口信吉 役
  • 美しい星(1964年、東京12チャンネル
  • 海のおへそ(1964年、RKB毎日放送
  • NHK劇場(NHK)
    • ある日鳥のように(1964年) - 山田鶴之助 役
    • 2DK夫人(1964年)
    • みちのくは遥かなれども(1964年) - 文吉 役
    • ママの救急箱(1964年)
    • 焚火のけむり(1966年) - 修吉 役
    • おしくらまんじゅう(1966年) - 小坂信太郎 役
    • 四回戦ボーイ(1968年)
  • 日産スター劇場 / ピカソの絵(1964年、NTV)
  • 判決 第105話「沖縄の子」(1964年、NET)
  • 大河ドラマ(NHK)
  • 木下恵介アワー / 喜びも悲しみも幾歳月(1965年、TBS) - 女島灯台台長佐藤 役
  • 家庭劇場 第17回「赤いろうそく」(1965年、NHK) - おじいさん 役
  • 風雪 / 大正十二年九月一日関東大震災(1965年、NHK) - 山本権之助 役
  • テレビ指定席 / 駅[3](1965年、NHK)
  • 光る海(1965年、TBS)
  • 青春とはなんだ(1965年 - 1966年、NTV) - 植田源蔵 役
  • これが青春だ(1966年 - 1967年、NTV) - 星野先生 役
  • 文五捕物絵図 第24話「菊坂町路地裏」(1967年、NHK) - 仕立屋の老人 役
  • シオノギテレビ劇場 / 東京物語(1967年、CX) - 平山周吉 役
  • 青島幸男のおお!ながら君(1967年、TBS) - 紋太の父 役
  • でっかい青春(1967年 - 1968年、NTV) - 篠原弥太郎 役
  • 進め!青春(1968年、NTV) - 高木勝之進 役
  • 東京バイパス指令(1968年 - 1970年、NTV) - 椎名部長刑事 役
  • 鬼平犯科帳 第28話「縄張り」(1970年、NET / 東宝) - 芝の治兵衛 役
  • はまぐり大将 第6話「貝は貝でもおせっかい」(1970年、NTV) - 小野平太 役
  • 大忠臣蔵(1971年、NET) - 栗崎道有
  • 人形佐七捕物帳 第21話「怪盗むささび小僧」(1971年、NET / 東宝) - 湯島の喜兵衛 役
  • 花王愛の劇場 / 愛染椿(1972年、TBS)
  • 荒野の素浪人(NET / 三船プロ
    • 第1シリーズ 第2話「奪回 佐渡無宿人」(1972年) - 上田頼母 役
    • 第2シリーズ 第17話「遊女狂乱」(1974年) - 山城彦右衛門 役
  • 泣くな青春 第15話「明日に生きる」(1973年、CX)
  • 赤ひげ 第17話「凍鶴」(1973年、NHK) - 天野源伯 役
  • 銀座わが町(1973年、NHK) - 立花雅堂 役
  • 荒野の用心棒 第1話「死の砲撃は冥土に吠えて…」(1973年、NET / 三船プロ) - 畑三左衛門 役
  • 幡随院長兵衛お待ちなせえ(1974年、NET / 東宝) - 桜井庄右衛門 役
  • 6羽のかもめ 第14話「ひとり」(1975年、CX) - 北村五郎 役
  • 伝七捕物帳 第68話「十手にかけた男の意気地」(1975年、NTV / ユニオン映画) - 札の辻の嘉平 役
  • 鬼平犯科帳 第2話「雨隠れ鶴吉」(1975年、NET / 東宝) - 万屋源右衛門 役
  • 賞金稼ぎ 第1話「墓場なき兵士たち」(1975年、NET / 東映) - 秦野監物 役
  • 剣と風と子守唄 第13話「戦場の天使」(1975年、NTV / 三船プロ) - 山田陣内 役
  • 大江戸捜査網 第228話「芸者殺しの罠」(1976年、東京12チャンネル) - 浪人・小宮山 役
  • 新・座頭市 第25話「帰って来た渡世人」(1977年、CX) - 佐吉の父 役
  • 海は甦える(1977年、TBS) - 山県有朋 役
  • 新・座頭市 第1シリーズ 第25話「帰って来た渡世人」(1977年、CX / 勝プロ) - 松五郎 役
  • 赤い絆(1977年、TBS) - 久保康夫 役
  • 日本の戦後(NHK) - 鈴木茂三郎
    • 第7集「退陣の朝」(1978年)
    • 第10集「オペラハウスの日章旗」(1978年)
  • 事件(1978年、NHK) - 谷本裁判長 役
  • 太陽にほえろ! 第320話「翔べないカナリヤ」(1978年、NTV) - 武藤老人 役
  • 俺たちは天使だ! 第14話「運が良ければリッチ・マン」(1979年、NTV / 東宝) - 辻大介 役
  • 江戸の牙 第13話「悲哀 北から来た男」(1979年、NET / 三船プロ) - 佃の政五郎 役
  • チェックメイト78 第21話「警部と殺人カード」(1979年、ABC / テレパック) - 新海春吉 役
  • 御宿かわせみ 第1話「水郷から来た女」(1980年、NHK) - 松浦方斎 役
  • ピーマン白書 第2話「ちょっと待て! ムリな結婚ケガのもと」(1980年、CX) - 文吉 役
  • 風神の門(1980年、NHK) - 真田昌幸
  • 平岩弓枝ドラマシリーズ / 春の島の女(1981年、CX) - 袖井嘉栄 役
  • ドラマ人間模様 / 海峡(1981年、NHK)
  • 少年ドラマシリーズ / おれたち夏希と甲子園(1982年、NHK) - 高野連会長 役
  • 年忘れ必殺スペシャル 仕事人アヘン戦争へ行く 翔べ!熱気球よ香港へ(1983年、ABC) - 平賀源内

舞台[編集]

  • 怒涛(1944年・1947年、文学座) - 梅本清作 役
  • 女の一生(1945年 - 1963年、文学座) - 堤伸太郎 役
  • 桜の園(1945年、新劇合同) - 郵便局長 役
  • フィガロの結婚(1947年、文学座) - アルマヴィヴァ伯爵 役
  • あきくさばなし(1947年、文学座) - 清治 役
  • シラノ・ド・ベルジュラック(1947年、文学座) - ド・ギッシュ 役
  • マリウス(1947年、文学座) - ブラン氏 役
  • 雲の涯(1948年、文学座) - 露木順之助 役
  • ママの貯金(1949年、文学座) - トーカーソン 役
  • 釣堀にて(1951年、文学座) - 信夫 役
  • 探偵物語(1954年、文学座) - モーガン主任警部 役
  • ハムレット(1955年、文学座) - 役者・劇中王 役
  • 鹿鳴館(1956年、文学座) - 飛田天骨 役
  • 大寺学校(1957年、文学座) - 光長正弘 役
  • ワーニャ伯父さん(1958年、文学座) - ワーニャ伯父さん 役
  • 薔薇と海賊(1958年、文学座) - 顧間 役
  • 守銭奴(1962年、文学座) - ラ・フレーシュ 役
  • 三人姉妹(1964年、文学座) - トゥーゼンバフ男爵 役
  • 霊界様と人間さま(1965年、芸術座) - 東山浩平 役
  • 女紋(1966年、芸術座) - 玉田玉麟 役
  • さぶ(1968年、芸術座) - 与平 役
  • 宮本武蔵(1970年、帝国劇場) - 本阿弥光悦
  • 淀どの日記(1971年、帝国劇場) - 豊臣秀吉
  • 放浪記(1971年・1974年、芸術座) - 安岡信雄 役
  • 春の坂道(1971年、帝国劇場) - 石船斎 役
  • おたふく物語(1977年、芸術座) - 市兵衛 役
  • しぐれ茶屋おりく(1980年、東京宝塚劇場) - 萩原春峰 役
  • 女たちの忠臣蔵(1980年、帝国劇場) - 間喜兵衛 役
  • アマデウス(1982年、サンシャイン劇場) - 宮廷楽長ボンノ 役
  • 桜の園(1984年、帝国劇場) - フィルス 役

CM[編集]

吹き替え[編集]

文献[編集]

  • 『俳優館 宮口精二〈対談〉』、白川書院、1976年
  • 『俳優館 対談集』、大和山出版社、1983年
  • 宮入弘光『役者という存在 宮口精二について』 、軌跡社、1983年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年、p.575
  2. ^ 宮口精二、新撰 芸能人物事典 明治~平成、コトバンク、2015年9月20日閲覧
  3. ^ テレビ指定席 駅 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

外部リンク[編集]